外為オプション取引

投資リスク

投資リスク
こちらも読まれています

投資のリスクと軽減方法!リスク許容度別にオススメの投資方法も紹介

author-avatar

寺井友基 GFS(グローバルファイナンシャルスクール) 専任講師

投資には興味があるけれどお金を減らしてしまうのが怖い。

実際に投資をするとしても、リスクが低く安心して行える投資をしたい。

本記事を読み終わった頃には、あなたが 投資のリスクを理解し、ご自身で判断できる ように導きます。また、 自分が許容できるリスクに合った投資商品の選び方も知ることができる でしょう。

投資におけるリスクとリターン

投資におけるリスクとは何か?

「リスク」と聞くと「危険」と思う人が多いかと思いますが、 投資におけるリスクとは、「不確実性」を表しており 投資リスク 、その投資商品がもつ振れ幅のこと をいいます。

リスクとリターンの関係

つまり、 リスクが大きいほどリターンも大きく、逆にリスクが小さいほどリターンも小さくなる ということですね。

投資のリスクより先に知っておくべき!投資と投機とギャンブルの違い

投資と違い、投機やギャンブルはリスクが大き過ぎることに加え、再現性が低い ため、特に初心者にはオススメできません。

投資とは?

資本・資産とは、将来的にお金を生み出すもの を言います。
具体的には 株式・不動産・債券 が「将来的にお金を生み出すもの」ですね。

この様に、 投資とは、その物自体が利益を生み出したり価値を高めていくものに、お金を投じること を言います。

投機とは?

投機とは、 短期的な相場の値動きに注目して利益を得る方法 です。

投機は短期間で利益を狙うハイリスク・ハイリターンな手法 に分類されます。そのため、運の要素が強く、「マネーゲーム」と言われることもあります。

ギャンブルとは?

ただ、主催者である胴元がいる点が投機との違い と言えるでしょう。いずれの場合も胴元となる運営母体に収益が残るように、参加者のリターンが計算されています。

ギャンブルは、 運営団体が利益を得るために 手 数料 投資リスク などを取る分、参加者の損益をすべて足してもマイナスになります。 つまり支払った金額が手数料などで少なくなった状態から勝負(ゼロサムゲーム)を行っているということです。

投資をする上での5種類のリスク

リスクはさまざまで、代表的なリスクとして 、価格変動リスク、信用リスク、為替リスク、金利リスク、カントリーリスク があります。

発生し得るリスクの種類を把握しておき、 適切なリスク管理(マネジメント)が行えるようになると、今後の資産運用・資産形成において必ずプラスに なります。

  • 価格変動リスク
  • 信用リスク
  • 為替リスク
  • 金利リスク
  • カントリーリスク

価格変動リスク

価格変動リスクとは、 価格が変動することによって投資した資産の価値が変動するリスクのこと です。

客観的に分析したい場合は、 統計指標の「標準偏差」を使って評価する ことが多いです。

信用リスク

信用リスクとは、株式や債券などの有価証券の発行体である 国や企業が財政難や経営不振などの理由によって債務不履行が起こる可能性 をいいます。

格付会社からの格付け評価が信用リスクを測る指標の1つ として使われています。

為替リスク

為替リスクとは、 投資リスク 為替相場の変動によるリスクのこと をいいます。

金利リスク

金利リスクとは、 金利の変動により資産の価値が変動する可能性のこと をいいます。

カントリーリスク

具体的にお話しすると、カントリーリスクとは 投資対象国や地域において、政治・経済の状況の変化によって証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、そこに投資した資産の価値が変動する可能性のこと をいいます。

高い経済成長率が期待される新興国市場ですが、 新興国は基本的にはカントリーリスクが高い傾向に あり 、 アフリカ諸国、中南米諸国などは特にカントリーリスクの高い国・地域として認識されています。

投資のリスクを軽減する3つの分散

次に投資のリスクを軽減するための 3つの分散 についてお話していきます。 投資リスク
投資をする上でリスクを少しでも少なくしたいという方は次の3つの分散は絶対に知っておくようにしましょう。

資産の分散

最も基本的な 分散投資の1つが、株式や債券、不動産などの資産(アセットクラス)の分散 です。

例えば、株式のみに投資をしていると、株式が大きく下落した時に大きな損失が発生してしまう可能性がありますが、株式とは 値動きが異なる債券やREITなどにも投資をすることで、資産全体としての損失をおさえる ことができます。

地域の分散

例えば、特定の地域だけに投資をしてしまうと、 災害や紛争、政治的要因などによりその地域の金融市場が大きく変動した場合に、大きな損失が発生する 可能性が高まります。

投資をする際は、 複数の地域や通貨も組み合わせることで、その地域の状況などによる値動きのリスクを軽減 することができます。

時間の分散

株式などの市場は常に動いており、時には急騰や暴落により大きく値動きすることがあります。しかし、 投資のタイミングを複数回に分けることで、その影響を和らげる ことができます。

価格の動きを先読みすることはプロでも難しいですし、再現性もあまり高いとは言えません。
投資タイミングを分散させて、高値掴みのリスクを軽減 しましょう。

投資商品ごとのリスクと、そのリスクの軽減方法

株式投資

  • 投資タイミングと投資対象である企業を分散してバランスよく投資する

不動産投資

    投資リスク
  • 物件を見極めるスキルを上げて、できるだけ安く不動産を購入する
  • 不動産の所有者や金融機関の担当者との交渉スキルを高め、有利な条件で不動産投資をスタートさせる

債券投資

投資信託

そのため、 投資信託ごとに、リスクの種類や大きさは異なります

これらのリスクに対応するためには、 目論見書などでリスクを説明している項目にも目を通し、ご自身が投資をする投資信託が抱えているリスクを把握しておくことが重要 です。

また、これまで金融商品ごとのリスクを説明してきましたが、 外国の金融商品に投資をしている場合、為替変動リスクやカントリーリスクも発生 します。

リスク許容度別!オススメの投資方法

安定成長型(リスク中、リターン中)

投資経験のあまりない方や リスクを抑えつつ安定的に資産を増やしたい方には投資信託での運用がオススメ です。

結論から言ってしまうと、 日経平均やS&P500などの指数に連動するように運用されているインデックスファンドに投資をするのがオススメ です。

例えば、 日経225であれば、ファーストリテイリング(UNIQLO)やトヨタ自動車、ソフトバンクグループをはじめとした225の企業 に分散投資ができるということですね。

インデックスファンドがオススメな理由のまとめ

  • 資産状況の把握が容易にできる
  • 手数料が低い傾向にある
  • 幅広い銘柄に分散投資が可能

積極運用型(リスク大、リターン大)

つまり、 株式に投資をする場合、経済や企業の成長によって株価の値上がり益(キャピタルゲイン)や配当益(インカムゲイン)が期待できます

不動産の価格変動を受けるため、値動き(リスク)は大きくなりますが、 不動産の賃料収入は債券投資などと比較すると相対的に高く安定した利回りが期待 できます。

現物の不動産を購入することができない場合は、 不動産投資信託(REIT)に投資をすることで、間接的に不動産のオーナーになることができます。

株式と同様に海外の不動産に投資をする場合も、考慮しなければならないリスクの種類は増えますが、 将来的に人口の増加の見込める地域などへ投資をする場合、国内の不動産に投資をするよりも大きなリターンを狙うことができる でしょう。

3.債券(低格付けのもの)

そのため、 満期までに発行体が債務不履行(デフォルト)を起こさなければ、必ず投資した以上の金額を受け取ることができます
※為替リスクのある商品に投資をしていた場合、 為替変動により損益がマイナスになることがあります。

安全重視型(リスク小、リターン小)

  1. 投資信託(インデックスファンド)
  2. バランスファンド
  3. 債券(高格付けのもの)

1.投資信託(インデックスファンド)

それに加えて、 世界経済は平均すると年間6〜8%成長しているため、短期的には資産が目減りしたとしても長期的には大きな利益を狙うことも十分に可能 です。

2.投資信託(バランスファンド)

バランスファンドとは、国内外の株式、債券、不動産等に分散して投資する投資信託のことで、 ひとつのファンドで投資対象と地域の分散効果が 期待できます。

3.債券(高格付けのもの)

これまで 紹介した商品の中では高格付けの債券が最も下落のリスクが小さくなっているため、資産を極力減らしたくない方には高格付の債券がオススメ です。

まとめ

主なリスクの種類

投資商品ごとのリスク度合い

リスクを軽減する3つの分散方法

投資商品ごとのリスクと、そのリスク軽減方法 投資リスク

株式投資

  • 価格変動リスク
  • 信用リスク
  • 為替変動リスク(外国株式の場合)
  • カントリーリスク(外国株式の場合)


不動産投資

リスク軽減方法
1.物件を見極めるスキルを上げて、できるだけ安く不動産を購入する
2.不動産の所有者や金融機関の担当者との交渉スキルを高め、有利な条件で不動産投資をスタートさせる

投資にはどんなリスクがある?投資リスクを軽減する方法【FP監修】

写真:村井 英一

投資リスクを軽減するには、長期投資や分散投資でリスクを分散しましょう。
長期投資とは、投資商品を長い期間をかけて運用することで収益率を安定させ、リスクを軽減する投資の方法です。一般的には、3年から5年、10年などの期間をかけて運用します。日々の価格変動によって利益を得るのではなく、長い期間をかけて継続的な収益を得ることを目的としているのが長期投資です。 投資リスク
また、投資期間が長くなれば、それだけ複利効果も期待できます。複利効果とは、元本に利子を加えた合計を次の元本とすることで、継続的に運用すると元本が増えるという効果です。

単利と複利

もちろん、長い運用期間のなかで、投資商品の価格が上がるときもあれば、下がるときもあるでしょう。ですが、平均的にみると、投資商品は長い期間をかけることで価格が上がる傾向があり、かつ売買の回数が少ないことから、売買手数料や税金などの運用コスト負担が少ないという特徴があります。また、日々の価格変動を確認する必要がありませんので、時間もとられません。
投資先の選び方によっては、リスクを軽減できる投資方法といえるでしょう。
以下は、日本株を10年運用した推移の例です。左は10年の運用推移、右はそのうちの特定の1年間の推移のみを抽出したグラフです。1年間の推移で見ると下落傾向にありますが、10年という長期間では高い成果をあげていることがお分かりいただけるかと思います。(※ TOPIX(東証株価指数)を基に作成)

日本株を10年運用した推移の例

こちらも読まれています

こちらも読まれています

こちらも読まれています

2-2. 投資商品ごとのリスク特性を把握する

不動産投資のリスク

不動産投資とは、一般的にマンション経営やマンション投資などと呼ばれ、マンションやアパート、オフィスビルやホテルなどの収益物件を購入して運用することで、家賃収入や売却益などの利益を得るという投資方法のことです。
物件を購入するには高額な資金が必要なため、投資初心者にとってはハードルの高い投資方法ですが、投資対象が不動産ということで、安定した収入が得られる、相続対策として税金負担を軽減できるといったメリットがあり、人気の高い投資手法のひとつとなっています。
不動産投資において想定されるリスクは、次のとおりです。

  • 価格変動リスク
  • 金利上昇リスク
  • 流動性リスク
  • 投資リスク
  • 自然災害リスク

こちらも読まれています

こちらも読まれています

株式投資のリスク

株式投資とは、企業が発行する株式を売買することで、利益を得るという投資の手法です。
企業は株式を発行することで出資者を募り、出資した投資家は企業の株主となります。株式投資では、売買によって得られるキャピタルゲイン(売却益)だけでなく、株主優待や配当金などのインカムゲインも期待できます。
株式は証券会社を介して購入することができ、初心者でも始めやすい投資商品である反面、株式の価格は日々変動するため、値動きを細かくチェックしなければならないという手間がかかります。また、企業の業績悪化や相場の状況によっては、急な値下がりにより元本割れしてしまう可能性もあります。
株式投資において想定されるリスクは、次のとおりです。

  • 価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • カントリーリスク

投資信託のリスク

投資信託は、資産運用の専門家に運用を任せるという投資の方法です。運用会社が投資家から集めたお金をひとつにまとめて株式や債券などの金融商品に分散投資し、その成果となる利益を投資口数に応じて投資家に分配するという仕組みです。
投資信託は、投資のプロに運用を任せられるため、高い利回りが期待できる反面、やはりリスクもあります。
投資信託において想定されるリスクは、次のとおりです。

  • 価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • カントリーリスク

こちらも読まれています

債券投資のリスク

債券とは、国や地方公共団体、企業などが、必要な資金を借り入れるために発行する有価証券のことです。債券投資では、定期的に利息を受け取ることができ、5年、10年などの満期が決まっているため、満期まで保有すると債券の額面金額が償還されます。債券には様々な種類があり、発行者や満期の設定もそれぞれ違います。
債券は、金融機関や証券会社で購入することができ、長期の運用もできるため、比較的リスクの低い投資商品といえるでしょう。ただし、途中換金の場合は金利状況で価格が変動する上、外貨建て債券の場合は、為替相場の影響も受けます。
債券投資において想定されるリスクは、次のとおりです。

  • 価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • カントリーリスク

3. 投資リスクを把握して自分に合った商品を選ぼう!

投資にリスクはつきものと言われますが、それぞれのリスク特性を把握し、自分に合った投資商品を選ぶことで、投資リスクを軽減することにつながります。また、日々の価格変動を見ながら売買取引を行うのが難しいサラリーマンや忙しくて時間がないという人は、短期集中投資よりも長期投資の方が向いているといえるでしょう。
ただし、長い期間をかけて運用する長期投資の場合、投資商品は慎重に選ぶことをおすすめします。株式投資や投資信託のように流動性が高い投資商品は、売買しやすい一方で様々なリスクの影響を受けやすく、何かが起きた時にその瞬間で相場が乱高下するといったケースも多くみられます。
さらに、ひとつの投資商品に集中投資をしてしまうと、投資にかなりの神経を使うことになってしまうため、これから投資を始めたい方、投資初心者の方で、できるだけリスクを軽減したいとお考えの方におすすめなのは「長期分散投資」です。

弊社の不動産小口化商品「Vシェア」は、長期分散投資のために設計されたおすすめの投資商品です。「Vシェア」は、個人では購入することが難しい都心エリアの商業地にあるオフィスビルを弊社が小口化し、1口100万円単位・5口以上(最低口数は変更となる場合があります)から不動産の小口購入を実現したものです。
不動産投資のなかでもオフィスビルへの投資は、アパート・マンションなどの住居系不動産よりも需給バランスが良好なため、賃料の下落リスクが低く、安定性の高い魅力的な投資対象といえます。「Vシェア」の運用により投資家の皆様が得ることができる利益は「毎月の賃料収入の分配」と「一定期間運用後の売却代金の分配」です。
もちろん、購入したオフィスビルなどの管理・運用は弊社が責任を持って実行しますので、不動産の維持管理のために何かをしなければいけないという手間は発生しません。
手間を最小限に抑えつつ、長期間に渡り着実な利益を得ることを目的として設計された「Vシェア」を、長期分散投資のひとつとしてぜひご検討ください。

こちらも読まれています

こちらも読まれています

リスクとは

投資における「リスク」は、私たちが日常で使うリスク(=危険なこと)とは少し意味が違います。
投資における「リスク」とは、リターンの変動(ブレ)のことを表し、リターンの変動幅が小さいことを「リスクが低い」、変動幅が大きいことを「リスクが高い」と呼びます。
例えば、トヨタ株と、あるベンチャー企業の株を比べた場合、トヨタ株に比べ、ベンチャー株の方が株価が大きく変動(数日で10倍など)する場合があります。この場合は、ベンチャー株は(トヨタ株に比べ)リスクが高いことになります。

■リスクの表し方 投資リスク 投資リスク
年率平均
リターン
リスク
(=標準偏差)
変動幅
(最大)
変動幅
(最小)
日本株式 3% 19% 22% -16%
外国株式 7% 20% 27% -13%
日本債券 5% 4% 9% 1%
米国債券 6% 13% 19% -7%
米国不動産 6%22% 28% -16%
コモディティ 4% 24% 28% -20%

リターンが範囲に納まる確率 例)日本株式の場合
リターンの範囲
(変動幅)
年率平均
リターン
リスク値
標準偏差
(いわゆるリスク)
68.3% 22%~-16% 3% 19%
標準偏差×2倍 95.4% 41%~-35% 3% 38%
(=19%×2)
標準偏差×3倍 99.7% 60%~-54% 3% 57%
(=19%×3)

リスク(標準偏差)の数値は、各資産の変動幅の大きさを示しており、数値が大きいほど(リターンがブレやすく)リスクが高いことを表します。
下のグラフは、各資産のリスク数値を元に変動幅を表したものです。
この中では、「日本債券」が最もリスクが低く、「コモディティ」が最もリスクが高い事が分かります。
また、リスクとリターンは表裏一体で、「リスクが高いほどリターンも大きい」という事が分かります。

不動産投資の8大リスクヘッジ法!リスクを制して不動産投資を制す

変動金利を選択した場合、経済情勢により金利が変わる可能性があります。低金利政策が続いている場合は変動 金利 が有利ですが、逆に金利が上がった場合は固定金利の方が有利です。
現代日本では10年以上に渡り低金利政策が続いているため、今の時点においては変動金利の方が望ましいとされています。しかし、今後の経済情勢によっては金利が上がり、変動金利を選択している場合、返済額が増えてしまう恐れがあります。これが「金利上昇リスク」です。ローンを組む際には経済情勢を把握し、正しい金利の選択を行う必要があります。

価格変動リスクとヘッジ方法

一般的には住宅は築年数が古くなり、老朽化が進むほど価値が下がります。そのため住宅の売却価格は、多くの場合、購入価格より安くなります。
しかし、「築年数が経過する」=「物件価格が低下する」とは限りません。
以下のような条件により、物件の価格を維持、もしくは上昇する可能性もあります。
価格変動リスクに対するヘッジ方法は次のようになります。

■地域の価値の上昇や景気の好転など、物件価値が上昇する変化を待つ
家賃と同じく、再開発が進むなどして住宅があるエリアの価値が上がると、それに伴って住宅の価値も高まります。

■景気が後退する前に売却する
景気が上向きになると不動産価格自体が上昇するため、売却価格が上昇する可能性もあります。また、逆に景気後退が予想される場合、その前に売却することでより価格が低下するリスクを回避できます。

■管理を適切に行い、物件の資産価値を維持する
築年数が経過していても、物件がきちんと管理されていて状態が良い場合、管理状態が悪い物件と比較すると価格低下は抑えられます。

空室・賃料下落リスクとヘッジ方法

「必ず起きる空室リスク」をどのようにヘッジするか
借家の入居者は必ずいつかは退去します。空室リスクを完全に回避することはできません。そのため空室のリスクヘッジでは、空室期間を短くすること、退去から入居までの間隔を狭めることを目指します。
空室期間を短くするためには、入居ニーズの高い物件を選定することが重要です。
例えば東京23区内などの都心である、駅から徒歩圏内でターミナル駅へのアクセスが容易など、魅力的な物件はすぐに入居者が見つかるため空室期間を短くすることができます。
また、退去から入居までの間隔を短くするために、クリーニング業者と提携しており退去後すぐに清掃に入れる、新規入居者との契約を早期に結べるシステムを設けているなど、空室期間を短くするノウハウを備えている不動産管理会社を選ぶのも有効なリスクヘッジ方法です。

「空室を増やさない」ためにどのようにリスクヘッジしていくか
空室は必ず生じるものですが、対策を講じることで空室を増やさないようにすることは可能です。その対策として挙げられるのが、高い入居率を誇る賃貸物件を管理している管理会社を選ぶことです。そのような管理会社は不動産管理及び入居者募集に関して、豊富な知識と経験を有していると判断できるからです。

“入居率99%” 新築・中古の物件情報をお渡し中!

家賃滞納リスクとヘッジ方法

ほとんどの入居者はきちんと家賃を支払うため、家賃滞納リスクが顕在化する確率はそれほど高くありません。しかし、一度、家賃滞納が起こると、大きなトラブルに発展してしまう場合もあります。
入居者の権利は借地借家法で手厚く守られており、オーナーの権限で退去させることは非常に困難です。その結果、家賃のさらなる滞納、立ち退き交渉による手間などが発生するだけではなく、入居者が失踪(夜逃げ)してしまう恐れもあります。
室内のクリーニングや家財道具の保管、法的措置など、金銭的にも時間・手間的にも多大なダメージを被ることになります。

管理会社を活用して、家賃滞納のリスクヘッジをする
家賃滞納リスクを完全に0にすることは不可能であるため、「いかに被害を少なくするか」という視点を持つことが重要です。具体的には以下のような対策を取ることでリスクの軽減が望めます。

定期借家契約とは、契約期間に定めがある借家契約のことです。
期間満了時には立退料不要で契約を終了させられるため、家賃を滞納する賃借人はそのままスムーズに退去を求めることができます。
ただし、定期借家契約は普通借家契約より家賃が安くなる場合が多いというデメリットがありますので、注意が必要です。

修繕リスクとヘッジ方法

修繕リスクとは、住宅の劣化により魅力が低下した際、それを回復させるために発生する多額の修繕コストが発生するリスクを指します。区分マンション投資において修繕リスクを回避するためには、修繕積立金の計画がなされている物件を選ぶことが重要です。
修繕積立金の支払いや計画がない物件では、月々の支払いは少ないものの、一度大規模修繕が行われると、多大な負担金を請求されることになります。
しかし、修繕積立金があればそれで安心というわけではありません。修繕積立金を上回る修繕が発生した場合はもちろん追加で請求されますし、修繕積立金が正当に使われていない恐れもあります。

天災リスクとヘッジ方法

地震リスクとヘッジ方法
地震のリスクヘッジ方法は以下の通りです。

地震リスクを減らすためには、地盤がしっかりしたエリアの物件を選定することが重要です。地盤については、内閣府がまとめている「 表層地盤のゆれやすさ全国マップ 」で確認できますので、こちらを確認してください。
また、1981年以降に建てられた「新耐震基準」を満たした物件を選ぶことで、地震被害を軽減させることができます。

火災リスクとヘッジ方法 投資リスク
続いて、火災のリスクヘッジ方法をご紹介します。

賃貸管理会社の倒産リスクとヘッジ方法

倒産のリスクが少なそうな企業を選ぶ
倒産リスクを軽減するためには、信頼のおける不動産会社を選ぶことが重要です。
特に以下3つのポイントについてしっかり確認しておきましょう。

「賃貸住宅管理業登録制度」とは、令和3年6月15日に施行された登録制度です。賃貸住宅管理業を営む管理戸数200戸以上の事業者に対し、国土交通大臣への登録を義務付けるというもので、登録業者は管理業務の実施状況等について、オーナーに対し年1回以上報告する義務を負います。賃貸住宅管理業者に登録されているということは、いわば国のお墨付きということで、信頼性が高いと判断できるでしょう。
賃貸住宅管理業者は 国土交通省の検索システム にて調べることができますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

契約前に解約条件を必ずチェックし、管理会社の倒産のリスクヘッジをする
どれだけ倒産リスクが少なそうな会社でも、倒産の確率は0ではありません。万が一の場合に対応できるよう、契約前に解約条件を必ずチェックしておきましょう。
管理会社との間には、一般的に「解約の事前告知期間」が定められています。そのため、倒産の兆候が見られたからといって即解約は困難です。契約によっては、違約金が発生する恐れもあります。
管理会社と契約する際には、解約の事前告知期間と違約金について必ず確認しておくようにしましょう。

無料セミナー開催中

セミナーではリスクヘッジしやすい具体的な物件情報やオーナー事例などをご説明させていただきます。
不動産投資の仕組みはもちろん、収益の上げ方も回答致します。
※オンライン、対面からセミナーはお選びいただけます。

不動産の購入方法について

新築物件を購入する場合

新築物件はデベロッパーや販売代理店から購入するのが一般的です。物件情報は新聞の折り込みチラシやネット広告、CMなどから得ることができます。
新築物件の価格は中古物件と比較すると割高ですが、販売元から直接購入する場合は仲介手数料がかからないというメリットがあります。
また、新築物件は入居者に人気のため、空室リスクが抑えられる点も魅力です。

中古物件を購入する場合

中古物件を購入する場合は、仲介業者を通じて売主である個人から購入するのが一般的です。物件情報は新聞の折り込みチラシやネット広告、また仲介会社の店舗の張り紙などを見て収集できます。
中古物件の価格は新築より割安ですが、仲介手数料がかかるため注意が必要です。購入価格が安い分、利回りが高い傾向にある点が中古物件のメリットの1つです。
関連記事: 購入前に知っておきたい!中古マンション投資のメリット・デメリット
関連記事: 【1033人調査】中古ワンルーム投資のメリットから購入期間・運用トラブル大公開

不動産投資は、本業がある方に向いている投資

プロパティエージェントでは不動産管理のプロとして、物件の選定から販売、管理、売却までを一気通貫で行っており、リスクを隠さず事前にご説明し、リスクヘッジを含めた長期的なプランニングをご提案します。

余裕資金、有効活用のご相談はこちらから

▶ 不動産投資の仕組みについて「セミナー」で学びたい
▶ 「ライフプラン提案」をお願いしたい (お問合せでシミュレーション資料プレゼント)

LINE友達登録2

LINE友だち登録で新着物件情報が受け取れます

投資リスク

例えば1週間後に売るつもりの短期投資家にとっても、10年持つ覚悟の長期投資家にとっても、その投信の今日1日のブレ方は一緒です。つまりお客様が日々直面する 「ブレとしてのリスク」は、投資期間とは無関係 です。

長期投資で減るのはそのリスクではなく 「投資タイミングによる失敗リスク」 です。今日買って1週間後に売る場合、今日の値段は非常に重要で、1週間後はマイナスの「失敗」かもしれません。しかしそのまま1年後まで放っておけばプラスかもしれませんし、10年後ならもっとプラスかもしれません。拍子抜けするかもしれませんが、実はこれこそが長期投資の効果なのです。

alt

1つの投信の中の組入銘柄間においても、バランスファンドにおける株式と債券などの資産間においても、あるいはお客様が持つ複数の投信間においても、それぞれの値動きが全く同じでない限り(相関性が低いと言います)、 「途中のブレ方」としてのリスクは、それらの平均値よりも減ります 。これがいわゆる分散効果です。

しかし、 「リターンの方も分散」されてしまう ため、何が何でも分散すれば良いというものでもなく、目的に応じた適度な分散という観点も大切です。例えば確定拠出年金(DC)で選ぶ投信として、日々のブレの小ささを重視してたくさんの投信に分散したとしても、DCの真のリスクは日々のブレよりも「退職時に十分なお金が出来ていないこと」かもしれません。そう考えた場合、正解は分散ではなく「株式ファンド1本」かもしれないのです。

alt

2003年3月末~2021年12月末
リターンは年率換算し、リスクは月次リターンの標準偏差を年率換算しています。配分比率は月次でリバランスしたものと仮定し計算しています。
●先進国債券: FTSE世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし) ●日本REIT:東証REIT指数(配当込)
※先進国債券は米ドルベースの指数を日興アセットが円換算
※各指数に関する著作権・知的財産権その他一切の権利は、当該指数の算出元または公表元に帰属します。
※信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成
※データは過去のものであり、将来を約束するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる