口コミ

海外FXの税金の全て

海外FXの税金の全て
現役トレーダー

海外FXの税金の扱いを徹底解説【国内との違いは?】

海外FXの税金の扱いを徹底解説【国内との違いは?】

投資家Sさん

そこで、ここでは海外FXで利益が出た場合の税金計算方法や、国内業者を利用した場合との違いを解説していきます。

また、ほかにも海外FXでの税金を抑えるための 「節税方法」 などについても紹介しています。

現役トレーダー

海外FXの税金の取り扱いは?抜け道はある?ばれない?

投資家Aさん

現役トレーダー

海外FX業者を利用していると、たまに 「申告をしなくてもバレないのでは?」 と思う人がいるようですが、これは税金の申告漏れや脱税に類する行為ですのでやめましょう。

また、サラリーマンの場合は 「副業禁止=FXなど投資もNG」 といった条件の会社で働いている方もいるかもしれません。

そういった場合、 「海外FXをやっていて利益が出ると、会社にバレるのかどうか?」 という点も見ていきたいと思います。

会社員・個人事業主・学生ごとの海外FXの税金の扱い

職業 税金が発生する基準額
会社員 給与所得者に該当:年間利益20万円以上で課税対象者となる
個人事業主 非給与所得者に該当:年間利益38万円以上で課税対象者となる
学生 アルバイトをしていない場合:年間利益38万円以上で課税対象
アルバイトをしている場合:年間利益20万円以上で課税対象
海外FXの税金の全て

学生の場合は「基礎控除(扶養控除)38万円+給与所得控除65万円+勤労学生控除27万円」(合計130万円)となっていますので、 年間の所得がFX利益を含めて130万円を超えた場合 に課税対象者となります。

海外FXをしているとサラリーマンの場合は会社にばれる?

このうち住民税というのは通常「特別徴収」という形で税金を納めているのですが、これを 「普通徴収」 という自分で納税額を申告する手続きをおこなえば会社側に副業収入があることがバレません。

現役トレーダー

海外FXの税金計算の仕方!いくらから?払い方やタイミングは?

海外FXと国内FXでは税金の計算方法が異なる

海外FXと国内FXでは、税金の計算方法が異なります。海外FXと国内FXの 「所得区分・税区分・税率」などの違い をまとめた表が以下です。

海外FXの税金の全て
海外FX利用者 国内FX利用者
所得区分 雑所得 雑所得
税区分 総合課税 (その年に得た収入の合計に対して税金が掛かる) 申告分離課税 (給与・FX・その他副業などそれぞれの収入に掛かる税金を納め)
税率 累進課税 (利益が上がるごとに多くの税金を納めなければいけない。ただし、利益が少ない場合はそれに応じて少ない税金で済む) 一律20.315%
繰り越し損益の計上可否 不可 3年間繰り越し可能
経費との差し引き可否 所得に掛かった経費は計上可 (すべての収入に対して使った費用が経費として申告ができる) 申告分離課税対象内のみ可 (FX収入に対して使った経費のみ申告が可能)
確定申告をする基準額 給与取得者:20万円 給与取得者:20万円
非給与取得者:38万円 非給与取得者:38万円

分かりやすく言えば、 FXの利益がまだそこまで多くない段階では海外FXを利用していた方が税金が安くなる といったイメージとなります。

また、 所得に該当する利益をもろもろの経費と相殺できる ため、海外FXの方が節税対策がしやすいというメリットもあります。

投資家Sさん

FXの税金や確定申告のやり方を解説!いくらからかかる?

FXの税金や確定申告のやり方を解説!いくらからかかる?

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

海外FXの税金について 当方年収500万円くらいの会社員です。例えば海外FX収入で年間700万円くらいの利益を出した場合、 ①年収の500万と700万円を合わせた1200万円に対して33%の税金がかかるのでしょうか? ②あるいは500万円は源泉徴収で通常通り税金が引かれ、加えて700万円に対して23%の税金がかかるのでしょうか? ③仮に翌年海外FX収入が0円になっても、翌年の源泉徴収が前年度の1200万円にあわせて増税されるのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

(1)(2)(3)すべて違います。 所得税の計算方法の概略を説明します。 1.所得の計算 収入から経費を引いたものが所得。給与の場合は給与年収から所得子所を引いたものが給与所得。 給与所得=500万-給与所得控除154万=346万 雑所得=700万-経費(海外FXの税金の全て 仮に100万)=600万 総所得=給与所得+雑所得+その他所得(仮に0円)=946万 所得控除=基礎控除+社会保険料控除+配偶者控除+扶養控除+生命保険料控除+その他控除 課税所得=総所得-所得控除 この「課税所得」で所得税率が決まります。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm 海外FXの税金の全て 上の例なら20%まででしょうね。 この計算結果と年末調整で納税した所得税との差額を確定申告時に納めます。 源泉徴収は、給与所得だけしかありません。 ですから、翌年の年末調整の源泉徴収は500万に対してのみです。

その他の回答

①給与収入500万だと、給与所得控除を使って、350万くらい。 700万と合計した、1000万に対して所得税計算。33%ですね。 社会保険料は給与にだけ対して計算なので、年収1200万の サラリーマンよりは、かなり安くなりますね。 海外FXの税金の全て ②ちがいます ③いいえ。 住民税だけは、翌年6月からの徴収なので 時期ズレします。

給与を年末調整しているとします。 給与所得=給与500万ー給与所得控除=源泉徴収票の給与所得控除後の金額 雑所得=海外FXの利益700万 合計所得=給与所得+雑所得+その他の所得0 所得控除=源泉徴収票の通り+追加控除額 課税所得=合計所得ー所得控除 所得税=(課税所得x税率ー控除)x1.021 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm 追納額=所得税ー源泉徴収税額

総合課税ということで 33%で計算ですが すでに 海外FXの税金の全て 税金徴収されている分は差し引いて 計算です ③は 予定納税というものがありますが それはあるかもしれないですね (詳細は不明)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる