元トレーダーが解説

クラウドブローカーとは

クラウドブローカーとは
図1 クラウドファースト

GCP サービス ブローカーをインストールする

ブローカーを実行するには、Cloud Resource Manager API クラウドブローカーとは と Identity and Access Management API が必要です。有効にするには:

API を有効にする

プロジェクトで Cloud サービスをプロビジョニングするために、Kf では少なくとも次の API を有効にすることをおすすめします。

このリストの API を有効にすることでサポートを追加できる他のサービスも、GCP サービス ブローカーでサポートされるようになります。

サービス ブローカーをインストールする

GCP サービス ブローカーのクローンをローカルのワークステーションに作成して、 cd でその位置に切り替えます。

values.yaml ファイルを編集し、 broker.service_account_json の値を key.json のコンテンツ全体を含む文字列に設定します。

省略可: 残りのプロパティを確認し、環境に合わせて必要な部分を変更します。

本番環境で実行している場合は、 クラウドブローカーとは mysql.embedded を false に設定し、自動バックアップとフェイルオーバーを行う外部 MySQL データベースの認証情報を提供します。

GCP サービス ブローカーの Kubernetes Namespace を作成します。

ブローカーのインストールを確認する

kf marketplace を実行します。次のような出力が表示されます。

GCP サービス ブローカーがインストールされます。このブローカーを使用してサービスを作成し、Kf でデプロイするアプリにバインドできます。

Except as otherwise noted, the content of this page is licensed under the Creative Commons Attribution 4.0 License, and code samples are licensed under the Apache 2.0 License. For details, see the クラウドブローカーとは Google Developers Site Policies. Java is a registered クラウドブローカーとは trademark of Oracle and/or its affiliates.

サービスブローカーとは

アプリケーションを構築する際には、組織内のオンプレミス・データベースであれ、Amazon Web Services などのパブリッククラウドのメッセージングサービスであれ、プロバイダーからサービスを選択し、利用するための合理的な方法が必要です。サービスカタログは、チームがそういったサービスを見つけるためのものですが、消費者とプロバイダーをつなげるために必要なすべての機能を提供するわけではありません。

サービスブローカーとは

サービスブローカーは、消費者とプロバイダーの間をつなぐ役割を果たします。ブローカーは提供されるサービスに関する情報を保持して注文、プロビジョニング、およびこれらのサービスと消費者が構築するアプリケーションの接続に関するこまごまとした処理を実行し、これまで IT オペレーションが複数のインフラストラクチャ管理ツールで行っていた手順を自動化します。

Red Hat® OpenShift® のサービスブローカーは、アプリケーション・プラットフォームとサービスブローカー間の標準インタフェースである Open Service Broker API をベースにしています。Red Hat は、コンテナのエコシステム内でコラボレーションを行って Open Service Broker API を進化させ、OpenShift Service Catalog のベースとなる Kubernetes Service Catalog に貢献できることを誇りに思っています。

ハイブリッドクラウド戦略を支えるサービスブローカー

Red Hat は Amazon Web Services (AWS) と緊密に連携し、Red Hat OpenShift 内から AWS サービスのプロビジョニングと使用を容易にする AWS Services Broker を開発しました。AWS Service Broker と Red Hat OpenShift を組み合わせることで、オンプレミスのリソースとパブリッククラウドから最適なインフラストラクチャとサービスを使用して、優れたアプリケーションをより迅速かつ簡単に構築することができるようになります。

クラウドファースト

図1 クラウドファースト

図1 クラウドファースト

*1 クラウド:パブリッククラウドおよびIT資産を事業者が所有するプライベートクラウドを指す。
*2 オンプレミス:企業が所有・運用するデータセンターおよびIT資産を企業が所有するプライベートクラウドを指す。

背景と現在の状況

3〜5年後の姿

クラウドファースト:クラウド選択の定着

図2 所有と利用の最適選択と統合

図2 所有と利用の最適選択と統合

マルチクラウドにおける仲介サービスの拡大

ビジネスの競争激化や競争優位の短命化により、システム構築期間の短縮が今以上に要求される。そのためシステムを一から構築するのではなく、既存のクラウドサービスをビジネス要求に合わせて組み合わせることによるシステム構築が増加していく。複数のクラウドサービスを組み合わせる場合は、多数のクラウドベンダから要求にあったサービスを選択して組み合わせてシステムを構築することになる。そのためユーザID管理や運用、契約、支払いはベンダ毎に行うことになる。これらの煩雑さを解消して、クラウドベンダと企業を仲介するサービスが拡大する。この仲介サービスを「クラウドサービスブローカー(CSB:Cloud Service Broker)3」と呼ぶ。

図3 クラウドサービスブローカー

図3 クラウドサービスブローカー

ミッションクリティカルシステムのクラウド適用事例の増加

*3 RASIS:コンピュータシステムの信頼性を総合的に評価する基準。Reliability(信頼性)、Availability(可用性)、 Serviceability(保守性)、Integrity(保全性)、Security(機密性)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる