FX動画

金融機関員のFXブログ

金融機関員のFXブログ
(3) 顧客の購買行動: 情報収集時に重視する情報源
投資系金融商品の購入検討の際、情報収集時に重視する情報源について尋ねたところ、リテラシーが高い利用者(「最高」「高」)ほど、情報収集の実施率の高さを反映して全般的に数値が高く、特に、「金融機関のポスター・パンフレット、ホームページ」や「インターネット上の掲示板・ブログや金融商品の比較サイト」を重視している(「最高」「高」は、いずれも40%を超えているが、「中」は30%台、「低」は20%台にとどまっている)。また、リテラシーが中程度の利用者は、「家族や知人の評判」が27.7%、「金融機関の窓口やコールセンタの説明」が21.8%と、他の利用者よりも重視する選択者の割合が高かった。

金融機関員のFXブログ

結局「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、重要な機能を通称銀行の3大機能と言い、これらは銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」それにその銀行の持つ信用によってこそ機能しているものであると考えられる。
よく聞くFXとは、業者に補償金を預託し、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す取引のこと。外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFよりも利回りが良く、さらには為替コストも安いという特徴がある。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社で購入できる。
よく聞くコトバ、外貨MMFって何?国内であっても売買できる貴重な外貨建て商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが高いうえ、為替の変動による利益は非課税であるという魅力がある。証券会社で誰でも購入できる。
一般的にバブル経済(80年代から91年)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)が取引される金額が度を過ぎた投機により経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、当然の結果として投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。
タンス預金の盲点⇒物価上昇の(インフレ)局面では、物価が上昇した分だけ相対的に価値が目減りするのである。暮らしに必要のない資金だったら、安全性が高くて金利が付く商品にお金を移した方がよい。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債であったり短期金融資産で運用する投資信託というものです。注意:取得後30日未満に解約の場合、手数料には違約金も合わせて請求されるということである。
15年近く昔の平成10年12月、総理府(現内閣府)の外局として大臣をその委員長と決められた新しい組織である金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に約2年7か月組み入れられたという事実がある。
信用格付機関による格付けを使用する理由(魅力)は、難しい財務に関する資料が読めなくても評価によって金融機関の財務状況が判断できるところにあって、ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することまで可能なのだ。
最終的には「重大な違反」になるかそうでないかは、監督官庁である金融庁が判断をすることだ。たいていのケースでは、小粒の違反がひどくあり、その影響で、「重大な違反」評価を下すことになる。
聞きなれたバンクという単語はイタリア語で机やベンチを意味するbancoに由来している。ヨーロッパで最も古い銀行⇒西暦1400年頃に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立され大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行です。
【用語】ペイオフってどういうこと?唐突な金融機関の経営破綻による倒産をしたことに伴い、預金保険法により保護対象とされている個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
日本橋に本部を置く日本証券業協会の目的⇒協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券に関する売買等に関する取引業務を公正、そして円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる進歩を図り、投資してくれた者を保護することを目的としているのだ
全てと言っていいほど株式を公開している企業であるならば、運営の上で、資金調達が必要なので、株式の上場だけではなく社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の一番の違いは、返済義務なのである。
このように「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、3機能のことを銀行の3大機能と称することが多く、銀行の本業である「預金」「融資」「為替」、そしてその銀行の持つ信用力によってこそ実現されていることを忘れてはいけない。
結論として、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が新たな金融商品としてファンドを発売し、適正に運営するためには、とてつもなく大量の「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められているのである。
クレジットカード スピード発行

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる