初心者にもおすすめ

キャピタルゲインの定義

キャピタルゲインの定義

投資の種類別に、それぞれ何がキャピタルゲインとインカムゲインになるのか、具体的に紹介します。

キャピタルゲインとは?

キャピタルゲインの定義とメリットやデメリット、事例についてくわしく説明します。
一般的に資産とは、株式や債券などの有価証券をはじめ、土地や不動産、貴金属など幅広いものが該当します。これらの資産を保有する場合、その価格は時期や情勢によって変動するものとなります。投資をする側としては、資産の価格が変動する中で安価な時に購入し、高価な時に売却することで、売買の差が利益となります。
ここで生じる利益がキャピタルゲインです。逆に、損失が出た場合はキャピタルロスと言います。

ここで、キャピタルゲインの具体的な事例について考えてみましょう。
たとえば株式取引の場合、1株10,000円の銘柄を100株購入した場合、10,000円×100株で100万円分の資産となります。
その後、株価が変動して1株12,000円に値上がりした際に、資産100株全てを売却すると、12,000円×100株で120万円となり、売買差の20万円分が売却益、つまりキャピタルゲインとなります。
もし、株価が1株8,000円に値下がりした際に、資産100株全てを売却することになれば、8,000円×100株で80万円となり、売買差の20万円が売却損、つまりキャピタルロスとなります。
このように、キャピタルゲインは売却によってはじめて得られる利益であり、価格の変動によって利益にも損失にもなり得るものです。

また、投資で得られる利益として、キャピタルゲインと並ぶ用語のインカムゲインについても補足します。
インカムゲインとは、株式や債券などの様々な資産を保有している間に得られる利益のことです。たとえば、株式取引であれば銘柄を保有している間に得られる配当金や株主優待などがインカムゲインとなります。キャピタルゲインとは異なり、資産を保有している状態での損失はありませんので、インカムロスは存在しません。

インカムゲインのメリットとしては、配当金のように半年間や1年間など定期的で安定した利益を得られる点が挙げられます。たとえば、株式取引の配当金では1株10,000円の銘柄を100株購入した場合、1年間での配当金は1株500円とすると、1年間で500円×100株=5万円の利益を得られます。業績によって配当金が変動することもありますが、株式を保有している間は原則、これらの配当金を継続して得ることが可能です。
しかし、1回に発生する利益が小さいことはデメリットとなります。先ほどの例では、1年間で5万円の配当金が続いた場合、同じ株式を20年間保有し続けることによって、購入金額の100万円を回収することになります。
このように、インカムゲインの利益はキャピタルゲインに比べて小さいですが、資産を長期的に保有し続けることで、利益を安定的に得られるといった違いがあります。

ここまでで、キャピタルゲインの定義やメリットとデメリット、似た用語のインカムゲインについて説明しましたが、まとめると次の通りとなります。
・キャピタルゲインは株式や債券などの資産を売却することによって得られる売買差益である。
・キャピタルゲインのメリットは売却によって利益が大きい可能性がある一方、価格の変動によって損失つまりキャピタルロスが生じることがデメリットとなる。
・キャピタルゲインと並ぶ用語としてインカムゲインがあり、株式取引での配当金など資産を保有している間に得られる利益を意味する。キャピタルゲインに比べると利益は小さいが、資産を保有する間は継続的に安定して利益を得られるものである。

キャピタルゲインとは

what-is-capital-gain

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 キャピタルゲインの定義 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

キャピタルゲインとインカムゲインってなに?

キャピタルゲインとインカムゲインってなに?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 キャピタルゲインの定義 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

キャピタルゲインとは資産売却により得られる利益!意味やメリットも紹介

キャピタルゲイン


キャピタルゲイン(capital gain)とは、資産を売却して得た利益のことです。日本語では「売却差益」と訳されることがあります。

売却したときに得られた金額-購入したときに支払った金額=売却差益
6,000円×100-5,000円×100=100,000円

損失が生じたときはキャピタルロス

3,000円×100-5,000円×100=-200,000円

対になる言葉はインカムゲイン

キャピタルゲインと対になる言葉はインカムゲイン(income gain)です。 インカムゲインとは資産を保有することで得られる利益 キャピタルゲインの定義 を指します。

インカムゲインはマイナスにはならない

キャピタルゲインのメリットと注意点

キャピタルゲインメリット


キャピタルゲインを目的とした投資を行うときは、次の2つのメリットがあります。

  1. 大きな利益につながることがある
  2. 短期間で利益を出せることがある
  1. マイナスになることがある
  2. 多大な税金が課せられることもある

【メリット1】大きな利益につながることがある

【メリット2】短期間で利益を出せることがある

一方、 キャピタルゲインはインカムゲインのように「待つ」必要はありません 。株価が上がったときなど投資のチャンスを見つけた際すぐに売却すれば、短期間で利益を得られます。

【注意点1】マイナスになることがある

保有している資産すべての価値が上がれば良いのですが、 必ずしも上がるとは限りません 。値上がりするだろうと予想して購入した株式が暴落したり、株式を発行している企業が破産して価値がなくなったりすることもあるでしょう。

【注意点2】多大な税金が課せられることもある

キャピタルゲインとインカムゲインの例を紹介

キャピタルゲインとインカムゲイン


投資の種類別に、それぞれ何がキャピタルゲインとインカムゲインになるのか、具体的に紹介します。

投資判断に迷ったときは、AIを活用したロボアドバイザーの利用も検討してみてはいかがでしょうか。「アルパカロボ」は日本株の流動性上位2,000銘柄の過去10年間のデータを学習・分析し、 期待収益率の高さを客観的に判断して売却・購入のタイミングを知らせるロボアドバイザー です。

また、時価総額によって銘柄を大型株・中型株・小型株の3つに分け、1:1:2のバランスになるようにポートフォリオを作成することで、 より収益性を重視した分散投資を実現 しています。口座開設費や管理費、情報料は無料です。ぜひ、効率的な投資にお役立てください。

投資信託は、基準価額が上昇したときに売却するとキャピタルゲインを得られます。また、投資信託によっては インカムゲインに相当する分配金 を受け取ることも可能です。

不動産投資

保有する不動産の価値が上昇したタイミングで売却するとキャピタルゲインを得られます。また、マンションのように賃貸運用している場合には、 家賃収入をインカムゲインとして受け取ることが可能 です。

保有する通貨の価値が上昇したときに売却すれば、キャピタルゲインを得られます。通貨ペアによっては金利差に応じた スワップポイントが定められているため、スワップポイントがプラスのときはインカムゲインとして獲得可能 です。

キャピタルゲインに向いている人・向かない人

キャピタルゲインに向いている人・向かない人


投資を行うときは、キャピタルゲインを狙うのか、インカムゲインを目的として行うのか、 キャピタルゲインの定義 最初に指針を決めておく ことができます。ここではキャピタルゲインに向いている人と向かない人の特徴について見ていきましょう。

【向いている人】こまめに価格変動をチェックできる人

キャピタルゲインは、売却時期を見極めることができれば大きく利益を獲得することにつながります。適切な時期を見極めるためにも、 キャピタルゲインの定義 こまめに価格変動をチェックできることが望ましい といえるでしょう。

【向かない人】長期投資を前提としている人

自分に合った資産運用を見つけよう

自分に合った資産運用を見つけよう


資産運用に正解はありません。長期的に保有してコツコツと利益を獲得したい人は、インカムゲインのある投資方法を選ぶことがおすすめです。反対に投資期間を定めずに、売却・購入のタイミングを見極めた臨機応変な投資を目指す人には、キャピタルゲインを目的とした投資が適していると考えられます。 ご自身に合う資産運用方法 を見つけ、将来に備えて資産形成をしていきましょう。

MONEY HUB PLUS 編集部

未来につながる投資情報メディア「Money Hub Plus(マネハブ)」の編集部です。
みなさまの資産形成に役立つ情報を日々発信しております。

資産運用セミナー オンラインでも開催!投資信託相談プラザ

資産運用に役立つ情報配信中!投資信託相談プラザ Youtube公式チャンネル

限定セミナーや最新情報をお届け!メールマガジン登録受付中!|ご相談無料の投資信託相談プラザ

「IFAとは?」無料で配布中!

「IFAとは?」無料で配布中!

商号等:株式会社Fan 金融商品仲介業者 登録番号:北陸財務局長(金仲)第35号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号 キャピタルゲインの定義
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 キャピタルゲインの定義 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

キャピタルゲインの定義

「キャピタルゲイン」とは、株式や債券、不動産など保有する資産の売買によって生まれる利益のことをいいます。資産が値上がりすることによって得られる利益といえるでしょう。逆に資産の価値が値下がりして、損失となった場合はキャピタルロスと呼ばれています。
それに対して、インカムゲインとは資産を保有し続けることで得られる利益のことをいいます。
では、資産運用における「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」とは具体的にどういったものなのでしょうか。

投資で得られる「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の意味

キャピタルゲインが生まれる資産運用とは?

株式投資における「キャピタルゲイン」とは、株価の値上がりによって得られる売却益のことです。
株価は値動きが大きく、株式を購入した企業が急激に成長して大きなリターンが得られるということも。
逆に大きなロスに繋がることもあるので、売買は慎重になる必要があります。

投資信託における「キャピタルゲイン」とは、投資信託の銘柄が値上がりしたことによって得られる売却益のことです。
投資信託の銘柄には値動きはありますが、長期投資が前提の金融商品になります。
キャピタルゲインを目的とした投資には使われない、インカムゲイン型の投資対象だといえるでしょう。

不動産投資

不動産投資における「キャピタルゲイン」とは、土地・建物などの不動産を購入・売却して得られる売却益のことです。
不動産投資の場合は、賃料収入としてインカムゲインも同時に得ることができることがあるため、売却するタイミングによっては、より大きな利益を狙えるという特徴もあります。
さまざまな戦略が考えられる資産運用方法といえるでしょう。

不動産クラウドファンディング

仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)における「キャピタルゲイン」は、ビットコインといった仮想通貨の値上がりによって得られる売却益のことです。
仮想通貨は価格変動がとても大きく、リターンと共に大きなリスクも伴います。
ネットワーク上のトラブルのリスクも理解した上で、慎重に運用する必要があります。

FX取引における「キャピタルゲイン」とは、外国為替の価格変動によって生み出す利益のことです。
FXとは外国為替証拠金取引のことを指し、ある国の通貨を「安く買って高く売る」または「高く売って安く買う」ことによってその差分を利益にすることができます。
例えば「1ドル100円で買い、1ドル105円で売れば」1ドル当たり5円の利益が発生します。
また、「1ドル100円で売り、1ドル95円で買えば」こちらも1ドル当たり5円の利益が発生するのです。

このように外国為替の値動きを予想して、売買によってキャピタルゲインを得るのがFX取引です。
外国為替の価格変動リスクも大きく、投資金額の何倍もの損失が出ることもあります。
投資初心者にはおすすめできない資産運用だといえるでしょう。

キャピタルゲインのメリット

キャピタルゲインのデメリット

「キャピタルゲイン」を目的とした投資のデメリットは、元本割れのリスクがあることです。
ハイリスク・ハイリターンの投資方法であり、投資初心者は慎重になる必要があります。
経済の変動や自然災害、投資した企業の不振などの要素によって、大幅な価値低下も起こり得るため、安全性を求める資産運用には向かないといえるでしょう。

キャピタルゲインはどんな人におすすめ?

「キャピタルゲイン」を目的とした投資が向いているのは、リスクがあることを理解しながら、大きなリターンを目指す人です。
リスクを消し去ることはできませんが、リスクを軽減しながら高い収益を狙うことはできます。常に損害をカバーできるように分散投資を考える必要もあるでしょう。
投資先を複数持つことは、リスクを軽減する手段の1つになります。

まとめ|資産価値の上昇による利益を狙う

資産価値の上昇によって得られる利益「キャピタルゲイン」を狙った資産運用は、大きな利益を得られる可能性がある反面、損失を出すリスクも捨てきれません。
キャピタルゲインを目的とした資産運用の中でも、不動産投資は「実物資産」を扱う投資のため、リスクをコントロールしやすい投資方法といわれています。インカムゲインを得ながら、キャピタルゲインを狙えるのもポイントです。
まずは「どれくらい稼ぎたいのか」「リスクはどの程度負えるのか」など、自分に合ったプランを立てて資産運用をしていきましょう。

もっと手軽に、もっと身近に!1万円から始められる次世代の不動産クラウドファンディング「利回り不動産」

多額の資金が必要となる不動産物件を小口化させて、短期間で投資ができる不動産クラウドファンディング。
「将来のために資産形成をしたい」「少額で不動産投資を始めたい」「中長期的な資産形成に挑戦したい」
「利回り不動産」では、運用実績が豊富な投資のプロが、みなさまからの資金で一定の期間不動産を運用し、家賃収入や売却益などを還元。
1万円から投資ができ、不動産投資に申し込みから分配金の受け取りまで、すべてインターネット上で行うことができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる