トレードを学ぶ

トレンドとは

トレンドとは
Google関連

トレンドとは

Untact:「アンタクト」(非対面) – 非接触の新たな動きに対応して韓国で生まれた造語。リポートの項目は以下のとおり。

  • QRコードの復活。ファストフード大手タコベル(Taco Bell)が今年ローンチする非接触型レストランコンセプト、デファイ(Defy)で期待される。
  • エンタテインメントでアバターが台頭(フォックス[FOX]のオルター・エゴ[Alter Ego]コンテストなど)。
    トレンドとは
  • 広告キャンペーンでVRとARを使用(ウォルマート[Walmart]やFacebookで見られた2021年のクリスマス商戦など)。
  • ブランドへの提案:自動車メーカーなら、世界中から場所を選べるバーチャルテストドライブ。デート・恋愛アプリには、顔認証技術の活用を提案。ユーザーの好みの理解度を高める。

Restivism:レスティビズム(休息第一主義) – リポートでは、大離職時代にあって、心の健康と息抜きの必要性が注目され、仕事一辺倒の働き方から少し距離を置き、「働くときは働く、遊ぶときは遊ぶ」という仕事の倫理観に対する異見も取り上げられている。

  • Apple iOS 15の集中モード。複数のアプリで、「ドゥ・ノット・ディスターブ(Do Not Disturb)」リストのカスタマイズが可能に。
  • イケア(Ikea)の昼寝用移動式ボックス、シエスタ(Siesta)。パリの街を走り、30分間の昼寝を推奨する。
  • ブランドへの提案:ホスピタリティやホテルのブランドなら、地元の企業を組んで、マイクロステイ(移住前の短期お試し体験)を割引料金で提供する。コーヒー注文アプリで店舗付近の地図を提供し、顧客に店舗界隈の街歩きを勧める。

Empowered Privacy:プライバシー保護の強化 – 新型コロナウイルスの感染拡大から、オンラインの時間が急増した結果、「プライバシー保護の喚起」のようなものが生じた。たとえば、間もなく訪れるCookieの終焉、ユーザー承諾やオプトインの導入の改善のほか、人事ではプライバシー保護関係役員の増員も見られる。

    トレンドとは
  • Facebookが顔認証システムを廃止。
  • モバイルユーザーは、新しい暗号化メッセージアプリにシフト。
  • 複数のテレビ番組で、トラッキングの闇をフューチャー(たとえば、Netflixの「YOU ー君がすべてー」シーズン3)。
  • ブランドへの提案:顧客から個人のデータや情報をもらうときには、何らかの見返りを提供する。広告主は、取引相手として、プライバシー保護の規制に明記されている項目すべてに準拠した業者を選ぶように心がけることも重要。

Carbon-Omics:カーボン全般 – 企業は2022年以降、これまで以上に炭素排出量削減に本腰を入れて取り組み、責任の一端を担わなければならなくなるとリポートは指摘する。

  • ビザ(VISA)のフューチャーカード(FutureCard)。顧客が古着や公共交通機関の切符などを購入した場合、キャッシュバックを実施した。
  • Google Maps(グーグルマップ)。目的地まで燃費の良いルートを提示するオプションを導入。
    トレンドとは
  • ブランドへの提案:ゲーム会社なら、再生可能エネルギーだけを利用したり、クリーンエネルギーを利用している場合は特別なエレメントが使えたりするゲームを作る。食品メーカーや食品販売店なら、バナナの皮から卵の殻まで、廃棄される商品の使い方を紹介する。

Civic Integrity:健全な市民活動 – ニュースメディアや政治家がSNS企業の危険性をいくら声高に訴えたところで、市民の手に権力を取り戻すために、口コミや内部告発は今後も続くという(実際に市民が権力を取り戻しているのかどうかは、議論の余地がある)。

  • フランセス・ハウゲン氏の証言とテレビ番組「60ミニッツ(60 Minutes)」への出演で、Facebookの卑劣な裏の顔が暴露された。
  • アストロワールド(the Astroworld)のコンサートで起きた惨劇以降、ヒップホップのトラヴィス・スコット氏は世間から叩かれている。
  • ハイブランドのコーチ(Coach)が古いバッグのリサイクル方法に関して顧客に誤解を与えたと、パーソナリティのアンナ・サックスが暴露。
  • ブランドへの提案:ファストフードレストランは、定期的にアンケート調査を実施して、従業員の労働条件の改善に取り組むべき。また、調査結果は年次報告書で発表することが求められる。

本リポートにはほかにも、NFTの台頭を取り上げた「NFTマニア(NFT Mania)」、環境と政治の激変で必要とされている救助テクノロジー「スキューテック(Rescue Tech()」、さらに、UFOなど未知で神秘なものや精神世界を含む「ワンダー・フル(Wonder-full)」の3つのトレンドが紹介されている。

Googleトレンドの使い方やメリットとは?

Webサイトを通じた集客効果を高めるには「適切なコンテンツ設計」が大切です。
自社サイトのコンセプトをしっかりと持った上で、質の高いコンテンツを継続的に発信することがユーザーの流入数を高めます。
そこでご活用いただきたいのが「Googleトレンド」です。
GoogleがWebサイト運営向けに提供する無料ツールの一つであり、コンテンツ設計に役立つ機能を提供してくれます。
今回は、そんなGoogleトレンドの使い方やメリットをご紹介します。

Googleトレンドを使うメリット

WEB集客におけるGoogleトレンドの活用法

Googleトレンドとは、キーワードごとに人気度や検索の動向などをチェックできるツールです。データはリアルタイムに更新され、過去十数年から過去1時間の検索トレンドを知ることができます。
Googleトレンドを利用すると、次のようなメリットがあります。
自社サイトのメインキーワードの検索動向が知れる
自社サイトの対策キーワードの幅を広げられる
人気が急上昇している関連キーワードが把握できる
最大5つのキーワードを比較して調査できる
検索キーワードの地域ごとの需要を調査できる
以上の情報を知れたり、調査できたりするのはコンテンツ設計において重要です。
Googleトレンドを利用すれば、今まで以上にユーザーの興味・関心へ深く入り込んだコンテンツ設計が可能になります。

Googleトレンドの使い方

それでは、Googleトレンドの具体的な使い方について解説していきます。Googleトレンドにアクセスすると、次のようなページが表示されます。

画面左上にあるメニュー(三本線アイコン)をクリックしてみてください。するとGoogleトレンドのメニューが表示されます。

各機能の役割を整理しましょう。

  • 調べる:任意のキーワードのトレンドを調べたり、比較したりする
  • 急上昇ワード:検索件数が急上昇しているキーワードを日別に確認する
  • Year in Search:昨年1年間を通したトレンドキーワードを確認する
  • 登録:任意のキーワードを登録して最新情報をメールで受け取る

トレンドキーワードを調べる

Googleトレンドで調べる

メニューから「調べる」をクリックします。「検索キーワードを追加」の部分に調べたいキーワードを入力し、Enterボタンを押下してみましょう。
すると過去12ヶ月間の検索動向がグラフで表示されます。

グラフは期間内における検索動向が1~100で表され、100が同期間内で最も関心を集めた時期を意味します。
「検索キーワード」の直下では、国・期間・カテゴリ・検索タイプが変更できるようになっているので、調査したい地域やカテゴリなどを自由に変更できます。

キーワードを比較する

Googleトレンドのキーワード比較

キーワードを比較しながら調査するには、「+比較」をクリックして新しいキーワードを入力しましょう。
最大5つのキーワードを比較できます。キーワードを比較してみると、単体調査では見えなかった情報が確認できます。

例えばキーワードを比較するとAとB、どちらの方がユーザーの興味関心が高いかを知ることができます。
また、類似キーワードを比較するとキーワードごとの関連性が明らかになり、コンテンツ設計に役立つ情報も手に入ります。
従ってGoogleトレンドでは比較調査を基本としながら、メインキーワードと関連キーワードの関連性を調査するのもおすすめの使い方の一つです。

地域ごとの需要をチェックする

Googleトレンドの地域別表示

キーワードのトレンド調査画面のすぐ下に、「小区域別のインタレスト」と表示されている欄があります。
日本列島が青く塗られているイラストは、調査中のキーワードが地域別でどのように関心を集めているかを教えてくれています。

地域ごとの需要を世界規模でチェックしたい場合は、「検索キーワード」下にある国選択メニューで「すべての国」を選択しましょう。

急上昇ワードを調査する

Googleトレンドの急上昇ワード

Googleトレンドのメニューから「急上昇ワード」をクリックすると、毎日の検索トレンドがチェックできます。
トレンドは当日から遡って調査でき、最大でトップ20を知ることが可能です。

画面上部の「リアルタイムの検索トレンド」をクリックすると、過去24時間の検索トレンドをチェックできます。

昨年1年間の検索トレンドを知る

Googleトレンドの昨年の検索トレンド

昨年1年間の検索トレンドを知ることで、今年のトレンドを予測できます。では、Googleトレンドのメニューから「Year in Search: 検索で振り返る」をクリックしてみましょう。

検索トレンドは日本だけでなく各国と全ての国で検索できます。

Googleトレンドのキーワードを登録する

Googleトレンドのキーワード登録

次に、Googleトレンドのメニューから「登録」をクリックしてみてください。表示された画面で右下の「+ボタン」をクリックすると、キーワードの登録ページが表示されます。
登録できるのは「トピック」と「急上昇キーワード」です。

「トピック」では任意のキーワードを登録でき、週1回または月1回、トレンドに関する最新情報をメールで受け取れます。
また、「急上昇ワード」では毎日の検索トレンドをその都度、1日1回、1週間1回の頻度を選択して通知を受け取れます。
自社サイトのメインキーワードや関連キーワードを登録しておいたり、急上昇ワードの通知を受け取るように設定しておくと、検索トレンド情報をいち早く入手できます。

Googleトレンドのコンテンツ設計例

最後に、Googleトレンドを利用したコンテンツ設計のやり方について一例を挙げたいと思います。
キーワードとして「ダイエット」を入力し、調査期間を「過去5年間」に設定してみてください。すると、面白ことが判明します。

過去5年間の検索トレンドを眺めていると「ダイエット」は毎年、1月初旬の興味関心が大きく、その年の終わりにかけて徐々に下がっていきます。
これはおそらく、日本のダイエットトレンドとして「正月太りを解消したい」というニーズが多いためです。
「ダイエット」と聞くと6月・7月に興味関心が最大化しそうなものですが、正月太りはユーザーにとって思ったよりも深刻な問題ということですね。
また、2020年5月には他の年には見られない急上昇が確認できます。
緊急事態宣言が発令されてから1ヶ月が経過し、外出自粛生活やストレスで体重が増加した人が多くダイエットへの関心が高まった突発的な需要だと考えられます。
また、比較キーワードとして「フィットネス」と追加して調査してみると、ダイエットとの相関は大きくありません。

これらの情報から、ダイエットに興味関心のあるユーザーの多くは「楽して痩せたい」と考えており、夏に向けてストイックにダイエットをするよりも、「増加してしまった体重を元に戻したい」というニーズの方が強いと仮説を立てられます。
このように仮説を立てながら検索トレンドを調査すると、より適切なコンテンツ設計ができるでしょう。

Googleトレンドを活用しましょう

SEO対策のお悩み、まとめて解決

他のSEOツールと比較するとシンプル過ぎるように感じるGoogleトレンド。しかし実際は、検索トレンドに関する深い洞察を得られる素晴らしいツールです。適切なコンテンツ設計を行ってWebサイトからの集客を増やすためにGoogleトレンドをぜひ活用してください。

2022年現在の採用広報トレンドとは?

1)Tiktokでの動画配信を採用広報に用いる企業が急増中

若年層にユーザーが多いSNSのため、新卒に対する採用広報施策として活用されているケースが増えてきています。

TikTokを活用するメリットとして、動画の制作が簡単で、拡散性が高い点が挙げられます。制作したコンテンツが一度注目を集めるとプラットフォームの特性上、再生回数が伸びやすく認知度が飛躍的に高まりやすい傾向があります。

一方で、一時的な認知度を高める(バズる)ことはできますが、企業アカウントだけでなくクリエイターのコンテンツが多いため、継続的に視聴してもらうには難しいプラットフォームともいえます。

2)社員を主体とした動画コンテンツでの採用広報

しかし、昨今では、採用候補者の働く価値観の多様化に併せて、社員自らの体験や価値観が語られている社員にフォーカスした動画コンテンツも作成されてきています。

ワンキャリアさんが主催する、ワンキャリアライブでは、社風とそこで働く人を見ていただくために、あえて複数人で登場されるケースが多いというお話です。社員同士の何気ない会話のやり取りやその関係性に、会社の等身大の社風がにじみでて、「この会社で働くリアル」が伝わると言います。

そこで、候補者視点で考えた時に、未来の同僚となる社員を主体としたミクロな情報、粒度の細かさが重要になってきています。

社員の視点から見たその会社に対する考えや想い。価値観がわかる動画コンテンツを作成することで、採用候補者から「共感」を産みやすく、ビジョンやミッションといった点での差別化やカルチャーフィットした採用につながると考えられます。

3)音声メディアでの耳を席巻した採用広報

音声メディアを活用するメリットとしては、生活の隙間に入り込める点です

「何かをしながら」という点がコンテンツに接触するハードルをさげ、採用候補者との関係構築の一歩に繋がります。また、英BBCの調査では「ながら聴き」は、リスナーのブランド認知やブランドへのエンゲージメントを高めるという結果が示されており、企業の採用ブランディングにも効果が期待できます。

「”売る” に変化を与える」をミッションに掲げてアウトソーシング事業を行う、ビーモーション株式会社です。
このチャンネルは、ビーモーション株式会社の声の社内報として、会社の今をありのままにお伝えする、ビーモーション株式会社の公式チャンネルです。
ビーモーションに所属するユニークなメンバーをゲストに迎え、会社の様々な取り組み・カルチャー・人・日々の出来事 etc をテーマに、クスっと笑えるような番組をお届けしていきます。

ビーモーション株式会社「ビーモーションの「つなぐラジオ」」/ Voicy – 音声プラットフォーム

2022年現在の採用広報のトレンドーまとめ

採用広報施策の全体的なトレンドとして、
企業/組織で働く「個」を発信する傾向になってきているのがお分かりいただけたかと思います。

GoogleキーワードプランナーとGoogleトレンドの違いとは?使い分けのポイントを解説

GDX 事業責任者 兼 プルーヴ株式会社事業開発部シニアマネージャー。
新卒で大手外資系総合コンサルティングファームにビジネス&テクノロジーコンサルタント職として就職。2016年よりプルーヴ株式会社に法人営業職として入社。慶應義塾大学理工学部・同大学院 トレンドとは 理工学研究科電子工学修了。
海外SEOとマーケティングオートメーションを軸としたデジタルマーケティングを得意とする。
Salesforce Pardot甲子園2021優秀賞受賞

取得資格:
応用情報技術者、IPAプロジェクトマネージャ、上級ウェブ解析士、IoTコーディネーター取得
Salesforce認定アドミニストレーター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Google関連

正しいSEO対策できていますか?確認すべき17の海外SEOチェックポイントまとめ(中国以外)

  • 野口慎平
  • 2022年3月7日
  • Google関連

Google関連

GoogleSEO最適化のために遵守すべきガイドラインとは?

Google検索は、ガイドラインに沿って検索表示のランキングを決定しています。 今回は、GoogleSEO最適化のために遵守すべきガイドラインについて詳しく説明していきます。 基本的なガイドライン Googl […]

  • 野口慎平
  • 2022年5月25日
  • Google関連

Google関連

SEO改善につながるGoogle検索の4つの分類とは?検索クエリの強みを解説

  • 野口慎平
  • 2022年2月27日
  • Google関連

Google関連

Google Search Consoleの使い方とは?Google Analyticsとの違い、登録から活用方法までをわかりやすく解説

Google Search Consoleとは? Google Search Consoleは、サイトを訪れるユーザーが何を求めて訪問しているかや「検索ワード」や「検索順位」に関連する情報を確認できるツールです。 Goo […]

検索ワード、販売動向から写真・イラスト表現の2022年トレンドを予測した「Creative Trend 2022」 発表!2022年3月9日(水)デザイナー向けオンラインイベントも開催

ピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証マザーズ:3416、以下「ピクスタ」)が運営する、写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」( https://pixta.jp)は、PIXTAサイト内で検索されたキーワードと販売された写真・イラストを分析し、2022年の写真・イラストのトレンドを考察した「Creative Trend 2022」を発表いたしました。
コロナ禍で過ごす中で生まれた人々の感情や、社会課題がビジュアルにも投影された予測結果となりました。

  • Creative Trend とは
  • Creative Trend 2022〜2022年のトレンドを考察〜


【表現トレンド】
◼漫画とアニメ
リアルでなければ共感されないのが今の時代。でも生々し過ぎると見ていて辛い。わかりやすさや伝わりやすさも求めたい。その結果、漫画やアニメといった表現手段が注目されています。

  • ピクスタ株式会社 クリエイティブ・ディレクター 筑城 俊よりコメント

  • 「伝える」生業の人々へ送るイベントを2022年3月9日に開催

[概要]
題 名:クリエイティブ業界人必見!2022年ビジュアルトレンド
日 時:2022年3月9日(水)20:00〜21:30 トレンドとは
会 場:オンライン(Zoom)
ゲスト:アートディレクター うざきひろみ氏
参加費:無料
対象者:画像を活用したビジュアル表現に携わる人など トレンドとは
申 込:https://creative-trend2022.peatix.com

◆ アートディレクター うざきひろみ氏より
2021年はコロナにも慣れ、異常から日常へ変化した年だったと思います。
年始にかけてまた爆発していくコロナの波にまた翻弄されていますが、翻弄されることにも個人的には慣れてきてしまった印象です。
今はさまざまな変化を受け入れやすい状態になっているのかもしれません。今後、より幸せに生きるための変化をコロナをきっかけにどんどん進んでいけばいいなと感じています。
その中でクリエイティブはどう変化していくのか、全然予想はつきませんが、私が大切にしていることなどをお話しできればと思います。

<うざきひろみ氏プロフィール>
東京藝術大学デザイン科卒業後、電通に入社。
デザイン制作だけでなく、全体の企画やブランディングなども行っています。
色を使ったポップなデザインが得意です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる