海外FXガイド

フィボナッチの使い方

フィボナッチの使い方
まずは、自然界にあるものがフィボナッチ係数やフィボナッチ比率になっているというのです。
例えば花弁の数とか、雪の結晶の比率とか、木々の葉っぱの縦横の比率なんかがフィボナッチになっているというのです。

専業トレーダーが明かす「FXで勝てる」フィボナッチの使い方

フィボナッチいろいろ

800px-Leonardo_da_Pisa


ドゥオモ広場にあるフィボナッチさんの像 wikipediaより

0, 1, 1, 2, フィボナッチの使い方 3, 5, 8, 13, 21, フィボナッチの使い方 34, 55, 89, 144, 233….

0 + 1 = 1
1 + 1 = 2
1 + 2 = 3 フィボナッチの使い方 フィボナッチの使い方
2 + 3 = 5
3 + 5 = 8

最初のいくつかの数字を除き、ある数字と次に続く数字の関係を見てみると面白い関係にあります。
どの数字も次に続く数字の 0.618 倍となっているのです。
たとえば、144 ÷ 233 = 0.618 となります。
それはどこをとってもそうなっています。

また、ある数字と2つあとの数字を比べると別の法則があります。
どの数字も、2つ後の数字の 0.382 倍になっているのです。

なぜFXでフィボナッチ数列を使うの?

2014-11-10_23h21_18

まずは、自然界にあるものがフィボナッチ係数やフィボナッチ比率になっているというのです。
例えば花弁の数とか、雪の結晶の比率とか、木々の葉っぱの縦横の比率なんかがフィボナッチになっているというのです。

ピラミッドとスフィンクス

さらに、ピラミッドやスフィンクスなど、人間が作ったとは思えない神秘的な建造物の構造に現れる比率も「フィボナッチ比率」になっているそうです。

FX市場や株式市場の値動きはどうでしょうか?
相場というのは、不特定多数の参加者の感情が渦巻いた結果として起きる現象です。
ある意味ひとつの自然現象ととらえても良いかもしれません。

相場に自然現象的な要素があるのであれば、
チャートに現れる値幅の比率が「フィボナッチ比率」になる傾向があってもおかしくないのではないか?
という考え方が、フィボナッチを利用するトレードの根拠です。

チャートも自然現象?

フィボナッチを使ったトレード手法に使われるフィボナッチ比率

フィボナッチリトレースメントに使われる比率

フィボナッチリトレースメントとは、押しや戻しの比率のことです。詳しくはこの後で解説します。
0.236、0.382、0.500、0.618、0.786
このうちで主流なのは0.382、0.500、0.618の3つです。

フィボナッチエクステンション(フィボナッチエクスパンション)やエクスターナルリトレースメントに使われる比率

トレンド相場がどこまで伸びるか?を計る比率です。
1.272、1.618、2.618が良く使われます。
その中でも一番よくつかわれるのは1.618です。

ほとんどの業者のチャートソフトがフィボナッチツールを装備しています。
ですから誰でも一瞬でチャートにフィボナッチのラインを表示できます。
もちろん、MT4もフィボナッチツールを標準装備しています。

FXのフィボナッチはこう使う!利益を出すための引き方やコツを教えます!

もっちゃん

もっちゃん

フィボナッチはトレードに利用することによって、より 優位性の高い場所でのエントリーが可能 になります。

  • フィボナッチとは?
  • フィボナッチの使い方
  • 実際のチャートでのフィボナッチの引き方

もっちゃん

FXにおけるフィボナッチとは?

もっちゃん

フィボナッチ数列とは?

この数列の隣り合った数字の比率が1:1.618に収束していき、それを 「黄金比」 と呼んでいます。

この フィボナッチ比率=黄金比 は、 人間にとって最も美しく見える比率 で心理的にも心地よいと感じるものだということです。

Appleやツイッターも黄金比だった!?

  • ひまわりの種
  • アンモナイト
  • 松ぼっくり
  • パルテノン神殿
  • ピラミッド
  • フィボナッチの使い方
  • ミロのヴィーナス
  • モナ・リザ
  • 最後の晩餐

近代でいえば、 Appleのリンゴのマーク や twitterの青い鳥のマーク もこの黄金比でデザインされているそうです。

もっちゃん

もっちゃん

FXにおけるフィボナッチの種類

  1. フィボナッチ・ファン
  2. フィボナッチ・チャネル
  3. フィボナッチ・アーク
  4. フィボナッチ・タイムゾーン
  5. フィボナッチ・エクスパンション
  6. フィボナッチ・リトレースメント

そして今回この記事では、世界のトレーダーの中でも一番使われている フィボナッチリトレースメント について紹介していきたいと思います。

フィボナッチリトレースメントの使い方

フィボナッチリトレースメントは、 押し目や戻りがどこで入るかの目安となる位置がわかるツール になります。

FXの押し目買いと戻り売りは難しい?タイミングやコツはこれだ! 結論:FXは押し目買い・戻り売りをやるゲームである 今回は押し目買いと戻り売りについて話していきたいと思います。 この記事では ・押し目買い・戻り売りって何?・押…

フィボナッチの使い方をわかりやすく解説!株の世界の黄金比とは

フィボナッチの使い方をわかりやすく解説!株の世界の黄金比とは

テクニカル分析

フィボナッチ とは、自然界の様々なところに見られる数列・比率のことです。
相場の世界においてはテクニカル分析の一つとして、主に押し目・戻りの判断材料、またはレジスタンスライン・サポートラインとして利用されます。

【人間は無意識に美や調和を感じる位置で売買をしやすい】という習性を利用したもので、実際にその通りになることが多いんです。
「胡散臭い話がはじまった」「どうせ最後に幸せになれる絵画買わせるんでしょ」 と思うのは少し待ってください。

確かにフィボナッチは占いや都市伝説のような要素がありますが、覚えておいて損はありません。
ぜひあなたも、【美や調和を利用したテクニカル指標】を覚えてみましょう。
星占いや血液型占いを信じない人も、騙されたと思って最後まで読んでみて下さい。

フィボナッチとは調和と美を支配する数値

1.1.2.3.5.8.13.21.34.55

これの数字の続きは、何になるでしょうか。

きっと勘のいい方ならすぐわかったことでしょう。 (私は最初分かりませんでした)
答えは 89 です。

1+1=2
1+2=3
2+3=5
3+5=8
5+8=13
8+13=21

つまり、 1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.フィボナッチの使い方 フィボナッチの使い方 89.144.233… と続くわけです。

この数列を、 フィボナッチ数列 というんです。
12世紀のイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチさんが見つけた数列で、自然界にはフィボナッチ数列が数多く潜んでいるのです。
例えば花の花弁の数、うさぎが子どもを産んで新たに生まれる番の数、木の枝の数など、驚くほど様々な場面で発見することができます。

フィボナッチの描く螺旋

フィボナッチのらせん

この螺旋は非常に合理的かつ調和がとりやすいのか、台風の渦巻き、植物や生物、絵画、建造物、宇宙の事象の中にさえも在るんです。私たちの持つDNAの二重螺旋にさえ含まれています。
生命や世界の調和を保つために、一番最適な形なのかもしれません。

株にも通じる黄金比、フィボナッチ比率

「株の話はまだかいな」 と思われるかもしれませんが、実はここからが大事です。

先ほどのフィボナッチ数列を並べて、
前の数字を次の数字で割ると、数値は徐々に 0.618 に近づき
前の数字を次の次の数字で割ると、数値は徐々に 0.382 に近づくんですよ。

■1÷2=0.500 2÷3=0.667 3÷5=0.600 5÷8=0.625 8÷13=0.615 13÷21=0.619 21÷34=0.618 34÷55=0.618 55÷89=0.618 89÷144=0.618 144÷233=0.フィボナッチの使い方 618

■1÷3=0.333 2÷5=0.400 3÷8=0.375 5÷13=0.385 8÷21=0.381 13÷34=0.382 21÷55=0.382 34÷89=0.382 55÷144=0.381 89÷233=0.382

この先の数値も、ずっと0.618と0.382になるんですよ。
疑っていますか? 実際に計算してみてください。本当にそうなります。
※場合によっては次の次の次の数字で割ることで近づく数値0.236を含めることもあります。

さて、0.618と0.382を足すと、1になりますよね。
この1を0.618対0.382に分けられていることを、 黄金比率(黄金分割) というんです。
ピラミッドや名画、ミロのヴィーナスといった、人間が美しいと称えるものの中に、この黄金比は高確率で潜んでいます。

そしてこれは、相場の世界でも同じなんです。

相場で使うフィボナッチ

じゃあこれをどうやって相場の中で利用するのかというと、 主に押し目と戻りの判断材料、それからレジスタンスライン・サポートラインとして利用するんですよ。

なぜなら、フィボナッチラインは人間の心理的に一番美しく、バランスの良い、または調和が取れていると感じるラインなので、ここを売買の境目として意識されやすいからです。

押し目・戻りを判断するためのフィボナッチリトレースメント

上昇トレンドの最中に一時的に下落している局面のことを押し目下降トレンドの最中に一時的に上昇する局面のことを戻り といいますが、
なんとこのフィボナッチを使うことで、押し目と戻りを判断するうえで判断材料となってくれるのです。
この方法のことを、 フィボナッチリトレースメント といいますよ。

まず押し目の場合から見てみましょう。
上昇を開始した位置を1、山のてっぺんを0とします。
図に起こすとこんな感じです。

フィボナッチの押し目

上昇トレンドからてっぺんをつけて下落局面を迎えて、大きな山を描きますよね。
その大きな山を1として、 上から38.2%(下から61.8%)の位置、これがまさに押し目となり反発しやすい位置 なんです。

これと真逆の、戻りの場合も同じです。
下落を開始した地点を1、底をついた場所を0とします。
図に起こすとこんな感じです。

フィボナッチの戻り

下降トレンドから底をついて上昇局面に変わり、えぐれたような谷を描きますよね。
その大きな谷を1として、 下から38.2%(上から61.8%)の位置が戻りとなりやすい位置 なんです。

押し目・戻りを判断するためのラインは、 38.2%(3分の1)、50.0%(半値)、61.8%(3分の2) の場所に引くこともあります。

細かくラインを設定することで、 【そのトレンドがどれだけの強さを持っているのか】 、さらに 【次の押し目・戻りはどの辺りになるのか】 の判断材料になってくれるんですよ。

ただ、注意したいのがフィボナッチリトレースメントは、必ずしも押し目・戻りを保証するものではありません。
よーくよーーーーく観察し、他の指標も取り入れたうえで判断してみましょう。

3分の1・半値・3分の2という節目

レジスタンスライン・サポートラインとなるフィボナッチライン

唐突ですが、あなたは トレンドライン・サポートライン・レジスタンスライン という線は引くでしょうか。
基本的にあれらのラインというのは、 【局面が変わりやすい場所】 のことですよね。

例えば、
「この一カ月間で下落しかけた時に反発するのは、いつも大体この辺だよね」という場所に引くのがサポートライン、
「ここ数カ月はずっとここで跳ね返されている」という場所に引くのがレジスタンスライン、
「このトレンドは大体この辺から始まって、このくらいの値幅で推移している」というところに引くのがトレンドラインですよね。

だからこそ、これらの線を上抜いたり下抜いたりしたときは、 「ここを抜けたということは、新しい局面を迎えるのか?」 と意識されるわけです。

これと同じように、 特定の期間中のチャートにフィボナッチラインというラインを引いて、レジスタンスライン・サポートラインとして判断材料にするんです。
やっていることは、先ほどのフィボナッチリトレースメントとほぼ同じと考えて大丈夫ですよ。

フィボナッチラインの引き方

まず最初は特定の期間のチャートを1として決めておきます。
特定の期間の最安値と最高値を1として考え、 23.60%、38.20%、50.0%、61.80%、78.60% のところに線を引けば完成。

引用:Yahoo!ファイナンス

使い方は通常のトレンドラインやサポートライン・レジスタンスラインと同じです。

ただし注意したいのが、通常のレジスタンスラインやサポートラインと同じく、 フィボナッチラインも期間が長いほど精度が上がり、逆に期間が短いほど精度が低くなる傾向がある ことです。
つまり、5分足より日足、日足よりも週足、週足よりも月足の方が精度が高くなりやすいということ。
なぜなら、週足や月足といった長い時間足の方が、より多くの情報が詰め込まれており、信頼できるデータといえるためですね。

フィボナッチラインと他の指標を一緒に使って精度UP

これはすべてのテクニカル指標に言えることですが、指標を一つだけ使って売買の判断をするのは非常に危険です。
フィボナッチラインも同じく、 他の指標と合わせて使用するのが基本 です。

フィボナッチなんぞ知らん!とにかく手っ取り早く勝ちたい!

「フィボナッチなどまだるっこしいわ!」
「信じられるのは富・権力・力のみ」
という世紀末な思想のあなたは、ぜひこちらも利用してみてください。

フィボナッチを制する者は世界を制するか?

怪しげなのに不思議と当たることも多いフィボナッチですが、使い方は非常に簡単です。
投資界隈ではこういったオカルトチックなものを好きな人と嫌いな人で明確に分かれている印象がありますが、
ぜひ食わず嫌いせずに使ってみてください。

黄金比だ美だバランスだと言われても怪しさしか感じないのは分かりますが、それにしては当たることも多いです。
たまには見えないものを見ようとして午前二時にフィボナッチを覗き込んでみましょう。

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

分かりやすく勝てる方法。 それは当たり屋につくことです。
ネット投資顧問は銘柄を見る目を鍛えつつ利用して継続的にお金を増やすこともできるので、もちこは常に参考にしています。
また、はめ込まれない投資をしたいと思ったときに有効なので、登録しておいて損はなさそうです。SNSや掲示板等の煽りを信じるよりも建設的。
朝夕の無料メルマガには注目の銘柄がたくさん掲載されているので、とても参考になりますよ。↓↓

フィボナッチ分析|黄金比率を用いてチャートの戻り目安を予測


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/media/runcha-app.com/public_html/technical/wp-content/themes/technicalbook/content.php on line 4
-->

図解で分かるフィボナッチ分析の使い方

要するにフィボナッチ分析とは

  • 人が最も美しいと感じる「黄金比」をチャート分析に適用したもの
  • 相場の反転ポイントやターゲットを予測することができる
  • フィボナッチ・リトレースメントフィボナッチ・エクスパンションの2つは使いこなしたい

フィボナッチ比率の基本

23.60%、38.20%、61.80%、78.6%、100%、123.60%、138.2%、161.80%…

これらの比率は、 フィボナッチの使い方 人が最も美しいと感じやすい と言われています。

これに”真ん中“という意味を持つ 50% を加えて、 トレンドの反転ポイントやターゲット、変化日などの予測に利用する のが、フィボナッチ分析です。

フィボナッチ分析の例

上の画像では、フィボナッチ分析ツールを使って、安値Aと高値Bの間における各比率となる水準に水平線を表示しています

黄金比との深い関係

黄金比が使われているパリの凱旋門

フィボナッチ比率は、黄金比(1:1.618)と深い関係のある値です。

黄金分割は自然界にあふれているものであって、太陽系惑星間の比、銀河の渦、台風、渦潮、オウム貝、花弁、松笠、タマネギ、ヒマワリの種の配列などに存在する比率である。

日本テクニカル分析大全 p.463

人が最も美しいと感じることがよく知られており、数多くのアートや建築物においてもこの黄金比は確認できます。上の写真のパリの凱旋門は、代表例の一つですね。

これをチャート上に応用すると、フィボナッチ比率に関係した形状になるところでは、 人が自然と注文を入れやすくなると考えられる わけです。

このことに加えて、フィボナッチ分析自体が非常に有名で多くの投資家が利用していることも、フィボナッチ分析をさらに機能しやすくさせていると言えるかもしれません。

フィボナッチ数列とは

フィボナッチ数列

フィボナッチ数列

フィボナッチ比率の算出方法

フィボナッチ比率の計算①

上のように、フィボナッチ数列の隣同士の値に注目して、1つ後の値が1つ前の値の何倍になっているかを見ていくと、その値は1.618倍に収束していっています。

逆に、1つ前の値が1つ後の値の何倍になっているかを見ていくと、その値は0.618倍に収束していきます。

フィボナッチ比率の計算②

次に、フィボナッチ数列の1つ飛ばしの値に注目して、2つ後の値が2つ前の値の何倍になっているかを見ていくと、その値は2.618倍に収束していきます。

逆に、2つ前の値が2つ後の値の何倍になっているかを見ていくと、その値は0.382倍に収束していきます。

同様に、2つ飛ばしの値に注目すると、0.236倍4.236倍という値が出てきます。

また、フィボナッチ比率自体から他のフィボナッチ比率を算出することもあり、例えば0.382の平方根からは0.6180.618の平方根からは0.786といった値が出てきます。

主要なフィボナッチ分析ツール

なお、様々な分析ツールを挙げていますが、これらの中でも特に重要なのは、 フィボナッチ・リトレースメント と フィボナッチ・エクスパンション です。

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントの意味合い

フィボナッチ・リトレースメントは、任意の2点(A、B)を選択して使用します。

2点を選択すると、 B→Aの方向に、AB間のどこにフィボナッチ比率があるか をチャート上で示してくれます 。

調整が終了して反転しやすい価格水準を予測できる

リトレースメント(retracement)は「戻り」を意味する言葉です。フィボナッチ・リトレースメントは、 相場の動きが反転した際にどの水準まで調整するのかを予測する ために使うのが基本です。

こういったときに、上昇から下落に転じたタイミングでフィボナッチ・リトレースメントで直前の上昇における起点→終点という形で選択すると、次に下落から上昇へと反転しやすい水準をあらかじめ把握することができるわけです。

実際のチャートで確認

Aを起点に上昇トレンドが始まっていますが、このAといったん上昇が止まるBの2点を選択して、フィボナッチ・リトレースメントを描画しています。

すると、Cのところで38.2%ラインが意識され、一時的に上に戻しています。

しかし、この反発は長続きせず38.2%ラインは割り込みますが、今度はDのところで61.8%が意識されて上に跳ね返されています

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションの意味合い

フィボナッチ・エクスパンション(「フィボナッチ・エクステンション」と呼ばれることもあります)は、任意の3点(A、B、C)を選択して使用します。

3点を選択すると、 Cを起点として、A→Bの方向に、AB間の値幅を基準にフィボナッチ比率分動いた水準 がどこにあるかをチャート上に示してくれます。

トレンド再開後のターゲットを予測できる

エクスパンション(expansion)は「拡張」という意味です。フィボナッチ・エクスパンションは、 相場の次の波がどこまで伸びるかを予測する ために使うのが基本です。

こうすることで、次の上昇がどの水準まで伸びるかというターゲットの候補を、あらかじめ把握することができます

実際のチャートで確認

Aを起点に上昇トレンドがスタート、BからCにかけては調整の下落、Cから上昇が再開するという流れですが、このA、B、Cを選択してフィボナッチ・エクスパンションを描画しています。

フィボナッチ・タイムゾーン

これまでの2つのツールは値幅(チャートの縦軸)という観点から分析するツールでしたが、フィボナッチ・タイムゾーンは 時間(チャートの横軸) という観点から分析するツールです。

フィボナッチ・タイムゾーンの意味合い

フィボナッチ・タイムゾーンを使用する際には、任意の2点(A、B)を選択します。

相場が転換するタイミングを予測できる

フィボナッチ・タイムゾーンは、 相場の転換点がフィボナッチ数に関連する間隔で起こりやすい という考えに基づいて使用するのが基本です。

Aにトレンドの起点を、Bにトレンドの終点を選択することで、将来における天井や底になりやすいタイミングをあらかじめ把握することができるわけです。

他の分析と併用して使いながら、他にはない角度からの情報を得るために使用するというのが良いと考えられます。

つまり時間の予測に関しては、エリオットの基本パターンと価格比率分析の条件が整った時、補助的に用いるのが望ましい。

日本テクニカル分析大全 p.472

実際のチャートで確認

Aを起点として、上下動を繰り返しながら高値・安値を切り上げる上昇トレンドとなっていますが、このAと最初の上昇がいったん止まるBを選択してフィボナッチ・タイムゾーンを描画しています。

フィボナッチ・ファン

トレンドの角度をフィボナッチ比率を通して分析することで、値幅と時間の両方の観点から同時に分析を行うことができるという特徴があります。

フィボナッチ・ファンの意味合い

フィボナッチ・ファンは、任意の2点(A、B)を選択して使用します。

2点を選択すると、A→Bへのトレンドラインの傾きをベースに、フィボナッチ比率分だけ傾きが緩やかになったトレンドラインが描画されます。

将来機能しやすいトレンドラインが予測できる

フィボナッチ・ファンは、Aにトレンドの起点を、Bにトレンドの終点を選択して使用するのが基本です。

例えば、上昇トレンドがいったん調整に入っている場合、再度上昇が始まりやすいトレンドラインを知ることができます。

トレンドラインであることにより、 相場が転換しやすい価格水準だけでなく時間もある程度イメージできる というのが大きなメリットと言えるでしょう。

実際のチャートで確認

Aを起点に下落が始まりBでいったん上昇するという流れになっていますが、このAとBを選択してフィボナッチ・ファンを描画しています。

フィボナッチ・チャネル

フィボナッチ・チャネルの意味合い

フィボナッチ・チャネルは、チャネルラインと同じように、上昇トレンド時であれば、下値の2点(A、B)をつないでトレンドラインを引いた上で、それと平行なトレンドラインを上値の1点(C)を選択して引きます。

チャネルライン内外の値動きをより細かく分析できる

チャネルラインでは価格が推移する上限と下限が分かりますが、フィボナッチ・チャネルを使うことで より多くの情報 を得ることができます。

例えば、チャネルラインの内側において、フィボナッチ・チャネルで描画されたラインがレジスタンスやサポートとして機能することがあります。

また、フィボナッチ・チャネルにおける何%の水準にチャートが推移しているかによっては、トレンドの強気度が読み取れます。

その他、チャネルラインをブレイクした際には、その後のターゲットや転換ポイントを予測するという使い方もあるでしょう。

実際のチャートで確認

Aを起点に上昇トレンドとなっていますが、下値A、Bと上値Cを選択してフィボナッチ・チャネルを描画しています。

この中で、Dでは38.2%ラインが、Eでは23.6%ラインがサポートとして機能しているのが分かります。

また、Fのところでは、チャネルラインに届かないまま78.6%ラインの攻防から大きく下落となり、チャネルラインを下に割り込みました。

その後、いったんチャネルライン内に戻していますが、Gで23.6%ラインに跳ね返され、上昇トレンドが止まるという流れです。

フィボナッチ・アーク

フィボナッチ・ファンと同様に、値幅と時間の両方の観点からの分析を行うことができます。

フィボナッチ・アークの意味合い

フィボナッチ・アークは、任意の2点(A、B)を選択して使用します。

調整が終了しやすいポイントを予測できる

フィボナッチ・アークの使い方としては、Aにトレンドの終点を、Bにトレンドの始点を選択するという形が挙げられます。

フィボナッチ・リトレースメントと使い道が非常に似ていますが、大きな違いはフィボナッチ・アークが半円である点です。

実際のチャートで確認

Aを起点に下落がスタートして、Bからは上に戻すという流れですが、AとBを選択してフィボナッチ・アークを描画しています。

すると、Cで38.2%ラインを意識していったん小さく下落、その後は上に戻すもDで50%ラインでまた小さく下落、最後にEで61.8%に阻まれて大きく下落という形になっています。

フィボナッチ・リトレースメントもしっかり機能しているわけですが、フィボナッチ・アークを使うことで、 下落のタイミングがより見やすくなっている ところがあります。

その他のフィボナッチ分析ツール

ぜひ研究を重ねて、自分なりの使い方を見つけていただければと思います。

フィボナッチ・タイムエクスパンション

フィボナッチ・タイムエクスパンションは、フィボナッチ・エクスパンションと同様の考え方で、値幅(チャートの縦軸)ではなく 時間幅(チャートの横軸) を分析するツールです。

任意の3点(A、B、C)を選択しますが、AB間の時間幅をベースにして、Cを起点としてフィボナッチ比率に関連するタイミングを示してくれています。

フィボナッチ・ウェッジ

フィボナッチ・ウェッジは、選択した2点(A、B)の距離を半径とした扇形と、半径がそのフィボナッチ比率の長さとなる扇形を描く分析ツールです。

フィボナッチ・サークル

フィボナッチ・サークルでは、任意の2点(A、B)の中間点を中心とする円を描きます。この円は、横幅がAB間の横軸の長さ、縦幅がAB間の縦軸の長さになります。

また、大きさがこの円のフィボナッチ比率となるような円が同時に描画されます。

相場の波に合わせて2点を選択することで、チャート上にフィボナッチ比率に関連するラインをあらかじめ認識できるようになります。

フィボナッチ・スパイラル

フィボナッチ・スパイラルは、任意の2点(A、B)を選択することで、フィボナッチ数列から作り出されるらせん状を描く分析ツールです。

チャートにらせん状の形状をプロットすることで、相場の規則性が見えてくることがあるかもしれません。

フィボナッチ分析ツールを使う際の注意点、懸念点

しかし、闇雲にフィボナッチ分析ツールを使っていると、見当外れな予測を行ってしまい、むしろ逆効果になることがあるかもしれません。

フィボナッチ分析ツールは、あくまでも チャート上の反転しやすいポイントを図ってくれる物差し に過ぎません。

例えば、今後の相場展開に関する分析をしっかり行った上で、最終的に「どこで相場が反転するのか?」「どこまで相場が伸びるのか?」といった目安を確認するというように、明確な目的を持って使用するのが大切です。

フィボナッチの使い方

フィボナッチN波動

フィボナッチ-凱旋門

凱旋門(パリ)

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, …
フィボナッチ数列

黄金分割比率

黄金分割比

フィボナッチ数列

フィボナッチ数列に現れる黄金分割比

フィボナッチ比率備考
0.000起点
0.236
0.382
0.500半値
0.618
0.786=√0.618
1.000終点
1.272=√1.618
1.382=1+0.382
1.618
2.618
4.236
FXに応用されるフィボナッチ比率

フィボナッチによる値幅観測(プライス・リトレースメント、プライス・エクスパンション)

プライス・リトレースメント

フィボナッチ・チャートポイント

プライス・エクスパンション

フィボナッチN波動

「プライス・リトレースメント」「プライス・エクスパンション」の使い方

フィボナッチによる日柄観測(タイム・プロジェクション、タイム・エクスパンション)

黄金分割比の例(ヒマワリ)

タイム・プロジェクション

タイム・エクスパンション

例えば、高値1と高値2の間隔が100日間、高値1と高値2のあいだにある安値が真ん中の50日にあった場合を考えてみます。チャートポイントは、61.8% = 62日、78.6% = 79日、127.2% = 127日、138.2% = 138日、161.8% = 162日になるはずです。したがって、次の安値は127日、138日、162日などに形成されるだろうというように考えます。

「タイム・プロジェクション」「タイム・エクスパンション」の使い方

よろしければシェアお願いします

関連記事

【50代の資産形成】年利9%がキーワード、差がつく年代の運用戦略

【60歳からの資産形成】「年利7%」と「生活費18万円削減」は常識的

【40代の資産形成】5,000万円を20年で構築するリスク分散型運用法

勝てる無料EAが見つかる!ダウンロードサイト大手6選を徹底比較!

【徹底比較】FX・株式・投資信託・不動産・仮想通貨・ついでに保険

【効率的FIRE】年代別の資産形成・運用法(経済的自立・早期退職のために)

最強の国内MT4口座「FOREX EXCHANGE」を徹底解説!

【EA採点ツール】「EAスコア」でFX自動売買を点数化!【業界初】

セントラル短資FXが成功者に選ばれる理由【超名門FX会社の紹介】

【FX入門・初心者向け】よくある質問(総まとめ)

RSIの使い方【典型的な5パターンについて詳しく解説】

ローソク足パターン【典型&鉄板トレードを完全網羅】

CCIの使い方

平均足(コマ足)を使ったFXトレード【見逃されがちな注意点も】

ストキャスティクスの使い方【典型4パターンについて詳しく解説】

ディスカッション

コメント一覧

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

この記事のトラックバックURL

記事の検索

稼ぐロボ(年利換算 103.80%)

稼ぐロボ

widget

メルマガ・バックナンバー

稼ぐロボメルマガ

セミナー情報

セミナー情報

【W2C】孤独な投資家たちの交流会

w2c投資家交流会

最強の経済圏「楽天」の利用

サイト情報

運営者情報

お問い合わせ

講演・執筆依頼

プライバシーポリシー

ご利用される方へ

サイトマップ

エフログ24の役割

カテゴリー

FX入門・初心者向け

FXチャート・テクニカル分析

FX自動売買・MT4・EA

資産形成・運用記録

最強のFX口座【裁量トレード用】

【セントラル短資FX】成功者に選ばれる理由【超名門FX会社の紹介】

最強の無料EAサイトを徹底比較!

無料EA使い放題サービスを徹底比較

最強のEAを探せ!【EAスコア計算】

EA採点シミュレーター

最強の逆張り損小利大EA

W2C-Angely_最強の逆張りトレンドフォローEA

最強の順張りEA

W2C-Tiger_最強の順張りトレンドフォローEA

最強のEA作成代行

オススメEA作成代行オーダーシステム

最強の運気を味方につけよう!

最強のFXトレーダーになるための書籍をご紹介します

関連リンク

近畿財務局バナーリンク

金融庁バナーリンク

日本投資顧問業協会バナーリンク

証券取引等監視委員会

1stステップ

2ndステップ

3rdステップ

4thステップ

資産形成・運用記録

エキスパートアドバイザー(EA)

EAノウハウ

MT4/MT5

チャート・テクニカル分析





当サイトは、FXを中心とする投資全般について、記事投稿時点で有益とみなせる情報を提供しています。しかしながら、その情報の正確性や完全性を保証するものではありません。当サイト及び電子メール等で提供するサービスに掲載する情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではありません。 提供する情報等は作成時点又は提供時点のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがあります。当社は助言及び関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではありません。 銘柄の選択、売買価格などの投資に関する最終判断は、お客様御自身の責任でお願い申し上げます。なお、助言及び関連資料等は当社及び情報提供元の事前の書面による承諾なしに複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え出来ない場合もございますので、あらかじめご容赦ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる