仮想 通貨

FXをアンドロイドで

FXをアンドロイドで
Google連携で会員登録

Android(アンドロイド)で海外FX取引!XMでのMT4アプリの使い方

2.売買したい通貨量(lot)を指定します。この通貨量の単位はlotで1lot = 10万通貨です。
3.左が売値(bid)、右が買値(ask)です。
4.OCO注文
と呼ばれるものです。今回の注文で通貨(ポジション)を持ったあと、どの価格で手仕舞い(決済)したいかを入力します。左には不利な(損切り)価格、右には利益を確定する価格を入金します。
5.以上を入力し、sellもしくはbuyを押すと売りもしくは買いの注文が送信されます。
成行注文の場合はすぐにポジションを持つことになるでしょう。

・Limit/stop注文方法

1.約定させたい価格を入力します。
limit 注文はbuyやsellにたいして有利な価格を入力、
stop 注文はbuyやsellにたいして不利な価格を入力できます。

2.注文の有効期限を決めます。
GTCは「Good Till Cancel」の略で、取引が成立するまで無期限で有効な注文です。
ここを押すと注文の有効期限を設定できます。

ポジション決済方法(閉じる方法)

1.決済するロット数(通貨量)を指定します。
ここを入力することで部分決済することができます。
例えば選んだポジションが1lotでここに0.3と入力して注文を押すと0.3が決済されて残りの0.7を残すことができます。
このようなことをしないのであればここは触らなくても大丈夫です。

2.すぐにポジションを決済したいのであればここも触る必要はありません。
この場所は利益を確定したい価格と損切りの価格を入れます。
損切りは左に、利益確定は右に価格を入力します。

3.以上を入力して決済します。選択したポジションすべてを成行で決済するのであれば、1.や2.を入力しなくても、ここを押すだけで注文が送信されます。

ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事

FX会社を比較!あなたにおすすめの口座は?

ザイFX!からの口座開設者限定 おトクな口座開設キャンペーン一覧 最新情報で比較!

少額で取引できるFXおすすめ口座

株価指数、金・原油をFX感覚で取引できる!CFDおすすめ比較

ザイFX!読者が選んだFX会社ランキング

カリスマFXブロガー・羊飼いが毎日指南 今日の為替はこれで動く! 毎朝9時までに更新予定

5月31日(火)■『5月の月末要因』と『米国が連休明けとなる点』、そして『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』に注目!

ドル・円は戻りが鈍い、利益確定売りを意識

NY為替見通し=ドル円 連休明けの米株・米金利を眺めながら振幅か

相場を見通す 超強力FXコラム

持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米国休みでパターン通りのリスクオン、軟着陸ありきのFRBだが期待は過度か

バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

今の米ドル安は一時的、リスク回避に戻れば米ドル高に変わる。米ドル/円は125円をサポートに、上がれば売り、下がれば買い

FXデイトレーダーZEROの「なんで動いた? 昨日の相場」

WTI原油117ドル台ユーロや豪ドル堅調!ドル円127円台→米重要指標結果待ち。

こんにちは。デイトレーダーZEROです。5月30日の為替相場の振り返りと今後の作戦を動画で解説します。 【相場のポイント】 ・WTI原油117ドル…

西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

ユーロ/米ドルを押し目買い! 1.0590~1.0600ドルに大きなオプションがあり、下値は固い。米ドル/円は戻り売りの回転がよさそう

米株は本当に底入れしたのか 8週連続で陰線だったNYダウは先週(5月23日~)、陽線が立ちました。 底入れしたと見る強気派も出てきましたね…

ザイスポFX!

【参加費無料】西原宏一×大橋ひろこの会場セミナーを東京原宿ダイヤモンド社で開催!田向宏行のFX初心者講座も初開催!

円安相場は続くのか!?それとも… FXをアンドロイドで 西原宏一×大橋ひろこ無料FXセミナーを東京原宿ダイヤモンド社で開催 FXをアンドロイドで 2022年6月11日(土)14時から「西原宏一×大橋…

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

米ドル安・円高の流れは、とっくに終わっていると認識すべき! 円高へ進行する局面があっても、それは円安に対するスピード調整

相場に感情論を持ち込むのは禁物! 円安が「悪いかどうか」は相場のゆくえに関係ない 前回のコラムで、米ドル/円の長期ターゲットを提示していたが、あくまで相…

西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円は調整に入ったが、下落の局面は中期の買い場になるか。ユーロ/米ドルは、1.10ドル台に向けて底堅い推移を継続

ユーロ/米ドルは引き続き堅調。1.1000ドルへ向けて底堅く推移することを想定 みなさん、こんにちは。 以前のコラムでもご紹介させていただいたよう…

今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は125円台~126円台が下値メド。今の相場は短期トレードか、十分に引きつけてからの押し目買い・戻り売りで

難しくなってきた為替相場のトレードのやり方は2通りしかない。1つ目は短期トレード 為替相場はいよいよ難しくなってきました。 上がるかと思えば下がり…

元ゴールドマン・サックス 志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

マーケットは将来の米利下げまで織り込み始めた!? 米ドル/円は長期的に150円は変わらずも時期は少し先送りか

トルコリラ相場の明日は天国か? 地獄か?

【トルコリラ見通し】トルコの短期対外債務は過去最高レベル、トルコリラの売り圧力に。緩和継続の政策は孤立状態

ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

もしもAKB48武藤十夢が中銀総裁になったら?金融政策を学んで相場の未来を見とおせ!

FX情報局

GW直前に「スワップ8倍デー」! 高金利通貨の代表格、メキシコペソや南アフリカランドで稼げるスワップの金額を計算してみた

GW直前! スワップポイントを8日分受け取れる「スワップ8倍デー」が到来 テレビのCMで毎年見かける春のお祭りと言えば、「ヤマザキ 春のパン祭り」を思い…

Android派?iOS派?Windows派?株式やFXの取引に適したOSはどれ?

モバイル端末はAndroidやiOSなどのOSで違いがあります。株式売買やFXに利用する際の特徴を紹介します。

なお、どのOSを利用しても、株取引やFXをやることができます

「この端末で株式は売買できないのではないか・・・?」という心配は不要です。

現在スマホやタブレット端末(以下これらを総称してモバイル端末と呼称します)に用いられるOSは、主にAndroidiOSWindowsの3種類が挙げられます。
画面をタップ(タッチ)して操作するという点は共通ですが、モバイル端末の値段が異なるなど、実は細かい点で差異があります。

なお、最初に述べておくと、現在流通するどんなモバイル端末であっても、ネットに繋がっていれば投資に利用できます
あなたの価値観や予算を元に、お好みの端末を選択していくのが良いです。

OOS(オペレーティングシステム)とは

OSが異なると、そのOS上で利用できるアプリも異なります。
例えば、iPhone/iPad用のアプリは、Android端末で使うことができません。
その逆も然りです。

Android OSの特徴

Googleが提供するAndroid OSは、いまやモバイル端末の主力OSとなっています。
日本ではiPhone/iPadユーザーが多いですが、世界規模で見れば圧倒的なシェアを占めるのも、このAndroid OSです。

携帯各社の店舗で展示されているスマホ端末は、そのほとんどにAndroid OSが搭載されています。
家電量販店で販売されているタブレット端末も、特に安価な価格帯を占めるのがAndroid OSです。

証券会社やFX業者は、Google Playを通じて自社の取引アプリを多数リリースしています。
Android OSを利用していれば、これらを利用して株式の売買やFXを始めることが可能です。

Android OSを利用するメリット

  • 端末が安価(特にタブレット端末)
  • カスタマイズ性が高い

特にタブレット端末において、Android OSを採用した端末は安価です。
そのため、初めてタブレット端末を購入する際に安価に済ませたいという方にはAndroid OSが搭載された端末をオススメします。

Android OSを利用するデメリット

  • 携帯メーカーによってOSのサポート状況が異なる
  • 野良アプリにセキュリティ上のリスク有り

Androidのデメリットは、iOS端末に比べてセキュリティリスクが高いことが挙げられます。
iOS以上Windows以下、といったところです。

Androidの特徴は、OSの開発元はGoogleですが、端末のハード開発元は様々なサードパーティであるという点が挙げられます。
そのため、この開発元の違いがデメリットになることがあります。

Androidは、OSアップデートの頻度が早いため、端末はすぐに旧式化していく傾向にあります。
この時、ユーザーにOSアップデートを提供するのは、Googleではなく端末のハード開発元です。

例えば、Xperiaならソニーですし、Aquosならシャープです。
そのため、開発元の判断によって、OSアップデートが提供されない場合もあるのです。

また、Android OSはGoogle Play以外で配信された「野良アプリ」も自由にインストールできてしまうため、その自由度が仇となる場合もあります。
あまり良くわからないのであれば、株式関係の端末には不用意にアプリをインストールしないのも1つの防衛策です。

iOSの特徴

Apple社が提供するモバイル端末(iPhoneやiPad)には、iOSと呼ばれる独自のOSが搭載されています。
操作性はAndroid OSと似ていますが、設計思想が異なるため、細部において動作の違いがあります。

iOSを利用するメリット

  • OSとハードウェアの提供メーカーが同一のためOSアップデートなどの恩恵を受けやすい
  • iPhoneは安価に入手できる場合がある
  • 動作が軽く操作系が洗練されている
  • なんとなくかっこいいイメージ

iPhoneやiPadは、ハードウェアとソフトウェアをApple社が提供しているため、iOS更新の恩恵を受けやすいのが特徴です。
定期的なOSアップデートはセキュリティリスクに対する備えになります。

大手携帯各社からiPhoneを購入・契約して利用する場合、Android OSの端末に比べて安価に利用できる場合があります。
これらは携帯各社のキャンペーンに依存するので、時期や価格によります。

筆者はiPhoneやiPadユーザーではありませんが、総じて操作性の良さがメリットとして上がります。
Android OSの端末に比べて「ぬるぬる」動くとも言われています。

iOSを利用するデメリット

  • iPadはAndroid OSのタブレット端末に比べ高額
  • 株取引/FX以外でのアプリが少ない
  • おサイフケータイのような日本独自のサービスに未対応

iPhoneは割安に入手できる一方で、iPadはAndroid OSのタブレット端末に比べると端末が高価になりがちです。
ブランドとしての魅力を感じないのであれば、積極的に選ぶ理由がなくなります。

また、株取引/FX以外の面から見ると、Android OSのモバイル端末に比べて、利用できるアプリの数が少なめになります。
そのため、カスタマイズ性などでAndroidに劣ります。

Windowsの特徴

Windowsを利用するメリット

最大の特徴は、Windows OSのタブレット端末であれば、使い慣れたデスクトップ画面を利用できる点です。
分離可能なキーボード付きの端末もありますので、普段はノートパソコンとして、外出時はタブレットとして利用したいなど、普段のパソコンの延長として使いたい方に向いています。

Windowsを利用するデメリット

  • 専用の取引ツールが無いので使いにくい
  • 総じて高価

残念ながら、タップ操作で簡単に取引を行えるような取引ツールが用意されていないため、Android OSやiOSのモバイル端末に比べて操作性が劣ります。
良くも悪くも普段のパソコンと同じように使いたい方向けと言えます。

どれが良いか

もし選択に困ったら、iOS(iPhoneやiPad)をオススメします。
これは利便性よりもセキュリティまわりでのメリットを取った結果です。

Androidの場合、野良アプリと呼ばれる、審査を通さないアプリも容易にインストール可能です。
また、Google Playで公開中のアプリであっても、外部サーバーに通信を行っているようなアプリも存在するため、iOS系統に比べてセキュリティリスクは高めです。

結局のところ、どれを選んでも株式の売買やFXは出来ますので、「この端末では株は買えないのではないか?」という心配は不要です。
細かい操作性の違いはあれど、ニュースサイトを見ることもできますし、トレードしながら音楽を聞くことも可能です。

ちなみに筆者の取引端末はSony XperiaとASUS Memo Padです。

選んだ理由は価格と高いコストパフォーマンスです。
特にAndroid OSのタブレット端末は15,000円程度から入手できますから、株式の売買用に安い端末が欲しい場合にオススメです。

ビッコレFX-デモトレードと本番チャートのFX投資ゲーム!

Line連携で会員登録

Twitter連携で会員登録

Google連携で会員登録

「ビッコレFX-デモトレードと本番チャートのFX投資ゲーム!」スペック・仕様

ビッコレFX-デモトレードと本番チャートのFX投資ゲーム!の順位推移表

オフィシャル・公式情報

【利益ランキング上位に入るとビットコインがもらえる!?】
定期的に開催される利益ランキングで入賞すると、ビッコレというポイントサイト上でビットコインを受け取ることができます。
ノーリスクなのに、ランキング上位に入ると本当のビットコインがもらえるチャンス!
今までにない、遊びながら稼げるデモトレードアプリです。


【FXのデモトレードができる!】
リアルタイムで変動する9通貨ペアでFXのデモトレードができる!
バーチャルの通貨で取引するから初期費用はなし。もちろん、負けても実際に損することはありません。
FXトレードの技術向上の練習にピッタリのアプリです。


【FXの練習に最適】
実際にFXを始める前に、ビッコレFXを練習用アプリとして使ってみてください。
コラム欄も、初心者向け情報から最新の相場情報まで充実しています。
FXに必要な情報はビッコレFX1つで完結!


【資産推移・トレード履歴が見れる!】
資産推移やトレード利益が一目瞭然!
これまでの自分の頑張りを振り返ることができます。
着実にトレードを上達させ、実際のFX取引に生かすことができます。

スマートフォン版取引アプリの大幅バージョンアップのお知らせ

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:
一般社団法人 FXをアンドロイドで 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる