成功させるコツは

クラウドブローカーとは

クラウドブローカーとは

エンジニアがAmazon MQを利用してもらうメリットは主に以下の3つが挙げられます。

クラウドアクセスセキュリティブローカー 英語 意味 - 英語訳

Security technologies such as data loss prevention encryption and cloud access クラウドブローカーとは security brokers(CASBs) remain underutilized.

valuable data where it lives today with a cloud access security broker(CASB) solution that was built natively in the cloud

formerly known as McAfee Skyhigh Security Cloud is a cloud access security broker(CASB) that protects enterprise data and users across all cloud services

McAfee MIVSION Cloud is a cloud access security broker(CASB) that protects enterprise data and users across all cloud services.

McAfee MVISION Cloud is a cloud access security broker(CASB) that expands your visibility into cloud deployments so クラウドブローカーとは you can detect

Protecting healthcare data where it lives today- with a solution that was built natively in クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは the cloud for the cloud- is at the core of McAfee MVISION Cloud our cloud access security クラウドブローカーとは broker(CASB).

日本語 - 英語

英語 - 日本語

and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to know more or withdraw your consent to all or some of the cookies, please refer to the cookie policy .
By クラウドブローカーとは closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to クラウドブローカーとは the use of cookies.

Opt-Out クラウドブローカーとは of the sale of personal information
We won't sell your personal information to inform the ads you see. You may still see interest-based ads if your information is sold by other companies or was sold previously. Opt-Out Dismiss

CASBとは何か?基本を解説【2021年版】

「CASB(Cloud Access Security Broker)」は2012年に米ガートナーが最初に提唱したクラウドサービスに対する情報セキュリティのコンセプトです。一般的に「キャスビー」と呼称します。基本的な考え方としては、「ユーザー(企業)と複数のクラウドプロバイダーの間に単一のコントロールポイントを設けて、クラウドサービスの利用状況を可視化/制御することで、一貫性のあるセキュリティポリシーを適用する」ことです。クラウドサービス利用において直接接続するのではなく、CASBを経由させることでセキュリティを担保することができるようになります。

Cloud Access Security Brokers (CASB)とは?

Cloud Access Security Brokers (CASB)とは?
~なぜ必要なのか、何ができるのか徹底解説~

クラウドサービスのセキュリティ強化ツールの一つであり、クラウドサービスの利用状況の把握と管理を行うCloud Access Security Brokers (CASB)をご紹介します。

  • クラウドサービスの利用状況の現状
  • クラウドサービス利用のリスクとその対策
  • loud Access Security Brokers (CASB) とは
  • CASBのメリットと課題

資料ダウンロード

従来のセキュリティ製品との違い

CASBが提供する機能は基本的に、「クラウドサービスの利用状況の可視化と分析」、「セキュリティポリシーの準拠監査やクラウドサービス利用の制御(コントロール)」、「データ持ち出しのチェック/ブロック(データセキュリティ)」、「脅威の検出/防御」といった4つに大別されます。これらの個々の機能は、CASBソリューション特有のものではなく、次世代ファイアウォールなどの既存のセキュリティ対策ソリューションやネットワーク製品でも同様の機能が提供されているケースもあります。

CASBがそうした従来のセキュリティ製品と決定的に異なる点は、SaaS環境のセキュリティ強化に特化しており、「きめ細やかなデータセキュリティ/制御を簡単に設定できる」ことです。クラウドサービスできめ細かなセキュリティ制御を実施する場合は、サービスごとに特化した定義を実施しなければいけません。そうした制御をSWG(Secure Web Gateway)で実行する場合、送信元のIPアドレスや通信先のURLカテゴリを判定しなければいけません。ところが、SWGでクラウドサービスが持つ特定の機能を、特定の権限を有した利用者に対してどう操作を許可するか、といった設定を行うのは非常に困難となります。CASBでは、そうした設定を簡単に行うことができ、かつダッシュボードで簡単に確認できます。

CASBが提供する機能

  • 可視化と分析
    社内で利用されているすべてのクラウドサービスを検出/可視化し、各社製品ごとの安全基準にもとづいてリスクを評価。サービスの利用や業務ファイルのアップロード/ダウンロードといったアクティビティも可視化することが出来ます。
    クラウドブローカーとは
  • 制御(コントロール)
    クラウドサービス宛の通信の防御、アラート、暗号化などの制御を一元的に実行し、単一のセキュリティポリシーで複数のクラウドサービスをコントールすることが出来ます。
  • データセキュリティ
    会社が保有している機密情報を定義することにより、キーワードや多数の識別方法で精度の高い情報漏えい対策を実施します。クラウドサービスに保存されているデータを自社の暗号キーで暗号化することも出来ます。
  • 脅威の検出/防御
    利用しているクラウドサービスに潜むマルウェアを検知し、隔離します。また、共有アカウントの利用や、データコピー、大量のデータダウンロードといった異常を検知することも可能です。

Forcepointによるクラウドセキュリティの強化

まずその沿革からご紹介しますと、1994 年アメリカで NetPartner 社として誕生し、1999 年 Websense へ社名変更した後、2015年5月にWebsense, Inc. と米防衛大手のRaytheon Company のサイバーセキュリティ部門であるRaytheon Cyber Productsが事業統合し、Raytheon|Websenseに名称変更し、2016年1月にMcAfee社のファイアウォール製品事業を統合し、Forcepointに社名を変更しています。さらに、2017年2月にImperva, Inc. よりCASBソリューションのskyfence事業を買収し、同年8月にUEBA(User and Entity Behavior Analytics)ソリューションのRedOwl Analytics, Inc. を買収しています。

AWSエンジニアを採用したい人事担当向けのAWS入門:Amazon MQ

パソコン


Amazon MQは、Apache ActiveMQ、向けの完全マネージド型メッセージブローカーサービスです。
クラウド内のメッセージブローカーを簡単に設定し運用できるようになります。
通常、メッセージブローカーはさまざまなソフトウェアシステムを利用して、情報のやり取りを行います。
その場合、さまざまなプログラミング言語やプラットフォームが必要になります。
しかしAmazon MQは、Apache ActiveMQ、のセットアップやメンテナンスを管理することで、オペレーション上の読み込みを減らすことが可能です。
そのため現在のアプリケーションを簡単にAmazon MQに接続できます。
AWSに移行する際、ほとんどの場合でメッセージングコードの書き換えは不要です。

Amazon MQの価格
Amazon MQは実際に使用した分にのみ課金されます。
メッセージブローカーインスタンスの実行時間、ストレージ使用量、データ転送料金にも基づいて課金されます。

エンジニアがAmazon MQを使用するメリット


エンジニアがAmazon MQを利用してもらうメリットは主に以下の3つが挙げられます。

完全マネージド型

Amazon MQは、本番環境に対応したメッセージブローカーを素早く起動できます。
使用する際にハードウェアをプロビジョニングする必要はありません。
またAmazon MQのソフトウェアをインストールする必要もないので、管理も楽です。
さらにAmazon CloudWatchと統合しているので、ログなどをモニタリングし、問題に対するアラームを生成できます。

移行が簡単にできる

可用性と耐久性が高い

他のサービスからの移行が容易

AmazonMQはクラウド内のメッセージブローカーへの移行が容易に行えるのが特徴です。 クラウドブローカーとは
また既存のアプリケーションとサービスと連携も可能なので、独自のメッセージシステムの管理や運用・保守などが不要になります。
高可用性・高耐久性のメッセージブローカーサービスを探している企業は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ニュースリリース News&Topics(2019年)

今回の合意により、DISは日本IBMとの協業において、クラウド基盤の製品やサービス(「IBM Cloud」)を、ソリューションプロバイダーが取扱うソリューションと連携させ、自社の商流を通じて提供ができるESA (Embedded Solution Agreement) テックブローカー(ディストリビューター)クラウドブローカーとは 契約を締結し、「IBM Cloud」のサービス提供を行います。ソリューションプロバイダーは、日本IBMとESAパートナー契約を締結することにより、「IBM Cloud」の豊富なサービスを利用することが出来る様になります。

■「IBM Cloud」の特徴
「IBM Cloud」は、インフラストラクチャー機能も統合し、ハイブリットクラウドによるイノベーションを実現するための最適なクラウド・プラットフォームです。 ビジネスのためのクラウドであり、企業のあらゆるアプリケーションに対応します。また、WatsonをはじめとするAIのビジネス活用だけでなく、既存のシステムをセキュアにクラウド移行すること、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発の両方に対応できるクラウドです。

ダイワボウ情報システム株式会社の取締役販売推進本部長 小峰伴之は、次のように述べています。
「『IBM Cloud』ビジネスのESA協業開始を大変嬉しく思っております。全国のパートナー企業様をご支援し、『IBM Cloud』を活用した幅広い分野でのデジタルトランスフォーメーションのご提案を推進して参ります。」

日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは 執行役員 パートナー・アライアンス事業本部長 三浦 美穂氏は、次のように述べています。
「DIS様と協業出来ることを大変嬉しく思います。『IBM Cloud』は、真のビジネスのためのクラウドです。従来のシステムをクラウドに上げたい(リフト)というニーズ、新しい技術を使ってクラウド上でアプリケーションを開発したい、 そのどちらのニーズにも応えられます。そして、両システムをセキュアにハイブリッドに連携させる仕組みも提供可能なクラウドです。
IBMはDIS様と共に、『IBM Cloud』を始めとした双方のパートナー企業様のビジネス及び、お客様のビジネス価値の向上に貢献する製品・ソリューションを、ご提供して参ります。」

ダイワボウ情報システム株式会社について
DISはIT流通を支える国内最大級のディストリビューターとして、国内外約1,200社に及ぶメーカー・サプライヤーから仕入れたIT関連商品を、国内約19,000社の販売パートナー様を通じて、全国各地のエンドユーザー様へお届けしております。全国約90の営業拠点を擁し地域に密着した営業体制を構築し、「顔の見えるディストリビューター」としてお客様の多様なご要望にお応えすることができます。
URL:https://www.pc-daiwabo.co.jp/

日本アイ・ビー・エム株式会社について クラウドブローカーとは
世界175カ国以上でビジネスを展開するIBMの日本法人で、基礎研究をはじめ、ビジネス・コンサルティングから、ITシステムの構築、保守・運用まで一貫したサービスの提供を通じて、お客様の企業変革やデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。
URL:https://www.ibm.com/jp-ja/

【本件に対するお問い合わせ先】
ダイワボウ情報システム株式会社
販売推進1部 PC1グループ 小林
TEL:03-5746-6371
E-mail:[email protected]

【報道関係者お問い合わせ先】
ダイワボウ情報システム株式会社
人事総務部総務課 長島
TEL:06-4707-8000
E-mail:[email protected]

Prisma Cloud

 prisma_cloud(プリズマクラウド)

各種クラウド基盤( AWS 、 Azure 、 GCP 等)、ハイブリッドクラウド環境含めマルチクラウドシステムを一元的に管理する機能を提供します。クラウドリソース上の『設定不備チェック』や『不審挙動の可視化』、更に複数のクラウド基盤を稼働している環境でも『 API 連携による一元管理』を提供することで、クラウド基盤を管理する専任者が不在でも、業界標準の各種コンプライアンス基準や独自の基準に従い、クラウド基盤のセキュアな環境を継続的に実現するパロアルトネットワークス社製の CNSP ( Cloud Native Security Platform )ソリューションです。

クラウドシフトの加速に伴う
基盤運用の課題を解決する、CNSPソリューション

増え続けるクラウド基盤を一元的に管理し継続的なセキュア環境を実現

Prisma Cloud(プリズマ クラウド)は、パロアルトネットワークス社製の CNSP ソリューションです。マルチクラウドとハイブリットクラウドなど様々な環境を一元管理し、クラウド環境の状態把握、異常検知、修正案の提示を行い、クラウド運用者にとっての運用の PDCA サイクルを回す支援ツールとして活用できます。

昨今のクラウドシフトによるパブリッククラウド運用のセキュリティ課題に対して、 Prisma Cloud を利用する事で、既にパブリッククラウドをご利用のユーザがより安心して利用出来ると共に、これからパブリッククラウドの利用を考えているユーザも安心したクラウドシフトを実現できます。

クラウドシフトによるパブリッククラウド運用のセキュリティ課題

パブリッククラウド利用環境においては、設定ミスや人的エラーによる情報事故が急増しており、経営危機にも発展しうる重大な事故につながる可能性があります。Gartner社によると「 2023 年までにパブリッククラウド環境事故の 99 %はユーザ側の起因によるものになる」 (※) と言われています。

※参照: Gartner Magic Quadrant クラウド アクセス セキュリティ ブローカー部門

パブリッククラウド運用のセキュリティ課題

  • クラウドセキュリティについて知識を持った人材の不足による管理漏れ/設定ミス
    一般的にパブリッククラウドは「責任共有モデル」を採用しており、クラウドベンダーだけでなく、ユーザに対してもセキュリティ担保を求めている。(セキュリティ侵害の責任はユーザ側)
  • クラウド環境の全体把握が困難
    部門ごとに個別でクラウドを利用している場合、全社的なセキュリティポリシーやクラウド利用ルールがあったとしても、取扱っているパブリッククラウドの数やクラウドサーバの規模が増加するほど把握が困難。(運用ポリシー / ルールに則った設定情報であるか 等)
  • 継続的な運用監視が困難
    都度改訂されるコンプライアンスガイドラインの把握、ならびにご利用のパブリッククラウド環境における準拠確認 / 修正が困難。

Prisma Cloudの特長

コンプライアンステンプレートを活用する事で即時に管理体制を確保

Prisma Cloudの環境構築は非常にシンプルです。対象となるクラウドプラットフォームの情報を API 連携するのみで、ユーザがポリシー作成を行う必要はありません。 Prisma Cloudが標準で 持つポリシーを活用することで、セキュリティレベルの担保や継続的な対応が可能です。

ポリシータイプ

内容

コンフィグ

アノマリ検知

【 UEBA 】
管理者の行動を学習・分析し、不審な挙動を検知します クラウドブローカーとは
【ネットワーク】
フローログを学習・分析し、疑わしいトラフィックを検知します

ネットワーク

イベント監査

コンプライアンステンプレート例

CIS v1.3.0(AWS)、 CIS v1.3.0(Azure) 、 CIS v1.2.0(AWS) 、 CIS v1.2.0(Azure) 、CIS v1.1.0(AWS)、 CIS v1.1(Azure) 、 CIS v1.1.0(GCP) 、SOC 2、 ISO 27001-2013 、 GDPR 、 NIST 800-53 Rev4 、 PCI DSS v3.2 etc

※チェック項目は 400 以上設定済み
※独自のポリシー / ルールも設定することが可能

設定不備の可視化、脅威の検知

Prisma Cloudは IaaS や PaaS の設定ミスなどに起因するセキュリティ脅威を検出 / 可視化し、更にコンプライアンス準拠をサポートする SaaS 型のツールです。複数のパブリッククラウドから クラウドブローカーとは API 経由で設定情報やトラフィック情報、イベントログを数十分毎に収集し、予め設定したポリシーに基づいて脅威を自動的に検出します。

また、脅威の深刻度により、 3 段階に分類されるので優先度に応じた対応を行えます。

設定不備の可視化、脅威の検知

通常とは異なるユーザの振る舞いを検出すると、対象アカウントがログインしたロケーション情報や対象 OS 、使用ブラウザなどの情報を取得し、クラウド環境内でどのような操作を実行したかを確認することも可能です。これらの情報は クラウドブローカーとは Prisma Cloud のポータル画面に表示されるので、管理者はその項目をドリルダウンすれば詳細な情報を調べることができます。

設定不備の可視化、脅威の検知2

どの地域との通信が発生しているかを確認することができ、疑わしい IP アドレスからどこへ通信が向かっているのかも一目で確認できます。

設定不備の可視化、脅威の検知3

ガイドラインをベースにしたポリシー設定修正案の提示

Prisma Cloudはクラウドセキュリティ監査や運用者に代わり Prisma Cloud と API 連携された各パブリッククラウドの状態をモニタリングします。

  • GDPR( EU 一般データ保護規則)や NIST CSF ( NIST サイバーセキュリティフレームワーク)、 PCI-DSS など業界ごとのコンプライアンス要件や、 ISO27001 や CIS ベンチマークといったセキュリティ基準への対応と準拠をチェックし、個別にレポートを作成することが可能です。
  • マルチクラウドやアカウントが多い場合、各環境下でのセキュリティ対策を実施すると運用管理者の負荷が高まります。Prisma Cloudでは、外部脅威にさらされるリスクの高い設定やコンプライアンスガイドラインから逸脱した設定を検出し、該当設定に対する修正案を提示します。
  • 修正箇所が明確となる為、修正 / 改修までの時間を短縮、運用負荷を軽減します。

 ガイドラインをベースにしたポリシー設定修正案の提示

その他特徴

マルチ環境に対応

Prisma Cloudでは AWS 、 Azure 、 GCP 等の様々なクラウドサービスを利用している状況、更にマルチアカウント、マルチテナントの状況においても統一された UI での管理が可能です。
また、セキュリティのポリシーも統合管理が可能な為、マルチクラウド環境下でも同水準のセキュリティレベルを維持する事が可能です。

マルチ環境に対応

Prisma Cloudの監視対象について

PrismaCloudの監視対象

パロアルトネットワークス社が提供する各製品ポジション

新たな業務モデル / 環境において散見される課題に対してパロアルトネットワークス社は包括的に対策する術をラインナップとして提供しています。パロアルトネットワークス社といえば STRATA 、いわゆる次世代ファイアウォールで有名ですが、それだけではありません。

クラウドファイアウォールや CASB などのクラウドセキュリティサービスとして「 Prisma 」、 EPP や EDR 、 XDR 、さらには SOAR の領域まで拡張したエンドポイントセキュリティサービスとして「 Cortex 」というブランドを立ち上げ、業務形態によって生まれる様々な課題に対して全面的なアプローチを可能にしています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる