為替ニュース

なぜ人は投信で失敗するのか

なぜ人は投信で失敗するのか
出典:金融庁 リスク性金融商品販売にかかる顧客意識調査について

投資で「大失敗する人」が、なぜか絶対に見落としてしまう「意外なこと」

最近、FIREという言葉を耳にするようになりました。これは「Financial Independence, RetireEarly」の頭文字を取ったもので、「経済的自立」と「早期リタイア」を意味する言葉です。 【写真】年収500万の36歳会社員が「投資用マンション」で「破滅」したワケ 老後の不安を取り除いたりFIREを達成したいなら、まず経済的自立を達成しなければならず、そのためには投資をして資産を増やす必要があります。 しかし、特に日本においては、投資≒ギャンブルととらえておられる方が非常に多いように思えます。さらに、日本銀行調査統計局のデータによると、日本人の資産の中身は「預貯金」が54.2%を占めていて、株式等の保有割合は非常に少ないです。 現在の日本の預金金利は、普通預金で0.001%/年、定期預金で0.002%とほぼゼロに等しく、投資をせずに預貯金だけで金融資産を増やすことはまず不可能です。 しかし、これまで一度も投資をしたことのない人や過去に損をした経験のある人であれば、投資と聞くと二の足を踏んでしまうでしょう。 さらに、投資をしようと思っても、なかには詐欺的な案件もあるので、詐欺かどうかを見極める必要もあります。本稿では、投資をよく知らない人が、どうしたら投資で結果を出せるかを考えていきたいと思います。 投資をはじめる前に、まずは知ってほしいことが3つあります。 ---------- (1)収入>支出となる家計を作ること (2)(1)で出た余剰金の一部を、投資に回すこと (3)この2つのことを、できるだけ長く続ける ---------- 「何だ、当たり前じゃないか」と思われるかもしれません。ですがじつは、黒字の家計の家庭は意外に少なく、毎月の給与では家計は赤字で、その穴埋めを賞与でしている方も多いようです。しかし、それでは賞与が支給されなくなったときに、途端に家計が苦しくなります。 以前に私の事務所に「毎月の給料を貯金に回せない」と相談に来られた方がいらっしゃいました。未就学のお子さんが二人いらっしゃるご家庭で、奥様は二人目の子どもの出産を機に仕事を辞めていまは専業主婦です。 毎月30万円の給与を毎月すべて使い切ってしまうため、何か急な出来事があれば途端に首が回らなくなる…とご主人は不安を抱えていらっしゃいました。 ほかにも将来子どもたちにかかる教育費を見越して、いまから貯蓄を増やしたいが、それもできないという悩みを抱えていらっしゃいました。 金利が雀の涙ほどしかない現在は、お金を銀行に預けても増やすことはできません。ですので、まずは家計のなかから2万円を捻出して、そのお金を投資に回すようアドバイスしました。 家賃などの固定費を削らずに、それ以外の支出でなんとかお金を捻出しなければなりません。状況を見ると家計圧迫で突出していたのが通信費。毎月3万円の支払いを格安SIMなどに乗り換え、スマートフォンの料金プランを変更して、1万5000円まで料金が抑えました。 さらにこのご家庭では、使途不明として毎月1万円の出費がありました。これも毎月5000円に圧縮してもらい、2万円の余剰金を毎月捻出するよう改善できました。ここからさらに、毎月1万円は貯金へ、残りの1万円を投資に回すようアドバイスしました。 ここで重要なのが、捻出した2万円は「毎月投資にまわす」という習慣を定着させることです。「今月はお金がないから…」といって、投資金として取っていたお金を家計にまわすようになってしまえば、一気にまた元の貯蓄ができない生活に戻ってしまいます。貯金している1万円も、投資のセーフティネットのためのお金と捉えてください。 投資を続けるためには、あらかじめ目標金額を設定しておくことも一つの方法です。「あと△△年後に◯◯◯◯円貯める」とご夫婦で目標を立てれば、夫婦としての協力体制も強固になります。

投資に失敗するのは理由があった! 元財務官僚が語る「ある理由」

投資で失敗したくない──誰もがそう考えることでしょう。しかし、リスクのない人生はないことと同様に、リスクのない投資は存在しません。 投資に失敗するのは理由があった! 元財務官僚が語る「ある理由」 「未来を見通す投資思考」特集では、本格的に投資をはじめる前に知っておきたい投資の基本原則から思考法、現在の最新トレンドや最先端のテクノロジー投資、FIREを実現したエピソードなども交えて、「未来を見通す」投資をするために必要なことをお伝えします。 今回は、日本の個人投資家に向けて、ロボアドバイザーによる資産運用サービスを提供する「ウェルスナビ」CEOの柴山和久さんが登場。 前述の通り、「なるべく損をしないで、確実に資産を増やしたい」と多くの人がそう願う一方、そこに“失敗の原因”があると明言する柴山さん。その理由やロボアドバイザーのメリット、投資で失敗しないために押さえておきたい知識など、これからの投資の思考法について伺いました。今回は前編です。 柴山和久(しばやま・かずひさ) 「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び、2015年4月にウェルスナビ株式会社を設立。2016年7月にロボアドバイザー「WealthNavi」をリリース。起業前には、日英の財務省で合計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画。その後マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務し、10兆円規模の機関投資家をサポート。東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。著書に『元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法』(ダイヤモンド社)がある。

日本で投資が一向に浸透しない2つの理由

海外と比較すると、まだまだ投資をする人が少ない印象がある日本。その理由は大きく2つあると柴山さんは話します。 1. 資産運用のニーズがなかった 退職金や終身雇用の制度に守られていたかつての日本は、コツコツと貯金をしていれば、資産運用をしなくても定年を迎えられ、老後は安泰でした。 一方、アメリカを例にとると、アメリカ人の個人金融資産に占める預貯金の割合は13%ほど。これは、アメリカに退職金や終身雇用といった制度がなく、多くの人にとって資産運用が必要だからという背景があります。 終身雇用が崩壊しつつある現代の日本社会も、今後は正しい資産運用について知ることが必要だと言えます。 2. 「長期・積立・分散」をグローバルに行なう方法がなかった 現在、海外の機関投資家や富裕層にとってスタンダードな資産運用といえば、「長期・積立・分散」です。 【「長期・積立・分散」とは】 10年以上(できれば20年以上)の長期投資 毎月、一定の金額を投じる積立投資 世界中のさまざまな資産への分散投資 …上記3つを組み合わせる投資手法のこと しかし、1990年代まではグローバルに投資を行なうツールがなく、自国内での投資が一般的でした。 1990年~2020年にかけて世界経済は約3.5倍に成長しましたが、日本の経済成長率は停滞していました。これでは、日本国内に投資を行なっても元本割れになることがほとんどで、長期投資を続けられる人は少なかったそうです。 その代わりに、日本で主流になったのが「安い時に買って高い時に売る」という短期投資。値動きが大きいほうがリターンも大きくなるので、FXや仮想通貨が好まれる傾向がありました。 短期投資は失敗した際の損失も大きくなりがちなことから、「投資は怖い」というイメージが広がっていったと柴山さんは指摘します。

投資信託の失敗実例と回避方法-投資する前に知っておくべき3つのこと

author-avatar

GFS 編集部

実際、 金融庁の調査では投資信託保有者の3人に1人は失敗している というデータがあります。

失敗を回避する方法もあれば、失敗した際にとる行動によっては損失を最小限にすることも可能 です。

この記事では「投資信託で失敗する人の特徴」「失敗しやすい投資信託」「失敗を回避する方法」をお伝えしていきます。さらに「投資初心者に向いている投資信託」や「損失がでた際の対応方法」も盛り込んでいますので、 この記事を読めば投資信託での大きな失敗を回避することが可能 です。

投資信託で失敗しない方法を知りたい方に おすすめなのが、弊社サービスの「投資の達人になる投資講座」です。
投資信託で利益を出すためには、まず投資の特徴を理解することが必要不可欠です。
この講座では、2時間の動画で「投資の本質」や「投資をする際の考え方」を学ぶことができます

投資信託で失敗する人の10の特徴

  • 他人のオススメを鵜呑みにする人
  • ランキングに左右される人
  • 手数料を把握していない人
  • テーマ型の投資信託を買う人
  • 分配金の頻度で投資信託を選ぶ人
  • 集中投資や一括投資をしている人
  • なぜ人は投信で失敗するのか
  • 短期売買する人
  • マイナスになったらすぐ売ってしまう人
  • 月によって投資金額が変動する人
  • そもそも何に投資をしているか分かっていない人

1-1 他人のオススメを鵜呑みにする人

説明する会社員

金融機関営業マン

しかし!そのような投資信託は顧客にとって良い商品ではなく、担当者が売りたいものである場合がほとんどです 。

金融機関の窓口への不満点

出典:金融庁 リスク性金融商品販売にかかる顧客意識調査について

図をみても分かる様に、この質問に対して1番多かった回答が 「 顧客本位ではなく、業績重視の提案が多い 」という内容でした。

他人のオススメを鵜呑みにした投資をしていると、売却のタイミングが分からなかったり、失敗した際になぜ失敗したのか分からず次に活かすことができません

1-2 ランキングに左右される人

販売ランキング上位の投資信託と聞くと、なんだか良さそう、投資しなきゃ!と思ってしまいますよね。 しかし、 ランキングを元に投資先を選ぶと、失敗に繋がってしまいます

writerwoman.png

筆者

なぜ人は投信で失敗するのか

なぜあなたは株.投信で失敗するのか

직수입도서 배송지연 안내

코로나19 유행으로 인한 현지 지연 및 통관 지연으로 배송이 다소 늦어질 수 있습니다.

なぜあなたは株.投信で失敗するのか

  • 520원 (5% 적립) + 마니아추가적립
  • 5만원이상 구매 시 2천원 추가적립?

마케팅 전사 배너(모바일웹)

  • 국내배송만 가능
  • 해외 거래처 사정에 なぜ人は投信で失敗するのか 따라 품절/지연 가능
  • 직수입외서 취소수수료 안내?
  • 문화비소득공제 신청가능

지구를 위한 작은 실천 - 친환경 다회용랩/샴푸바/가꿈비누/친환경 쥬트백

6월 전사

6월 쇼핑혜택

이 책을 구입하신 분들이 산 책

품목정보
출간일 2014년 02월 04일
쪽수, 무게, 크기 272쪽 | 106*152mm
ISBN13 9784532197216
ISBN10 453219721X

책소개 책소개 보이기/감추기

「投信に割高.割安はない」「分配金利回り1%が16%に見えるトリック」「高PERを嫌うと成長株が拔け落ちる」など投資家が陷りがちなワナを,日經新聞のベテラン記者が銳く指摘。リスクを正しく把握し,失敗しないための株や投資信託の選び方を指南する。

목차 목차 보이기/감추기

序章 リスクを理解,リスクを分散,リスクを制御;1章 「300倍返し」の鍊金術;2章 舞台裏から見た投信の實態;3章 良い投信,惡い投信の見分け方;4章 投資尺度を不十分な理解で使うな;5章 これだけある企業業績にひそむウソ;6章 需給を制するものは投資を制す;7章 ピンチを切り拔ける秘策

상품정보안내

직수입외서의 경우, 해외거래처에서 제공하는 정보가 부족하여 제목, 표지, 가격, 유통상태 등의 정보가 미비하거나 변경되는 경우가 있습니다. 정확한 확인을 원하시는 경우, 일대일 상담으로 문의하여 주시면 なぜ人は投信で失敗するのか 답변 드리겠습니다.
(판형과 판수 등이 다양한 도서는 찾으시는 도서의 ISBN을 알려 주시면 보다 빠르고 정확한 안내가 가능합니다.)

해외거래처에서 품절인 경우, 2차 거래선을 통해 유럽과 미국 출판사로 직접 수입이 진행될 수 있습니다.
수입 진행 시점으로 なぜ人は投信で失敗するのか 부터 2~3주가 추가로 소요되며, 해외에서도 유통이 원활하지 않은 도서는 품절 안내가 지연될 수 있습니다.
해당 경우, 문자와 메일로 별도 안내를 드리고 있사오니 마이페이지에서 휴대전화번호와 메일주소를 다시 한번 확인해주시기 바랍니다.

배송/반품/교환 안내

배송 안내

안전하고 정확한 포장을 위해 CCTV를 설치하여 운영하고 なぜ人は投信で失敗するのか 있습니다.

고객님께 배송되는 모든 상품을 CCTV로 녹화하고 있으며, 철저한 모니터링을 통해 작업 과정에 문제가 없도록 최선을 다 하겠습니다.

本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA なぜ人は投信で失敗するのか オンラインショッピング】

Mail

日経ビジネス人文庫 著者: 田中彰一 この作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録 書籍 出版社:日本経済新聞出版社
発売日: 2014年2月

この商品の説明

著者/アーティスト

序章 リスクを理解、リスクを分散、リスクを制御;1章 「300倍返し」の錬金術;2章 舞台裏から見た投信の実態;3章 良い投信、悪い投信の見分け方;4章 投資尺度を不十分な理解で使うな;5章 これだけある企業業績にひそむウソ;6章 需給を制するものは投資を制す;7章 ピンチを切り抜ける秘策

お届けの際のご注意
▼発送時期について

サイト表記の書籍カバーについて

ユーザーレビュー

  • HOME | 本 / コミック | 雑誌 | DVD / ブルーレイ | CD / 音楽DVD | ゲーム | グッズ | アニメ | T会員規約 | TSUTAYA onlineサービス利用規約(T会員版) | オンラインショッピング利用規約 | 個人情報の取り扱い | 個人情報保護方針 | なぜ人は投信で失敗するのか 特定商取引法に基づく表示 | お問い合せ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 古物商許可番号 301081505239 東京都公安委員会許可

「個人情報のCCCへの提供について」 2014年11月1日より、当社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)との間のT会員の個人情報の利用方式を、「共同利用」から「第三者提供」に変更いたします。
当社が、本サービスの提供にあたり当社自らがお客様より取得した個人情報を、次のとおりCCCに対して提供することに、ご同意いただいたうえで本サービスをご利用ください。 ■提供する条件:本サービスに関する利用規約をご確認ください。 -->

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる