オプション 取引ルール

バイナリーオプションの仕組みとは

バイナリーオプションの仕組みとは
バイナリーオプションは仕組みを理解すれば利益を出せるようになります。単純にギャンブルとして捉えているようであれば、利益を出すことはほぼ難しいと言ってよいでしょう。それでも運の良い人なら、バイナリーオプションギャンブル的に扱っても利益が出る可能性も十分に考えられます。

バイナリーオプションって何?投資未経験のド素人が基本と仕組みについてまとめてみた

Twitterやってると『バイナリーオプション』アカウントがウザい!そもそもバイナリーオプションって何?

Twitterを利用されている方々ならば一度は経験があるかとは思いますが、ある日突然 『バイナリー垢』 なるアカウントからフォローが来たりします。

そんなウザいバイナリーこと正式名称 バイナリーオプション のアカウントですが、コイツら一体何者なのでしょうか?

一挙解明する前に、まずは敵を知るには敵を知れ。 バイナリーオプションって何ぞや? という至って初歩的な事を簡単に勉強をしてみた訳でございます。そうしているうちに、バイナリーオプションの知られざる仕組みについても学ぶ事が出来ました。

今回は、バイナリーオプションについてとその仕組みについて、 未経験のド素人男 が勉強した事をまとめて暴いてみようと思います。

バイナリーオプションとは現時点より円安になるか円高になるかを予想するもの

丁半博打イメージ

バイナリーオプションとは 投資 の一種で、外国為替取引に分類されます。

それだけを聞くと、 「何だかFXみたいで難しそう」 と思われるかもしれません。しかし、 ルール的には至ってシンプル です。

一言で言ってしまえば、トランプの 『ハイ・アンド・ロー』 と全く一緒です。ハイ・アンド・ローとは、場に1枚表面にしたトランプがあり、 次にめくるトランプが場に出ているトランプの数字よりも大きいか小さいかを当てる という、非常にわかりやすいゲームです。

トランプの数字を為替の変動に変えたものがバイナリーオプション です。

時代劇での一コマで見られる丁半博打と同じようなものです。あれもサイコロ2つの目の合計が (偶数)か (奇数)かを当てるゲームです。

バイナリーオプションの知られざる仕組み

ここまでの話を聞く限りだと、 「無知の状態でやっても勝率50%で、上手くやれば勝てるんじゃね?」 と思われるかもしれません。

ところがどっこい! そう上手くいかないのがバイナリーオプションの仕組みであり、世の中の構図でもあるのですよダンナ~。

やればやるほど勝率は50%に近付く

どんなに勝率50%より上に持っていける自信があっても、それを長期的に続ければ続けるほど勝率は50%に限りなく近付くものです。これは確率論で 「大数の法則」 という名で定義付けられています。

大数の法則とは、 ある試行を何度も繰り返し行なうと、試行を行なった結果の平均が理論値に近付くというもの です。

数分後の為替相場が現在の相場よりも大きいか小さいかを当てるバイナリーオプションは言うまでもなく 計算上当たる確率は1/2 です。これを何回も何回も繰り返していくと、勝ちと負けの回数が半々に近付いていきます。

買った場合の仕組み

バイナリーオプションで買ったら、当然掛け金の2倍が手元に入ると思っていたら 大間違い です。

勝った場合は戻ってくる金額に ペイアウト率 というものがかけられます。ペイアウト率とは手数料みたいなもので、取引業者によって設定が異なりますが、大抵 戻ってくる金額の1~2割ほど が持っていかれます。

負けた場合の仕組み

バイナリーオプションで負けた場合は、 投資した金額全てが没収 となります。

ペイアウトという言葉自体が 「利益の戻り」 という意味です。負けは損失です。その時点でペイアウトから外れています。

必然的に勝率50%では損をする

頭抱えるイメージ

  • 10回の場合
    • 10,000円 × 1.9倍 × 5回(勝ち数) = 95,000円
    • 95,000円 - 100,000円(総投資金額) = バイナリーオプションの仕組みとは ▲5,000円
    • 10,000円 × 1.9倍 × 10回(勝ち数) = 190,000円
    • 190,000円 - 200,000円(総投資金額) = ▲10,000円

    このように、ペイアウト率が計上される事により勝率50%の場合は 実質マイナス となります。さらに、回数を重ねるごとに 比例して損失が大きく なります。

    ちなみに 確実にプラスにするためには勝率60%以上必要 となります。しかし、ランダムで上か下かを予想し続けていれば大数の法則により、勝率は50%に限りなく近付きます。

    このようにして見ると、 バイナリーオプションは必然的に負ける率が高くなるような仕組み バイナリーオプションの仕組みとは となっているのです。

    為替相場の知識が豊富な人ほどバイナリーオプションではなくFXを行なう傾向がある

    レートチャートイメージ

    それだったら 為替の知識 をつけてバイナリーオプションに臨めば勝率が上がるんじゃないの?という疑問が生まれてくる事でしょう。

    しかし、バイナリーオプションは5分後や10分後といった 短時間の勝負 。 短時間で為替レートを見極めるのは為替のプロでも至難の業 と言えます。

    同じ為替で取引をする FX はバイナリーオプションのように単純ではない分、 バイナリーオプションの仕組みとは 様々な戦略があり、柔軟性があります。 さらには、バイナリーオプションでは負けは完全にゼロですが、 FXの場合は負けたとしても戦略次第で損失を最小限に抑える事が出来ます。

    そのため、 為替の動きを読み取る事が出来る人間はFXの方が勝ちやすい と言われています。

    この事から、バイナリーオプションは玄人でも非常に難しく、為替の知識を身につけたからと言って勝率が上がるとは言い切れません。むしろ 為替のプロでもバイナリーオプションで勝率50%を維持するのは難しい とされています。

    バイナリーオプションはわかりやすいルールだからといって簡単に手を出すべからず

    バイナリーオプションはルールが単純明快で、投資の入門としてよさそうに思えます。しかし、 ルールがシンプルが故に勝ち続けるのは難しいものである と思った方が良いでしょう。戦略よりも運の要素が強い、投資というよりもギャンブルに近い性格を持っています。

    また、ルールが単純明快で一攫千金を狙えるイメージがあるからか、先の Twitter のバイナリー垢のような、 怪しげな連中 が蠢いています。「わかりやすい上に稼ぎ易い」を謳い文句に手招きをしてきます。そんなヤツらに決して引っかからないようにして下さい!!

    バイナリーオプションとは?仕組みやメリット・注意点、遊べるオンラインカジノも紹介

    引用:ボンズカジノ公式サイト

    「バイナリーオプション」という言葉に、聞き覚えがある人は多いのではないでしょうか。
    これは簡単にいえば、為替の動きを予想して賭けるFXの一種です。
    たとえば1分後に円が安くなるのか、それとも高くなるのかを二者択一で予想して、当たれば利益を確保できます。

    今回は、バイナリーオプションの仕組みやメリット・注意点を詳しく解説します。
    また、オンラインカジノの「ボンズカジノ」なら、ゲームの一環としてバイナリーオプションへのチャレンジが可能です。
    ボンズカジノを利用したバイナリーオプションの遊び方も紹介するので、ぜひ注目してみてくださいね。

    バイナリーオプションとは

    バイナリーオプションとは、バイナリー(二者択一)とオプション(選択権)をかけ合わせた言葉です。
    通貨ペアの為替レートが一定時間後に、指定したレートを上回るのか、それとも下回るのかを予測する取引のことをバイナリーオプションといいます。

    バイナリーオプションの仕組み

    通貨ペアというのは、日本円とアメリカドルのように、2つの種類の通貨の組み合わせのことです。
    ニュースなどで「円相場」といった言葉がよく使われますよね。
    1ドルを買うために必要な日本円の金額は常に変動していて、高くなることがあれば、安くなることもあるわけです。

    バイナリーオプションでは、この動きを予想して投資します。
    たとえばドルと円の相場が110.500だった場合、一定の時間が過ぎたあとに110.499以下になるのか、それとも110.501以上になるのかを予想するという流れです。

    バイナリーオプションの結果がわかるまでの判定時間

    バイナリーオプションの結果がわかるまでの期間のことを「判定時間」といいます。
    判定時間は30秒程度から1分、3分、5分と細かく刻まれていて、好きな時間を選ぶことが可能です。
    ただし、取引ができる時間は金融庁によって2時間以上と決められており、それ以下の時間には、指定できません。

    もし「110.500が2時間後に110.500以上になる」と予想した場合、開始から1時間後に110.501以上になっていれば、利益が出ます。
    たとえ取引開始から数分後に110.300まで落ちたとしても、判定時間は2時間後なので、1時間後まで、110.501以上になれば勝てるのです。

    バイナリーオプションのメリット

    バイナリーオプションのメリットとして紹介できるのは、以下の5点です。

    ルールがシンプルでわかりやすい

    バイナリーオプションは、その言葉の成り立ちからもわかるように「二者択一」の投資です。
    今の価格を基準にして、一定時間が経過したあとに高くなっているか、それとも安くなっているかを予想するだけで構いません。
    運試しのような感覚で参加しても、利益を生み出せる可能性は、十分にあるでしょう。

    株式投資やFXの場合は、投資に関する専門知識がより深く求められます。
    バイナリーオプションも投資に詳しい人のほうが有利なことはたしかですか、以下のような為替相場が変動しやすいタイミングさえ覚えていれば、上級者さながらの取引ができるはずです。

    【為替相場が変動しやすいタイミング】

    これらのタイミングは、短時間為替が大きく変動するため、バイナリーオプションでも利益を出しやすいタイミングです。
    しかし、経済状況が予想とは違った方向に動いた場合は、大きな損失が生まれる可能性もあるため、注意しましょう。

    予算が少なくても投資できる

    バイナリーオプションで使える金額は、証券会社によって異なりますが、1回あたり数百円~1,000円前後という低額に抑えやすいこともメリットです。
    ちょっとした遊びのような感覚で投資できるため、一般的な投資のように、身構える必要がありません。

    たとえば株式投資の場合、1株1,500円の株式を買いたいと思った場合、最低でも100株分の15万円+手数料を用意する必要があります。
    まとまったお金を捻出しなくてもはじめられることは、初心者にとって大きなメリットですね。

    数時間で多額の利益が得られる場合がある

    バイナリーオプションは、現在価格と目標価格の差が大きければ大きいほど、ペイアウト倍率が高くなります。
    高額なペイアウト倍率で取引をおこない、予想したとおりの結果が出れば、わずか数時間で多額の利益を得られる場合があるのです。

    スマホからでも取引ができる

    バイナリーオプションは、インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも取引ができる投資です。
    パソコンからだけでなく、証券会社によってはスマホからでも取引ができます。
    仕事の都合などで在宅できる時間が少ないという人でも、楽しみやすい取引といえるでしょう。

    FXや株のような巨額の損失が出にくい

    FXや株式取引の場合、取引の内容次第では、追加で入金を求められる場合があります。
    たとえば株式投資の場合、1,000円で買った株が500円に下がる可能性がありますし、会社が倒産すると価値がほぼゼロになる恐れもあり、予想外の損失を出すリスクと向き合わなければなりません。

    一方でバイナリーオプションの場合は、投資した金額以上の損失が出ることはありません。
    仮に予想が外れたとしても、その場で賭けた金額を失うだけで済むのです。
    そのため、バイナリーオプションは、リスクマネジメントをしやすい取引といえます。

    【猿でもわかる!】バイナリーオプション取引の仕組みを徹底解説

    海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

    バイナリーオプション取引の仕組み(メインコンテンツ)

    バイナリーオプション取引の仕組みは、恐ろしいほどにシンプルかつ明快で、奥が深いものではありますが入口はとても広いという印象です。

    1.取引を行う通貨のペアを選ぶ(日本円と米国ドルなど)
    2.それぞれの為替相場を表すチャートと呼ばれる画面を見る
    3.指定した時間が経過した後のチャートが現在より上がっているか下がっているかを予想し、エントリー(投資)する
    4.予想した結果が当たっていれば、投資したお金が規定のペイアウト率で増えて返ってくる
    5.1に戻る

    レートの上下を予想する二者択一の投資

    しかしバイナリーオプションはこの部分が他の投資とは明らかに異なります。 つまり事前知識がなくとも、上がるか下がるかの二択ですから、とりあえずはトライする、という土俵への上がり方ができてしまうわけです。 ここを考えるなら、バイナリーオプションは最もハードルの低い投資の一つと言えるのではないでしょうか。

    取引所の口座開設が必要

    タイミングを見て自分でお金を自分の口座に戻すという手続きが必要になることは覚えておきましょう。

    バイナリーオプションをするにはお金のやり取りが発生するわけですが、自分の銀行口座を使って直接お金の出し入れをすることが物理的・システム的に煩雑となり、 自分の銀行預金口座を取引に直接使うのは、かなりコストが悪い行動となってしまうのです。 そのため、取引所に口座を開設する必要があるというわけです。

    デモ取引で練習できる

    バイナリーオプションは、デモ取引という機能を有しています。いわゆるお試し取引ですね。

    デモ取引はバイナリーオプション業者各社がこぞって提供しており、実際に使ってみることができます。

    取引通貨の種類が多い

    ほとんどの会社が提供している通貨ペアは、アメリカドル円とユーロ円、ユーロドルの3つの通貨ペアです。さらに、多くの会社が、ポンド円の通貨ペアも提供しています。

    ミニマム1万円〜投資できる

    しかし、バイナリーオプションは驚くなかれ、ミニマムでなんと1万円単位から投資をすることができます。 というのも、バイナリーオプションを始めるのに必要な初期費用は業者によって異なるのですが、一回あたりのエントリーつまり投資取引は、1000円など少ない金額で実行することが可能な業者もあります。

    ただ、最低入金額が低く設定されている業者を選んだ場合でも、最低取引額が1,000円からなど高めに設定されている場合は、短時間で資金が底をついてしまう可能性がないとは言い切れません。

    スマホOK!ハイローオーストラリアの口座開設の方法【登録手順・必要書類・審査時間まで詳しく解説】 「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」の口座開設は、スマホで5分もあれば完了します。 本記事では、口座開設に必要な書.

    取引方法や取引時間を選べる

    取引時間や取引方法を多彩な選択肢の中から選べるのもバイナリーオプション取引の醍醐味と言えるでしょう。24時間ほとんどの時間帯で、バイナリーオプション取引が可能となっています。

    スマホでも手軽に取引できる

    投資取引となると、モニターを何台も並べたような部屋の中で一日中張り付いてチャートを見ていなければならないというイメージがあるのではないでしょうか。バイナリーオプションはなんとスマホからでも手軽に取引できてしまいます。それほどまでにバイナリーオプション取引はシンプルかつ簡単な取引が可能となっており、隙間時間でも取引が可能なため、多くのトレーダーから人気を得ています。また、バイナリーオプションは取引の結果が最短で30秒後には判明しますので、どの公営ギャンブルよりも早く結果が出るという比較も可能です。また投資取引という部分で考えてもここまで素早く結果が見られるという取引は他に例を見ません。

    便利なサポートツールもある

    バイナリーオプション業者(取引所)の仕組み

    バイナリーオプション業者がしてくれることは、口座の開設と維持、入出金管理などお金に関すること、そして取引ができる環境の提供です。取引可能な銘柄や、ツールの使いやすさなどは業者によって異なるため、業者選びをする際には初回入金額や裁定取引額以外のポイントも、しっかり確認した上で最適な業者を選ぶようにすると良いでしょう。

    デメリット

    デメリットとしては万が一のトラブル発生時に日本の金融庁や消費生活センターなどの、いわゆる日本の公的機関からの支援が一切受けられないというポイントです。 一部の海外業者はお金が引き出せないなどの様々なトラブル報告もあり、ハイローオーストラリアなどをはじめとする諸外国の厳格な金融取引基準をきちんと遵守している業者以外は、あまり信頼度が高くないという特徴があります。

    仕組みを理解すれば利益を出せるようになるのか?

    バイナリーオプションは仕組みを理解すれば利益を出せるようになります。単純にギャンブルとして捉えているようであれば、利益を出すことはほぼ難しいと言ってよいでしょう。それでも運の良い人なら、バイナリーオプションギャンブル的に扱っても利益が出る可能性も十分に考えられます。

    ここでは、バイナリーオプションの仕組みなどに関する様々なご質問を頂いていますが、その中でも特によくいただく代表的なものを2つご紹介しておきます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる