FX取引

サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法

サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法
PLを決定するためにはシステム全体のMTTFDを計算しますが、まず関連する各コンポーネントのMTTFDを決定し、その後に各チャネルのMTTFDを計算します。それを元に全体のMTTFDを計算します(複数チャネルの場合)。なお、チャネルごとのMTTFD値は、表3のように3つに区分され、また上限・下限共に制限されています。

チャネルのMTTFDを計算した結果、3年未満の場合はMTTFDの範囲を満たしません。 各コンポーネントのMTTFD値は、100年を超えることは許容されています。一方、各チャネルのMTTFD値は、計算の結果100年を超えたとしても100年に制限されます。ただし、カテゴリ4の構成であれば、回路構成(冗長化)とDCの値が非常に高いことから、各チャネルの最大MTTFDは2500年まで許容されます。

老いを防ぐ体作り、「ウォーキングだけでは不十分」な理由

ところが、年齢とともに骨格筋のケガは治りにくくなりますし、一度筋肉が萎縮するとなかなか元に戻りません。若い頃と比べて戻りづらくなっているのです。筋肉がケガをして治っていく過程で、筋肉内が脂肪化したり線維化したりする現象によると考えられます。 よくあるのは、高齢者が骨折や病気で手術をして1~2週間、ずっとベッドで休んでいたら、そのまま寝たきりになってしまうケースです。そこで、元の生活レベルに戻れる筋肉の回復方法を考えなくてはいけないということが、今、様々な医療機関や介護施設でいわれるようになりました。つまり、術後すぐから体を動かしリハビリを行うこと、自宅で療養している人も、できる限り日常生活をこなし、少し大変でも運動することが非常に重要になってきます。 ● 歩くだけではサルコペニアは防げない ウォーキングは、中高年から高齢者に積極的に取り入れられ、肥満や糖尿病といった生活習慣病の予防や改善に効果的とされていますが、それだけではサルコペニアは防げないのでしょうか。 筋肉は、体を動かす「骨格筋」と、臓器を構成する「平滑筋」に大別され、骨格筋は髪の毛ほどの太さの線維の束になっており、線維束が伸びたり縮んだりすることで動けるのです。 その線維束の中には、マグロのような赤身の「遅筋線維」と、ヒラメやカレイのような白身の「速筋線維」があります。 遅筋線維は長距離ランナーのごとく持続力があって疲れにくく、力の入り具合が相対的に弱い特徴があります。ウォーキングで使うのは、主にこの遅筋線維です。一方、速筋線維は短距離ランナーのごとく瞬発的な力を発揮します。一般的な人の太ももなら、遅筋線維と速筋線維は半分半分というイメージで構わないでしょう。 この筋線維を調べてわかったのは、年齢の影響を受けるのは速筋線維の方が大きいということです。そうであるなら、サルコペニアの予防や改善には、速筋線維をターゲットにするのが望ましいのです。つまり、速筋線維をあまり使わないウォーキングは、サルコペニア対策として十分ではない可能性があります。 ● 負荷をかけるトレーニングが効果的 サルコペニアの予防や改善には、「レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)」が向いています。レジスタンスとは抵抗という意味で、片脚立ちやスクワット、腕立て伏せ、ダンベル体操など、筋肉に抵抗をかける動作を繰り返し行う運動のことです。 自分の体重を利用して行うものと、ダンベル運動のようにダンベルや各種マシンといった器具を用いて行うものがあります。 どちらの場合も、筋力の向上に合わせて、トレーニングの負荷を少しずつ重くしていくことが大切です。

2. 制御システムの安全関連部とは

制御システムの安全関連部は、SRP/CSとも表現されます。SRP/CSは、「safety-related part of a control system」の略で、制御システムの安全関連部全体を指す場合のみならず、入力部・論理部・出力部を個別に指すときにも用いられます。(図4参照)

3. パフォーマンスレベル(PL)とは

表1 パフォーマンスレベルとその区分
パフォーマンスレベル(PL) 単位時間当たりの、危険側故障発生の平均確率 PFHD(1/h)
a 10 -5 以上 10 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 -4 未満
b 3×10 -6 以上 10 -5 未満
c 10 -6 以上 3×10 -6 未満
d 10 -7 以上 10 -6 未満
e 10 -8 以上 10 -7 未満

パフォーマンスレベル(PL)は、カテゴリ(Cat)に基づくSRP/CSの回路構成が基本となりますが、それだけでなくそこに使用されるデバイスの信頼性を示す、危険側故障を発生するまでの時間であるMTTFD(平均危険側故障時間)、とSRP/CSによるシステム内の危険側故障の検出率であるDC(診断範囲)、一つの故障原因から独立した複数の故障が引き起こされる共通原因故障(CCF)を考慮した設計をしているという4つの要素で決定されます。このことからPLは、図5のように表現できます。

4. ISO13849-1における制御システムの安全関連部(SRP/CS)の設計プロセス

iso13849_06.jpg

5. パフォーマンスレベルの評価手順

iso13849_07.jpg

5.1. 要求パフォーマンスレベル(PLr)の決定

※PLr:要求パフォーマンスレベル(required performance level)
「安全機能の各々に対し、要求されるリスク低減を達成するために適用されるパフォーマンスレベル」


その結果、選択されたa~eまでの1つが要求パフォーマンスレベル(PLr)となります。 図6のようにPLr = aは、構築する制御回路が受け持つリスク低減の度合が少なくてもよいことになります。一方、PLr = eが選択されると、構築する制御回路が受け持つリスク低減の度合は大きくなります。 なお、ここで決定したPLrに対して、実際に計算したPLの結果を比較して、SRP/CSが対象とする危険源のリスクに対し適切である可動かを判断します。

5.2. カテゴリの決定

カテゴリとは「障害に対する抵抗性(フォールト・レジスタンス),及び障害条件下におけるその後の挙動に対する制御システムの安全関連部の特性に関する分類であって,当該部の構造的配置,障害検出及び/又はこれらの信頼性によって達成される。」と定義されています。つまり、制御システムの安全関連部の回路構成を決定するに当たっての安全機能要求がカテゴリです。
カテゴリは「指定アーキテクチャ(designated architecture)」として規定され、後述のようにカテゴリB, 1, 2, 3, 4の5つに分類されます。

図9には、達成されるPLと、カテゴリ、DCavg、およびMTTFDとの関係性が示されます。
この図9を用いて、要求されるPLrに対して、少なくとも同等あるいはそれ以上のPLを持つ制御システムを構築するためのカテゴリを決定します。

たとえば、図10に示すようにPL=cのシステムを設計する場合、構造(アーキテクチャ)はカテゴリ1~3のいずれかを選択できます。

5.2.1. 各カテゴリの要求事項

①カテゴリB、1
カテゴリB、1のアーキテクチャを図11に示します。 両カテゴリにおいて、アーキテクチャの図は同じです。故障診断機能は共になく、信号はI (入力部)からO(出力部)への一方通行です。なお、カテゴリ1のMTTFDは、カテゴリBのそれより長い必要があります。つまり、カテゴリ1の方が危険側故障の確率はより低く、安全機能喪失の確率はより小さくなります。 なお、カテゴリB, 1には故障診断機能が無いため、PLの計算をする上で、DCavg(診断範囲)やCCF(共通原因故障)の考慮は必要ありません。

②カテゴリ2
カテゴリ2のアーキテクチャを図12に示します。
このアーキテクチャでは、故障診断機能が付加されています。これは試験装置と表現されTE(Test Equipmentの略)と表記されます。またこの試験装置の出力はOTE(Output of TEの略)と表記されます。TEがI、L、Oの診断を行い、異常があればOTEへ出力する構成になっています。なお、TEはLの中に含まれていることもあります。
またカテゴリ2は故障診断機能を有するため、DCavg(診断範囲)やCCF(共通原因故障)に対する考慮が必要です。

③カテゴリ3
カテゴリ3のアーキテクチャを図13に示します。
このアーキテクチャでは、信号経路は二重化され、入力信号は互いにL1、L2(論理部)のクロスモニタリングによって、信号の不一致(異常)がないかを相互監視しています。O1、O2(出力部)はL1、L2(論理部)でモニタリングされ、論理部で出力信号と出力部の状態を比較することで、バックチェックを行い、自己診断されます。

④カテゴリ4
カテゴリ4のアーキテクチャを図14に示します。
このアーキテクチャの構成はカテゴリ3と同じですが、カテゴリ4ではC(クロスモニタリング)やm(モニタリング)を行う自己診断機能の性能が高くなっています。これを強調するため破線ではなく実線で示してあります。

iso13849_15.jpg

5.3. MTTFDの算出

MTTFDは、「mean time to dangerous サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 failure」の略で、対象となるデバイスまたは制御システムの安全関連部が危険側に故障するまでの平均時間の期待値のことで、年数で表します。システムの信頼性の観点からこのパラメータが必要とされています。

PLを決定するためにはシステム全体のMTTFDを計算しますが、まず関連する各コンポーネントのMTTFDを決定し、その後に各チャネルのMTTFDを計算します。それを元に全体のMTTFDを計算します(複数チャネルの場合)。なお、チャネルごとのMTTFD値は、表3のように3つに区分され、また上限・下限共に制限されています。

チャネルのMTTFDを計算した結果、3年未満の場合はMTTFDの範囲を満たしません。 各コンポーネントのMTTFD値は、100年を超えることは許容されています。一方、各チャネルのMTTFD値は、計算の結果100年を超えたとしても100年に制限されます。ただし、カテゴリ4の構成であれば、回路構成(冗長化)とDCの値が非常に高いことから、各チャネルの最大MTTFDは2500年まで許容されます。

5.3.1. 各デバイスのMTTFD

各コンポーネントのMTTFDの数値は次の優先順位で決定します。 第一優先 製造者(メーカー)から提供されるMTTFD値 第二優先 この規格の附属書CまたはDに記載の値 第三優先 附属書Cに値がなければ、MTTFD=10年とする。

5.3.1.1. コンポーネントのB10DからMTTFDを計算する


5.3.2. チャネル全体のMTTFD計算方法 パーツカウントメソッド

各デバイスのMTTFD値を決定すると、それを元に各チャネルのMTTFDを次に計算します。(式(3)参照)

たとえば、MTTFD1=30年、MTTFD2=30年、MTTFD3=30年 とすれば、1/ MTTFD=1/30+1/30+1/30 となり、このチャネルのMTTFDは10年となります。 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法

5.3.3. 異なるMTTFDを持つチャネルの場合のMTTFDの決定方法


式(4)を使用した場合MTTFD1=3年、 MTTFD2=100年とすれば、全体のMTTFDは66年となります。
これは、両方のチャネルそれぞれをMTTFD=66年のチャネルと見なすことと同等の意味を持ちます。

5.4. DC(診断範囲)およびDCavgの算出

パフォーマンスレベルを見積るためには、システム全体のDCavg(平均診断範囲)を計算する必要があります。そのためには各コンポーネントのDC(診断範囲)を決定する必要があります。 DC(診断範囲)とは危険側故障をどの程度検出できるのかを%で示します。具体的には検出される危険側故障率(λDD)と、全危険側故障率(λtotal)の比率で表されます。(式(5) 参照)

DC(診断範囲)は、コンポーネントやシステムの安全側故障は考慮されていません。危険側故障だけを対象としています。また、DCは4つに区分されています。(表4参照)

なお、論理装置(安全コントローラなど)、セーフティライトカーテンなどの電気・電子デバイスはその装置の内部に自己診断機能を持っていますが、インタロックスイッチ、非常停止スイッチなど、機構コンポーネントは一般的に自己診断機能を持っていません。しかし、論理部との接続を冗長化し、信号の不一致などを論理部(安全コントローラなど)で監視することで、制御システムの安全関連部全体として高いDCを持つことができます。
各コンポーネントのDCの選択は、ISO13849-1 Annex Eから、入力装置、論理装置、出力装置に関して、それぞれ記述された診断技術に適合したものを選択することになります。
また、コンポーネントのDCが決まった後は、その値を利用して、システム全体のDCavgを計算することになります。(式(6)参照)

なお、故障検出のないコンポーネント(診断されない部分)は、DC=0 です。

5.5. CCF(共通原因故障)の評価

CCF(common cause failure)とは、「単一の事象から生じる異なったアイテムの故障であって、これらの故障が互いの結果ではないもの」と定義されています。これは、単一の原因による故障の結果が、次の故障を誘発して複数の故障が発生することはなく、あくまで単一の原因によって複数の独立した故障が発生するという意味です。
たとえば、過電圧/異常周囲温度などが原因で、互いに関係のない回路の部品(複数)が故障することを指します。このような可能性のある事象に対して、システムがどのように対策を行っているのかを示す指標がCCFです。

CCFは、ISO13849-1 Annex F 表F.1の複数の設問に対して、Yes またはNoで回答し、100ポイント中、少なくとも65ポイントを獲得できる方策が実施されていれば、CCFの要求事項に適合していると見なします。(表5参照)
なお、表5に示されるCCCに対する方策の各項目について、部分的な対応では部分点は付与されず、該当する項目に対する点数は0(ゼロ)となります。
またこの設問に対する記入は、一般的に制御システムの安全関連部の設計者が記入します。

5.6. パフォーマンスレベル(PL)の評価

制御システムの安全関連部として要求されるPLrに対して、実際に設計された回路のカテゴリ、MTTFDとDCavg、CCF評価結果からISO13849-1 付属書K 表K.1からシステムのPLを算出し、そのPLがPLrと同じか、それ以上のレベルであることを確認します。PLr≦PLが確認されれば(危険側故障の平均発生確率が同等か小さければ)、リスク低減目標が達成されたことになります。

必見!初歩のテクニカル分析ガイド

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の四本で構成され、相場の方向性・転換点・力強さの程度を知る手掛かりとなります。始値に対して終値が高い物を「陽線」、始値に対して終値が安い物を「陰線」と呼びます。
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。陽線、陰線は罫線とも呼ばれ、価格の足どりを見る上で欠かせないツールと言えます。ローソク足の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。
また、ヒゲのついていないローソク足を「丸坊主」と呼び、ヒゲを伴う線の、実体の別や長さでも大まかな強さのニュアンスをみることができます。

Step3 トレンドライン

トレンドラインの引き方

チャンネル

Step4 サポート(支持線)&レジスタンス(抵抗線)

レジスタンス

トレンド転換のシグナル

上昇トレンドの転換 上昇トレンドにおいては、価格はレジスタンス・レベルで一時的に下がった後、通常は、再度そのレベルを超えて上昇します。 前回の高値を抜けなかった場合はトレンド転換のシグナルと見ることができます。

Step5 移動平均線

グランビルの法則

  • 1 . 平均線が長期下落ないし横ばいの後、上昇に転じた場合は買いの第一段。
  • 2 . 上昇中の平均線を価格が下回っても、平均線の上昇基調に変化がないと思われる時は押し目買い。
  • 3 . 価格が足踏みののち、上昇中の平均線とクロスしないで再騰し始めたときは買い乗せ。
  • 4 . 平均線が下降中でも価格が異常にかけ離れて下落した場合は、自律反騰の公算大。
  • 5 . 平均線が長期上昇ののち、横ばいかあるいは低落し始める場合は買い手仕舞いの第一段。
  • 6 . 下降中の平均線を価格が上回っても、平均線の下降を食い止められないと思われる時は戻り売り。
  • 7 . 価格が保ち合いののち、下降中の平均線とクロスするまでに至らずに、再下落した場合は売り乗せ。
  • 8 . 平均線が上昇中でも価格が異常にかけ離れて上昇した場合は、自律反落の公算大。要するに、株式にはトレンドと修正リズム、つまり趨勢としての方向と、時には価格行き過ぎの修正運動があり、それを移動平均線の動きを軸として分析し、売買のタイミングを捉えようとするものです。

ゴールデンクロス/デッドクロス

移動平均線の種類

加重移動平均線 昨日と今日の終値を比べ、今日の終値にウェート置くように計算して出したもの。
移動平均の先端がより値動きに素早く反応すると考えられます。

指数平滑移動平均線 一定期間の平均を求めるのではなく、過去全ての価格が計算対象。
単独で使うことはなく、他の指標の基礎データとして使われることが多い。

変位移動平均線 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 単純移動平均を先行させたもの。
交差までに時間を要するのでその分ダマシのシグナルが少なくなります。

Step6 MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)

MACD構成

  • 短期指数平滑移動平均線
  • 長期指数平滑移動平均線
  • MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平滑移動平均線)
  • Signal=MACDの移動平均線

通常は 短期 12日、長期 26日、Signal 9日 で計算されることが多い。

MACDの見方

  • MACDがSignal(MACD平均線)を下から上に抜いたら買い
  • サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法
  • MACDがSignal(MACD平均線)を上から下に抜いたら売り
  • 買いシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを上回ればシグナルの有効性追認
  • 売りシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを下回ればシグナルの有効性追認

3.MACDとシグナルとの差(乖離)が最大となった場合も絶好の売買タイミング 以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安。0ラインの前後での反転も多い。
価格の動きと照らし合わせても、トレンド転換の予兆を察知できます。

4.ダイバージェンス(逆行)による反騰・下落の示唆 上昇の示唆 価格は下落中だが、MACDは上昇、又はMACDラインのボトムが切り上がっている。 下落の示唆 価格は上昇中だが、MACDは下落、又はMACDラインのトップが切り下がっている。

  • 上昇トレンド入り→価格が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう。
  • 下降トレンド入り→価格が下落に向かう、MACDも下落に向かう。

Step7 RSI (相対力指数・Relative Strength Index)

MRSI(相対力指数・Relative Strength Index)は価格の上昇・下落に変動した値幅を考慮したうえで計算したものです。通常、過去14日間のデータをもとに計算されることが多い。

計算式は以下のような式
RSI = 過去14日間の上昇幅の合計 ÷ 過去14日間の値幅の合計 × 100%

RSIの一般的見方

    サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法
  • 70%を超えると買われ過ぎ
  • 30%を下回ると売られ過ぎ

RSIの弱点

価格が上昇&RSI下降 → 上昇力は弱い 上昇相場でRSI(70%以上)の山が直前の山を越えられないで、その後、直前の谷を割りこんだ場合は売りシグナル

価格が下落&RSI上昇 → 下落は弱い 下降相場でRSI(30%以下)が直前の谷を割り込まないで、直前の山を越えた場合は買いシグナル

Step8 エリオット波動分析

エリオット波動の構成

第1波:上昇 →第2波:下降 →第3波:上昇 →第4波:下降 →第5波:上昇
a波:下降 →b波:戻し →c波:下降
以上8つの波(5つが上昇、3つが下降)を1サイクルとしている。

エクステンション(延長波) エリオット波動の理想的な上昇トレンドは5つの波から構成されます。
そのうちの一つの推進波(第1波、第3波、第5波)がさらに5つの波に分かれて拡張する様相をエクステンション(拡張、延長)といいます。
エクステンションが起きるのは珍しいことではなく、大多数の波は3つの推進波のうちのどれかにエクステンションが発生します。 第1波がエクステンションを起こすことは珍しいが、第3波のエクステンションは株式市場で、商品市場では第5波のエクステンションがよく見られます。エリオットの波動には、エクステンション以外にも、ダイアゴナル・トライアングル(斜め三角形)やフェイラー(未達成)といった他の変形波もあります。
エクステンションを伴う推進波は第1波、第3波、第5波のうち一つの推進波だけです。よって第3波がエクステンションしたら、第5波のエクステンションはなく、第5波は第1波と類似したものになり第1波と第3波にエクステンションがなければ、第5波はエクステンションしやすいと予想できます。

様々なエクステンションのパターン 第5波がエクステンションした場合、2回復帰(ダブル・リトレイスメント)が起きる。
第5波のエクステンション完了後、

  • 1 . まず3つの調整波によりエクステンションの開始時点まで下降が起こる
  • 2 . 次にエクステンションが終わった水準までの戻しが起こる
  • 3 . その先、上昇トレンドに戻るかあるいはトップを形成するのかは、長期サイクルにおける現在の価格の位置による。

Step9 フィボナッチ級数(数列)とエリオット波動

フィボナッチ級数の構成

  • 1 . 連続する2つの数の和はその上位の数(上記の2つの連続する数字の合計)は、次の数に一致する。
    〈例〉1+1=2、 1+2=3、 2+3=5、 3+5=8、 5+8=13、・・・という具合です。
  • 2 . どの数もその下位の数に対しては1.618倍
    (フィボナッチ数列の数値を1つ前の数値で割ると、1.618という数値になる)。
    ※ 数値が大きくなればなるほど、1.618に近づく。
    〈例〉13÷8=1.625、 21÷13=1.615、 55÷34=1.6176、 144÷89=1.6179
  • 3 . どの数もその上位の数に対しては0.618倍
    (1つ後の数値で割ると、0.サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 618という数値になる)
    ※ 数値が大きくなればなるほど、0.618に近づく。
    〈例〉8÷13=0.サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 6153、 13÷21=0.6190、 34÷55=0.6181、 89÷144=0.6180
  • 4 . どの数も2つ下位の数に対しては2.618倍
    (フィボナッチの系列の数値を2つ前の数値で割ると、2.618という数値になる)。
    〈例〉34÷13=2.6153、 55÷21=2.6190、 89÷34=2.6176、 144÷55=2.6181
  • 5 . どの数も2つ上位の数に対しては0.382倍
    (2つ後の数値で割ると、0.382という数値になる)。
    〈例〉34÷89=0.3820、 21÷55=0.3818、 34÷89=0.3820、 55÷144=0.3819
  • 6 . 0.618を2乗すると0.382、1.618を2乗すると2.618となる。
    1.618や0.618、0.382といった数値は、黄金分割とか黄金比率、平均律と呼ばれた数値です。その比率はピラミッドや古代ギリシャのパルティノン神殿の建築様式にも使用されています。
    この比率は、エリオット波動理論では目標値を定めるのに欠かせない数値です。日本でも昔から2/3戻し(0.618=61.8%)1/3戻し(0.382=38.2%)といった様に使用されています。
    その他に重要な数値は、1÷2(0.5=50%)、1÷1(1.00=100%)。これらの数値は、重要なサポートやレジスタンスとなります。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

米国のインフレリリースに先立つ技術的見解(2022年6月10日)

長期的なトレンドと毎週の時間枠での3週間の引き戻しに照らして、今週は毎週の時間枠で弱気の巻き込みローソク足の形成の形で結論を出す軌道に乗っています。 毎週のサポート構造は0.6632ドルから0.6764ドルの間であり、100%フィボナッチ予測、価格サポート、および50%リトレースメントで構成されています。 毎日の時間枠で、売り手は$0.7253で200日間の単純移動平均の下側に反応しました。 0.6901ドルからのQuasimodoのサポートは、現在、毎日の規模で注目を集めています。

下の時間枠の写真は、H4の頭と肩の上部のパターン(左肩:$ 0.7230、頭:$ 0.7283、右肩:$ 0.7247)を示しています。ご覧のとおり、木曜日にネックラインがパンクしました(最低$0.7141から描画)。 )。 パターンの利益目標は$0.7029にあります。 上半期の時間枠から、抵抗は最近の数時間で$ 0.7126でテストされ、価格は$0.71を迎える寸前でした。 興味深いことに、ここでは、0.7056ドルのQuasimodoサポートがH4パターンの利益目標のすぐ北に表示されています。

USD / JPYテクニカル分析:

USD / JPYは止められない力であり、今日まで週に2.5%上昇し、135.16円で剣を交差させる寸前です:28 th 週足チャートの1月高値(2002年)。 そして、毎日の時間枠の技術的展望によれば、カジモドの抵抗を133.45円で廃止し、木曜日にサポートとしてレベルを再テストした後、135.16円まで限られた抵抗が見られます。 日足チャートの相対力指数(RSI)が買われ過ぎのスペースに入ったという事実は、現時点で買い手を思いとどまらせる可能性は低いです。

GBP / USDテクニカル分析:

BTC / USDテクニカル分析:

The [pennant] パターンは一般的に継続フォーメーションと見なされているため、ドミナントブレイクアウトローワーは28,849ドルで終了する可能性があります。 最近の執筆で強調されているように、このレベルを超えると、この時点で多くのバイヤーにとって不安になります。これは、次の明らかなサポート領域が約20,000ドルであるためです。 弱気の状況に加えて、相対力指数(RSI)は、50.00の中心線の下側(負の勢い)を拒否しています。

上半期の29,358ドルのサポートは、いくつかのマイナス面の試みに耐え、効果的なフロアであることが証明されました。 ただし、レベルからの回復は目に見えて薄くなっています。価格がレベルをテストするたびに、暗号は意味のある高値を形成できません。 これは弱気なシーンの舞台を設定し、上で下線が引かれた毎日のサポートレベルのすぐ下に配置された28,694ドルでH1サポートの潜在的な動きを設定します。

ゴールド(XAU / USD)テクニカル分析:

価格は、200日間の単純移動平均である1,842ドルに支えられて、1日あたり1,815ドルから1,843ドルの間のハーモニックガートレーパターンのPRZ(潜在的逆転ゾーン)と連動していることがわかります。 相対力指数(RSI)が50.00の中心線(正の勢い)を上回った場合、これはさらなる購入に重みを加えるでしょう(平均利益が平均損失を超える)。 上方価格目標は、1,896ドル(現在の高調波パターンのレッグADから導出された38.2%フィボナッチリトレースメント)と1,959〜1,974ドルの抵抗ゾーンです。

H1タイムフレームのページ全体で、チャート構造は$ 1,856のレジスタンス、$ 1,855のQuasimodoレジスタンスと緊密に連携するレベル、および$1,836からのサポートを提供します。 また、技術的に重要なのは、1,828ドルから1,831ドルの間のフィボナッチのサポートです。

ここから金のどこに行くのかを見積もるのは難しいです。 一方で、私たちは初期の主要なクマの傾向を持っていますが、他方では、毎日の価格は、調和のとれたガートレーパターンのPRZからグリップを見つけようとし続けています。 したがって、トレーダーは、注目されるH1レベルを監視し続ける可能性があります。 興味深いことに、上記の1,836ドルのH1サポートは、200日間の単純移動平均と密接に統合されています。

COD:MW2が正式発表。オフィシャルワールドトレーラーが公開!キャンペーン、マルチプレイ、WARZONE2.0についての最新情報。

全く新しいダイナミックなWarzone 2.0の開発も、Infinity WardがRaven Softwareとともに主導しています。新しい無料プレイのバトルロイヤルWarzoneは、Modern Warfare IIと同じ技術を搭載しているため、両タイトルともModern Warfare(2019)で初めてデビューしたCall of Dutyエンジンを活用し、これまでにないシームレスかつ高度なCall サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 of Duty体験を提供します。

追加インテルの発売が決定 予約受付中

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアII』と『コール オブ デューティ ウォーゾーン2.0』は、アクティビジョンから発売されます。

両タイトルの開発はインフィニティ・ウォードが担当し、その他の開発サポート(アルファベット順)は、アクティビジョン・セントラルデザイン、アクティビジョンQA、アクティビジョン上海、Beenox、Demonware、High Moon Studios、Raven Software、Sledgehammer Games、Toys for Bob、Treyarchが担当します。

10月28日より、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアII」をPlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC Battle.net、PC Steamで発売予定です。Call of Duty: Warzone 2.0』は、同じプラットフォームで今年後半に発売予定です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる