外国為替

どの通貨ペアがよい

どの通貨ペアがよい
通貨ペアランキングは、過去の通貨の変動率により導かれた通貨の強弱を組合わせ、通貨ペアの強弱をランキング形式で可視化したツールです。たとえば、「米ドル」と「ユーロ」が強く、「円」が弱かったとしましょう。この時、「米ドル」と「ユーロ」は両方とも勢いがある状態なので、2つの通貨ペアを組合わせた「ユーロ/米ドル」は売り買いが拮抗して、上昇や下落の方向性が出づらくなります。一方、「米ドル/円」は、「米ドル」が強く「円」が弱い、つまり「米ドル」が買われ「円」が売られる状態になりますので上昇する傾向が強くなります。「ユーロ/円」も同様に上昇する公算が大きいと言えるでしょう。
このように、通貨ペアランキングでは、どの通貨ペアが上昇または下落傾向にあるのかを一目で判断することができます。
「LIGHT FX」で取扱っている全通貨ペアの強弱が順位付けされていますので、お取引の際にぜひご利用ください。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

通貨ペアで選ぶならドル/円が一番分かりやすいかな・・・


とはいえ通貨ペア選びだけで稼げるほどFXは甘くありませんよ。


FXで稼いでいるい人たちは才能で稼いでいる人もいれば
努力して稼げるようになった人もいると思います


稼いでる人は自分オリジナルの
勝てるエントリールールを持ってる人だと思います


初心者ならまずこの勝てるエントリールールを
早い段階で身に付けることが
この先、FXで稼げるようになる重要なポイントだと思います


初心者がFXや株で失敗する多くのパターンは
理論などの小難しいことを勉強してしまうことです。


そんなもんを頭に入れても稼げないです!!



初心者がFXで稼ぐには結論からいうと
勝ってる人のトレードを見て学ぶのが
1番手っ取り早いと思います。


実際に僕自身もFXを始めた時は勝率が高い
トレード手法をマネすることが始めましたよ



そういった意味では初心者が参考にするべきトレード
を学ぶためにはこんなツールがあるのでご紹介しておきますね
http://nl5b.com/aB17u2

こういった優秀なツールのトレード手法を見て実際にトレードしてみると
少しづつですが勝てるエントリーポイントが分かってきます

コツコツと勝ちを積み上げてスキルを どの通貨ペアがよい
身に付けていけばFXで稼げるようになりますよ~

たくさんの回答ありがとうございました。

勝ってる人はしっかり勉強した人なんですね

簡単には勝てないと思ってたんで
予想通りと言えばそうなんですが・・・

自分としては手っ取り早く稼げれば理論や手法は
どうでもいいと思ってます

紹介してもらった手法は初心者でも簡単に稼げそうなんで
使ってみたいと思います


こんな高性能なツールが無料で使えるとは驚きですね

マイメイトの通貨ペア 取扱い種類や運用に役立つ注目ポイント

「エージェント」ランキング画面

※2022年2月16日時点のランキングページより

マイメイトの通貨ペア 運用に役立つ注目ポイント

トレンドに注目

通貨ペアの値動きには、上昇の勢いが強い「上昇トレンド」、もしくは下落の勢いが強い「下落トレンド」のときがあります。トレンドが発生している通貨ペアは値動きの方向性がはっきりしているので、そのトレンドの方向にうまく乗りながら利益を伸ばす「エージェント」もいます(通貨ペアのトレンドに注目して「エージェント」を選ぶ方法についてはこちら)。

取引量に注目

日本だけではなく世界で取引量の多い通貨ペアは、流動性(取引のしやすさ)が高く、値動きが比較的安定しやすい傾向にあります。一方、取引量が少ないと、流動性は低くなり、突発的に上下動するケースも散見されます。

ボラティリティに注目

こうした価格変動の度合いを「ボラティリティ」と言い、ボラティリティの高い通貨ペアは価格が激しく動きやすいため、取引がうまく成功すれば収益チャンスは広がる、と考えることもできます。もちろん、取引が失敗すれば損失は大きくなる可能性があるため、注意は必要です。

ドルストレートに注目

米ドルが為替相場のメインテーマになっているケースでは、ドルストレートの方が価格推移の傾向を把握しやすいため、ドルストレートから「エージェント」選びを検討する、という運用方法も考えられるでしょう。

マイメイト 通貨ペアから運用を考えるときの注意点

「エージェント」の通貨ペアの偏りには注意

マイメイトでは「エージェント」のポートフォリオ運用をおすすめしており、例えば英ポンド/円ばかりの「エージェント」を選ぶなど、特定の通貨ペアに偏った運用方法では、マイメイトのポートフォリオ運用の良さを十分に発揮できない可能性があります(ポートフォリオ運用に関してはこちらの記事も参考に)。

「エージェント」選びも大切に

「エージェント」の損益推移や取引回数、過去の最大損失など、取引詳細もしっかりチェックした上で、「エージェント」を選ぶようにしましょう。(「エージェント」の選び方はこちらの記事も参考に)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる