内部者取引

バイナリー オプション 投資 助言

バイナリー オプション 投資 助言
海外無登録業者に対して日本の金融当局が規制監督をすることは不可能です。そのため、無登録業者に対しても、警告を発するに留まっています。また、金融商品取引法違反であっても現実的に被疑者を逮捕、起訴することは不可能に近いです。

バイナリー オプション 投資 助言

平成29年8月15日
令和3年6月14日改訂
トレイダーズ証券株式会社

最高の取引環境の追求

当社は、常にお客様の取引環境の向上に努めることが、お客様の利益を追求することであると考え、創業当初からお客様のニーズに耳を傾け、金融商品の提供、取引システムやサービスの改善、改修に取り組んでまいりました。例えば、お客様のアンケートをもとに取引システムの操作性を改修し、カスタマーサポートに寄せられたご意見・ご要望をもとに注文画面のデザインや操作マニュアルを変更してまいりました。また、初心者の方でも安心して取引いただけるよう万全のサポート体制を整えており、少額からの取引、カスタマーサポートによる電話サポート、初心者向けコンテンツの充実など、業界に先駆けていち早く取り組んでまいりました。お客様の資産を安心してお預けいただくための信託スキームも当社が業界で最初に導入しており、現在は法令における分別管理に関する外部監査の他、任意で外国為替関連取引に係る区分管理の状況について監査法人による外部監査を受検し適切に資産管理を行っております。
当社は今後も、これまでに培った高度な専門知識と職業倫理を保持し、誠実・公正に業務を行い、お客様本位の良質なサービスを提供してまいります。また、こうした業務運営が企業文化として今後も定着するよう、役職員の意識向上のため教育を行ってまいります。
【ご参考】
経営方針
「みんなのFX」「みんなのシストレ」「みんなのオプション」お客様の声を形にした改善レポート

利益相反の適切な管理

手数料の明確化

当社が提供する店頭外国為替証拠金取引(以下、「FX」といいます。)の「みんなのFX」「みんなのシストレ」及び「LIGHT FX」、店頭通貨バイナリーオプション取引(以下、「オプション」といいます。)の「みんなのオプション」は、取引手数料及び取引口座管理費は無料となっております。お客様に直接ご負担いただく費用はないものの、FXにおいては通貨ペアの売値と買値の差額(スプレッド)の一部が、またオプションにおいては総取引金額(お客様のオプション購入金額の合計額)と総支払金額(当社がお客様へ支払った金額の合計額)の差額が当社の収益となっています。お客様に対してFXの売値と買値の差額をスプレッドとして取引ツールやwebページで表示し、オプションの総取引金額に対する総支払金額の割合等の実績を毎月開示することで、透明性の向上を図っております。当社では、主要通貨ペアのスプレッドを原則固定(時間指定)で配信しており、安定した価格提供に努めております。また、「みんなのシストレ」では、助言報酬として、「片道:0.2pips」に「お客様の取引数量」を乗じて得た金額(税込)を徴収いたします。ただし、助言報酬は、「みんなのシストレ」で提供するスプレッドに含まれております。助言報酬は、「みんなのシストレ」でのFX取引の約定時毎に発生し、その約定時毎に徴収いたします。
【ご参考】
「みんなのFX」固定スプレッド配信実績
「LIGHT FX」固定スプレッド配信実績
「みんなのオプション」取引実績

重要な情報のわかりやすい提供

お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、創業以来、個人投資家向けに最先端の金融デリバティブ取引サービスを提供するリーディング・カンパニーとなることを目指して商品を提供してまいりました。日本で初めてFXのオンライン取引サービスを開始し、その後もバイナリーオプションやシステムトレード(自動売買)など、常にお客様のニーズをとらえた商品・サービスを開発しております。
今後も、お客様の資産状況、投資経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、お客様にふさわしい商品・サービスの提供を行ってまいります。また、適合性の原則に基づき、商品・サービスの提供については、お客様一人ひとりの適切性・妥当性を判断しております。
【ご参考】
投資勧誘方針

バイナリーオプション取引の違法性

(1)担保文言

日本国内の投資者が当該サービスの対象とされていない旨の文言が明記されていること。 バイナリー オプション 投資 助言
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①当該担保文言を判読するためには、広告等を閲覧する以外の特段の追加的操作を要しないこと。
②担保文言が、当該サイトを利用する日本国内の投資者が合理的に判読できる言語により表示されていること。

(2)取引防止措置等

日本国内にある投資者との間の有価証券関連業に係る行為を防止するための措置が講じられていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①取引に際して、投資者より、住所、郵送先住所、メールアドレス、支払い方法その他の情報を提示させることにより、その居所を確認できる手続を経ていること。
②明らかに日本国内の投資者による有価証券関連業に係る行為であると信ずるに足る合理的な事由がある場合には、当該投資者から注文に応ずることのないよう配意していること。
③日本国内に顧客向けのコールセンターを設置する、或いは国内投資者を対象とするホームページ等にリンクを設定する等を始めとして、日本国内にある投資者に対し有価証券関連業に係る行為を誘引することのないよう配意していること。

また、以上に掲げる措置はあくまで例示であり、これらと同等若しくはそれ以上の措置が講じられている場合には、当該広告等の提供は、国内投資者向けの「勧誘」行為に該当しないものとする。

(3)なお、以上に掲げるような合理的な措置が講じられていない場合には、当該広告等の提供が国内投資者向けの「勧誘」行為に該当する蓋然性が極めて高いことから、当該外国証券業者は、日本国内の投資者との間で勧誘を伴う実際の有価証券関連業に係る行為が行われていない旨を証明すべきである。

X-1-2 外国証券業者によるインターネット等を利用したクロスボーダー取引

機関投資家向け業務の登録免除

IBの適法性

アフィリエイトの適法性

取引被害の法的保護

海外無登録業者に対して日本の金融当局が規制監督をすることは不可能です。そのため、無登録業者に対しても、警告を発するに留まっています。また、金融商品取引法違反であっても現実的に被疑者を逮捕、起訴することは不可能に近いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる