元トレーダーが解説

取引手順や利益を得るコツを紹介します

取引手順や利益を得るコツを紹介します

スクロールマネーセミナー

photo

企業の株をもっていると、その割合に対して特典が色々とつくのが株主優待です。
サービスや優待券で利益がかえってくるシステムです。
「どうせなら、安い投資金額でリターンの優待は価値が高いものがいい」と欲張りがちですが、はるか遠くの鉄道会社の優待券をもらっても、なかなか利用する機会がないので、かえって使わず、儲けが損失になってしまうこともあります。
優待利回りが高くても、自分が使う優待をもらえる銘柄を選んだ方が結果的には得です。

儲かる人の共通点

また、株式は世の中の動向と連動しているところもあります。
政治、経済、スポーツ、エンタメ、もちろん国外の動きが相場にすぐに反映することも少なくないです。
だから、いつもどんな情報もこまめに入手するような努力をしている人は、株で損することが少ないかも知れないです。

株で儲けるためのコツ

株はギャンブルではないです。
だから、100%勝つということはないです。 取引手順や利益を得るコツを紹介します
いかに負けを少なくして、堅実に利益を出すかが勝負です。

また、自分にルールを作り、それを守って投資している人は損も少ないようです。
たとえば、1回のトレードで何パーセントまでは損失をしてもいいというルールを自分でつくり、それを守って投資する。 自分を律せる人は、投資家に向いています。

そして、一番大切なのは、欲張らない! 年20%稼げれば、それでよし! ぐらいの気持ちで株式の波を泳ぐと、負けない投資家になれそうです。

株で儲けるためには、それなりの努力が必要です。
また、株をやる場合は、余剰金を使って始めるのが肝要です。
爆発的に儲かる株はないです。
株はもちろん大勝することもありますが、それはラッキーなだけです。
投資家として儲けを長く出したいと思っている人は、いさぎよさが必要だと思います。
そして、やはり株式投資で成功するためには、基礎知識をしっかりと身につけないと難しいです。
知識を身につけることは一見遠回りであるかと思えても、長く続けるためには一番確実な方法です。

家を売るにはどうすればよい?手順や注意点、ポイントを解説

売買契約書の内容を精査する
買主が決まり、取り交わす売買契約書は、隅々までチェックするようにしましょう。売買契約書には、売却する不動産の価格や引渡しの日程のほかに、買主と相談のうえ決めた内容など細々としたことが記されています。買主と口頭でやりとりした内容が契約書に反映されていないと、双方合意の取り決めが無効になってしまいます。契約前には、細部にわたって売買契約書の内容を精査しておくようにしましょう。

計算する女性

家を売った後の注意点

引渡し前にやっておくべきことを怠らない
売買契約が成立した後、売主は物件の引渡しの前に以下の作業を行う義務があります。

・住宅ローン完済の手続き
・隣家との境界線の確認
・契約時に定められた設備の修復や撤去

引渡し確認書を作成する
買主に渡す資料は、渡したことを証明できるようにしておきましょう。買主に後から「この書類を渡されていない」といわれないようにするためです。

年末調整が必要
家を売った後は、確定申告を行いますが、確定申告の前には年末調整が必要になります。年末調整とはあらかじめ払っている税金の過不足を確認し、正しい金額の税金を納めるよう調整することです。給与で所得を得ていると、年末調整は会社が行ってくれるため、自分でやることはないかもしれません。自分で年末調整をしていないケースがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

悩む夫婦

確定申告が必要
家の売却で利益が出た場合は確定申告が必要になります。また、売却で損益が出た場合は確定申告は義務付けられていませんが、確定申告をすることで特別措置が受けられる場合があります。詳しく見ていきましょう。

●売却で利益が出た場合
家の売却で利益が出る場合は、確定申告をしないと損です。なぜなら、家の売却益3000万円までなら特別控除があり、この特別控除は確定申告をしないと受けることができないからです。また、所有期間が10年にわたる物件を売却した場合にも、軽減税率の特例があります。

●売却で損益が出た場合
家の売却で利益が出なかった場合、確定申告をする義務は免除されます。ただし、利益が出ていない場合でも確定申告をすることでメリットがあるかもしれません。税の控除や還付などの特別措置を受けられる可能性があるためです。特別措置を受けるにはさまざまな要件をクリアしている必要があります。事前に要件を確認しましょう。

家を高く、早く売るコツは?

笑顔の夫婦

相場を知る

信頼できる不動産会社を選ぶ

・売却する物件と似た条件の物件の売却実績があるか
・口コミサイトで「販売能力が高い」と評判か
・担当となるスタッフが親身に話を聞いてくれるか

家の印象をよくする

エアコンを掃除する作業

こんな家を売りたいときはどうする?

相続した家を売りたい

模型のアパートと計算機

残債がある家を売りたい

古い家を売りたい

・「古家付き(ふるやつき)」の土地として売る
・更地にして土地を売る
・家をリフォームして売る
・不動産会社に買い取ってもらう

家の模型と積み木

売却ケース別の対策

離婚による財産分与のため
夫婦が離婚するために家を売る場合は、2人で購入した家や結婚している間に購入した家ならば、売却金は双方で清算するのが一般的です。
ただし、住宅ローンが残っている場合や養育費が必要な場合は、分配方法をほかの財産と併せて話し合う必要があります。

住み替えのため
住み替えのために家を売る場合は、売却先行か購入先行かを選択することになります。売却先行とは、今の住まいを売ってから新しい住まいを購入することです。一方、購入先行は、その逆で新しい住まいを購入してから今の住まいを売ることをいいます。

すぐ現金がほしいため
家を売ってすぐに現金が欲しいという場合は、不動産会社に買い取りをしてもらうことで、家を短期間で現金化することができます。買い取りの場合は、不動産会社が買主になります。この売却方法は、直接、不動産会社と価格を交渉し、双方が合意すればすぐに契約に進むことができるため、現金を早く必要とする人に向いています。ただし、売却額は市場の価格よりも安くなるため、注意が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる