外為ニュース

投資信託のメリット

投資信託のメリット
ここでは債券投資のデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。

投資信託、株、保険、不動産…資産運用するなら何がある?特徴・メリット・デメリットが知りたい

2021年11月18~20日、“明日から実践できる、貯める・増やすコツがここにある”をテーマに、オンラインイベント「マネーフォワード Week」が開催されました。「今からでも遅くない!積立投資ではじめる資産運用(協賛:マネックス証券)」をテーマに、株式会社Money&You 取締役でファイナンシャル・プランナーの高山一恵氏が、投資初心者に向けて資産運用の基本的な考え方について講演しました。本記事では、内容を一部抜粋・編集して紹介します。

最近更新した著者

マネックス証券 チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任するとともに、著名な国際金融アナリストとしても活躍。 2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊、2016年トランプ・ラリーなどマーケットの大相場予測をことごとく的中させ、話題となる。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なう。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務める。2019年11月より現職。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

「美しすぎる金融アナリスト」として話題となり、全国各地で個人投資家向けセミナーやIRセミナーに登壇。投資教育をライフワークとしている。 投資信託のメリット ZAI、SPA、マイナビ、FX攻略.com、DIME、ワッグルなどメディア掲載、連載の実績も多数。IRセミナーの構成作家やプロデュースも手がける。著書に『最強アナリスト軍団に学ぶ ゼロからはじめる株式投資入門 』(講談社)、『はじめての株価チャート1年生 上がる・下がるが面白いほどわかる本』 (アスカビジネス)がある。 タレントとしてはNHK eテレ「イタリア語会話」のほか、au・東芝エレベーターなどのCMや大河ドラマ出演など出演多数。現在も第一三共株式会社のキービジュアルなどを務める。

tel

03-5219-6552

2020年10月12日 2021年12月23日 資産運用

投資信託商品の種類 それぞれの特徴やリスク・選び方のポイントを解説

資産運用画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

投資信託商品の主な種類は7つ

国内株式型 投資信託

国内株式型投信と株式投資の違い

国内株式型投信の特徴

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

外国株式型 投資信託

先進国株式と新興国株式

為替リスクを回避する「為替ヘッジ」について

国内債券型 投資信託

国内債券型とは

国内の株式市場と基準価額の関係性

国内債券型のメリットと注意点

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

外国債券型 投資信託

国内債券型との違い

外国債券型のメリット

価格変動リスクを回避する投資方法

J-REIT 投資信託

「REIT(リート)」とは「Real Estate Investment Trust」の略であり、不動産投資信託を意味します。米国で生まれたREITを日本の法律に合う形で運用するのがJ-REITです。不動産を投資対象とするJ-REITの特徴と、メリットやリスクについて見ていきましょう。

J-REIT 投資信託とは

単一用途特化型REITと複数用途型REIT

J-REIT 投資信託のメリットとリスクについて

海外REIT 投資信託

J-REIT投信との違いについて

海外REITに向いている投資家のタイプ

コモディティ投資信託

コモディティ投資信託とは

投資対象となる主なコモディティ

コモディティ投資信託のメリットとリスク

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

バランス型 投資信託

分散投資でリスクを抑え安定したリターンを獲得

バランス型投信の2種類の買付方法

バランス型投資信託の特徴と注意点

そのほかのタイプ分類もある

インデックスファンドかアクティブファンドか

単位型か追加型か

オープンエンド型かクローズドエンド型か

自分に合った投資信託商品を選ぶには

各商品の特徴を理解する

運用方法について理解する

専門家からのアドバイスや情報を積極的に取り入れる

資産運用・承継を専門とする ネイチャーグループ (税理士法人ネイチャー、株式会社ネイチャーウェルスマネジメント)では、国内外の大手金融機関のアドバイザーを数多く務め、国際的なコンサルティングの実績も豊富です。投資信託をはじめとした資産運用に関するセミナーも多数行っています。セミナーへのご参加や面談のご相談も随時受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

芦田ジェームズ 敏之

芦田ジェームズ 敏之

【代表プロフィール】
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

投資信託のご案内画像

ランキング

資産運用画像

提案画像

定期預金画像

資産運用画像

確定申告画像

定期預金画像

資産運用画像

資産運用画像

株価の写真

bg

資産運用

bg

相続対策

お問い合わせ CONTACT

tel

03-5219-6552

不動産投資信託(REIT)とは?投資先の種類とメリット・デメリット

アマギフ最大20,000円もらえる! (バナーの飛び先からご予約いただいた方限定)
無料で学ぶマンション投資セミナー・個別相談

WEB面談・個別相談

J.投資信託のメリット P.RETURNSの人気No.1サービス。マンション投資について、知りたいことをプロから直接学べます。(無料)
あなたの目的や知識量に合わせて、プライベートセミナー形式でご説明いたします。「ネット検索で調べるより 正確で話が早い」と、大変ご好評をいただいております。都心好立地の未公開物件もご紹介いたします。

WEBセミナー・少人数セミナー

累計1万2,000人以上が受講した、マンション投資の戦術セミナー。(無料)
初心者でも再現できる不動産投資を、人気講師が解説します。 前半の第1部はセミナー形式で学び、第二部はベテランのコンサルタントに一対一で 疑問点について質問・相談ができます。初心者から経験者まで、満足度の高いセミナーです。

アマギフ最大20,000円もらえる!(バナーの飛び先からご予約いただいた方限定) 無料で学ぶマンション投資セミナー・個別相談

WEB面談・個別相談

J.P.RETURNSの人気No.1サービス。マンション投資について、知りたいことをプロから直接学べます。(無料)
あなたの目的や知識量に合わせて、プライベートセミナー形式でご説明いたします。「ネット検索で調べるより 正確で話が早い」と、大変ご好評をいただいております。都心好立地の未公開物件もご紹介いたします。

WEBセミナー・少人数セミナー

累計1万2,000人以上が受講した、マンション投資の戦術セミナー。(無料)
初心者でも再現できる不動産投資を、人気講師が解説します。 前半の第1部はセミナー形式で学び、第二部はベテランのコンサルタントに一対一で 疑問点について質問・相談ができます。初心者から経験者まで、満足度の高いセミナーです。

あなたに合った投資が分かる!13個の投資とメリットデメリット

author-avatar

小林 俊司 資産運用コンサルタント・商品開発部運営課

【投資手法別】様々な投資のデメリットとメリットを解説!

株式投資のデメリット

1.難易度が高く勉強が必要

株式投資は大きな金額を稼ぐことができる可能性がある一方で、難易度が高く勉強が必要になります。
経済や政治の勉強に加え、ニュース等で絶えず情報を収集することが大切です。
株式投資に関わる勉強を継続的に行えない方では利益が出しづらくなってしまうのが株式投資のデメリットになります。

2.投資判断を自分で行っていく必要がある

株式投資のメリット

1.大きな金額を稼ぐことができる

2.銘柄によっては株主優待がもらえる

3.経済に詳しくなる

ここでは投資信託のデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。

投資信託のデメリット

1.資産形成に時間がかかる

2.投資信託のメリット 商品数が多く選ぶのが大変

3.商品によっては手数料が高い

投資信託のメリット

1.時間を味方につけ資産形成ができる

2.投資をプロに任せることができる

投資信託はファンドマネージャー(投資のプロ)が運用を行います。自身で個別に株式投資等を行う自信が無い方は、投資信託に投資を行うことでプロに投資を任せることができることがメリットです。
投資信託のメリット

ここでは債券投資のデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。
投資信託のメリット

債券投資のデメリット

1.大きな資産形成はできない

2.途中売却する場合は元本割れの可能性がある

債券投資のメリット

1.預金よりも高い利息収入を得ることができる

2.元本割れリスクが低い

不動産投資

不動産投資のデメリット

1.多額の資金が必要

2.信用力が必要(サラリーマンとして一定収入がある等)

不動産投資のメリット

1.定期的な家賃収入が得られる

2.レバレッジ効果により少ない金額で大きな金額の投資ができる

REIT投資

REIT投資のデメリット

1.不動産の市場リスクがある

2.運営法人の倒産リスク及び上場廃止リスクがある

REIT投資のメリット

1.様々な不動産に分散投資ができる

2.流動性が高い

ここではFX投資のデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。

FX投資のデメリット

1.追証を食らいやすい

2.値幅の変動が激しい

FX投資のメリット

1.少ない資金で大きな資金を動かせる

2.世界情勢に詳しくなる

FXには円やドル以外にも様々な国の通貨があります。通貨の値動きを予測するために各国の情勢を調べることで世界情勢を学ぶことができます。

仮想通貨のデメリット

1.スプレッドが大きい

2.投資信託のメリット ボラティリティが激しい

仮想通貨のメリット

1.大きな利益が当たる可能性がある

仮想通貨のメリットは、何かの拍子に価格が一気に上昇する可能性があることです。例えば、ビットコインは初期価格が0.07円でしたが現在(2022年1月)は4,000,000万円程度まで上昇しています。上昇を上手く掴み取れれば大きな利益を上げることができます。

金投資のデメリット

1.配当金や利息がない

2.管理にコストがかかる

金投資のメリット

1.価値に信頼性がある

2.インフレに強い資産である

ポイント投資

ここではポイント投資のデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。

ポイント投資のデメリット

1.投資できる商品が限定される

2.投資金額は現金と比較し少額になりがち

ポイント投資のメリット

1.少額で投資の練習が出来る。

2.手元現金を用意する必要が無い

ポイント投資は自身の手持ち資金を使用する必要がありません。余ったポイントを投資に使用することで自身の現金をリスクにさらすことなくお金を稼ぐことができます。

ここでは少額投資のデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。

少額投資のデメリット

1.大きな資産形成は期待できない

2.手数料が割高になりやすい

少額投資のメリット

1.少額で投資の練習が出来る

2.資金が少なくても色々な銘柄に投資できる

ここではNISAのデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。

NISAのデメリット

1.他の口座と損益通算ができない

2.年間上限投資額が120万円まで

3.一度売却したら非課税枠は再利用できない

NISAのメリット

1.株などで稼いだ大きな利益が非課税になる

つみたてNISA

つみたてNISAのデメリット

1.他の口座と損益通算できない

2.年間上限投資額が40万円まで

3.一度売却したら非課税枠は再利用できない

つみたてNISAのメリット

1.長期的にコツコツと資産形成ができる

2.比較的安全な投資信託のみを購入できる

iDeCo

ここではidecoのデメリットとメリットをそれぞれ解説していきます。
下記をご覧ください。

iDeCoのデメリット

①加入時・移転時手数料
②給付事務手数料
③口座管理手数料
④還付事務手数料
⑤信託報酬

iDeCoのメリット

1.自分で年金を作ることができる

2.節税ができる

idecoに使用する掛け金は、全額所得控除となり、所得税と住民税を節税することができます。

デメリットを理解しリスクを極力抑えて投資を行うには知識を教えてくれる先生が必要

今回は、仮想通貨を例にしましたが、他の投資にもメリットだけでなくデメリットが必ずあります。
デメリットを理解し、リスクを極力抑えるためには知識を身につけることが不可欠です。
また、 知識は、実際に投資で成果を出している先生から教わるのが1番良いでしょう。

例えば、近年では 「投資信託」 投資信託のメリット という言葉をよく見聞きしますが、これは投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめて、運用の 専門家が株式や債券等に投資・運用するもの で、その運用成果が投資家それぞれの 投資額に応じて分配される仕組み になっています。
つまり、投資家からすれば、資金の増加等を目的として、自分の財産の管理処分を運用の専門家に管理・処分させているという意味で信託の一種ということになります。この 信託の仕組み を、後見制度や遺言制度の代わりに、あるいはそれと併せて使用することで、自身あるいはご家族が亡くなった際、被相続人(お亡くなりになった方)ご本人の 希望にかなった財産管理や承継をすることが可能 になるのです。

信託じゃないとダメなの?

後見制度や相続について規定されている法律は民法や、任意後見契約に関する法律等があります。
これらの法律があるにもかかわらず、信託で遺言や後見を行うメリットはあるのでしょうか。 投資信託のメリット
信託のメリット・デメリットを考えてみましょう。

メリット merit

① 後見制度よりも柔軟!

後見制度よりも柔軟

これに対し、信託では成年被後見人の 判断能力が衰える前の元気なうちから、自分の希望する人に財産の管理を任せることができる 投資信託のメリット ので、後に判断能力を失った場合でも、本人の意向に沿ったスムーズな財産管理を行うことができます。

② 遺言書では行えないことも行える!

信託は遺言の代わりにもなります。
遺言書は、作成方法が厳格であるため、作成が億劫になってしまうようです。
また、遺言はあくまでも自分の財産の処分を定めることしかできないので、被相続人の本当の意味での要望を叶えることができないことがよくあります。
すなわち、 遺言は自分の財産を誰に相続させるか、までは指定できても、その相続させた者が亡くなった後はどうするかまでは決めることができない のです。

遺言書では行えないことも行える

しかし、信託を使えば、遺言ほど厳格な作成方法ではありませんし、いわゆる二次相続を指定することができるので、自己の財産を相続させた者が 亡くなった後の財産処分についても指定することができる のです。
この点についての詳細は事例でご説明いたします。

デメリット demerit

① 成年後見制度や遺言でしか実現できないことがある

信託は基本的に財産管理についての規定なので、身上監護について規定することもできますが、法定代理人である 成年後見人しかできない身上監護もあります。
そういった場合には、信託だけに頼らず、 信託制度と既存の成年後見制度とを併用することが必要 といえます。

② 節税にはならない

節税にはならない

③ もめてしまう可能性も…

信託は、信じて委託することなので、財産の管理処分を他人に任せることになるのですが、 任せた者の財産の管理処分がずさんだと、それがきっかけでトラブルになってしまう 可能性があります。
だからこそ、 真に信頼のできる人物を選任 しないといけないですし、そのひとの監督をどのように進めていくのかを含め、弁護士に相談をする必要性が高いといえます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる