初心者向けFXトレード

サポートとレジスタンスレベル–それらの使用方法

サポートとレジスタンスレベル–それらの使用方法
統合後、価格がサポートを破った

Bitlevexでプライスアクションを使用して取引する方法

Bitlevexでプライスアクションを使用して取引する方法

Bitlevexでプライスアクションを使用して取引する方法

棒グラフとローソク足チャートには同じ価格データ(OHLC)が含まれています

すでに述べたように、プライスアクショントレーダーは追加の指標を好みません。 この理由は、主にインジケーターの遅延です。 それにもかかわらず、支持線と抵抗線が望ましい場合があります。

そしてこれは、価格の振る舞いがサポート/レジスタンスレベルに触れた瞬間から一般的に予測可能であるためです。 これは、プライスアクショントレーダーがチャートを読む方法の例です。 ここにサポートラインがあります。 あなたは素晴らしい価格がこのレベルにどのように反応するかを見ることができます。 ナンバー1は強気のピンバーです。 ロング(買い)ポジションに入ることは明確なシグナルです。 番号2は強気の巻き込みローソク足パターンです。 また、GBPUSDを購入するシグナルでもあります。 それはすべて、価格行動を読み、支持と抵抗の主要なレベルを特定し、ローソク足の形成などの繰り返しの価格パターンにどのように反応するかを知ることです。

Bitlevexでプライスアクションを使用して取引する方法

プライスアクショントレーダーは、重要な価格レベルでの価格行動に焦点を当てています

Bitlevexのプライスアクションで効果的に取引するには何が必要ですか?

時間の経過とともに、特定のトレンドポイントに達したときに価格がどのように動作するかについて、より直感的に認識できるようになります。 トレンドラインを描き、一般的なトレンドを認識することに自信が持てるようになります。 以前は価格変動に抵抗していたレベルが破られた後、サポートになることがわかります。

Bitlevexでプライスアクションを使用して取引する方法

水平方向の支持抵抗レベルと動的トレンドラインの分析

Bitlevexでプライスアクションを使用して取引する方法

より高い時間枠を使用して主要なレベルを特定する

価格アクションは任意の時間枠で使用できます。 より高い間隔を使用して、主要で最も重要な価格レベルのいわゆる全体像を確認します。 次に、より短い時間枠を使用して、正確な位置エントリポイントを特定できます。

Bitlevexでプライスアクションを使用して取引する方法

価格アクションを使用すると、価格変動をよりよく理解できます

そして、あとは自分でプライスアクションをトレードしてチェックするだけです。 ただし、実際のお金を使用している場合は注意が必要です。 それが信頼できて有用な戦略であるとしても、プライスアクショントレーディングはリスクフリーではありません。 常に損失に直面する準備をしてください。

日本

なるほど!振動計

振動試験とは

  • 自動車が走るとき、エンジンで発生する振動は車体の各部に伝わる。もしその振動があまりにも激しければ、エンジン付近に取り付けてある部品が故障を起こすかもしれない。起こさないかもしれない。どうやったら、それを見極められるか?
  • 仮にいますぐ故障しなくとも、エンジン振動を受けることでその部品の寿命は短くなっているのではないか?どうやったら、その部品を使用しても大丈夫であることを保証できるか?
  • 走っている道がでこぼこ道なら、車体が激しく揺れる。そのために、車体の各部にやはり振動が発生する。そのために、今聴いていたCD からの音楽が音跳びを起こしてしまった。 起こさないようにするため、CD プレーヤーを改造してみたが、改造の効果をどのようにして確かめればよいか?

振動試験機の仕組み

動電式振動試験機

オーディオ機器をイメージしてください。音源のCD等の電気信号をアンプで増幅しスピーカーで空気を振動させ音として伝えます。
実は動電式振動試験機の振動試験機はスピーカーと同じ原理で動いています。音源の替わりに振動制御器があり、試験条件を登録・実行すると、電力増幅器(アンプ)に電気信号を送り、振動試験機を振動させます。
ただ振動制御器はCDデッキなどと大きく違う点があり、振動試験機に取り付けた振動ピックアップの信号をフィードバックさせ、常に振動の状態を把握し試験条件に合うように制御を行っています。

振動試験機のしくみ(振動制御器・電力増幅器・振動試験機)

振動試験機

振動試験機

振動試験機 断面図

振動制御器

振動制御器 K2画面(一例)

電力増幅器

パワーモジュール SA-300

振動試験の種類
(正弦波・ランダム波・衝撃波試験)

正弦波振動試験

ランダム波振動試験

衝撃波振動試験

振動試験 加速度とは

それでは、そもそも加速度とはそもそも何なのかというところからおさらいしていきましょう!

単位 m/s 2 加速度とは 単位時間当たりの速度の変化量を表す量です。つまり速度を時間で微分すると加速度になります。1m/s 2 であれば、1 秒間にm/s 変化したことを表します。
上の図の下のグラフが1Hz で振動している物の加速度グラフです。

加速度の計算式 右下の式a(t)=(dv(t))/dt=-(2πf)^2 x_0 sin(2πft) は速度の一般式を時間で微分した式です。cos を微分したのでマイナスのsin サポートとレジスタンスレベル–それらの使用方法 に変わっています。 速度とはピークの位置がさらに90 度ずれるので変位グラフと一致しますが、マイナスsin なので符号が反転していることがグラフを見ると確認できます。 つまり変位、速度、加速度には時間で微分、積分をすることでそれぞれの値を計算で求めることができるのと、三角関数の比例式になっているので、周期関数の特徴をそのまま利用する事ができ演算処理を行う上で非常に扱いやすい形になっています。 その他・振動試験における加速度の注意点 試験条件から加振力、加速度、速度、変位の各最大値を計算し、これらが試験機の性能以下であることを確認してください。
( 治具及び供試品は共振しないものと仮定します)

目で見る振動試験

ここでは実際の振動試験機の動きを紹介します。 主に、「1 軸加振の動き」「3 軸同時加振の動き」「2 種類のアクチュエーターの動き」を紹介します。

  • 1軸加振の動き
  • 3軸同時加振の動き
  • 2種類のアクチュエーターの動き

1軸加振の動き
1Axis Simultaneous Vibration

多軸シミュレーションシステム
Multi-axis vibration simulation system

水平円運動
Horizontal circular motion

3次元円運動
3-D circular motion

大型耐震シミュレーションシステム
Large Scale Earthquake Resistance Simulation System

大型耐震シミュレーションシステム(事例:神戸大学構造物評価)
Large Scale Earthquake Resistance Simulation System(Case study :Building evaluation)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる