バイナリ―オプション取引

チャート基本操作

チャート基本操作
(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

ガントチャートの使い方とタスク管理の使用例

詳細なガントチャートの例

詳細なガントチャートの例(オンラインで変更するには画像をクリック)

1. タスクとサブタスクを決定

作業分解図の例

作業分解構造の例(オンラインで変更するには画像をクリック)

2. タスクの関連を特定

  • 並行タスク : 他のタスクと同時に実行できるタスクです。時間を節約し、プロジェクトを前進させるために、可能であれば、できるだけ多くの並行タスクを作りましょう。
  • 連続タスク : 線形で、特定の順序で実行する必要があるタスクです。
    • 終了- 開始型 : 前のタスクが完了するまで開始できないタスクです。
    • 開始 - 開始型 : 前のタスクが開始するまで開始できないタスクです。
    • 終了- 終了型 : 他のタスクが完了するまで完了できないタスクです。

    3. タイムラインを作成

    プロジェクトのタイムライン

    チャート基本操作 プロジェクトタイムライン(オンラインで変更するには画像をクリック)

    また、プロジェクトの開始前に PERT 図を使ってタスクの相互依存関係を表すこともできます。 PERT 図とガントチャートの比較をご確認ください。

    PERT 図の例

    PERT 図の例(オンラインで変更するには画像をクリック)

    4. タスクを順序付け

    これは、単に順序付けされた ToDo リストを作るだけのステップではありません。優れたガントチャートとは、タスクの相互関係を考慮した上で各タスクの完了に要する時間を組み入れ、プロジェクトを包括的かつ現実的にマッピングできるものです。

    まずは、各タスク、各タスクを完了するための時間、タスク間の関係をリストアップします。前のステップでタスクの関係性を示すために PERT 図を作成した場合は、それを使ってタスクを適切な順序に整理してみましょう。

    タスクの順序付けの例

    5. Lucidspark でガントチャートを作成

    ガントチャートの例

    基本的なガントチャートの例

    基本的なガントチャート(オンラインで変更するには画像をクリック)

    詳細なガントチャートの例

    詳細なガントチャートの例(オンラインで変更するには画像をクリック)

    プログレスバーを含むガントチャートの例

    プログレスバーを含むガントチャートの例(オンラインで変更するには画像をクリック)

    • 表や図形をドラッグアンドドロップして、ガントチャートのフレームワークを作ります。
    • 図形や線の内側をダブルクリックしてテキストを追加します。
    • 矢印で図形をつなぎ、タスクの依存関係を強調します。
    • 色で優先順位を示します。
    • コメントやメモ機能で関連するリンクや情報を添付します。

    データをインポートする必要がありますか?問題ありません!Google シートや Excel と連携する Lucidchart なら、図を自分で作成する場合でも、テンプレートを使用する場合でも、データを簡単に取り込めます。

    6. チームメンバーにタスク、リソース、進捗を割り当て

    クラウドベースの Lucidchart では、チャートがすべてのデバイスやプラットフォームでリアルタイムに更新されるため、全員が常にまったく同じ文書にアクセスすることが可能です。誰かが Lucidchart で進捗状況を更新すると、チーム全員が変更内容を同時に確認できます。

    7. ガントチャートで進捗状況を図表化

    ガントチャートを使うことで、タイムライン、すべての必要なタスク、各タスクの担当者など、プロジェクトの全体像が把握しやすくなります。今すぐ無料の Lucidchart アカウントに登録してチャートの作成を始めましょう。

    著者について

    Jennifer Jackson profile picture

    Jennifer Jackson graduated with her MA from the University of Utah, where she majored in communication and digital media. Jennifer works as a content marketing specialist. When she’s not チャート基本操作 writing, you’ll find her playing board games, reading, or bingeing TV while drinking copious amounts of iced coffee.

    Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

    process improvement methodologies

    Lucidchart について

    Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

    Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で数百万人のユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

    チャート機能

    チャートを大きく表示させたい場合、で銘柄セレクターを表示、で非表示にすることができます。

    指数や為替も選択できます!

    足種や表示期間を変更するには

    2 表示期間

    チャートの表示形式を変更するには

    • ミニチャートの例 : ホーム画面の右上部分、個別銘柄画面の左下部分、ランキングでの切替後のチャート、ザラバ4,5,7に表示されるチャートなど

    チャートを操作するには

    アイコンの見方

    十字線

    拡大

    縮小

    描画ツール

    時価情報

    凡例

    凡例の上部の「最新足」ボタンを押して青色にすると、チャートを表示させている足種の最新4本値(始値、高値、安値、終値)と出来高を表示します。灰色にするとマウスの位置に対応した4本値と出来高を表示します。なお、最新日時を含まない過去期間のチャート表示を行っている場合はご利用できません。

    マイチャート

    サムネイルチャートの表示/非表示

    その他設定

    チャート印刷

    複数のチャートを同時に表示するには

    複数のチャートの銘柄を同時に切り替えることができます。

    • 銘柄同期機能を設定すると、同一画面のチャート以外の同じ同期グループの画面・パーツの銘柄情報も同期されます。

    テクニカルチャートを表示するには

    右クリック操作からもチャート設定画面を表示させることができます。

    トレンドラインを描画するには

    ボタンをクリックすると描画ツールが表示されます。

    トレンドライン

    メジャーライン

    フィボナッチ3本

    フィボナッチ5本

    フィボナッチ・アーク(円弧)

    フィボナッチ・ファン(チャート基本操作 扇)

    フィボナッチ・タイムゾーン

    ギャン・アングル

    ペンタゴン

    四角形

    水平線

    チャート基本操作 テキスト

    アイコン

    ひとつ戻る

    コピー

    ペースト

    削除

    全削除

    チャート設定の保存と適用をするには(マイチャート機能)

    マイチャートパネル

    編集ボタン

    登録ボタン

    編集画面でマイチャート名の変更と、不要となったマイチャートの初期化が可能です。

    チャート上で指値価格を確認したり指値訂正するには

    指数化チャート・スプレッドチャートを表示するには

    銘柄を指定するには

    基準銘柄 基準となる銘柄を選択します。個別銘柄だけでなく、日経平均株価やTOPIXなどの株価指数や業種別指数を指定することができます。 比較銘柄1〜3 基準銘柄と比較する銘柄を選択します。最大3銘柄まで指定することができます。

    差分 基準銘柄と比較銘柄の差分を表示します。 相関分析 基準銘柄と比較銘柄の相関関係を表示します。

    銘柄の選び方②(チャート分析)

    チャート種類のサンプル画像

    では、この移動平均線をどのように使うのでしょうか?
    移動平均線は、期間中にこの値段で株を購入した人の平均の取得価格ですので、移動平均線より現在の価格が高ければ割高、低ければ割安との判断が出来ます。また、折れ線グラフですので、上下どちらかに傾く修正があり、その銘柄が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかといった判断材料にもなります。ただし、急激に株価が上下した場合、この指標を見て市場で買い注文や、売り注文が集まることもあり、割高と思っていても株価が上昇するケースなどもあり、相場が乱高下する局面では指標としての機能が働かない場合がある為、注意が必要です。
    また、移動平均線の組み合わせで投資のタイミングを図ることも多く、例えば、日足チャートで、株価下落時に25日移動平均線(短期の移動平均線)が、75日移動平均線(長期の移動平均線)を下から上抜いた状況を【ゴールデンクロス】と呼びますが、株価が上昇に転じるサインとされております。

    ゴールデンクロスのサンプル画像

    デッドクロスのサンプル画像

    チャートの形から予測

    ローソク足の基本

    ダブルボトムとは、株価が下落トレンドから反転して上昇するも、失速し前回つけた安値付近まで下落するも、下げ止まって再び反転した場合にチャートの形がアルファベットの「W」の形になることを指します(下図参照)。前回につけた安値を更新しなかったことで、下落トレンドが終わったと考える投資家が多く、上昇トレンドに転じることが多い為、株価が反転するチャートの形として知られております。「W」の形の中心の高値を上回ると買いのサインだとされております。
    また、ダブルボトムより強いチャートパーターンとしてトリプルボトムというチャートパターンがあります。ダブルボトムでは谷が2つ(安値を2回つける)だったのに対し、トリプルボトムでは谷が3つ(安値を3回つける)で、かつ2回目の安値が他の安値に比べて低いチャートの形を示すのが特徴です(下図参照)。3つめの安値が2つめの安値を下回らずに株価が上昇基調に転じたことで、大底をつけた(これ以上株価が下がらない)と判断され、ダブルボトムより強い上昇サインとして知られております。一般的には谷からの上昇時につけた2回の高値を上回ると買いのサインだとされております。
    ダブルボトム、トリプルボトムに対して、上昇トレンドの株が天井圏に達した時に現れるのがダブルトップ・トリプルトップになります。保有銘柄が上昇して、売り時が分からない場合などに活用することも可能です。

    【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方④ 【個別チャート」画面】【基本操作編】「画像付き♪」

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)チャート基本操作

    「HYPER SBI」 と 「HYPER SBI 2」 を比べると

    「個別チャート」画面が一番、使いやすくなりました!

    「HYPER SBI 2」のダウンロードはこちらからどうぞ♪

    もしまだでしたら、こちらを先にご覧いただくとスムーズですよ。

    【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方① 【ダウンロード】~【画面の名称】「画像付き♪」

    こんにちは。 「HYPER SBI2」が出ましたね! 「HYPER SBI」(旧バージョン)と比べて .

    もし画像が見えにくい場合は、「パソコンの画面」を拡大してみてくださいませ。

    特に重要な項目には「 ★ 」をつけました。

    見たい「見出し」をクリックすると、ジャンプしますよ。

    1.★「個別チャート」画面を開く

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    「個別チャート」画面を開く

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    2.★「個別チャート」を使う

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    「銘柄コード」か「銘柄名」を入力 チャート基本操作

    「虫眼鏡」ボタンをクリック、またはパソコンの「Enter」を押す

    例えば、今回は「 銘柄コード 4661 オリエンタルランド 」を検索します。

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ①今、表示されている「銘柄」は、「青い文字」で表示される

    ②クリックした「銘柄」のチャートが表示される

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ③今、何ページ目かがわかる

    ✔全部で 50銘柄 登録できます

    ✔50銘柄以上登録すると、一番後ろの銘柄から消えていきます

    ②「チャートスタイル」を選択

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    1分足」「5分足」「日足」など、

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    「ローソク足」以外に、「ラインチャート」や「バーチャート」なども選べます。

    ③「別ウィンドウ」で起動する画面

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    「時系列データ」

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ①「カレンダー」ボタンをクリック

    ②「カレンダー」の日付をクリック(「▶」「◀」で年月を移動できる)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    「個別銘柄」画面

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    「ニュース画面」については、こちらの記事でご紹介しています。

    よかったらご覧くださいませ。

    【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方① 【ダウンロード】~【画面の名称】「画像付き♪」

    こんにちは。 「HYPER SBI2」が出ましたね! 「HYPER SBI」(旧バージョン)と比べて .

    ④「画面」の大きさの調整

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    画面の4端にカーソルをあてる

    「↔」や「↕」が出たら左クリックしたまま調整する

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    3.★「分析線」を描画する

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    「ツールバー」の起動

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    「ライン」をひいてみる

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ②「カーソル」をあてると、「青い文字」で項目が浮かび上がる

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ①ピンクの●で「左クリック」したまま、紫の●まで持って行き、終了地点でクリック

    ②①と同様に、下のラインもひく

    ③終わったらクリック(「青」⇒「グレー」に変わる)

    ✔機能しているときは「 青 」

    ✔機能していないときは「 グレー 」です。

    「ライン」を一部消す

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI チャート基本操作 2」)

    ①消したい「ライン」をクリック

    ②「消しゴム」ボタン(上の方)をクリック

    「消しゴム」ボタン は、上下に 2つ 並んでいます。

    「ライン」を全部消す

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ①「消しゴム」ボタン(下の方)をクリック

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    4.★「価格帯別出来高」の表示

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    「価格帯別出来高」の表示

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    「出」にカーソルをあてたので、「青い文字」で「価格帯別出来高」と表示されています。

    「価格帯別出来高」を消す

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ①消したいときは「出」をクリック

    「出」のボタンも「 青 」⇒「 グレー 」に戻ります。

    5.「チャート」を反転させる

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI チャート基本操作 2」)

    ①戻したいときは、同じボタンをクリック

    6.「4分割チャート」の表示

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    「長期的なトレンド」と「短期的なトレンド」を同時に見ることができてありがたいですね。

    「4分割チャート」の表示

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)チャート基本操作

    ①「4分割チャート」ボタンをクリック

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ①戻したいときは「□」ボタンをクリック

    7.「文字の大きさ」を変える

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    basics-of-how-to-use-the-individual-chart-screens-of-hyper-sbi2

    (提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

    ガントチャートを編集する

    Permission is hereby granted, free of charge, to any チャート基本操作 person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the チャート基本操作 following conditions: The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software. THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NON-INFRINGEMENT. IN NO EVENT チャート基本操作 SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE チャート基本操作 チャート基本操作 FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE. -->

    Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions: The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software. THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NON-INFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT チャート基本操作 OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE. -->

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる