オプション戦略のご紹介

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。 今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。 一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。 二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。 三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。 来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。 」

「投資の失敗=損すること」とは限らない!人気FPが語る、投資の失敗の捉え方とは

株式会社Money&You取締役 ファイナンシャルプランナー 高山一恵さん:慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性のためのFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画する。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。現在は講演活動や執筆活動、相談業務のほか、月400万PV超のお金に関する情報サイト『Mocha(モカ)』の運営などを通じて、お金の知識を伝える活動を精力的に行なっている。著者に『はじめてのお金の基本』『はじめてのNISA&iDeCo』など。

投資の目的によって、失敗の捉え方は変わる!

高山さん: 「投資の失敗=損をすること」という捉え方があるのは当然ですが、一方で投資の目的によっては、「投資の失敗=損失」とは限らない と考えています。

高山さん:そうですね。 投資の目的は必ずしも「利益を出すこと」だけではありませんよね。例えば、「株主優待がほしい」「その企業を応援したい」「経済の勉強をしたい」など投資にはさまざまな目的があります。それらの目的を達成しているのであれば、含み損(※)を抱えたり、損失を出してしまったりしても「失敗」とは言えないのではないでしょうか。 例えば、「株主優待がほしい」という目的で投資をした場合、含み損を抱えていても株主優待をもらった時点で、「投資を失敗した」とは言えないと思います。

高山さん:そうですよね。繰り返しになりますが、投資の目的によっては「失敗=損をすること」とは限りません。投資に踏み出せない方の中には、“損をするのが怖い”と思っている方も多いと思います。ですが、自分が何を目的に投資をするのかを明確にして、 少しの損失はレッスン料と割り切れるぐらいの目的を今一度考えてみてはいかがでしょうか。

― 損失だけが失敗ではないというのは、少し変わった視点だと思います。ですが、失敗の中でも “これだけは避けなければならない”失敗 はありますか?

高山さん: 「熱くなりすぎて、どんどん資金をつぎ込んでしまうこと」 ですね。損をするとどうしても「取り返したい」という気持ちが強くなり、当初想定していた投資金額を越えて投資をしてしまう方もいます。ただ熱くなって投資をした銘柄に限って、どんどん下落してしまうんですよね。事前に投資金額は決めておき、その金額を守る努力は必要だと感じます。投資の損失だけが失敗ではないと言いましたが、こういった失敗だけはしないようにしてほしいですね。

見積管理システム比較10選。タイプや目的別の選び方

たとえば、「Sales Quote Assistant(株式会社NIコンサルティング)」や「見積管理システム(アイディックシステム株式会社)」は、クリック操作メインで見積書を作成できるところが強み。「見積Rich(株式会社コネクティボ)」はネット上で見積書が作成できるので、外出先や取引先で見積書を作成、承認フローまでリアルタイムに進められます。多くのサービスは過去の見積書を流用、参照して作成できるため、より正確な見積書作成の助けになります。

販売管理システム・ERP一体タイプ

製造業特化タイプ

たとえば、「SMILE V POWER見積(株式会社大塚商会)」は、予算と見積金額を入力するだけで予想利益を把握しながら見積もりを作成でき、部材明細単位での粗利率で金額計算も行えます。「TerminalQ(ターミナルQ)(株式会社TERMINALQ)」は、工程から時間単価を設定し、工程単価として見積書を作成、見積精度を高めることができます。

見積管理システムの比較ポイント

1. 効率化したい業務範囲

2. 作成補助機能の充実度

たとえば「Sales Quote Assistant」なら、独自の「AI秘書」が見積書の作成をアシストしてくれます。AI秘書は明細チェック、承認チェック、承認ルールなど様々なアシスト機能によって、作成者のサポートをしてくれます。

3. 承認フローの柔軟性

主な見積管理システム(専用タイプ)

見積Rich(株式会社コネクティボ)

見積Rich公式Webサイト

見積書の作成・承認、納品書、請求書までをWebで完結できるクラウド見積管理システム。見積書の作成から承認、発行までWeb上で行うことができ、外出先や顧客先で作成可能。表計算ソフトと同じ操作感で、シンプルに使うことができる。
原価見積と売価見積の分離による赤字見積の防止、売価見積では利益率による設定、顧客ランク別の一括設定のほか、直接売価の入力にも対応、柔軟な見積書作成が可能。見積もりテンプレートや過去の見積書の流用で、作成に慣れていない新人社員でも使えるよう工夫されている。
承認フローは役職、金額、利益率など実務に合わせて変化させることもでき、柔軟に構築できる。また、全社の商談中案件は一元管理できて、商談メモの書き込みなど営業支援機能も長けている。

  • 料金:月額5,000円~(複数ユーザープラン)、初期費用なし ※個人向け無料プランあり

Sales 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 Quote Assistant(株式会社NIコンサルティング)

(出所:Sales Quote Assistant公式Webサイト)

  • 料金:月額580円/ユーザー~、初期費用50,000円(クラウド版の場合)

見積デザイナー(株式会社ユニオンシンク)

見積デザイナー公式Webサイト

会社の様々な業務をシステム化するためのパッケージサービスを提供している同社の見積管理システム。見積もり情報の共有と一元化を行い、受注確度や勝敗の分析情報を管理できる。
見積書は過去の見積もりをテンプレートとして利用でき、検索や比較が可能。作成済みの見積を受注確度によって色分けすることや、見積ごとの受注・失注を「勝敗」として管理、利益率・成約率などの多角的分析を行えるなど、営業活動の進捗管理や分析機能に特徴がある。
原価や商品、管理情報等をマスタデータとして保持でき、見積書の作成、承認依頼から回答までを一元管理しているなど、管理機能の構造もわかりやすい。

見積管理システム(アイディックシステム株式会社)

見積管理システム公式Webサイト

主な見積管理システム(販売管理・ERP一体タイプ)

楽楽販売(株式会社ラクス)

楽楽販売公式Webサイト

販売管理、受発注管理、顧客管理を効率化できるクラウド型の販売管理システム。営業案件管理・販売管理・発注/購買管理・プロジェクト/作業進捗管理といった業務の効率化に適している。
見積管理では、過去の見積もり情報や顧客情報を転記して作成時間を短縮、値引き率に応じた承認フローを組むことができ、案件の確度別にまとめることができる。案件のデータベースが作成できるため、検索も容易で、ボタン一つでExcelやPDFに変換可能。簡単な操作で、多くの機能を網羅できている点がメリットといえる。
販売管理システムに組み込まれているため、見積もりだけでなく請求書発行や売上の管理といったところまで対応し、見積もりから回収までの一連の流れを追うことができるプラットフォームとしても活用できる。

  • 料金:月額60,000円~、初期費用150,000円

アラジンオフィス(株式会社アイル)

アラジンオフィス公式Webサイト

スマイルワークス(株式会社スマイルワークス)

スマイルワークス公式Webサイト

見積書・請求書・発注書の作成だけでなく、各種集計表や順位表、推移表の作成や在庫管理まで、販売管理業務をトータルにサポートできるクラウドERP。
基本機能として、案件の管理と見積書の作成、ボタン一つでできる見積からの受注・売上登録、見積の検索、見積データのインポートエクスポートなどが備わっており、オリジナル機能として見積書のオリジナルテンプレート作成や、見積書の集計、売上への連携などが可能。
見積はクラウド上で社内共有ができるため、複数人、複数拠点でもリアルタイムな販売管理ができる。企業間の受発注データや請求データなど、伝票・帳票をやりとりができるEDI機能が強みのひとつであり、企業間の取引データがクラウド上でやり取りできることで業務効率が大幅に改善されることもメリット。

  • 料金:月額10,000 円〜(販売ワークス)、初期費用30,取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 000 円

主な見積管理システム(製造業特化タイプ)

SMILE V POWER見積(株式会社大塚商会)

SMILE V POWER見積公式Webサイト

(出所:SMILE V POWER見積公式Webサイト)

大塚商会が提供している建設・設備業向け見積管理システム。建設業特有の見積もり作成に対応し、予想利益を把握しながら見積書を作成可能。部材明細単位での粗利率での金額計算や、関連資料との紐づけにより、現場写真・図面・議事録などの確認も同時にできる。
見積もり、受注、失注などの状況や理由を記録し、要因の分析ができる営業支援機能も搭載。概算の利益予測を確認できるので、見積もり段階での事前原価を正確に把握可能、適正な利益を確保した受注にも役立つ。
「SMILE」シリーズの各種管理システムと連携すれば、発注・予算・支払い・請求・原価管理までの一元管理や、見積入力の工事概要や見積内訳について、申請・承認・取り下げ・否決を行うワークフローを構築できるなど、連携オプションの多さもメリットといえる。

TerminalQ(ターミナルQ)(株式会社TERMINALQ)

TerminalQ公式Webサイト

見積もりに課題を抱える中小製造業の加工現場から生まれたクラウド見積ソフト。実務経験がなくても簡単な操作で見積作成可能で、「単価 x 時間」の考え方に基づき、自社工程の見積金額を算出していくことができる。データの蓄積により工程単価の見積もり精度を高めることにも役立っている。
自社のオリジナル価格設定・修正も容易に設定でき、顧客ごとの数量・係数も調整可能、各種帳票書類の作成まで行うことができる。図面や見積履歴、受注失注実績、帳票書類はデータベースとして利用できるので、情報の共有、類似案件の見積もりや参考になる過去の見積もりの検索が可能。データベースの見積もりデータには受失注実績や工数実績を登録できるので、実績の蓄積やデータ分析がしやすい。

SDGsとは?


UN Photo/Cia Pak

SDGsの17の目標

SDGsの169のターゲット

1.1 2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
1.2 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
1.3 各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度および対策を実施し、2030年までに貧困層および脆弱層に対し十分な保護を達成する。
1.4 2030年までに、貧困層および脆弱層をはじめ、すべての男性および女性の経済的資源に対する同等の権利、ならびに基本的サービス、オーナーシップ、および土地その他の財産、相続財産、天然資源、適切な新技術、およびマイクロファイナンスを含む金融サービスへの管理を確保する。
1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。
1.a あらゆる次元での貧困撲滅のための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの多大な資源の動員を確保する。
1.b 各国、地域、および国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを設置し、貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援する。

世界におけるSDGsと達成状況

SDGsがパワフルなところは、この数値目標を定期的にモニタリングしていくことです。その進捗をモニタリングしていく枠組みとして、国連ハイレベル政策フォーラム(HLPF:High Level Political Forum)というものがあります。

OECD 各国 アフリカ

日本におけるSDGs

「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。

今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。

一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。

二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。

三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。

来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。 」

  1. SDGsと連携する「Society(ソサエティー)5.0」の推進
  2. SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり
  3. SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

① 経済、ビジネスにおけるSDGs

ちなみにSociety5.0とは以下で表現されています。
狩猟社会(Society1.0)
農耕社会(Society 2.0)
工業社会(Society 3.0)
情報社会(Society 4.0)
超スマート社会(Society 5.0)

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説

帳合とは?小売流通業における意味と役割、メリット・デメリットなどを解説

流通業界でよく耳にする用語に「帳合」がある。もともとは会計用語の「帳簿合わせ」を意味するが、卸売・小売業においては「帳合取引」を指す。 日本では昔から帳合取引が行われており、小売業者はもちろん、メーカー側にとっても様々なメリットがある。ここでは、流通業で使われる帳合という用語の意味と帳合取引を行うメリット・デメリットについて解説する。 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 目次1 帳合(ちょうあい)とは?用語の意味・仕組みを解説1.1 会計用語で勘定と帳簿を照合・確認すること1.2 卸売・小売業界では取引関係があること1.3 帳合先や帳合取引の意味と仕組2 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 帳合取引の役割とは?採用される理由2.1 信用ある業者間で安定的に取引を行…

4Mとは?品質管理における意味や、5M+1Eや6Mについて解説

製造業をはじめとした生産現場の品質管理における重要な要素として「4M」がある。4Mは問題発生時の分析や課題の解決など、多くの場面で活用されている。 近年では現場や社会情勢の変化によって4Mにさらに要素を加えた「5M+1E」や「6E」という概念も誕生した。この記事では、4Mを構成する要素や活用方法、似ている言葉の意味について解説する。品質管理における課題解決や生産性の向上のために4Mをぜひ役立ててほしい。 目次1 4Mとは?概要と4つの構成要素について1.1 Man(人)1.2 Machine(機械)1.3 Material(材料)1.4 Method(方法)2 5M+1Eと6Mとは2.1 5M…

センシングとは?概要や種類、メリット、ビジネスや各分野での技術を解説

ビジネスや産業における各業種でのIoTを導入した技術革新から、人口減少や環境などの社会問題解決まで、大きな意義を持つ技術として広く活用されているのが「センシング」だ。センシングは製造業を中心に、医療や看護、農業と幅広い分野へ導入されている。 将来的なICT技術と人間との共存に欠かせない、センシングの概要や種類、導入メリット、に加えてビジネスをふくめた各分野で導入されているセンシング技術について解説する。 目次1 センシングの言葉の意味や仕組み、種類を解説1.1 センシングとは1.2 センシングの仕組み1.3 センシングの種類2 センシングのメリット2.1 現場や状況のリアルタイム可視化2.2 …

日配品とは?意味や由来、該当する商品などを解説

「日配品」とは、主に小売・流通業界で使われる用語で、店舗に毎日配送される商品のことを指す。名前の由来は「毎日店舗に配送される食品」の略からきており、デイリーフーズ、デイリー食品、デイリーなどと呼ばることもある。 卵、牛乳・乳製品、パン、豆腐、納豆、漬物、練り物、ハム・ウィンナーなどの畜産加工品、チルド飲料、生麺類、生菓子など、日持ちがしない、冷蔵を必要とする食品などが該当する。生鮮食品は基本的にふくまれない。 日配品は、基本的に賞味期限や消費期限が短い商品が多いため、閉店時間が近くになるにつれて値引きされることも多い。

PI値とは?意味や計算方法、活用方法などを基礎から解説

PI値とは「Purchase Index(パーチェイス・インデックス)」の略で、小売店舗などで用いられる来店客1000 人当たりの購買指数を表す。 購入金額や、個数、人数に対して用いられ、商品単位やカテゴリー単位などで計算される。PI値が高いほど、商品の購入可能性が高いといった予測ができる。 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 PI値は、下記のような計算式で算出することができる。 販売金額(販売数量・人数)÷ レジを通過した客数 × 1000 例えば、ある特定の期間のオレンジジュースの販売数量が100個で、レジを通過した客数が10000人であればPI値は10となる。 来店客数1000人あたりの換算することで、店舗の規模や曜日など…

お役立ち資料データ

顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

企業がM&Aを行う目的とは?譲渡・譲受企業別に分かりやすく解説

引用:全国企業「後継者不在率」動向調査(2021年)

帝国データバンクの調査によれば、日本企業全体の後継者不在率は6割以上

こうした背景から、現経営者が退いた後も企業・事業を存続させ、従業員の雇用を維持するためにも、第三者へ経営権を譲渡する事業承継M&Aが増加しています。

創業者利益を得るため

企業を売却した際の 創業者利益を目的 に、M&Aを実施するケースが少なくありません。

特に中小企業の場合、創業者が自分の資本で起業しているケースが多く、投資回収及び利益の享受を目的に、引退と同時に事業を売却する場合があります。

譲受(買収)企業にとっての目的

  • 新規事業を素早く拡大させるため
  • スケールメリットを享受するため
  • シナジー効果を得るため

新規事業を素早く拡大させるため

しかし、1から事業を立ち上げる場合、製品・サービスの構築や人材教育などさまざまな工程を進める必要があり、事業を軌道に乗せるには多くの時間がかかります

こうした背景から 新規事業を素早く展開させる ための手法として、M&Aを実施する企業が多いのです。

また、M&Aにより短期間で事業を拡大することで、先行企業を追い越し、市場シェアを確保できたり、参入障壁を形成したりと、様々なメリットを享受できます。

スケールメリットを享受するため

スケールメリットとは、会社規模が拡大したことで得られるメリットのこと。

今後の 事業を有利に進めるため 、経営基盤の強化としてM&Aを実施する企業が多いのです。

シナジー効果を得るため

M&Aで自社の弱みを補填し、強みを最大化する シナジー効果(相乗効果) を目的とするケースも多くあります。

シナジー効果を目的とする場合は、他業種事業の買収が多くみられます。

M&Aで用いられる代表的な5つの手法

株式譲渡とは、譲渡企業の 株式を対価と引き換えに取引 することで、企業の経営権を承継する手法のこと。

M&A手法の中で、最も用いられる手法です。

しかし実際には、中小企業など非上場企業による株式譲渡が多く見られます。

事業譲渡は企業全体ではなく、 一部の事業のみを切り取り承継する手法 のこと。

不採算事業の売却や、選択と集中を図る際に用いられます。

  • 株式交換の主目的は、譲渡企業の子会社化
  • 取引対価が現金ではなく株式

株式交換は譲渡企業の子会社化を前提としているため、議決権の3分の2以上の取得が一般的です。

また、株式譲渡では原則的に対価を現金で支払うのに対し、株式交換は譲受企業の株式を対価に用います。

会社分割は、譲渡企業の 事業を、譲受企業の関係会社に承継させる M&A手法のこと。

会社分割は、さらに下記2種類の手法に分類されます。

  • 吸収分割:既存の会社に事業を承継
  • 新設分割:新設した会社に事業を承継

吸収分割が権利・義務などをまるごと移転させるのに対し、事業譲渡は両者で交わされた契約のもと、権利・義務の各項目を個別で承継します。

第三者割当増資

第三者割当増資は、譲渡企業が 株式を新たに発行し、第三者へ株式を割り当てる 手法のこと。

株式の対価は既存の株主ではなく、譲渡企業が受け取るため、財政基盤の強化や資金調達を目的に実施されます。

M&Aの流れ

M&Aの実施期間は、半年から1年が一般的。

  1. M&Aの初期検討
  2. 対象会社の簡易調査
  3. 譲受企業の候補先選定・打診
  4. 合意形成のための調査
  5. 基本合意契約の締結
  6. 買収監査の実施
  7. M&Aの成立

M&Aの初期検討

初めにおこなうのは、 M&Aの目標策定と必要情報の整理 です。

また、決算書や財務諸表などを分析し、交渉でアピールできる自社の強みと懸念材料になる弱みを洗い出しておくのも有効です。

  • M&A後の役員・従業員の待遇
  • どのM&A手法をとるのか
  • 評価額の算定
  • 譲受企業に求める条件

対象会社の簡易調査

また、譲受企業に提示するノンネームシートの用意も欠かせません。

譲受企業の候補先選定・打診

続いて、M&A仲介会社などに提示された 候補企業を選定し、絞り込む 作業です。

あらかじめ設定した自社の条件と合っているかを軸に選定を進め、候補企業をリスト化します

また、候補企業へ打診する際は、M&Aの情報が外部へ漏れないよう細心の注意が必要です。

仮にM&Aの情報が外部へ漏れると、従業員の混乱や取引先の契約終了につながるため。

合意形成のための調査

候補企業が定まると、 M&A交渉に向けた調査 をおこないます。

この工程から譲渡企業の内部情報を開示するため、情報漏洩に関する秘密保持契約を結びます。

場合によっては、企業トップ同士が面談をおこない、内情の確認や条件のすり合わせをおこないます。

基本合意契約の締結

譲受企業による基本条件提示を受け、譲渡企業が同意すれば、 基本合意書 を締結します。

基本合意書はM&A実行を確約するものではなく、それまでの約束事と今後の動き方を明確にするための契約です。

  • これまでに合意した基本条件の確約
  • 独占的交渉権の確約
  • デューディリデンス(DD)の実行許可

その後は、基本合意書の締結相手と優先的に交渉を進めるため、面談やDDのスケジュールを決めておくと、のちの工程がスムーズになるでしょう。

買収監査の実施

基本合意書の締結後、 譲受企業によるデューデリジェンス(DD) がおこなわれます。

簿外債務や税金の申告漏れなど、これまでのプロセスでわからなかったリスクの有無を、下記6種類のデューデリジェンスで調べます

譲渡企業側は求められた資料を即座に提出できるよう、事前に準備しておくと良いでしょう。

M&Aの成立

デューデリジェンスを経て双方がM&A実行に同意した場合、 最終合意書を締結 します。

M&Aのメリットとデメリットとは?

M&Aは、譲受企業と譲渡企業 双方にメリット・ デメリット がある取り組み。

譲渡(売却)企業にとってのメリット

  • 金銭的利潤の獲得
  • 事業承継問題の解決
  • 企業の最適化
  • 個人保証の解消
  • 従業員の雇用維持

一番のメリットは、 金銭的利潤の獲得 です。

また、不採算事業を売却すれば、財務上の課題解決にもつながるため、M&Aの実施効果は大きいでしょう。

譲渡(売却)企業にとってデメリット

  • 売却先が見つからない
  • 従業員の雇用条件が悪化する
  • 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説
  • 顧客や取引先との関係性が悪化する
  • 企業文化の不一致

事業を譲渡をするにあたり特に懸念されるのが、 売却先が見つからない可能性 があること。

また、自社で候補企業を探す場合には、時間と手間がかかる上に、情報漏洩のリスクも高まります。

したがって、M&Aの専門機関である仲介会社などへ依頼し、候補企業とのマッチングをサポートしてもらうのが有効です。

譲受(買収)企業にとってのメリット

  • のれんの獲得
  • 事業成長の加速
  • 新規エリアへの足掛かり
  • スケールメリットの享受

一番のメリットは、譲渡企業のブランド力や人材、ノウハウなどの 「のれん」を承継 できること。

もちろん、建物や設備などの有形資産が得られる点もM&Aの魅力ですが、譲受企業へ大きな恩恵をもたらすのは、無形資産であるのれんです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる