バイナリ―オプション取引

RSI(相対力指数)とは

RSI(相対力指数)とは
仮想通貨トレード

RSIサポート&レジスタンス の適用方法と取引方法

Relative Strength Index (RSI) chart

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

仮想通貨テクニカル分析「RSI」とは?チャート分析、使い方、設定

仮想通貨トレード

覚えるとかなり勝率が上がるらしい けど、本当なのかな?」

RSIとは

画像の下部分がRSI

RSI(Relative Strength Index)とは、チャートの「買われすぎ」「売られすぎ」を示すオシレーター系のテクニカル指標。

テクニカル指標にはトレンド系(順張り系)とオシレーター系(逆張り系)がありますが、 RSIは後者でもっとも有名な指標のひとつ だといえるでしょう。

その数値が RSI(相対力指数)とは 「70%~80%以上」で買われすぎ、「20%~30%以下」で売られすぎ となります。

よくわからないって方がほとんどだと思いますが、要するに「 ボラティリティ(価格変動率)のわりに、上がりすぎている(下がりすぎている) って場合に教えてくれる指標です。

実際のビットコインチャートでRSIを表示する

RSIは、0から100の間で現在の相場が「買われすぎなのか」「売られすぎなのか」を数値化した指標なので、 0に近いほどロング(買い)、100に近いほど(ショート)が成功しやすい ということになります。

無作為にチャートを選んでみましたが、それでも一時的な天井や底をある程度は当てている ことがわかりますね。

RSIの見方、使い方

シンプルに「30以下で買い」「70以上で売り」もOK

一般的には、 70以上で買われすぎ、30以下で売られすぎなので、ここから逆張りを検討していく ことになります。

ただし、 損切りをしっかり入れる点だけには注意 しましょう。

特にビットコインを空売りする場合、爆上げして踏み上げられやすい ので注意しましょう。

RSIで勝率を上げるには「ダイバージェンス」をみよう

RSIにはダイバージェンス(逆行現象)という 判断方法 があります

ダイバージェンスとは、相場とRSIの向きが逆行することで、「 ①相場が右肩上がりに上昇しているにもかかわらずRSIが右肩下がりになる 」もしくは「 ②相場が右肩下がりにもかかわらずRSIが右肩上がりになる 」現象を意味します。

①の場合には 価格は上昇しているもののトレンドの勢いが落ちてきている ことを意味するので売りなのです。

RSIの表示方法

一般的には「インジケーター」や「テクニカル指標」の欄に必ずといっていいほどあります。

RSIまとめ

RSIをみながら、しっかりと引きつけて逆張りすれば、仮想通貨トレードは 高い勝率 を狙うことができます。

また、順張りのトレーダーもRSIをみることで、 買われすぎの価格帯で買ったり、売られすぎの価格帯で売ったりといったことがなくなる ため、売買する際の心強い味方になってくれます。

【告知】 「200日など長期移動平均線」および「RSI」「RCI」一挙新搭載のお知らせ

なかでも、多くのユーザーから要望が寄せられていた「200日移動平均線」を追加したことにより、移動平均線を使った代表的なテクニカル手法である「グランビルの法則」を活用してチャートを分析いただくことも可能となります(図1)。※200日移動平均線につきましては、今春に予定している 次回の機能強化で株価チャートの表示期間拡大を予定 しており、200日線が表示される期間も長期化される計画ですので、ご期待ください。

【タイトル】

●図1 ソニー 日足チャートに「200日移動平均線」を追加

【タイトル】


●図2 RSI(相対力指数)とは ソニー プレミアムユーザーは自由に移動平均線を設定可能

●図3 移動平均線の追加・機能強化項目の一覧

RSI(相対力指数)とは
日足 (旧)「5日 25日 75日」
【新】「5日 25日 75日」+「 25日 75日 200日 」
週足 (旧)「5週 13週 26週」
【新】「 9週 13週 26週」+「 13週 26週 52週 」
月足 (旧)「6カ月 12ヵ月 24ヵ月」
【新】「6カ月 12ヵ月 24ヵ月」+「 12ヵ月 24ヵ月 60ヵ月 」
年足 (旧)「3年 5年」
【新】「3年 5年 10年 」+「 5年 10年 20年 」
1分足 (旧)「5分 25分 75分」
【新】「5分 10分 30分 」+「 10分 30分 60分 」
5分足(旧)「5本(25分) 25本(125分) 75本(375分)」
【新】「 30分 60分 120分 」「 60分 120分 240分 」
【プレミアム会員限定】自由に3本の移動平均線の期間を設定可能

【タイトル】

●図3 ソフトバンクグループ RSI(相対力指数)とは RSIチャート


【RSI 買いシグナル】
20~30%以下は売られすぎ(安値圏)
30%以下から反転し再び30%を上抜いたとき

【RSI 売りシグナル】
70~80%以上は買われすぎ(高値圏)
70%以上から反落し再び70%を下抜いたとき

【タイトル】


●図4 RSI(相対力指数)とは ソフトバンクグループ RCIチャート


【RCI 買いシグナル】
(1)マイナス100に接近した後に反転
(2)マイナス80以下の水準からマイナス80以上に浮上
(3)短期線と長期線のゴールデンクロス(短期線が長期線を下から上抜く)

【RCI 売りシグナル】
(1)RSI(相対力指数)とは プラス100に接近した後に反落
(RSI(相対力指数)とは 2)プラス80以上の水準からプラス80以下に下落
(3)短期線と長期線のデッドクロス(短期線が長期線を上から下抜く)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる