外国為替取引とは

逆指値注文

逆指値注文

例えば、1ドル=110円の時に買い注文を行う。

「逆指値注文」を英語に翻訳する

An execution information generation unit (14), when 逆指値注文 starting transaction processing corresponding to each of the order information groups, sets the first order to be valid, 逆指値注文 the second order to be invalid, and the stop order to be invalid.

As a result, even in situations where a stop-limit order could easily be executed with a comparatively small value for the price spread indicated by price spread information (3111), it is possible 逆指値注文 to hold a new position again and again as 逆指値注文 逆指値注文 long as it is determined that the predetermined conditions are satisfied indicating that the market price is moving in the direction of increasing profit.

When the stop order is promised, the order information generation unit (16) invalidates the corresponding second order.

指値注文が異なる金額で取引されています - support.zaif Zaifでは現在逆指値注文がございませんので、取引価格よりも不利な価格での指値注文を入れられた場合、注文が成行のように処理され、設定値とは異なる価格での取引がおこなわれる場合もございます。

My limit price orders are being processed as market orders. - support.zaif(English) Zaif currently does not support reverse price limit orders. If you have a 逆指値注文 逆指値注文 limit price order with a value that is disadvantageous to the current market price, it will be transacted as a market order.

In addition, the order information generation unit (16) validates the second order and the 逆指値注文 stop order when the first order is promised.

Also, the buy stop-order price for cutting losses is set on the basis of the highest price (ceiling price) within a temporary rising period from when the market price temporarily rises in a downward trend to when the market price falls again and drops below the level before the temporary rise.

Linked stop loss and 逆指値注文 take profit orders are automatically removed when the position is closed or the pending order is cancelled.

In case the Stop Loss order has not been initially set, but the Trailing Stop mode has, the Stop Loss order is set automatically at the price of 逆指値注文 逆指値注文 position opening when the profit becomes equal to the distance specified in the mode.

Cons of stop orders 逆指値注文 When selecting your stop order level, it is important to realise that this is no guarantee of execution - basic stop orders can incur slippage when opening 逆指値注文 and closing positions if there are large movements or 逆指値注文 gaps in the market.

これらは通常、テクニカル分析と組み合わせて用いられます。IG証券では、取引画面の指値から注文レートの水準でリミット注文かストップ注文かどうかをシステムが自動的に判別するシステムを採用しています。逆指値注文の長所と短所 逆指値注文の長所 逆指値注文は、常に市場を監視することなくポジションのリスク管理ができる便利な注文方法です。

When trading with 逆指値注文 IG, stop orders and limit orders are referred to simply as stops and limits, and they are a built-in feature of our trading and cons of stop orders Pros of stop orders Using a stop order 逆指値注文 逆指値注文 逆指値注文 is a great way to manage your positions without having to constantly monitor the markets and be there at the exact moment of execution.

Provided is a transaction management device capable of executing a plurality of if-done-orders in parallel with a simple operation.

The first order price, the second order price, and the stop order price are set to different values for each of the order information groups.

Further, when the second order is promised, the order information generation unit (逆指値注文 16) cancels the stop order and validates a first 逆指値注文 order corresponding to the next order information group.

ご注文時の、各種条件指定方法、及びご注意事項

■信用取引
・新規建て・・・成行注文の場合は制限値幅の上限、指値による買建の場合は指値、指値による売建の場合は指値と時価の高い方、に株数を乗じて算出した額が、信用新規建て可能額より拘束されます。
※「通常+逆指値」注文の場合には、「通常」注文の単価と「逆指値」注文の単価を比較して概算代金が高い方で拘束され、逆指値条件に到達して「逆指値」注文が発注された場合には、「逆指値」注文の単価により算出した概算代金で拘束されます。

  • 「逆指値」注文については、注文入力時には執行条件の設定ができません。逆指値条件に到達して市場へ発注されてから「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 「通常+逆指値」注文については、注文入力時に「無条件」、「不出来引け成行」の設定が可能です。逆指値条件に到達して市場へ発注されてからは「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 当日(当日が非営業日の場合は、翌営業日)を1営業日目として、10営業日目までご指定可能です。ただし、「通常」注文と同じく下記に該当する場合には注文の繰り越しは行いません。
  • 翌日に注文を繰り越す時点で値幅制限を超えた指値となった場合

※システム変更等により、注文の繰越処理を行わない場合があります。(ログイン画面等でご案内いたします。)
※注文を翌日に繰り越すための値幅チェック(繰越処理)は、毎営業日18:00頃完了します。この値幅チェックが完了するまでの間、対象となる注文の訂正・取消はご入力いただけません。
また、繰越処理において注文単価が制限値幅を超えた指値となった場合は、その注文は失効となります。なお、16:00~18:00の間は、出合注文にかかる可能額・株数の拘束が一旦解除になり、繰越処理が完了した時点で、再度可能額・株数の拘束を行います。この16:00~18:00の時間帯に他の注文を発注されて、元々発注されていた注文を繰り越すことにより可能額・株数が不足する場合には、元々発注分の繰り越しは行わず、失効となります。

■その他、繰越注文が失効となる場合
以下ケースの銘柄については、翌朝バッチ処理(午前3:30~午前5:30)で、’受付エラー’表示により失効となります。
株式分割、株式併合の権利落ち(配当落ちのみの場合は除く)が発生する場合…「権利落ちのため」
売買単位の変更がある場合…「売買単位変更のため」
※上記以外に通常の以下ケースの’受付エラー’表示による失効もあります。
各営業日の繰越処理時(15:40、17:40頃)、および翌朝バッチ処理時(午前3:30~午前5:30)で以下条件に該当した場合に失効となります。

逆指値 を使いこなす|知らないと損する 注文 方法

投資における 注文 方法はいくつかありますが、『 逆指値 注文 』をあなたはご存知でしょうか。もし知らなかった人は、この記事を必ずご覧いただきたいと思います。
また、 逆指値 を知っている人でも、実際の売買で有効活用できていないという人は、ぜひご覧ください。 逆指値 の基本的な仕組みから、実際に 逆指値 注文 を使って、利益を出すための効果的な活用法、 逆指値 を使いこなすための重要ポイントについて解説していきます。

投資で安定的に利益を上げるためには、損失を最小限に抑え、利益を取り逃さないようにしなければなりません。そのためにも必要となるのが『 逆指値 注文 』です。
逆指値 注文 を活用し、安定的に利益を出せるようになりたい方は、この先をお読みください。

逆指値 注文 とは?

実際のトレードでの 逆指値 注文 を効果的に活用し、利益を上げるための具体的な方法を解説します。

逆指値 注文 の特徴

逆指値 注文 は、簡単にいえば指値 注文 の逆の発想です。
つまり、 逆指値 の買い 注文 では、何円以上になったら買い 注文 を入れる、
逆指値 逆指値注文 の売り 注文 では、何円以下になったら売る、という 注文 方法です。

常に株価をチェックできない方にオススメ

逆指値 注文 の特徴については理解していただいたかと思いますが、一体、 逆指値 注文 はどのように活用すれば良いのか気になると思います。 逆指値 注文 は投資をする人ならば誰でも知っておくべき 注文 方法でありますが、特に 逆指値 注文 を活用していただきたい方は、常にチャートをチェックすることができない方、例えば、昼間会社勤めをしているサラリーマンの方などです。
仕事中はこまめにチャートをチェックできないため、急な価格変化に対応できないことがあります。そのようなときに、 逆指値 注文 を上手く活用することで、損失を限定させることができたり、トレンドを逃さずに 注文 を入れることもできます。

損切り 注文 としての活用法

まずは、 逆指値 注文 をリスクを最小限に抑えるための手段として活用する方法です。

例えば、上図のように、価格が110円のときに買い 注文 を入れたときに、相場が転換して110円を下回ったときに備えて、100円で売りの 逆指値 注文 をあらかじめ仕込んでおきます。それによって、万が一思惑が外れ、買値より価格が下回ったとしても、100円を損切りラインとした売りの 逆指値 注文 があることで、損失を10円で抑えることができます。
同様に、売り 注文 を入れた時には、買いの 逆指値 注文 を損切りとして活用することができます。

トレンドフォロー戦略としての使い方

逆指値 注文 逆指値注文 は、何もリスク管理だけに活用できるものではありません。
今度は、相場のトレンドに上手く乗って利益を狙う「トレンドフォロー戦略」での 逆指値 注文 の使い方です。

上の図では、相場を観察していくなかで、110円を超えてきたら上昇トレンドの局面に入ったと考えられる場合、110円のところに買いの 逆指値 注文 を仕込んでおきます。
そして、思惑通りに価格が上昇し、110円に達した時に買い 注文 が成立します。

110円を超えれば上昇トレンドだと自分の中で確信できるポイントがあった時に、その110円を超えるタイミングがいつ来るかわからない時、例えば日中会社勤めしている人であれば、お昼休みに株価をチェックしたら「110円まで価格が上がったら買い 注文 を入れたい」と思った時、午後からまた仕事があるため、株価をこまめにチェックできないかもしれません。そんな時に、110円に買いの 逆指値 注文 をお昼休み中に入れておけば、思惑通りに110円まで価格が上がったときに買い 注文 を確実に入れることができます。

つまり、 逆指値 注文 を活用することで、トレンドを逃さずに、トレンドフォローで利益を狙うこともできるのです。もちろん、逆に売りの 逆指値 注文 を使って、下降トレンドに乗って利益を狙うこともできます。

逆指値 注文 は、損切り 注文 に使うことで、損失を最小限に抑えるリスク管理としての効果もあり、またはトレンドフォロー戦略として、相場の大きな流れに乗って、大きな利益を狙うこともできる 注文 方法です。したがって、トレードで安定して利益を上げ続けたいのであれば、 逆指値 注文 を使ったトレードは一つのキーポイントと言えるでしょう。

逆指値 注文 を活用する時の注意点

前項で実際のトレードで 逆指値 注文 の有効的な活用法を紹介しましたが、その中でいくつか注意点もあります。
上手に活用するうえで、注意点をしっかりと把握することは重要ですので、しっかりと抑えておきましょう。

スリップページが発生しやすい

逆指値 注文 を使うときの注意点として覚えておきたいのが、「スリップページ」の発生です。
スリップページとは、 注文 した時点の価格と実際に約定された価格の差のことです。
例えば「1ドル=110.0円」で 注文 したにもかかわらず「1ドル=110.1円」で約定した場合、実際に約定した価格と 注文 したときの0.1円の差が、スリップページです。

スリップページが発生する原因としては、相場の急な価格変動によるものが多く、例えば米国雇用統計、FOMCといった重要経済指標の発表時、または主要国の大統領選挙や総選挙、さらにはテロや大地震などの天災があります。
このような、急な価格変動が発生することで、特定の時間に売買 逆指値注文 注文 が集中することで、証券会社のサーバーで処理が追い付かないために、スリップページが発生します。

逆指値 注文 を入れる前に確認するべきこと

前述したように、 逆指値 注文 を使うと、こまめにチャートをチェックしなくても自分の狙ったところで約定することができるメリットがあります。
その代わり、間違えた設定で 逆指値 注文 を入れてしまうと、自分の思ったタイミングで売買 注文 できなくて損失を拡大してしまったり、利益を取り逃してしまうことがあります。
そのため、 注文 内容をよく確認してから使う必要があります。

逆指値 注文 を入れる前に確認するべきポイントは、

① 注文 数量の桁数に間違いがないか
② 注文 価格に間違いがないか
③ 注文 単価に間違いがないか
④ 注文 の執行条件に間違いがないか
⑤ 注文 が執行する有効期間に間違いがないか

上記5つのポイントが挙げられます。
ぜひ、 逆指値 注文 を使うときは、この5つのポイントを確認してから 注文 を設定しましょう。

基本の 注文 方法

逆指値 注文 を理解するためには、その他の基本的な 注文 方法についても理解する必要があります。それらの 注文 方法と 逆指値 の違い、特徴について理解していきましょう。

成行 注文


価格を事前に指定せずに売買 注文 をする方法で、リアルタイムに動くチャートを見ていて、売買したいと思ったタイミング、今現在の価格で売買できる 注文 方法です。
成行 逆指値注文 注文 のメリットとしては、ほとんどの場合、すぐに 注文 の全量が成立するということです。なぜなら、相場には「価格優先」「時間優先」という2つの大原則が存在します。

指値 注文

逆指値 を応用した便利な 注文 方法

IFD 注文

IFD 注文 とは、「新規 注文 」と「決済 注文 」を同時に発注することができる 注文 方法であり、
新規 注文 が約定すると、決済 注文 が自動的に有効となります。
IFD 注文 逆指値注文 は、長時間チャートを観察することができないトレーダーにとって、無駄な損失を防ぎ、チャンスの逃さずに 注文 を入れることができる 注文 方法です。

詳しくは、IFD 注文 について詳しく解説しているこちらの記事をご覧ください。

IFD 逆指値注文 逆指値注文 注文 の記事はこちらから

OCO 注文

2つの 注文 を同時に出しておき、一方の 注文 が成立すると、もう一方の 注文 が自動的に取り消しになるという 注文 方法です。
今後の相場の方向性が読めないときに、「ここまで上がったら利益確定」「ここまで下がったら損切り」というように、あらかじめ決済 注文 のポイントを決めておくことで、損失を最小限に抑えたり、一定の利益を確保することができます。

詳しくは、IFD 注文 について詳しく解説しているこちらの記事をご覧ください。

OCO 逆指値注文 逆指値注文 注文 の記事はこちらから

逆指値 注文 は、常にチャートを確認できない人にとって特に有効的な 注文 方法です。それだけではなく、心理面で売買判断にブレが生じてしまう傾向にある方にとっては、あらかじめ自分のルール通りの 注文 をすることができるメリットもありますので、ぜひ活用してみてください。

今回、 逆指値 逆指値注文 注文 で「常にチャートを確認しなくていい」の部分に魅力を感じた方にお勧めしたいのが、 IFO 注文 です。

IFO 注文 とは 、こまめ にチャートをチェックできないサラリーマンの方などにとっては、 逆指値注文 あらかじめ利益確定と、損切りの決済 注文 を設定できる ため、大変役立つ 注文 方法です。 パソコンの前に張り付く必要もなく、自分のライフスタイルを崩さずに、利益を狙えますので、 仕事が忙しく、多くの時間をトレードに割けない方 にオススメします。IFO 逆指値注文 注文 について興味があるという方はこちらのページからご覧ください。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

逆指値注文が分からないFX初心者に!大きな損失を防ぐ3つの注文方法

指値逆指値成行


例えば、1ドル=110円の時に買い注文を行う。

  • 今の価格が105円にまで下がり、これ以上下がるとまずいので、103円の売り注文を入れておく
  • レートが下がり103円で売り注文が発生すると、それ以上の損失を防ぐ事が出来る

指値注文とどう違うの?

指値注文は、「○○円になったら売りたい、買いたい」と新たに注文を出す、かつ今より利益を出したい時に利用します

一方で逆指値注文は、「○○円まで下がったら、決算する」というように、決算するタイミングで利用する事が多く、 今より不利な値で注文をいれる時に利用します

  • 今のレートが1ドル=105円
  • 100円になったら買いたいので、1ドル=100円の買い注文を入れておく
  • 逆指値注文
  • 予想通り1ドル=100円になったら買い注文が成立
  • 価格が上がり続ければ、利益を狙えるが、価格が下降し続ける場合も考えられる
  • そこで「1ドル=95円まで下がったら売り」の逆指値注文を入れておく
  • 仮に価格が下がった場合でも1ドル=95円以上の損失を防ぐ事が出来る

逆指値注文の使い方3つ

逆指値注文には 主に3つの注文の仕方 があります。

逆指値の一般的な注文方法の一つが 損切り です。

これ以上損失が増える事を抑えるために利用します。


例えば100円で買ったけれど、その後価格が下がった場合、これ以上損失が拡大しないように、99円になったら売るという注文方法です。

2.利益確定

逆指値は、 利益確定 の際にも利用することが出来ます。


例えば

  • 1ドル=99円の時に買い
  • 1ドル=101円まで上がったが、その後予想に反して下落
  • 1ドル=100円まで下がったら、これ以上損失を増やさないように、売りの注文を行う

1ドル=99円の時に購入しているので、1ドル=100円で売りの注文を行う事で、それ以上の損失を抑え、利益を確保する事に繋がります

3.新規エントリー

3つ目は 新規エントリー での注文方法です。


例えば

  • 価格が99円~100円の間を行ったり来たりしている場合
  • 100円を抜ければ一気に上昇しそうだと予想し、100円の買い注文を入れる
  • その後上手く上昇した所で、売りの注文を出し利益を得る

逆指値注文のメリット

ここからは、 逆指値注文のメリット をご紹介します。

1.大きな損失を防げる

逆指値注文のメリットの一つは 大きな損失を防げる という事です。

相場は常に様々な事に影響を受けながら変動していますし、平日は24時間いつでも稼働しています。

2.感情に左右されない

感情に左右されない もメリットの一つです。

あらかじめ、逆指値注文を入れておけば、「これ以上損失が出たら、大きなマイナスになる」という前に自動で決算出来ます

逆指値注文のデメリット

ここでは、 逆指値注文のデメリット をご紹介していきます。

1.損失を恐れ直ぐに損切りされてしまう

デメリットの一つとして、 損失を恐れ、最初にエントリーした近くで注文を行い直ぐに損切りされる事 逆指値注文 です。

この場合一度レートが下がると、直ぐに注文が確定してしまうので、仮にその後上昇したとしても利益を得る事は出来ません

2.指定した価格とズレて注文確定する事もある

逆指値では、 指定した価格とズレて注文が確定してしまう という事もあります。

為替のレートは常に日々変動しているので、注文が確定するわずかな時間で、ズレが生じてしまうのです。

これのズレを「スリッページ」と言います。

逆指値注文で損失拡大を抑える事が出来る

上記でご紹介した、 「逆指値注文のメリット・デメリット」 を理解して頂くと今後は、逆指値注文はどんな注文方法なのかで悩む事が無くなり、実践で利用していく事が出来ますよ!

【暗号資産取引ならビットバンク】「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能提供開始

ビットバンク株式会社
===============================
暗号資産取引量国内No.1(※1)のビットバンク
「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能の提供を開始
===============================
ビットバンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣末紀之、以下「ビットバンク」)では、2021年9月27日(月)に、暗号資産取引所( https://bitbank.cc/ )にて「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能の提供を開始しましたことをお知らせします。

逆指値について


「逆指値注文」と「逆指値成行注文」の違い

ご利用方法

PCでビットバンクWebサイトをご利用の方
取引所の注文画面にて、注文方法の「逆指値」タブより「逆指値」または「逆指値成行」を選択し、トリガー価格に指定価格を入力してご注文ください。

APIをご利用の方
新規注文API POST /user/spot/order のリクエストパラメータに type: stop_limit(逆指値注文)、または type: stop(逆指値成行注文) を指定した上、パラメータtrigger_priceにトリガー価格を指定してご注文ください。加えて、逆指値注文の場合はパラメータpriceに約定価格をご指定ください。

■ビットバンクのサービス
暗号資産取引所・販売所 < https://bitbank.cc/ >
ビットバンクは、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の暗号資産を売買できる暗号資産取引所および販売所を提供しています。国内No.1の取引量(※1)と高度なセキュリティを持つビットバンクで、一歩先の暗号資産トレードを。

マーケット情報 - MARKETS < https://markets.bitbank.逆指値注文 cc/ >
ビットコイン、ブロックチェーン、暗号資産に関する情報収集はビットバンク マーケット情報で!世界中の最新のトピックス、ビットコインをはじめとする暗号資産の相場・市況分析をどこよりも早く正確にご紹介していきます。

会社概要
ビットバンク株式会社は2014年5月にビットコインなどの暗号資産の健全な普及を目的に設立されました。2015年7月末には、日本初のビットコインを用いた先物取引サービスとして、bitbank Tradeサービスの提供を開始、その後2017年3月には暗号資産の現物取引所 bitbank.ccサービスの提供を開始し、国内No.1の暗号資産現物取引量(※1)を誇る取引所に成長しました。 代表の廣末紀之は日本暗号資産ビジネス協会の会長であり、日本暗号資産取引業協会の理事も務めています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる