オプション取引方法

取引手法

取引手法
16:14

FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

FXトレーダーの取引手法を紹介! FXで資産を築いた投資家たちは、どのような相場観やルールで取引しているのか?

FXの取引で資産を築いたトレーダー、その人が買えば相場が下がり、売れば上がることから、予想や発言が注目を集めるトレーダーなど、FXの世界にはいろいろな投資家が存在する。どんなに凄腕のトレーダーでも、100戦100勝の取引をすることは不可能だが、 資産を増やしてきたトレーダーたちの相場観や取引手法を知ることは有益 だ。

【ザイFX!編集部が選んだ「おすすめの記事」はこちら!】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!の記事一覧

FXのスキャルピングのコツやメリットを「スキャルピングOK!」を掲げるJFX・小林芳彦社長に徹底取材! スキャルピングは兼業トレーダー向きの取引手法? 誰でも上達するって本当? スキャルピングについて気になるあれこれを、ズバリ聞いてみました!

デイトレードに活用できる「為替天気予報」とは? / 11月、12月のニュージーランドドルは大チャンス! / / 「年末のニュージーランドドル高」を狙ったグルトレ戦略 / 川崎ドルえもん流、グルトレ活用法とは? / マネーパートナーズの連続予約注文を使った「裏ワザ」 / 「年末のニュージーランドドル高」を狙う意外な通貨ペア / グルトレ…

2016年のスイスショックで呪いにかかった… / グルトレは大量のイフダン注文の集合体 / リピート系の弱点を補う「サポート」とは? / 大量のイフダン注文が自動で売買していく / 3分の2の確率で勝てるのが「グルトレ」の魅力 / グルトレなら難しい利益確定を機械的にやってくれる / 資金管理を怠ると、勝てるものも勝てなくなる…

「円VIX」が高まると米ドル/円が動きやすい / 「伸びるか/伸びないか」の判断基準に / 通貨VIXとチャート分析を合わせて判断精度を高める / スイングトレード主体に変えた理由 / IG証券の「ノックアウト・オプション」でエントリーした理由 / 窓開けやレートの乖離による想定外の損失を回避 / 「ポジションとは在庫である」 / …

10万部突破! FXベストセラー本の著者登場! / 大きなストップロスを狙ったトレード手法で儲ける / ストップロスをつけるか否かの見極めは? / 英ポンド売りに片寄った状態で上に大きなストップが見えた / ストップロスをつけると4分で35pipsの急騰 / 英ポンドが動く時間には明確な傾向がある / 「ボラティリティをトレードする」 / …

「5すくみ」の弱点を利用すれば裁量トレードがうまくなる!? / 売りの裁量トレードはポジション量を多めにする / 値動きで利益を狙うので、スワップポイントは気にしない / 「すくみ」の弱点は売買システムの増減でもカバーできる / 今後やっていきたいのはCFDや仮想通貨の「すくみ」!?…

資産を3分の1に減らしたあと、「すくみ」を編み出した / 仕掛け方が簡単な[ループイフダン]で「すくみ」を自動化 / システム名を見れば、リピートの内容がひと目でわかる / SSS氏直伝! 「5すくみ」の売買システムはこれだ! / 「5すくみ」の実質損益は2年目、3年目で年利10~15%!? / くそポジで囲まれた領土内で利益が積み上がっていく!?…

仲値通過後の売りトレードも有効だった! / YJFX!との共同研究が進行中! / 寄付きで大きく下落した株価は絶好の買いチャンス!? / たくさんのAIが会議!? 投資銘柄を選択 / 日経平均やNYダウの仮想通貨版が取引できるかも / 机上の理論で終わらせたくない! 鈴木教授の目指す道は?…

トラリピ設定を全公開するブログ収入は1000万超えの月も! / あのイケハヤのトラリピ設定にダメ出し! イケハヤに指南 / 「トラッキングトレード」など他のリピート系も稼働 / リーマン級の金融危機も「大歓迎」ってどういうこと? / 平和な相場にひそむ「落とし穴」とは?…

会社を辞めたい一心で、FXをスタート / トルコリラの全力買いで失敗。400万円の損切りに… / 「相場を予想しなくても勝てる投資」を選択 / レンジは過去15年の値幅で設定し、完全放置 / ユーロ/米ドルと英ポンド/円にはなぜ、手を出さないのか? 取引手法 / リーマンショックが起きてもロスカットされない資金で運用 / マイナススワップは気にし…

3日連続30億円ずつの損失を出したことも / 日銀が破綻しても日本は終わらない / 日銀破綻に備え、米ドルと仮想通貨を持つべき / FXならポジションを長く保有できるようなスタンスで…

日銀のバランスシートは世界最大のメタボ 取引手法 / 米国のダイエット方法はマネできない!? / 日経平均1万7700円割れがデッドライン!? / 景気が良くなっても債務超過!? / もはや政府に補填能力はなし / ハイパーインフレは究極の財政再建策!? / 新中央銀行の創設と新通貨発行でハイパーインフレ収束へ…

資産形成に有効な「コア・サテライト戦略」とは? / 「サテライト」では大きなリターンを狙う! / 世界の膨大な銘柄群を取引できるサテライト向け口座 / 「投資の神様」のポートフォリオを少額で完全コピー / 世界の会社情報を調べるのに最適な検索機能がある / 今が旬のネットフリックスやAmazonも簡単に取引できる! / FXで稼ぐなら「マ…

あの人がスマホのホーム画面に配置したFXアプリは? / 株価も国債もコモディティも監視できるIG証券のアプリ / イタリア政局混乱時にイタリア国債のトレードも可能! / SQ通過後に日経平均売りを狙えるパターンとは? / 羊飼いさんが意識する「時間のクセ」 / 市場のクセを探しやすいチャート / 為替市場では毎週、新しい相場が始まる…

印刷会社のM&Aの動向と事例15選、取引手法【最新版】

印刷会社 M&A 動向

印刷業 出荷額

印刷業の10年の歩みを「印刷統計」で見てみよう( JAGAT) をもとに作成

事業変革の方向性

  • 紙媒体の商業印刷やパッケージ印刷などのサービスをベースとしつつ、プロモーションやブランディングのための総合的なソリューションを提供
  • データの保管、加工、印刷物への落とし込み、印刷物製造、発送までをワンストップで請け負うDPS(データ・プリント・サービス)事業を展開
  • バックオフィスなどの業務プロセス全体を代行するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を展開
M&A市場の現状と動向 今後の展望も解説【2021年最新】

印刷会社のM&A動向

印刷会社同士のM&A

  • 得意分野の異なる同業者(とくにパッケージ系印刷や特殊印刷を強みとする会社)の取り込みによる業容拡大
  • 顧客層(元請印刷会社・一般企業・官公庁など)の異なる同業者との統合による売上向上、事業安定化
  • 生産拠点拡大
  • 第三者への事業承継(後継者の獲得、事業・取引の継続、雇用維持)
  • 大手印刷会社傘下での事業成長
  • 経営難に陥った事業の再生
  • 不採算部門の整理とコア事業への経営資源集中

印刷会社による異業種企業の買収

異業種企業による印刷会社の買収

M&Aとは?目的・手法・メリット・流れを解説【図解でわかる】

印刷会社のM&Aで用いられる取引手法

株式譲渡

株式譲渡

株式譲渡とは?メリット・手続き・契約・税金を税理士が解説

株式譲渡とは、売却会社の株主が持つ株式を、買収会社に譲渡し、会社を売買する方法です。 中小企業のM&Aの多くは株式譲渡によって行われています。 株式譲渡のメリット・デメリット、手続き、契約書、かかる税金・価値算定 […]

事業譲渡

事業譲渡

事業譲渡とは?メリット・手続き・流れ【図解で分かる】

資本・業務提携

資本提携と業務提携

出資側の持株比率は3分の1以下にとどめるのが通例です。
3分の1を超えると、出資側が単独で株主総会の特別決議を否決できます(会社法第309条第2項[3])。 取引手法
特別決議にかけられる事項には、定款変更や組織再編など、経営上の重要事項が含まれており、これを単独で否決できるとなると出資者の影響力が大きくなり過ぎる恐れがあります。

NYダウ先物6_トレード手法

▼動画の内容はこちら▼
・短期トレード
ポイント:分足や時間足を活用。日中に売買を行い、その日のうちに決済。売買判断に経済指標の発表やテクニカル分析を活用する。
メリット:リスクを保有時間だけに限定できる
デメリット:利益幅が小さいことが考えられることから売買を繰り返して積み上げる必要がある
・スイングトレード
ポイント:日足を活用する。数日から数週間で決済する。売買判断に経済指標の発表やテクニカル分析、ニュースを活用する。
メリット:値幅が大きくとれる可能性があり、売買回数を減らすことができる
デメリット:保有期間が長くなることから、指標の発表があるときなどは、価格の急変に注意が必要

このページをシェアする

関連リンク

11:59

11:14

11:23

14:23

22:11

22:52

22:21

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

14:14

16:55

20:37

16:54

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

15:02

5:00

5:00

5:00

16:38

17:25

16:54

16:14

21:40

16:25

18:29

15:46

19:07

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

5:00

(4)ヘッジ&テイク 取引手法 デリバティブ取引の先駆者たち(出演者:池水 雄一)【後編】

5:00

(3)ヘッジ&テイク 取引手法 デリバティブ取引の先駆者たち(出演者:池水 雄一)【前編】

5:00

(2)ヘッジ&テイク デリバティブ取引の先駆者たち(出演者:岸 博幸)【後編】

5:00

(1)ヘッジ&テイク デリバティブ取引の先駆者たち(出演者:岸 博幸)【前編】

14:53

16:51

15:00

13:45

11:59

12:34

21:59

13:33

13:15

13:18

18:12

17:12

9:49

8:47

21:19

18:25

12:07

21:16

24:27

28:59

1:03:47

1:取引手法 02:12

1:04:30

1:02:20

1:02:33

1:19:00

北浜投資塾ウェビナー 「守りのゴールド、輝くかプラチナ ~ウィズコロナ、脱炭素時代の貴金属マーケット展望~」

1:06:25

1:11:取引手法 34

1:33:00

OSE先物・オプションシミュレーター 年末セミナー2020 ~体験から学ぶ withコロナ時代の投資術~

1:33:30

1:27:42

1:31:55

1:33:01

第2回Weeklyオプション戦略 動かない相場で利益を出す アイアンコンドル戦略

1:33:12

1:30:11

1:30:55

8:34

10:43

1:27:取引手法 55

1:30:57

1:32:59

1:34:57

16:52

1:34:19

16:取引手法 06

1:42:17

11:24

1:31:取引手法 03

20:24

ゲーム感覚で取引の練習をしよう!

先物・オプション取引ってどうやって発注するの?取引を体験してみよう!
OSE先物・オプション シミュレーターは、先物・オプションの売買を体験するサイトです。

特に、キリ番(ダブルオー)手法では、基本的に「売買が交錯しやすいキリ番(ダブルオー)は、マーケットは簡単に巻き込まない(守る動きが強い)」と言う事を意識し行います。
ちょっと、何を言っているか分からない方も多いと思いますので、続いては先ほどのチャートで表示していた期間を短くして、短時間に注目したものを作ってみましたので、以下(ドル円4時間足チャート)をご覧ください。

ご覧になって頂ければ既にお分かりだと思いますが、赤いライン(キリ番)に対して反発するように値動きが起きていることが分かると思います。しかも、このチャートはマネーパートナーズさんのチャートから最新のものを無作為に抽出しただけで、別に私が作為的に選んで作ったものではないからFXって不思議で面白いですよね?
つまり、全てでは無いですが、キリ番(ダブルオー)の手前まで値動きが迫ってくると、『キリ番を嫌がるようにして値動きが反転しやすい傾向にある』ということに気づいて頂けるのでは無いでしょうか?
感の鋭い皆様は、もうお分かりだと思いますが、キリ番(ダブルオー)手法ではその『値動きの反転』を狙います!

キリ番の反転で取引

ここで余談ではありますが、キリ番(ダブルオー)手法では「値動きとは反対方向の取引(一般的に逆張りと呼ばれます)」を行うことになるため、取引は相場の反転ポイントとなり、取引が上手く行くと最大で100pips(円絡みの通貨の場合1円)程度の利益が望めます。
最大で100pips程度の利益が狙える理由としては、100pips動くと上下、別のダブルオーポイントへ向けての値動きになるため、そこまで値動きがおきると次の売買ポイント(キリ番)がやってくるためです。
上のチャートでは、赤色のライン辺りで反対方向への売買を行っておけば、キリ番(ダブルオー)手法が上手くいくケースが高い確率で発生していることが分かりますよね?
また、ここで少し覚えておいて欲しいのは、こうした上下の値に挟まれた動きが続く相場展開を『レンジ相場』と呼び、実は、相場全体の約90%がこうしたキリ番に挟まれた値動きになるため、キリ番でのトレードがどれほど重要になるかは言うまでもありませんよね?

キリ番(ダブルオー)手法を分析する

ここまで『キリ番(ダブルオー)手法が凄い精度で取引に役立つ可能性がある』と言うことにお気づきなって頂けたと思うのですが、ここまでの知識で実際にトレードを普通に行ってしまうと、実は、悲しいことに相場では大やけどをすることになります・・。
「えーー!!ここまで話聞いて損した!」と思われる方もきっと多いと思いますが、お許しください・・。その理由は先ほどのチャートに青い〇を加えたものをご覧になって頂ければ直ぐに分かって頂けるかと思います。 取引手法

上記をご覧になって頂ければ分かると思うのですが、確かにキリ番は意識されていることが分かるものの、実は、『かなりの頻度で突破されている!』ことも合わせてご理解できるかと思います。
つまりこれが何を示しているのか?と言うと「普通にやってしまうと大損・・」と言うことです・・。
しかし、こんなところで諦めてしまうのであれば、トレーダーとして失格です。「AがダメならばB。BがダメでもZまで!」と戦いを挑むのがトレーダーです。そこで、続いては分析に入ってみたいと思いますので、先ずは「キリ番の動きとしてどのようなものがあるか?」そのパターンをまとめてみたのでご覧ください。

キリ番(ダブルオー)手法を利用する3パターン

  • ダブルオーにタッチしないで綺麗に反発する
  • ダブルオーを少しだけ突破して反発する
  • ダブルオーを突破して大きく上昇(下降)する

こうして見て頂けると、意外なことにキリ番での値動きのパターンはたったの3種類しかなく、驚くことに、それだけで全てのキリ番付近での相場が説明できてしまいます(是非、皆様も今からマネーパートナーズさんのチャートを開いてご覧になってみてくださいw)。
そして、キリ番(ダブルオー)手法では、この3つのキリ番における値動きを意識して『2種類のポジションを保有する事』で、リスクを抑えながらも利益を追いかける事になります。
その2種類のポジションと言うのが『超短期ポジション』と『中期ポジション』を持つ方法(2つの目的を持った取引をする)となります。

キリ番(ダブルオー)手法の心得とは?

  • 基本はダブルオーにタッチしないで反発する相場狙い

キリ番(ダブルオー)手法では、大きく分けて3つのパターンを意識しながら「超短期ポジションと中期ポジション」を持つ事になるのですが、先ず「キリ番にタッチしないで綺麗に反発する」事を意識して、キリ番の手前で反転を狙った取引を2回行います(2つのポジションを持ちます。どちらも損失確定は『キリ番を抜けたら』です)。
この2つのポジションにはそれぞれ意味があり、時間軸や狙いが異なる2つのポジションになるのですが、詳しい狙いをお話すると1年くらい私のお話を聞いて頂くことになるため、『2回の取引をする!』と言う程度にお考え下さい。
次に、1つ目の取引は、キリ番に値動きが近寄ってきたところでバリアが発動して、値が一時的に戻った時点で超短期ポジションを利益確定させます(基本的に一瞬だけ反発するのでスピードが勝負になります)。
そして、残った中期ポジションは中期的な反転ポイントを狙って、綺麗に相場が反発してくれたら50~100pips前後で利益で確定させてキリ番手法は完成です。

先にご案内させて頂いた通り「キリ番での反発狙いは失敗することも多い」というのは言うまでも無いので、続いては、『キリ番で多少反発が有ったものの結果的にキリ番を抜けてしまった場合』についてご案内させて頂きます。
キリ番を相場が抜けてきたら、キリ番手法を意識して持った2つのポジションの内、『超短期ポジションと中期ポジションの両方』もしくは、短期ポジションは利益確定ができて『中期ポジションだけ負ける』と言うことが起こります。
実際には、多くの場合において『超短期ポジションは利益を確定できて、中期ポジションは損失になってしまう』と言うケースが頻発してしまいます。
つまりは、損益的に言うと短期取引で利益、中期取引で損失となり、全体的に『プラスマイナスゼロ』という風になるケースが多くみられるようになります。
そうなってくると、多くのトレーダーは「ダブルオーを少しだけ抜けてきて反発する(値動きが抜けてくることをカットしてと使うことが増えると思います)」事を意識した取引へ移行しようと考えガチですが、初心者トレーダーの方は、ここで絶対に焦らないでください!

キリ番(ダブルオー)手法を実際に狙う時の注意

最後に、キリ番(ダブルオー)手法を利用する際の注意点と、トレードの質を向上させる流れについて紹介してみたいと思います。
まず、トレード時の注意点については以下のドル円チャートをご覧ください。

上のチャートは、ダブルオーである『104.00』と『105.00』『106.00』を赤いラインで、それに意識されやすい『104.50』と『105.50』にピンクのラインを入れたものですが、この5つのラインに絡んだ動きを見てみると、大量にエントリーポイント(取引ポイント)がある事が分かります。
つまり、「キリ番(ダブルオー)だから!」と言って、理由も無く取引を積み重ねていると何度も何度もエントリーしていると、損切りばかりが増えてしまい、結果的に損切貧乏になってしまう可能性も否定できません。
そこで、次のステージとしては、『トレードにストーリーを持ち込む事によってキリ番(ダブルオー)手法の精度を大幅に上げる事ができる』ので、最後に以下のような例を紹介しておきたいと思います。

意識するのはニュース(ファンダメンタルズ)

「大統領が変わったから政治が乱れる可能性があるよ!」「もしかしたら戦争が起こるかも知れない」「自然災害が〇〇と言う国で起きている!」こんな、ビックリするようなニュースが流れた時には、キリ番(ダブルオー)手法のことは忘れてください。 取引手法
こうした突発的な話題が出た時には投資家はみんなパニック状態になるので、「そもそも、今いくらで売買が成立しているのか?」さえ一切見ないで売り買いを成立させてしまうことも珍しくありません。
また、激しい相場展開になると、キリ番付近でのバリアによる反発の大きさもビックリするほど大きくなり、一瞬にして超短期ポジションの利益が膨れ上がることがある一方で、キリ番を抜けてしまった際の中期ポジションの含み損が膨れ上がることも珍しくありません。
そうした激しい相場になった時には、是非、キリ番(ダブルオー)手法のことは全く忘れてしまって、「キリ番それおいしいの?」くらいに思って頂けたらと思います。

キリ番(取引手法 取引手法 ダブルオー)を狙う手法のまとめ

キリ番(ダブルオー)を狙う手法について、「初めて知ったよ!」と言うトレーダーの方も少なくなかったのでは無いでしょうか?またキリ番という言葉は知っていても『ダブルオー』って言うトレーダー用語はきっとご存知ない方がほとんどだったと思います。
今回はお話致しませんが、実は、『2』や『8』と言う数字もまたFXでは重要な数字となっており、キリ番(ダブルオー)手法と合わせて使うことで大きな利益を狙える方法があります。
『2』や『8』手法についてのお話は、もう皆様からの需要があって、もう少し皆様の為替に関する知識が貯まって来られた際でもお話できたら嬉しいです。
本日は、私の長いお話に最後までお付き合い頂けましたこと、心より感謝申し上げます。そして本日も皆様に素敵なトレードライフがやってきますように。

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

FXのスキャルピング手法とは?禁止の理由、利益の出しかた、おすすめ口座も紹介

黒川ヤスヒト

スキャルピングは短時間で取引完了するのが特徴ですが、もう1つ、 取引回数が多いことも特徴 です。1回の取引で得られる利益が少ない分、回数を増やしてより大きな利益にしていくのです。たとえばデイトレードで1日1回の取引により1万円の利益を得られたとしましょう。同じ利益を上げるのに、スキャルピングでは1,000円の利益が出る取引を10回行うことになります。もしかすると100円の利益を100回というケースもあるかもしれません。

・さまざまな取引手法
このように時間の長さに着目すると、FXにはデイトレードやスキャルピングなど、短時間で取引を完了する手法があります。もう少し長い時間の取引であれば「スイングトレード」という手法も存在します。これは1回の取引に、数日から数週間といった期間を使う手法です。より大きな値動きを狙った手法と言えるでしょう。

スキャルピング手法のメリット・デメリット

スキャルピング手法で勝つコツとは

・メリット
短時間に何度も取引を繰り返すこの手法には、有利なポイントがいくつかあります。1つは 少ない資金でも、取引回数を増やすことによって、効率良く利益を出せる ということです。

・デメリット
ただし取引の回数が増えることには、デメリットもあるので知っておきましょう。それは コストの問題 です。多くのオンラインFX業者では、取引手数料は無料になっています。しかしFX取引には「スプレッド」というコストが存在するのです。

ドル/円などのレートを見ると、「Bidが11万3.860円、Askが11万3.862円」などとなっています。この価格差0.002円が、取引する上でのコストとなります。小さな数字かもしれませんが、 取引回数が増えることで、その負担も積み重なります

スキャルピング手法で勝つコツとは

スキャルピング手法で勝つコツとは

・チャートを使ったテクニカル分析
スキャルピングによる売買で利益を出すには、 どのタイミングで取引すれば良いのか 、考えなくてはなりません。そんなときによく使われるのが、チャートを利用したテクニカル分析です。

テクニカル分析の基本として参考にしたいのは、まず 「移動平均線」 。一定期間の価格を平均した値をつないだ線です。移動平均の考え方は、新型コロナウイルス感染者数の分析で示されたこともあり、よく理解しているという方も多いでしょう。売買するタイミングの参考としては、長期移動平均線を短期移動平均線が下から上に抜けるときが、上昇を示唆しているといったものがあります。これは「ゴールデンクロス」と呼ばれるサインです。

もう1つよく使われているのが 「ボリンジャーバンド」 。これは統計学をもとにした考え方で、移動平均線と±1σ(シグマ)、±2σなどの線が表示されます。σは統計学の標準偏差のことで、+2σと-2σの間に価格が収まる確率は、統計学上95.45%です。

・スキャルピングのコツ
短時間に素早い判断が求められるのが、スキャルピング。売買を実行するか迷っている間に、価格はどんどん変化していきます。そこで 価格がどうなったら利益確定するのか、あるいは損切を実行するのか、あらかじめ決めておく のが良いでしょう。

スキャルピング手法はできる証券会社が限られる!おすすめ口座

スキャルピング手法はできる証券会社が限られる!おすすめ口座

・短時間で多くの注文を出すのがNGという業者も
FX業者によっては、 短い時間に繰り返し多くの注文を出す行為が禁止されている ことがあります。スキャルピングをしようとすると、こうした決まりに抵触してしまう可能性があるのです。場合によっては口座を凍結され、そこでの取引ができなくなってしまうということもあるようです。

・スキャルピングOKのFX業者は?
スキャルピングが可能かどうかについて、サイト内で確認できるFX業者 もあるので、いくつか紹介しておきましょう。

引用: Q.スキャルピングはできますか? A.スキャルピングは可能です。 パソコン、スマートフォン等、各アプリにスキャルピングに特化した「クイック注文」をご用意しております。

よくある質問 詳細 -スキャルピングはできますか? | ヒロセ通商株式会社

スキャルピング手法は危険?注意点を解説

スキャルピング手法は危険?注意点を解説

スキャルピングによる取引では、高速で安定した 通信環境がない と危ない思いをする可能性があります。短時間で利益を上げようとするときには、注文が思い通りのタイミングで約定しなければなりません。電波の状態が悪くて注文できないということがあれば、チャンスを逃してしまうでしょう。ポジションをすでに持っている場合、損失を拡大させる要因にもなり得ます。早く損切りしたいのに、その注文が通らない危険があるのです。

利用している インターネットプロバイダーや、FX業者のサーバー の状態も重要です。多くの人がインターネットにアクセスしたり、FX取引の参加者が増えたりするような時間帯に、サーバーの反応が悪くなることはないでしょうか。タイミングがずれない、確実な取引が必要なため、チェックしておきたいところです。スムーズなスキャルピング取引ができる環境を整えておきましょう。こうしたことが利益や損失の大きさに、直接影響を与えることになります。

FX取引ではさまざまな手法が使われます。楽天証券楽天FXでおすすめの取引手法は、スワップポイントと呼ばれる金利収入を狙った長期的な取引。楽天FXは、高金利通貨でのスワップが、業界のなかで高水準なのが特徴です。また見やすいツールを使った短期取引も可能。自分にあったスタイルでFX取引ができます。

このテーマに関する気になるポイント!

証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。
現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。 関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる