取引プラットフォーム

株を底値で買う方法

株を底値で買う方法
左からAさん(36歳)、Bさん(35歳)、Cさん(36歳)。3名とも都内の企業に勤める会社員

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products 株を底値で買う方法 or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is 株を底値で買う方法 obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is 株を底値で買う方法 for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation 株を底値で買う方法 of an offer to buy securities by Nomura Asset Management 株を底値で買う方法 Co., Ltd. to any person 株を底値で買う方法 in Japan.

Furthermore, the information 株を底値で買う方法 on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance 株を底値で買う方法 shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United 株を底値で買う方法 Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents 株を底値で買う方法 of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer 株を底値で買う方法 investment in these funds to residents of the United States.

株を底値で買う方法

2020年のコロナ禍での暴落時は17,000円のポイントを設定して待ち構えて買いました。
買いのポイントは2~3段階に分散します。一番底値のポイントはそこまで下がるはずがないと思うくらい低いポイントにしておきます。一番底の買いポイントは10,000円割れで設定していました。(大暴落時は実際そこまで下がらなかったとしても底打ち反転が確認できれば買っていきます)
2~3段階に設定した買いポイントでの購入金額も事前に決めておきます。株の場合は100株単位になり事前に設定した金額通りに買うのは難しいので資金を均等に3分割を目安といった決め方をします。
下落するほど買いの効果は高いです。10,000円まで下がれば20,000円の時の2倍の株が買えます。そうした事も想定して投入金額を決めておきます。

事前に決めたポイントは絶対に守る

コロナ禍での日経平均株価

チャートや値動きから底を当てようとしないことが最大のコツです。
僕が買い始めたのは17,000円を割った3月18日からです。結果的にすごくうまくいきましたが、事前に決めた買いポイントがたまたま当たっただけのまぐれです。ここが大底だと確信があったわけではありません。
買いポイントが大底からずれていたとしても気にする必要はありません。
買いが早すぎて20,000円から買ったとしてもその後の上昇相場で利益が出ていますし、2番目3番目の買いポイントで大底を買うチャンスが残っています。設定したポイントが深すぎて買えなかったとしてもその後の株価の動きで底打ちを確認できた4月や5月から購入してもしっかり利益が出せました。
大底をピンポイントで買えなくても、だいたい底値圏で買えれば十分な利益が出せることを知っていれば、あわてることなく計画通り動けると思います。
無計画な行動をとらないために事前に決めた行動通りに動くことが大事だと思います。

買えなくても気にしない。買いの準備は守りでもある

暴落にそなえて買いの準備をしていたとして、結果うまく買うことができなくても失敗ではありません。暴落は何度も来ます。チャンスは何度もやってきます。原因を見直して次に活かせばよいだけです。
暴落時の買いの準備をするということは、保有株についても考えることになります。買いポイントを設定した株価になった時に持ち株は含み損になりそうなのか?
損失が大きくなりそうな銘柄は事前に売っておくのか、売るとしたらどのポイントなのか。考えないわけにはいきません。
つまり暴落時の買いの行動を決めておくことは同時に計画的な危機回避につながり、狼狽売りを防ぐことができます。
底値での狼狽売りは株式投資で最大級の失敗と言えると思います。それが防げることも大きなメリットでもありますね。

【見分け方も解説】仕手株とは?事例もご紹介

仕手株とは

フルッタフルッタ

6月1日終値:160円 発行株式数約4,549,629株(2020年3月期決算短信より) 時価総額約7億

フルッタフルッタの6月1日の終値は160円で、発行済み株式数は約454万株、時価総額は約7億円と「株価が低い」「発行株式が少ない」といった仕手株になりやすい要素が含まれていることが分かると思います。

本当に仕手株だったかどうかは分かりませんが、その可能性が高かったと言えるでしょう。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

「この銘柄はなぜ上がっているんだろう?」「こんなに上がるものなのか?」など少しでも疑問を感じた際には、自身でその企業を詳しく調べてから、 自分の意思で投資を行う ことが大切です。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 株を底値で買う方法 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

コメントを残す コメントをキャンセル

ブリッジレポートとは

【無料アナリストレポート】ブリッジレポートとは?効率的にIR情報を集めよう!

2020年の注目銘柄

2020年もっとも注目された銘柄は?ブリッジレポートランキングを大公開!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

Podcast更新情報

法人クレカのおすすめは?

ETCカードおすすめランキング

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

経験者が語る あの「ビットコインバブル」

左からAさん(36歳)、Bさん(35歳)、Cさん(36歳)。3名とも都内の企業に勤める会社員

ビットコインではなく、他のコインにも投資

――当時、どんな暗号資産に投資していましたか?

Aさん: ビットコインの価格が8万円くらいだったときに、およそ250万円分のビットコインを購入しました。その後、アルトコインと呼ばれるリップル、イーサリウムやその他のマイナーな草コインにも投資していましたね。投資額は全部で700〜800万円くらいだったと思います。

Bさん: 私は2017年12月ごろに暗号資産への投資をはじめました。価格がだいぶ上がってしまっていたビットコインには手を出さず、リップルに500万円くらい投資しました。その他にはトロンなど。ロシアの取引所にも登録して、そこでしか扱っていないような怪しげなコインも買っていました。すべて合わせたら700万円くらい。

Aさん: ビットコインが100万円を越えたくらいのころだよね。

Bさん: リップルなんて最初に投資したときは80円だった。250万円分くらい買ったら、価格が一気に上がったので、もう250万円くらい追加したんですよ。取得単価の平均は100円〜120円くらい。それが300円くらいまで上がって「おーっ」となっていたら…。まぁ…。いまに至る…。

Cさん: 僕も2017年の12月の頭くらい。その時にネムとイーサリアムを買いました。バイナンス(※海外の暗号資産取引所。世界有数の規模を誇る)で扱っているコインのアルファベットの語呂を見て「これ上がりそうだな」と10銘柄くらいを10万円ずつ買って、一発を狙いにいきました。あと2018年の年明けにイーサリアムの価格が安定していたので、さらに技術的な部分も一応調べて、そこに500万円くらい入れました。合計の投資額は1000万円くらいですかね。

Aさん・Bさん: フルスイングしてるなぁ(笑)

暴落後、資産価値はどれくらいに?

――みなさん、暴落後はそのまま塩漬け状態だそうですが、価値はどれくらいになったんですか?

Aさん: ネム、リップル、草コインは放置。全体で当初の投資額の10分の1くらいになったと思います。

Bさん: なんか、空気がどんよりしてきた…。私は500万円分あったリップルが、いまは150万円分くらいになっていると思います。他のコインに投資した100万円くらいは、まあなくっているんじゃないかな…。もはや、取引所のIDとパスワードですら覚えていない。

Cさん: IDとパスワード忘れるのはやばいよ。

Bさん: ほらスマホを変えると、認証が必要で、取引所に問い合わせをしなければいけないんだけど、それすらもめんどくさくてやっていない。もう思い出したくない…。

Cさん: 僕は当初の投資額の3分の1くらいになっていますかね。イーサリアムは5年とか10年保有してもいいかなと思っています。技術面や基軸通貨で使われていたりするので、それなりに実用化に向けた何かがあるんじゃないかと。

寝ても覚めてもスマホを見ていたあの頃

――壮絶な下落を経験されているんですね…。つらいかもしれませんが、2017年末から2018年はじめのあの頃を思い出していただけますか?

Cさん: 正直、売りどきがわからなくなっていました。当時の暗号資産はすぐに何倍にもなった。自分で、「損切り」も利益を確定させるポイントも決めていなかったので。

Aさん: 当時ってやっぱり、寝ても覚めてもスマホの画面を見ていたんですよ。起きて最初にみるのも、暗号資産の価格なんです。寝ている間に1.5倍とか2倍とかになったり、目が覚めたら100万円プラスになっていたりということがあったので、ずっと見ちゃう。当時を振り返れば、元本だけでも抜ければよかったと思いますね。残りは寝かせておけばいいんだから。

Bさん: でも、あの上がり方を見ていたら抜けないよね…。

Aさん: 僕、堅実派だから、僕ひとりだったら抜くんですけど、まわりがみんな投資していて、儲かっていたから、自分だけ損しちゃうかなと思って抜けなかった。

Bさん: それ堅実派とは言わないから(笑)

Cさん: 振り返れば、損を出さずに済んだポイントがいくつもありました。損する人がいて儲かる人がいるわけだから、どこかで何か(暴落)が起こるぞみたいな予感はあった。

Aさん: そんな話はしていたね。そもそもバブルのときって、僕もこの二人に情報操作されていた。二人は強気なんですよ。「大丈夫、大丈夫」って(笑)。

Cさん: お前結構心配してたよな。

Aさん: バブルがはじける1週間くらい前に、急激に落ちて急激に上がった時があったよね。僕はその時に一回売っているんです。でも二人は「大丈夫」って売らなかった。せっかく元本割れしないように売ったのに、その数時間後にまた上がってるじゃないですか。僕は震えながらお風呂場でスマホの画面を見てました。その後、もう一回買い直して、そのまま持ち続けたんですけど、今度は下落が止まらず…。この3人のなかでは一番損していると思います。

みんなが儲かることはない

――みなさんがある種の熱狂の中にいたんだと思います。結構な額をつぎ込んでいる印象があります。

Aさん: 最初は自分のなかで無くなってもいい額を投資していたんです。自分の資産の1割未満とか。それを突っ込んだときに3日間とか4日間で2倍になったら、もうちょっとお金を入れたくなりますよね。

Bさん: そういうことだよね。あとは、儲けたい額からの逆算ですよね。たぶんその時は5億円くらいほしかったんでしょうね(笑)。5億あったら引退できそうだし。

Cさん: 多分、今までにはない金額が見えてしまったんだと思います。この上がり方でいったらどこまでいくの?あっという間に億万長者になれるかも!という感じで。

Aさん: 株を底値で買う方法 バブルの前半、ビットコイン価格が高騰した1カ月で運用を終わらせたら儲かったはずなんです。でも、周りがみんな儲かると言っているときに、自分だけ全部売ってしまうのは難しい。

――改めて、当時を振り返って学んだことはありますか?

Cさん: 全員が儲かることはない、ということを改めて学びました。ほかの人と違う視点をいかにもつか。あとは、自分が何のために買っているかを考え、いくらで損切りするかといったルールを設けているか。改めて投資をするのに大切なことを教えられました。

Bさん: 何かしらの優位性がないと厳しいなと思いました。早く暗号資産投資を始めたひとは、早く始めたこと自体が優位性だと思います。安いときに買ったとか。それがないとただのギャンブルになってしまう。

Aさん: 人生に一度あるかないかのチャンスだったと思うんです。なので、やるかやらないかで言ったらやってよかったかなと。

Bさん: すごく前向きだな!

Aさん: だって、あの高揚感はすごかったよ、やっぱり。

宝くじを買う感覚で

――ちなみに、これから暗号資産投資を始める人にアドバイスはありますか?

Aさん: 自分の資産のうちでできる範囲内なら良いと思います。それと、どんな投資も元本だけは回収しようということですかね。元本を回収できれば、余裕が生まれる気がしますし。運用って、結局余裕がある人が勝つのかなと思っていて。

Bさん: 宝くじ買う感覚でやったほうが良いかもしれないですね。宝くじに500万円突っ込むかといったら突っ込まないですよね。何も見通しが立たないじゃないですか。上がるのか、下がるのかわからない。

Cさん: 宝くじよりはわかるんじゃない?

Bさん: 倍率の話ね。感覚的には上がるか下がるかは半々でどっちにもいく可能性があるので、暗号資産に関しては宝くじに近い感じがしている。いまから買うのなら、資産の多くを注ぎ込むようなフルスイングはおすすめしません。

Cさん: あとその仮想通貨がどのような目的で作られているのかを理解し、投資の価値があると思って買うべき。それでダメでも納得がいくと思うんです。自分なりの知識や確信をもって投資するのが大切だなと感じています。

Bさん: お金持ちになりたいと意志をもって行動し続けるのはすごく大事。だけど、すぐに成功できるとかはないなと思っていて、この投資だったら投資の道で勝つにはそれなりの経験と努力が必要だなと思っています。

株を買ったら株価が下がり、売ったら上がる状況 なぜそうなるか、解決策はあるか探る

ベストに近い投資判断を探る

オフィスアセットポート 代表 山梨県生まれ。電器メーカーに入社後本社および米国・シンガポール・マレーシア等の事業所に勤務。在職中は財務経理を中心に総務人事・経営戦略・内部監査等の職種を経験したほか、同社の子会社監査役を務め2011年退任、2012年4月より独立系FPとして事業活動を開始。専門分野においては、特に団塊世代の年金・医療保険・税金等のリタイアメントプランや旅行とお金のプラン、住宅ローンや保険の見直し、株式・投資信託等の資産運用など。 <保有資格>:CFP®認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士、総合旅行業務取扱管理者、登録ロングステイアドバイザー(ロングステイ財団)、他 【寄稿者にメッセージを送る】

小林 仁志の著書

  • 余った食材をムダにしないレシピ、満腹感のあるレシピで食費節約につなげよう
  • 6月はファミマが熱い! アプリへのポイントカード新規登録で5倍・FamiPayへの新規チャージ&買い物で5倍・1個買うと1個もらえる
  • 6月は3つの「ビッグマックキャンペーン」 セット550円(6/14まで)・くじ付きパッケージ・Twitterフォロー&リツイート

今参加できるセミナー

寄稿者の著書一覧 株を底値で買う方法 FPってなに? すまアレ 節約の達人 ふるさと納税の達人

スマートニュースグノシー ITmediaビジネスオンライン

© 2022 マネーの達人 All Rights Reserved. 無断転載を禁止します。
当サイトの提供する情報はその内容の真偽、正確性、安全性及び元本や利益を保証するものではありません。
記事に記載されている情報の実施はご自身の判断と責任において行ってください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる