FXトレード

ストキャスティクスRSIとは何ですか

ストキャスティクスRSIとは何ですか
「%K」の動き方の特徴

1,2,3, Boom Systemとは?

○平均足を本質的に理解する
高値と安値は通常のローソク足と同じだが、実体部分は前日の平均足の実体の中心から当日のローソク足4本値の中心に向けて描かれる。特徴として、上昇トレンド時には陽線が、下降トレンド時には陰線が連続するというものと、窓を開けないというのがある。そのため、トレンドの把握が通常のローソク足よりはっきりとできる。
参考→ https://www.avatrade.co.jp/kojiro/11/

○ストキャスティクスRSIを本質的に理解する
RSI(相対力指数)とは、n日間の値動きを上昇と下降に分けて、上昇分が全体の何%になるかを示したもの。RSIが50%以上で買い優勢、50%以下で売り優勢と捉えることができる。30%以下で売られすぎなので買いのシグナル、というのはRSIの本質からは少し外れているように思える。
ストキャスティクスRSIとは、n'日間のRSIの最高値と最低値の間で、今のRSIの値が何%になるかを示したもの。RSIが下がることなく上昇し続ければストキャスティクスRSIは容易に100%となるし、高い水準を維持し続けることも多い。%Kが%Dを横切り、大きな上昇を示せば買いシグナルと判断。20%以下で売られすぎなので買いのシグナル、というのはストキャスティクスRSIの本質からは完全に外れているように思える。

○TradingViewのテクニカル分析サマリーを理解する
11のオシレーター(MACDやRSI、ストキャス、モメンタム、ADX等)と17の移動平均線(5~200のMA/EMAや一目均衡表基準線等)が買いを示している数が売りを示している数より多ければ買いということ。それだけ。

○1,2,ストキャスティクスRSIとは何ですか 3, Boom Systemは勝てるのか?
分からない。TradingViewのリプレイモードを使用すれば検証できるかな?と思ったが、平均足のままリプレイできないし、テクニカル分析サマリーは現在の値から遡ることもできないので。

ストキャスティクスの使い方・分析方法まとめ!%Kと%Dでエントリー・決済ポイントを探る

上位足が反転示唆してきたら下位足を見て下位足の乗れるところを乗ろう

この場面では30分足が十字線を出しながら上昇の勢いも弱くなってきているので近々反転下降していく

5分足をみるとストキャスティクスが
ダイバージェンスしているから
5分足のエントリー基準も整っているので好ポイント pic.twitter.com/kYNJUke8XW

— こうくん@FX (@koukun_FX) December 14, 2019

ストキャスティクスの注意点!ダマシがある

実はこのやり方だけでは、かなり「ダマシ」があります。

ストキャスティクスの使い方・分析方法まとめ!%Kと%Dでエントリー・決済ポイントを探る

  • 「80%を超えているし、%Dがクロスして下方向に向いているから売り!なのに、まだ上がっちゃう。」
  • 「20%より下だし、%Dがクロスして上方向だから買い!なのに、まだ下がっちゃう。」
  • 「20%より下だし、%Dがクロスして上方向、しかも勢いがあるから買い!…と思ったらすぐに大きく下がった。」

ダマシを回避する方法

①移動平均線を使用する方法

ストキャスティクスの使い方・分析方法まとめ!%Kと%Dでエントリー・決済ポイントを探る

②スローストキャスティックスを使用する方法

ストキャスティクスの使い方・分析方法まとめ!%Kと%Dでエントリー・決済ポイントを探る

クロスしたタイミングで、%Kと%D(スローストキャスティックスの場合はSlow%D)が同一の方向を向いていることがエントリーの条件となるためです。

結果的には、残ったエントリーポイントのみが一番利益を出したポイントとなっています。

このようにスローストキャスティックスを使用すると、エントリーポイントが減る一方で、ダマシにあう可能性はグンと下げることができます。

テクニカルで一概にこれとは言えないけど移動平均線とストキャスティクスの組み合わせがいちばんバランスいいと思う。〔ストキャスティクスのダマシ回避にMACDあればなお良しって感じかな?〕

— まっすん (@masi0517) November 7, 2016

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる