お取引ガイド

保有株式の構成比率

保有株式の構成比率
Sun Asterisk 上場時株主構成

【おすすめファンド1】驚くほど安いコストが魅力のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

コロナ禍のリモートワークなど生活スタイルの変化により注目されたのが、資産形成に対する関心が高まったこと。特に、20~30代の若い人たちの間で、つみたてNISAの口座開設が急増した。そんな状況の中、つみたてNISA本の決定版ともいえる『最新版 つみたてNISAはこの9本から選びなさい』(中野晴啓著、ダイヤモンド社)が3月16日に発売。本連載では、つみたてNISAを利用して長期投資や資産形成をしてみたいという人に向けて、失敗しないつみたてNISAの賢い選び方・買い方について、同書から抜粋して公開する。「つみたてNISAってなに?」という投資ビギナーの人でも大丈夫。基本的なところからわかりやすくお伝えしていくので、ぜひ、お付き合いください。 【この記事の画像を見る】 ● 高い株式投資比率で、世界経済の成長を確保するファンド 日本を含む先進国、および新興国の株式市場の値動きに対して連動する成績を目指した投資信託です(下図表)。 運用成績の比較対象となるベンチマークは「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)」で、これとほぼ同じ値動きを目指します。 債券は原則として組み入れないため、ボラティリティ(変動幅)はやや高めになりますが、その分だけ世界経済の成長をキャッチアップしやすい商品性と考えられます。

● たった1本のファンドで全世界の株式市場に分散投資できる 2021年10月29日時点の資産構成は、日本の株式が5・7%、日本を除く先進国株式が82・6%、新興国株式が11・6%です。 なお、先進国株式の中では米国株への投資比率が最も高く、59・3%を占めています。 たった1本のファンドで全世界の株式市場に分散投資できるという利便性の高さを持っていますが、運用管理費用は年0・1144%以内と、一般的なインデックスファンドと比べてもかなり低コストとなっています。 個人投資家の人気も高く、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」の投票において1位を獲得しています。 中野晴啓(なかの・はるひろ) セゾン投信代表取締役会長CEO 一般社団法人投資信託協会副会長、公益財団法人セゾン文化財団理事 1987年明治大学商学部卒業、クレディセゾン入社。2006年セゾン投信を設立。2020年6月より現職。 つみたてで、コツコツと資産をふやす長期投資を提言、国際分散型投資信託2本を15年以上運用し、 個人の長期資産形成を支えている。客観的な定量評価を行う複数のファンドアワードで連続受賞。 口座開設数16万人、預かり資産4700億円を突破。 主な著書に『最新版 投資信託はこの9本から選びなさい』『投資信託はこうして買いなさい』他多数。

2020年にIPOした注目スタートアップ5社の資本政策まとめ

かんたんM&A力診断

2020年上場の注目スタートアップの資本政策を特集

注目スタートアップ企業の設立からIPOまでの軌跡を研究して、自社の資本政策や投資戦略に応用 しましょう。

IPOとは何か?

新規上場による株式の一般売出し

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、 株式公開 を意味します。上場した企業の株式は、一般の投資家に向けて売り出されます。通常、上場時にはIPO企業の代理として証券会社が証券の募集・売出しを行います。

企業の資金調達機会、既存株主の収益機会

IPOで発生する 株式の売出しは①新規株式の発行による公募売出しと、②既存株主による株式売り出しの2種類に分類 できます。

①新規株式発行(公募売出し)

上場にあたって企業が新たに株式を発行し、投資家に売却します。株式売却益は企業の純資産として計上されるため、 公募売出しによる株式売却益は企業のIPO時の資金調達 となります。

②既存株主による株式の売り出し

IPO前からの既存株主が、上場にあたって保有する株式を売り出すことです。 スタートアップ企業の初期から投資していたVC(venture capital)などの 株主が、利益を確定するために保有株式を売却するケースが該当します

IPOを見れば資本政策のポイントが分かる

資本政策とは何か?

スタートアップ企業にとって、 効率的な成長や IPO時の資金調達の最大化、そして上場後の経営権維持のために、株主構成をデザインし、計画的に資金調達することが重要です。 このような株主構成や資金調達に関する方針を「資本政策」と呼びます。

資本政策理解の第一歩、IPO前の株主構成

後述のように、 IPO前の株主構成はIPO時のバリュエーションに影響を与える可能性があります。 そこで、スタートアップ企業は成長に必要な資金を誰からどれくらい調達するのか、株主構成を慎重に検討しなければなりません。株主構成を検討することは資本政策の第一歩と言えます。

多くの場合、設立時には経営者の持株比率は100%ですが、資金調達によって外部関係者や投資家に株式を付与するたびに持株比率は少しずつ減少していきます。 経営への影響力を確保するために持株比率を下げすぎないことが資本政策のポイント の一つです。

VC/CVC/PEファンド

VC/CVC(Corporate Venture Capital)/PE(Private Equity)ファンドは、成長段階のベンチャー企業へ出資し、 IPO時または株価上昇後に株式を全売却(エグジット)または一部売却 することで収益を得ます。

スタートアップ企業との 事業上の関連が深い事業会社が、資本業務提携等により株式の取得および出資を行う 場合があります。事業会社は投資先スタートアップとの事業上のシナジーを目的とするため、IPO時やIPO直後に株式を売り出す可能性が低い傾向があります。

スタートアップ企業では、 従業員へのインセンティブ付与を目的として、ストックオプションを付与 するケースもあります。

ストックオプション(新株予約権/潜在株式)とは?

IPOの事例研究で見るべき指標5選

①オファリングレシオ(O.R)

オファリングレシオとは、上場時における発行済み株式数に占める売出し株数(①新規株式発行[公募売出し]と②既存株主による株式の売り出しの合計)の割合 を指します。上場する株式の流動性を測る指標として使われます。 オファリングレシオが低いほど、株式のプレミア度が高まり、 株価が上昇する傾向があります。

②公募比率/希薄化

公募比率とは、売出し(オファリング)株式総数に占める公募売出しの株式数の割合 を指します。公募比率が高いほど、上場時に調達した資金のうち、高い割合が企業の成長資金に充てられるため、企業の将来の成長期待を高め、株価が上昇する傾向があります。 また、売出し株式数全体に占める売出し株式数(全体から公募売り出しを除いた株式数)を売出し比率として出す場合もあります。

一方、公募売出しによる新規株式発行数が大きい場合、株式 の希薄化が生じるため、 経営層などの既存株主にとってはリスクとなります。そのため、新規株式発行数は、投資家からの成長期待が株式価値の希薄化分を上回る水準で設定するのが望ましいと考えられます。

③内部比率/株主構成

内部比率(内部持株比率)とは、発行済み株式数全体に占める企業内部(経営層や従業員)の所有株式数の割合 保有株式の構成比率 を指します。 内部比率から経営者の経営への影響力の大きさを測ることができます。通常、内部比率は創業時から資金調達に伴う株式発行の度に減少するため、IPO時に維持したい内部比率から逆算して資本政策を立てることが重要です。

また 、IPO時に売り出さないVCやPEファンドなどが株主構成の大部分を占めれば将来の株式の売り圧力が強い状態となり、株価形成に悪影響を及ぼす恐れもあるため、 株主構成には注意が必要です。

④仮条件価格と公募価格の差

IPO時の投資家からの評価を測る指標として、仮条件価格と公募価格の差があります。仮条件価格とは、IPO前に主幹事証券会社があらかじめ提示する公募価格の価格帯のことで、この範囲内で最終的な公募価格が決定されます。 投資家期待十分なIPO案件では、仮条件価格の上限と公募価格が一致 します。

⑤初値騰落率

IPO時の投資家からの評価は、 初値騰落率 からも測ることができます。初値騰落率とは 、 公募価格(公募売り出しの株価)に対する初値(上場日以降で最初についた市場価格)の騰落率を指し、IPO直後の投資家の需要を反映 するため 、市場で人気が高い銘柄ほど高くなります。

2020年上場の注目スタートアップ5社、資本政策一挙紹介

なお、本資料 は株式会社日本取引所グループの運営サイトに公開されている新規上場申請のための有価証券報告書等を中心に作成したものです。 資本政策表は、Iの部や目論見書などから読み取れる範囲で、一部推測も行っています。

①ジモティー:VC・事業会社が中心の株主構成

地域情報掲示板サービスを提供し、消費者からの高い認知度を誇るジモティーは2020年2月に上場しました。小型の上場でしたが、 VCや事業会社が中心の成長モデル という特徴に注目です。

株式会社ジモティー資本政策のポイント

  • VCファンドによる100%出資で設立。VCなどの外部比率が高く推移
  • 資金調達は主に事業会社から行っており、上場時にはオプトホールディングス、NTTドコモなど事業会社が過半数を占める
  • IPO時に売出しを行ったのは3社のみ
  • オファリング12.7億円のうち、IPO調達額は5,000万円
  • 設立:2011年02月16日
  • 上場:2020年02月07日
  • 上場までの所要年月:8年11ヶ月
  • 事業概要:地域情報掲示板「ジモティー」を運営。不動産・売買・交換等の情報のWebプラットフォームとして、ユーザー間のマッチングを提供。
  • 公募時価総額:56.9億円
  • IPO資金調達額:5,000万円
  • オファリングレシオ:22.3%
  • 公募比率:3.9%

資金調達概要と時価総額の推移

ジモティーIPOまでの時価総額の推移

上場時株主構成

ジモティー上場時株主構成

②ヤプリ:VC/CVCの売出しでO.R高め

スマホアプリの開発をノーコードで提供するヤプリが2020年12月に上場しました。市場期待が大きい事業分野ということもあり、注目度の高いIPOとなりました。 IPO前は主にVC, CVCからの資金調達行ったため、イグジット機会を提供するためにオファリングレシオが高めのIPOとなったことが特徴的です。

株式会社ヤプリ資本政策のポイント

  • 主にVC, CVCからの資金調達。事業会社はセールスフォースのみ。
  • ファンドへのイグジット機会提供のため、オファリングレシオが高め(41.5%)だったが、上場後の株価は堅調。
  • 民事信託を利用した信託型新株予約権を設定。
    保有株式の構成比率
  • 設立:2013年02月14日
  • 上場:2020年12月22日
  • 上場までの所要年月:7年10ヶ月
  • 事業概要:アプリ開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリ運営プラットフォーム「Yappli」を提供。
  • 公募時価総額:368.6億円
  • IPO資金調達額:11億円
  • オファリングレシオ:41.5 %
  • 公募比率:7.2 %

資金調達概要と時価総額の推移

ヤプリIPOまでの時価総額の推移

上場時株主構成

ヤプリ上場時株主構成

③モダリス:多数の外部投資家から出資を受け入れ

注目されるバイオベンチャー業界では、モダリスが2020年8月に上場しました。同社の特徴は IPO時点でVCや個人投資家などの外部株主がかなり多かった こと。加えて、バイオベンチャーとしては珍しく経営黒字での上場だったことから、投資家の反応は好調でした。

株式会社モダリス資本政策のポイント

  • コンサルタントなどの外部協力者にストックオプションを付与。
  • VCや個人投資家などの外部株主がかなり多く、シリーズBで内部比率が50%を割り込みIPOまで推移。
  • 外部株主は多いが各社の売出し株数は少なく、オファリングレシオは低め(9.9%)のIPOとなった。(初値騰落率110%)
  • 設立:2016年01月14日
  • 上場:2020年08月03日
  • 上場までの所要年月:4年6ヶ月
  • 事業概要:ゲノム編集技術に基づく強力な治療薬創出プラットフォームを展開、遺伝子疾患の治療薬開発を行う
  • 公募時価総額:326.4億円
  • IPO資金調達額:25.2億円
  • オファリングレシオ:9.9%
  • 公募比率:77.8%

資金調達概要と時価総額の推移

モダリスIPOまでの時価総額の推移

上場時株主構成

モダリス上場時株主構成

④ニューラルポケット:計画的資本政策で最短のIPOを実現

AI企業ニューラルポケットは、 創業から2年半という最短期間で上場 したことで話題となり、2016-2020年の上場スピードランキングで第1位となっています。

株式会社ニューラルポケット資本政策のポイント

  • 資本業務提携を締結し顧問に就任したシニフィアンにストックオプションの付与
  • UTECやSMBC VC、みずほキャピタルなどのファンドがIPO時に売り出さなかったためオファリングレシオが小さくて済み、また公募比率が高い上場となり初値が高騰。(初値騰落率:467%)
  • 設立:2018年01月22日
  • 上場:2020年08月20日
  • 保有株式の構成比率
  • 上場までの所要年月:2年6ヶ月
  • 事業概要:AI技術を用いて画像や映像を解析し、デジタルサイネージ、スマートシティ、およびファッション事業を展開。
  • 公募時価総額:124億円
  • IPO資金調達額:3.7億円
  • オファリングレシオ:4.2%
  • 公募比率:71.8%

資金調達概要と時価総額の推移

ニューラルポケットIPOまでの時価総額の推移

上場時株主構成

ニューラルポケット上場時株主構成

⑤Sun Asterisk:内部比率高めのIPO

企業のDX支援を手がけるSun Asteriskは、注目のDX銘柄として2020年7月に上場しました。 会社設立から5年間は株主構成が内部比率100%で推移し、上場時も81.57%と高水準だったことが特徴的です。

株式会社Sun Asterisk資本政策のポイント

  • 設立から5年間、内部比率100%で推移。上場時も81.57%と高水準。
  • 上場直前期に農林中央金庫から普通株式による10億円の増資、申請期には複数の事業会社から普通株式による5億円の増資と複数の金融機関からのデットファイナンスを行い、累計20億円の資金調達。
  • 上場時売出しを行ったのは内部株主のみで、売出し額は14.3億円。
  • 民事信託を利用した信託型新株予約権を設定。
  • 設立:2013年03月01日
  • 上場:2020年07月31日
  • 上場までの所要年月:7年4ヶ月
  • 事業概要:スタートアップの立ち上げに特化したソフトウェア開発やサービス開発を手がける。日本国内でIT人材の発掘・育成・紹介も行う。
  • 公募時価総額:253.4億円
  • IPO資金調達額:14.3億円
  • オファリングレシオ:11.3%
  • 公募比率:50.1%

資金調達概要と時価総額の推移

Sun AsteriskのIPOまでの時価総額の推移

上場時株主構成

Sun Asterisk 上場時株主構成

注目スタートアップ5社、上場時指標比較

2020年に新規上場した5社、ジモティー、ヤプリ、モダリス、ニューラルポケット、Sun AsteriskのIPO時指標をまとめました。各社の資本政策の特徴とIPO状況を照らし合わせることで、資本政策のケーススタディができます。一般的には、 オファリングレシオと初値騰落率の関係などが注目されます。

保有株式の構成比率 保有株式の構成比率
ジモティー ヤプリ モダリス ニューラルポケット Sun Asterisk
公募時価総額 57.9億円 369.6億円 326.4億円 124.6億円 253.5億円
オファリングレシオ 22.3% 41.5% 9.9% 4.2% 11.3%
公募比率 3.9% 7.2% 77.8% 71.8% 50.1%
内部比率 16.6% 49.6% 40.0% 72.4% 81.6%
潜在株式比率 7.6% 9.5% 9.6% 6.7% 9.4%
初値騰落率 130.0% 65.8% 110.0% 466.7% 72.7%

まとめ

2020年にIPOした注目のスタートアップ5社の資本政策を特集しました。 各社のエクイティストーリーを把握すれば、IPOを目指す経営者が資本政策を立てる上で参考にできます。

IPO以外にもスタートアップの成長戦略にはさまざまな手段があります。M&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」では、スタートアップ企業の成長戦略としてのM&Aや資金調達を応援をしています。お気軽にお問い合わせください。

この記事を監修した人

『M&A to Z』 は、スタートアップ経営者や起業家が今すぐ使える情報をお届けするメディアです。資金調達ノウハウからM&A事例の考察、有識者インタビューまで、経営者が知っておくべき情報の全てが、ここに。

代表司法書士 石川宗徳の 所長ブログ&コラム

2018/03/21 商業登記関係 創業時に株式を50%:50%で保有するリスクを考える

株式会社の設立と株式の保有割合

発起人が複数いる場合、通常は出資比率と株式の保有割合を同じにしますが、出資比率と株式の保有割合を異なるものとすることも可能です(出資比率と株式の保有割合を別にする場合の税金は、税理士にご確認ください)。

保有株式の構成比率 保有株式の構成比率
株主Aさん株主Bさん
出資した金額 50万円 50万円
割り当てる株式(保有株式) 10株 90株

株式会社においては、1株1議決権が原則ですので、株主の構成やその保有割合は設立後の株式会社に大きな影響をもたらします。

株主総会の決議要件を確認する

創業者2名、50%ずつ株式を保有する

一緒にビジネスをしなくなる
  • 株主総会の決議をすることができない。
  • 保有株式の構成比率
  • 連絡の取れない取締役を解任することができない。
  • 取締役の業務決定を行うことができない。
普通決議、特別決議の要件を緩和する
51株と49株を保有する
取締役の解任に関する株主総会の決議要件を緩和する
設立後の最初の取締役の任期を1年とする
株主間契約を締結する
種類株式を活用する

1人が発行済株式の100%を保有

株式を後で買い取る

この記事の著者

代表司法書士・相続診断士 石川宗徳 [Munenori Ishikawa]

汐留パートナーズ司法書士法人では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。

会社設立・商業登記

不動産登記

相続手続き

遺言サポート

所長ブログ&コラム

ご相談・お問い合わせは
こちらからどうぞ

お見積りは無料です。

〒105-7133 東京都港区東新橋一丁目5番2号 汐留シティセンター33階

セミナー(1)

商業登記関係(579)

相続関係(42)

遺言関係(18)

不動産登記関係(45)

成年後見関係(9)

相談事例(22)

その他(36)

  • ■汐留パートナーズ株式会社
  • ■汐留パートナーズ税理士法人
  • ■汐留パートナーズ行政書士法人
  • ■汐留社会保険労務士法人
  • ■汐留パートナーズ司法書士法人
  • ■汐留特許商標事務所

汐留パートナーズ司法書士法人
〒105-7133
東京都港区東新橋一丁目5番2号
汐留シティセンター33階
お問い合わせはこちら

Privacy Overview

This website uses cookies to improve your experience while you navigate 保有株式の構成比率 through the website. Out of these, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these 保有株式の構成比率 保有株式の構成比率 cookies may affect your browsing experience.

Necessary cookies are absolutely essential for the website to function properly. This category 保有株式の構成比率 only includes cookies that ensures basic functionalities and security features of the website. These cookies do not store any personal information.

Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies 保有株式の構成比率 on your website.

保有株式の構成比率

ポイント
・株式会社の意思決定は原則、過半数の賛成による。
・リーダーは最低でも51%の議決権を確保しよう。
・合同会社では定款で議決権割合を自由に定めることもできる。

株式会社の意思決定のルールを知っておこう

(表 株式会社の決議要件と決議事項(例))

保有株式の構成比率
種類 成立要件 決議要件 決議事項(例)
普通決議
(309 条1項)
議決権の過半数
(定款で排除できる)
出席者の議決権の過半数 ・役員等の報酬
・剰余金の配当
・計算書類の承認
特則普通決議
(341 条)
議決権の過半数
(定款で1/3 以上にできる)
出席者の議決権の過半数 ・役員の選任
・役員の解任
特別決議
(309 条2項)
議決権の過半数
(定款で1/3 以上にできる)
席者の議決権の2/3 以上 ・定款の変更
・組織再編、事業譲渡
・資本金の減少
・募集株式の発行
・監査役の解任

リーダーは最低でも51%、できれば67%

もし、創業者2人で50%ずつ株式を持っていて、会社の運営についての意見が真っ二つに分かれてしまった場合、いずれも株主総会で過半数を取ることができず、会社の運営について何も決められなくなってしまいます。他方、仮にあなた以外の人が過半数の株式を握ったら、あなたの意見は通らなくなりますし、最悪あなたが会社を追い出されてしまうこともありえます。
したがって、もしあなたが一緒に起業する仲間のリーダーであるのなら、万が一仲間割れしてしまってもあなたが会社の運営についての決定権を握れるように、最低でも51%の株式を保有しておくことが必要です。
また、特別決議では議決権の3分の2の賛成が必要ですので、できれば3分の2を超える割合、すなわち67%以上の株式を保有しておくとより安心です。

You must read the following 保有株式の構成比率 information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at 保有株式の構成比率 the bottom of the page to acknowledge that you 保有株式の構成比率 have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does 保有株式の構成比率 not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such 保有株式の構成比率 distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be 保有株式の構成比率 保有株式の構成比率 reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this 保有株式の構成比率 website is for reference purposes only and does not 保有株式の構成比率 保有株式の構成比率 constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall 保有株式の構成比率 保有株式の構成比率 the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not 保有株式の構成比率 made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing 保有株式の構成比率 in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる