FX取引の利点

株式の現物取引とは

株式の現物取引とは

「STREAM」アプリ画面

株式委託手数料ゼロの株取引アプリ「STREAM」--現物取引サービスを開始

キャプション


「STREAM」アプリ画面

あなたにおすすめの記事

  • Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:Pivotalの朝食で1日のエネルギーをチャージ編 2018年01月26日 11時45分
  • コミュニティ型株取引アプリ「STREAM」にSNS機能限定版--“株式の現物取引とは BaaS”の提供を目指す 2018年04月10日 18時31分
  • Finatext、次世代証券プラットフォームの新会社--大和証券との資本業務提携も 2017年11月06日 20時24分

-PR- 企画特集

  • 【事例】導入初年度に売上高が30億円から37億円に!劇的なV字回復を働き方改革で実現
  • 契約書類のペーパーレス化を実現—弁護士監修の電子契約サービス「クラウドサイン」
  • 事例から学ぶデータドリブン、弾力性に富むビジネスを実現する4つの戦略と手法
  • B2B取引のEコマース化によるメリットを徹底調査~業務効率改善やコスト削減など具体的な効果…
  • IT人材不足が継続、DXに取り組む企業は内製化へ
  • これまでのようなオフィスが本当に必要ですか?「つながりの時代」の新しい選択肢

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

編集部おすすめの記事

本日の主要記事

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in 株式の現物取引とは the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and '株式の現物取引とは 株式の現物取引とは CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (株式の現物取引とは c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。 株式の現物取引とは
[ 閉じる ]

暗号資産取引のDMM Bitcoin。現物取引1銘柄及びレバレッジ取引にて4銘柄の取扱いを開始! さらに入金&取引キャンペーンも開催!

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:田口 仁、 暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、 第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号 https://bitcoin.dmm.株式の現物取引とは com/ )は、 6月15日(水)より、 以下のとおり現物取引において新たに「トロン(TRX)」及びレバレッジ取引において新たに4種類の暗号資産の取扱いを開始いたします。

価格配信及び取引開始は2022年6月15日(水)

トロン(TRX)

トロン(TRX)

カルダノ(ADA)

ポルカドット(DOT)

アイオーエスティー(IOST)

DMM Bitcoinでは現物取引12種類、 レバレッジ取引は国内最多(※1)の19種類の暗号資産取扱い数となります。

■取扱い開始日時

▼詳しくは、 こちらをご確認ください。

※1:2022年5月現在、 国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※ 取扱い開始日時は、 変更になる場合がございます。 変更の際は、 当社WEBサイトでご連絡いたします。

また、 DMM Bitcoinは、 2022年1月11日にサービス開始から4周年を迎えました。

4周年を迎え、 皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、 現在開催中の「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」の

第6弾として「400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン」を実施することをお知らせいたします。

当キャンペーンは、 現物取引、 レバレッジ取引のどちらも対象となりますので、 この機会に是非、 お取引をお試しください!

■キャンペーン期間

▼キャンペーンについての詳しい内容は、 当社WEBサイトをご覧ください。

■その他、 キャンペーン情報

▼キャンペーンについての詳しい内容は、 当社WEBサイトをご覧ください。

■「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について

レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.1!(※1)
口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!(※2)
口座維持手数料、 ロスカット手数料、 暗号資産送付手数料などが0円!
365日サポートで初心者でも安心!
※1:2022年5月現在、 国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※2:『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。

▼「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」公式サイト

■口座開設までの流れ

■暗号資産のチャートやマーケットレポートをWEBサイトで公開中

DMM Bitcoinで取り扱っている銘柄のチャートをはじめ、 マーケットレポートやクリプト指標など、 お客様の暗号資産投資の参考としていただける情報を当社WEBサイトで公開しております。

▼暗号資産のリアルタイムチャート

▼マーケットレポート

________________________________________
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧( https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf )」に記載の留意事項について
本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、 当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、 これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、 推奨するものではありません。 暗号資産(仮想通貨)は、 必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、 以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点》
暗号資産(仮想通貨)は、 日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、 価格が変動することがあります。 暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、 損をする可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。 利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、 事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、 取引内容やリスク(価格変動リスク、 サイバーセキュリティリスク等)について、 利用しようとする事業者から説明を受け、 十分に理解するようにしてください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、 暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

《取引にあたっての注意事項》
暗号資産(仮想通貨)は、 支払いを受ける側の同意がある場合に限り、 その支払いに使用することができます。
暗号資産(現物・レバレッジ)の取引手数料は無料です(ただし、 BitMatch取引手数料は別途発生します)。 レバレッジ取引は建玉を翌営業日まで持ち越すと、 建玉金額の0.04%がレバレッジ手数料として発生します。 手数料の詳細はこちら( https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee )をご覧ください。 暗号資産(現物・レバレッジ)取引は、 暗号資産(仮想通貨)価格の変動により損失が生じる可能性があります。 レバレッジ取引においては、 預託した証拠金額を上回る取引が可能である一方、 暗号資産(仮想通貨)の急激な価格変動等により、 預託した証拠金額を上回る損失が生じる可能性があります。
暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に必要な証拠金は、 各銘柄とも取引の額に対して50%以上となります。 詳しくはこちら( https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview )をご覧ください。
暗号資産(現物・レバレッジ)の価格はスプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)があります。
上記のリスクは、 お取引の典型的なリスクを示したものです。 取引に際しては契約締結前交付書面等( https://bitcoin.dmm.com/use/agree )をよくお読みいただき、 それら内容をご理解のうえ、 お取引・出資の最終決定は、 お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

▼会社情報
商号:株式会社DMM Bitcoin
暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる