FXのご案内

RSI相対力指数

RSI相対力指数

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

雇用統計を控え静観ムードの中で円高:ドル安の動き・・ プラティニの相場観

< 週報について >
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO481は、4100円を回復するなど回帰相場を見せた白金標準先物が来週はどう動くのかテクニカルや日柄などを使い予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「 シグナル配信メール」 RSI相対力指数 の方は、相場情報の提供に該当するため「 勧誘要請希望 」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

岡地ホームページの「相場&データー」に毎週月曜日に更新しています RSI相対力指数 ウィクリーコラム(金標準) と ウィクリーコラム(白金標準) が掲載されています。

3日(金)AM8:30 3日(金)AM11:20
NY金:1872.7ドル NY金:1874.8ドル
スポット金:1869.6ドル スポット金:1871.8ドル
NY白金:1024.6ドル NY白金:1026.9ドル
スポット白金:1020ドル スポット白金:1024ドル
為替・ドル円:129.92円 為替・ドル円:129.70円
ユーロドル:1.0748ドル ユーロドル:1.0761ドル
ダウ先物:33295ドル ダウ先物:33259ドル
米国10年債:2.913% 米国10年債:2.922%

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

週報のパスワードは、画面右上の「 週報申込フォーム 」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ 無料で送信させて頂いています 。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

< RSI相対力指数 週報「プラティニの相場観」について >
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

RSI(相対力指数)とは?

相対力指数(RSI)は、J. Welles Wilder, Jr.によって開発され、1978年に出版された「New Concepts in Technical Trading Systems」で初めて発表されたテクニカル指標です。あなたがRSIを読むことに習熟すれば、それほど時間はかけずにRSIを読むことができるでしょう。そして、株式または他の金融資産がその傾向を逆転させる可能性が高い時を見極めることができるはずです。これは驚くほど正確であるため、今日使用されている最も人気のある指標の一つです。

RSIをあなたのチャートに追加する方法

  1. 画面上部にある[追加指標]をクリックする。
  2. Relative strength index(RSI)を入力してクリックする。
  3. 指標が画面上に表示され、RSIラインをダブルクリックすると、設定画面が表示される。
  4. 「(期間の)長さ」とは、RSI計算に使用される日数(デイリーチャート上にある)を意味します。「(期間の)長さ」は、基本的にWilderが推奨する14日間の設定ですが、短時間でトレーディングを繰り返すデイトレーダーの場合、「(期間の)長さ」を9日間にすると、RSIの振幅を大きくなるため、大きな変動を読むことができます。長期トレーダーの場合、指標を滑らかにして長期的視点で読みやすくするために、期間の長さを21日または28日間にすることがよくあります。期間の長さの値を色々試しても構いませんが、RSIは上限値と下限値に達する時点がトレーディングの機会を掴むには最も効果的であることを覚えておきましょう。
  5. RSIの色と太さはお好みに合わせて変更できます。下の図1は、私のお気に入り設定です。
  6. 最後に、指標を画面の一番上に移動するには、図1に示すようにRSIセクションの右上隅にある星印をクリックします(この領域にマウスを合わせるとボタンが表示されます)

RSIを算出する方法

RSI = 100–100/1+RS
RS =平均利益/平均損失

相対力(RS)値を計算すために、平均利益を平均損失で割ります。次に、RS値をRSI式(RSI = 100–100 / 1 + RS)に代入して、RSを0〜100の数値に変換します。

トレーディングシグナルのためのRSIの使い方

フェイラースイング

トップフェイラースイング

  1. 70を超えるRSIのピークを識別し、この点をポイント1と名付けます。このRSIの最高値であるポイント1を通り、価格チャートまで垂直線を引きます。垂直線が価格と交差する点を1aとします。
  2. RSIがポイント1より下がるのを待って、最低値が発生するところを確認して下さい。これをポイント3と名付けて、このレベルに水平線(下の図3の赤い線)を引きます。
  3. RSIが上昇するのを待って、次の最高値をポイント2と名付けます。ポイント2がポイント1より低い場合は手順4に進みます。それ以外の場合は、すべてのマークを削除して手順1に戻ります。
  4. ポイント2を通り、価格チャートまで続く垂直線を引きます。この垂直線上で価格の最高値をマークし、この点にポイント2aと名付けます。
  5. ポイント1は2より高いですか?ポイント2aは1aよりも高いですか?両方で「はい」の場合、これは大きなトレーディングのチャンスです。最後のステップでステップ6に進みます。どちらにも該当しない場合は、手順1に戻ります。
  6. RSIがポイント3でRSIの下限に対応する水平線(赤線)を通過するのを待ちます。RSIがこの線の下に移動した瞬間が「ショート」ポジションに入る信号です。
  1. RSIの最高値が下がり(1> 2)と価格の最高値が上がる(2a> 1a)場合でなければなりません。この状態を「ベアリッシュ・ダイバージェンス(弱気の乖離)」として知られています。
  2. 売却またはショートポジションを取る合図は、RSIが赤い線を下回った時です。

ボトムフェイラースイング

  1. RSIが30を下回る最低値を識別します。RSIの最低値をポイント1として、1を通る垂直線を価格チャートにまで引きます。
  2. RSIが上昇するのを待ち、最高値をポイント3として、このレベルに水平線(緑色の線)を引きます。
  3. RSIが再び下がるのを待ちます。 RSIの次の最低値が前の最低値よりも高い場合は、より高い最低値をポイント2として、価格チャートまで別の垂直線を引きます。 RSIの次の最低点がポイント1より低い場合は、すべてのマークを削除してステップ1に戻ります。
  4. RSIのポイント1を通る垂直線から、価格に達した点を1aとします。ポイント2についても同じことを行い、価格の点をポイント2aと名付けます。
  5. ポイント2aが1aより低く、ポイント2が1より高い場合、これは非常に良い設定であり、最後のステップに進むことができます。
  6. RSIが緑色の線を越えて上昇するのを待ちます。ポイント3の水平線をRSIが超える瞬間が、買いやロングポジションに入るシグナルです。

RSI ダイバージェンス

Wilderは、RSIダイバージェンスが「相対力指数において唯一の最も特徴的である」と考えた[Wilder, p. 70]。

ベアリッシュ・ダイバージェンス(弱気の乖離)は、RSIが値を下げる一方で、価格が値を上げる場合の強い新興市場で見られます。例えば、ビットコインが史上最高の価格に達した直後に、RSIは、図5に示すように、大きな逆転が起きようとしていることを正確に警告しました。

RSIはより低い最高値を作り、ポイント2は1より低いことを示し、価格はより高い最高値を作り、ポイント2aが1aより高いことを示します。 この例のようにRSIが価格とは反対方向に動くと、価格が強気に見えますが、RSIはトレンドの逆転を警告するため、ベアリッシュ・ダイバージェンス(弱気の乖離)として知られています。

下の図6は、ブリッシュ・ダイバージェンス(強気の乖離)の例を示しています。

図6では、RSIはポイント2が1より高いことを示すような最低値を示しましたが、価格は1aと比較してポイント2aが示すようにより低い安値を示しました。 RSIが上昇している間に価格が下落したため、これをダイバージェンスと呼びます。 ご想像の通り、この合図の後に価格は上昇し、収益性のあるトレーディングの機会があったでしょう。RSIが30ラインを超えて交差すると(ポイント2の後)、多くのトレーダーはトレンドが逆になったことを確認し、上昇トレンドが起こるとロングポジション(買い)を取るでしょう。

あなたが図8のようにチャートのポイントを付けて、ベアリッシュ・ダイバージェンス(弱気の乖離)があったと答えるなら、よく理解できてい流でしょう。RSIは2 RSI相対力指数 1aとしてより高い最高値を作りました。したがって、価格が強気に見えますが、RSIは今後の逆転について警告します。 2aでピークに達した後、価格は15%下がりました。

トレンドライン分析

上の図9のように、トレンドラインが少なくとも3回タッチされると、このラインの中断を待って、買いまたは売りのシグナルとして使用することができます。 ポイントAが示すように、RSIがトレンドラインが途切れた後に購入した場合、あなたは利益を上げていたでしょう。 ポイントBが示すように、RSIがトレンドラインを下回った時点で売却した(そしてショートポジションを取った)場合も、あなたは利益を上げていたでしょう。

この記事があなたにとって有益であったことを願っています。 ご質問やご意見がございましたら、luca @ bbod.ioまでお気軽にメールをください。

【告知】 「200日など長期移動平均線」および「RSI」「RCI」一挙新搭載のお知らせ

なかでも、多くのユーザーから要望が寄せられていた「200日移動平均線」を追加したことにより、移動平均線を使った代表的なテクニカル手法である「グランビルの法則」を活用してチャートを分析いただくことも可能となります(図1)。※200日移動平均線につきましては、今春に予定している 次回の機能強化で株価チャートの表示期間拡大を予定 しており、200日線が表示される期間も長期化される計画ですので、ご期待ください。

【タイトル】

●図1 ソニー 日足チャートに「200日移動平均線」を追加

【タイトル】


●図2 ソニー プレミアムユーザーは自由に移動平均線を設定可能

●図3 移動平均線の追加・機能強化項目の一覧

日足 (旧)「5日 25日 75日」
【新】「5日 25日 75日」+「 25日 75日 200日 」
週足 (旧)「5週 13週 26週」
【新】「 9週 13週 26週」+「 13週 26週 52週 」
月足 (旧)「6カ月 12ヵ月 24ヵ月」
【新】「6カ月 12ヵ月 24ヵ月」+「 12ヵ月 24ヵ月 60ヵ月 」
年足 (旧)「3年 5年」
【新】「3年 5年 10年 」+「 5年 10年 RSI相対力指数 20年 」
1分足 (旧)「5分 25分 75分」
【新】「5分 10分 30分 」+「 10分 30分 60分 」
5分足 (旧)「5本(25分) 25本(125分) 75本(375分)」
【新】「 30分 60分 120分 」「 60分 120分 240分 」
【プレミアム会員限定】自由に3本の移動平均線の期間を設定可能

【タイトル】

●図3 ソフトバンクグループ RSIチャート


【RSI 買いシグナル】 RSI相対力指数
20~30%以下は売られすぎ(安値圏)
30%以下から反転し再び30%を上抜いたとき

【RSI 売りシグナル】
70~80%以上は買われすぎ(高値圏) RSI相対力指数
70%以上から反落し再び70%を下抜いたとき

【タイトル】


●図4 ソフトバンクグループ RCIチャート


【RCI 買いシグナル】
(1)マイナス100に接近した後に反転
(2)マイナス80以下の水準からマイナス80以上に浮上
(3)短期線と長期線のゴールデンクロス(短期線が長期線を下から上抜く)

【RCI 売りシグナル】
(1)プラス100に接近した後に反落
(2)プラス80以上の水準からプラス80以下に下落
(3)短期線と長期線のデッドクロス(短期線が長期線を上から下抜く)

米国の雇用に先立つ技術的見解

技術的には、私たちはより高い時間枠で興味深い時期にいます。 2021年以降、決定的に下落傾向にある市場では、毎週のQuasimodoのサポートが1.0778ドルで抵抗に転じたことがテストされています。 フェンスの反対側ではありますが、毎日の時間枠での価格アクションは、1.0638ドルでサポートからリバウンドしました。 これは、1.0340ドルの安値から引き出された、サポートが回転する上昇抵抗に光を当てます。 また、日足チャートで特に重要なのは、相対力指数(RSI)が50.00の中心線を再テスト(および保持)し、サポートの可能性を反映していることです。

より低い時間枠のうち、H4の価格は1.0655-1.0632ドルからの供給からの需要から回復し、H1の時間枠は1.0631ドルのカジモドの抵抗からのサポートと近くのフィボナッチの数と相まって強気のAB=CDフォーメーションから回復しました比率。 オーバーヘッド、H4抵抗は$ 1.0758であり、H1抵抗は$1.0762で見ることができます。

毎週のレジスタンス($ 1.0778)がアクティブで、明らかに低価格を支持する傾向があり、H1 /H4の価格が$1.0762-1.0758でレジスタンスに近づいているため、今後のセッションで注目される低い時間枠のレジスタンスから弱気なシーンが展開する可能性があります。

AUD / USDテクニカル分析:

明るいリスク感情と限られた米ドル需要が木曜日のオーストラリアドルに対するアピールを後押しした。 AUD / USDは、3週連続の前倒しを記録する軌道に乗って、1.3%高いセッションを終了しました。 毎日のカジモドのサポートは0.7245ドルで抵抗に転じ、価格行動を歓迎しました。これは、200日間の単純移動平均である0.7256ドル(動的抵抗)の恩恵を受けたレベルです。 アップストリームは、0.7364ドルから​​0.7322ドルの間のフィボナッチ抵抗に注意を呼びかけます。 もちろん、日単位で注目すべきは、50.00の中心線(正の勢い)の北にある相対力指数(RSI)の接合位置です。

最近観察されたAUD/USDはより低い安値を確立します(28を超える th 1月は0.6968ドル安)、その後2週間の回復(3.2%)を実現。 延長されたプルバックがテーブルにありますが、これは2011年8月以降の明確な下降トレンド(月次スケールを確認)と2021年2月初旬の週次フローのトップアウトを遵守して売り手市場のままです。週次サポート構造は0.6632ドルから0.6764ドルの間で見られます、100%フィボナッチ予測、価格サポート、および50%リトレースメントで構成されています。

カーブの下の方で、H4の価格は0.7246ドル(現在はサポート可能)の抵抗を上回っており、その後、0.7041ドルの高値から引き出されたH4チャネルの抵抗に光を当て、続いて0.7349ドルのH4抵抗に関心が集まっています。 より低く、需要は$0.RSI相対力指数 7147-0.7204から見られます。 H1では、上向きに5があります th RSI相対力指数 $ 0.72を超えて実行した後、抵抗として$0.7266になる可能性があります。

USD / JPYテクニカル分析:

木曜日に上向きの勢いが鈍化し、セッションはほとんどミュートされて終了しました。 これは、USD/JPYの連続した支配的な日に続きます。 それで、ここに私たちが最近の研究でより高い時間枠を残したところがあります:

毎週のサポートを125.54円から残して、USD / JPYはその週に2.4%高く取引され、複数年の頂点を更新する恐れがあります。 また、日次価格は現在、131.93〜131.RSI相対力指数 RSI相対力指数 10円の供給との再接続の玄関口にありますが、私たちは明らかに主要な強気のトレンドに定着し続けています。 強気の状況を支援するのは、40.00〜50.RSI相対力指数 00のサポート(2021年5月以降の売られ過ぎのゾーンを表す領域)から強くリバウンドする毎日の時間枠の相対力指数(RSI)です。

H4のタイムフレームから、価格は129.67円でカジモドのレジスタンスターンサポートを再テストしています。 上記のレベルを尊重することで、H4カジモドレジスタンスへの道が130.58円で解き放たれます。 H4ベースに関連して、H1は129.21〜129.55円の需要で剣を交差させましたが、執筆時点では130円の南にとどまっています。

GBP / USDテクニカル分析:

木曜日のフィボナッチのサポートは1.2451ドルから1.2471ドルで、短期的な流れは良好でした。これにより、リスクアペタイトが改善する中、H1プレーヤーはヨーロッパ初期に1.RSI相対力指数 25ドルをクリアすることができました。 その後の価格変動は、H1の抵抗を1.2554ドルで下落させ、今後の取引でのサポートの可能性を反映し、1.26ドルに向けて光を当てました。 注目されている心理的レベルの上に位置するのは、1.2686ドルから1.2614ドルの間のH4抵抗であり、多くの技術的抵抗で構成されています。

一方、全体像では、 この市場は2021年初頭以来、強い一次下降トレンドの中に定着しており、週次の抵抗は1.2719ドル、毎日のカジモドのサポートは1.2762ドルの抵抗を上限として強調しています。 興味深いことに、毎日の時間枠の相対力指数(RSI)は、50.00の中心線を超える受け入れを見つけようとしています:正の勢い。

現在の分析の結果、より高い時間枠の抵抗は1.2762ドルから1.2719ドルの間にあります。 より低い時間枠ではありますが、H4抵抗($ 1.2686-1.2614)への1.26ドルを超えるホイップソーが出現し、短期的な弱気の段階を助長する可能性があります。

BTC / USDテクニカル分析:

H1カジモドの抵抗-29,885ドルからの支持は木曜日の価格行動を受け入れ、多くの下振れの試みに耐えました。 $ 30,485-30,861は、$ 31,000の心理的障壁と同様に、注意のオーバーヘッドを保証します。 最終的には、現在のトレンドの方向性(2021年11月以降南向き)によれば、方向性は下向きに有利になります。 [primary bear trend])。

反発の勢いは維持できるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

反発の勢いは維持できるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

反発の勢いは維持できるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)


BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

ETH/USDT

反発の勢いは維持できるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)


ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

XRP/USDT

反発の勢いは維持できるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)


XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる