テクニカル分析

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう
公式サイトへ

スイングトレードで勝ち続けるためのテクニカル指標の使い方

○ RSIが指し示している方向が株価の進む方向であると判断
○ 50%ラインは節目(サポート・レジスタンス)として機能する場合が多い
○ RSIが50%ラインより上にある場合は上昇トレンドと判断
○ RSIが50%ラインより下にある場合は下降トレンドと判断
○20%以下の安値圏でクィッと上昇に転じたら買いサイン
○ 80%以上の高値圏でクィッと下落に転じたら売りサイン
○ RSIが50%ラインを下から上に突き抜けた時は買いサイン
○ RSIが50%ラインを上から下に突き抜けた時は売りサイン
○ 逆行現象が起こった場合は大きくトレンド転換するサインと判断

ストキャスティクスを使ってスイングトレードをする

ストキャスティクスの重要ポイント

DMIを使ってスイングトレードをする

DMIとは、『Directional Movement Index』の略で、日本語では『方向性指数』と呼ばれることが多いです。この指標は、先ほどのRSIと同じくアメリカのJ.W.ワインダー氏が考案したテクニカル指標です。

DMIの重要ポイント

○ +DIと-DIの乖離幅が最大になった所が利食いポイント
○ +DIより-DIが下にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIより-DIが上にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIが-DIを下から上に突き抜けたら買いサイン(補助的に使用)
○ +DIが-DIを上から下に突き抜けたら売りサイン(補助的に使用)
○ ADXが上昇してきた場合は、上昇または下降トレンドの勢いが強くなってきていると判断

スイングトレード実践編

銘柄選びのポイント

○ 値上がり率ランキングから銘柄を探す
○ お気に入り銘柄、監視銘柄から銘柄を探す。
○ 5日移動平均線がクィッと上向きになっていて、きれいな陽線が出ている銘柄選ぶ
○ 前日より出来高が増えている、もしくは同じぐらいの銘柄を選ぶ
○ トレンドがはっきりしている、読みやすいきれいなチャートを選ぶ
○ グランビルの法則と同じパターンの動きの銘柄を選ぶ
○ テクニカル指標を利用して総合的にチェックする(指し示している方向を確認する)

トレードシナリオを描くポイント

○ 節目となる株価をチェックする
○ 現在の株価より、すぐ上にある節目は上値目処と判断する
○ 現在の株価より、すぐ下にある節目は下値目処と判断する
○ 週足、月足も節目として機能することが多いためチェックを忘れない

295円(5日移動平均線株価) ⇒ 300円(前日終値) ⇒ 320円(上値目処)

エントリーのポイント

○ エントリーポイントは節目付近でする
○ ギャップアップで寄り付いた場合は、前日終値付近まで下落してくるのを待ってエントリー
○ 大きくギャップアップ(上値の節目付近)で寄り付いた場合は見送り
○ 大きくギャップダウンして、5日移動平均線を割り込んで寄り付いた場合は見送り
○ ギャップアップ後も大きく上昇していく銘柄は追いかけない(高値掴みとなる)
○ 上値の節目まで到達したら一度、利益確定をする
○ エントリー後は5日移動平均線の上に乗っかるように推移していればホールドでも可
○ 株価が急上昇して5日移動平均線より大きく乖離した場合は1度、利益確定する
○ エントリー後は5日移動平均線が下向きになった場合は即撤退

FXテクニカル分析とは?初心者でもすぐに使えるおすすめ分析方法

FX入門・初心者

湊

明日香

  • FX相場(チャート)の分析方法は2つ
  • FXの代表的なテクニカル分析6つ
  • FX初心者におすすめのテクニカル分析
  • FX初心者におすすめのテクニカル分析組み合わせ
  • FXのテクニカル分析を使う際の注意点3つ
  • FXのテクニカル分析を勉強するのにおすすめの本

FX相場(チャート)の分析方法は2つ

テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

FXの代表的なテクニカル分析6つ

FXで使われるテクニカル分析には、「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類があります。

トレンド系テクニカル分析

トレンド系は、現在の相場の方向性を示す指標です。わかりやすく言い換えると、現在の相場のトレンドが「上昇トレンドなのか」、「下降トレンドなのか」を判断するための指標です。

移動平均線

移動平均線」とは、一定期間の価格(通常は終値)の平均を結んだものです。テクニカル指標の中でも代表的なもので、多くのトレーダーが利用しています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、標準偏差などを用いた計算によって導き出された「この範囲内でレートが推移するだろう」という範囲を示すものです。

さくら

一目均衡表

一目均衡表は日本で開発されたテクニカル指標で、相場のバランスを視覚的に捉えるのに役立ちます。

  • ローソク足が「雲」よりも上にあれば上昇トレンド、下にあれば下落トレンド
  • 転換線が基準線を下から上に突き抜けると上昇トレンド、逆に上から下に突き抜けると下降トレンド
  • 遅行スパンが26日前のローソク足を上回ると上昇トレンド発生、逆に遅行スパンが26日前のローソク足を上から下に抜けると弱気相場への転換

オシレーター系テクニカル分析

RSIはオシレーター系の中でもよく用いられるもので、0〜100%の数値で買われすぎ・売られすぎの度合いを示します。

MACD(マックディー)はトレンド系とオシレーター系の両方の機能を持つ分析手法です。「より新しいデータほど価値が高い」という前提に基づいて、移動平均線をさらに発展させたものとなっています。

MACDがシグナルを下から上へ抜けると「ゴールデンクロス」と呼ばれる買いサイン、MACDがシグナルを上から下へ抜けると「デッドクロス」と呼ばれる売りサインと判断します。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、RSIと同様に「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する分析手法です。レンジ相場において現在のレートを過去の一定期間のレートと比較し、0〜100%の数値で買われすぎ・売られすぎを判断します。

テクニカル分析で稼ぐ!各指標の特徴を利用した実戦的なトレードプラン

テクニカル分析で稼ぐ!各指標の特徴を利用した実戦的なトレードプラン

戦略&業者研究

テクニカル分析で稼ぐ!各指標の特徴を利用した実戦的なトレードプラン

テクニカル分析は有効か?

そして、 オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう 相場は集団心理で動く ものです。

ならば、多くの市場参加者が見ている 有名なテクニカル指標 ほど、その分析通りにチャートは動きやすいと考えられるからです。

有名なテクニカル指標と定番のパラメーター値

市場参加者の多くは、チャートに、 有名なテクニカル指標 に 定番のパラメーター値 をセットして検討・研究しています。

そのため、私の場合、テクニカル分析では、まず最初に 有名なテクニカル指標や定番のパラメーター値を使う ようにしています。

トレンド系指標とオシレーター系指標

テクニカル指標は トレンド系指標オシレーター系指標 に大別できます。

トレンド系指標相場の方向性を判断するもので、順張り投資に有効だとされています。
オシレーター系指標相場の変化の大きさを判断するもので、逆張り投資に有効だとされています。

トレンド系指標

移動平均線

移動平均線の使用目的

計算式(単純移動平均)

メリット・デメリット

移動平均線の使い方

  • ⻑期移動平均線の傾きでトレンドを判断する。
  • 5日線 と 25日線 のゴールデンクロス・デッドクロスで”順張り”。
  • 短期線と長期線の乖離で”逆張り”。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの使用目的

価格がバンド内に収まる統計学上の確率

±1σの範囲内に収まる確率 ≒ 68.3%
±2σの範囲内に収まる確率 ≒ 95.4%
±3σの範囲内に収まる確率 ≒ 99.7%

メリット・デメリット

ボリンジャーバンドの使い方

  • 移動平均線と同じ 25日 が良く使われる。
  • オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう
  • ±2σ抜けで”逆張り”。

DMI&ADX

DMI&ADXの使用目的

各指標の見方

+DI:買い勢力の勢いを判断する。
-DI:売り勢力の勢いを判断する。 オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう
ADX:トレンドの有無と強弱を判断する。

メリット・デメリット

DMI&ADXの使用例

トレンド判断

  • +DIが-DIより上にあれば上昇トレンド中
  • +DIが-DIより下にあれば下降トレンド中

買いシグナル

  • +DIが-DIを上抜き、かつ、ADXが上向き
  • +DIが-DIより上に位置し、かつ、ADXが下向きから上向きに転換

売りシグナル

  • +DIが-DIを下抜き、かつ、ADXが下向き
  • +DIが-DIより下に位置し、かつ、ADXが上向きから下向きに転換

オシレーター系指標

RSI(相対力指数)

RSIの使用目的

メリット・デメリット

RSIの使用例

  • 短期的には 14日 を使うことが多い。
  • 70%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎと判断。
  • ダイバージェンス(価格とRSIが逆行)はトレンド転換のサイン。

ストキャスティックス

ストキャスティクスの使用目的

スローとファースト

メリット・デメリット

スロー・ストキャスティクスの使用例

  • よく使われるパラメーター値は、 %K=5日、%D=3日、Slow%D=3日 。
  • 70または80%以上は買われすぎ、20または30%以下は売られすぎと判断。
  • ゴールデンクロス(%DがSlow%Dを上抜き)で買い、デッドクロスで売り。
  • ダイバージェンス(価格とストキャスティクスが逆行)はトレンド転換のサイン。

MACDの使用目的

メリット・デメリット

◎:トレンド系とオシレーター系両方の長所がある。
◎:ダマシが比較的少なく、使いやすい。
×:トレンド感のない横ばい相場ではダマシが出やすい。
×:ベースが移動平均線であるため、乱高下に反応できない。

MACDの使い方

  • ゴールデンクロス(MACDがSIGNALを下から上に抜く)で買い。
  • ゴールデンクロス後にMACDとシグナルがともにゼロラインを上回れば信頼度UP。
  • デッドクロス(MACDがSIGNALを上から下に抜く)で売り。
  • デッドクロス後にMACDとシグナルがともにゼロのラインを下回れば信頼度UP。
  • ダイバージェンス(価格とMACDが逆行)はトレンド転換のサイン。

MT4トレーダー必見!

公式サイトへ

MT4トレーダー必見!

MT4をするなら XMTrading がおすすめです。 24時間日本語対応、レバレッジ888倍、お得なボーナスなどで、日本で人気No.1のFX業者です。 スマホ・PC・Macすべて同じ口座で取引できます。

MT4をVPS稼働したいなら、このMT4専用VPSがおすすめです。 安心の東証一部上場企業、実績も十分、初期費用0円なので気楽に試してみましょう♪

MT4用のPC購入をお考えなら、豊富な品揃えと価格の安さで、メーカー直販の レノボ・ショッピング がおすすめです。 大幅値引きの期間限定セールをお見逃しなく!

公式サイトへ

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、投資行動を勧誘・助言するものではありません。
当サイトに掲載している全ての情報について、その正確性、完全性、有用性等について保証するものではありません。
個々の取引において生じたいかなる損失について、当サイトの管理人は一切の責任を負いかねます。
取引にあたっては、FXという金融商品のリスクを十分に理解した上で、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
当サイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。


サイト管理人の鈴木亜留人です。
いろいろあって会社が辛くなり、転職や独立起業を夢みて、資格勉強、FX、心理学など始める。
すると、副産物(各種専門知識や心理学効果で業績UP)のおかげで評価が上がり、出世もしたので、とりあえず同じ会社でリーマン継続。
いろいろやって気付いたノウハウがたくさんあるので、このサイトですべて公開します。
似た境遇の方には役立つ情報がきっとあるはず!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる