お取引ガイド

投資を始めるメリットが明らかに

投資を始めるメリットが明らかに
ここからは、社内におけるDX推進の取り組みについて、もう少し詳しく質問をしていきましょう。
まずは、社内全体におけるDX推進の程度についてです。

「社内全体の環境でみると、どのくらいDXを推進できていますか?」と質問したところ、半数近い方が『全ての部署で推進できていない(26.4%)』『一部の部署で推進できている(21.9%)』と回答しました。

財務諸表とは|財務三表を図入りで分かりやすく

実は決算書は一般的な呼び方で、正確な名称は、提出する目的によって異なります。
会社法では「計算書類」と呼ばれ、金融商品取引法では「財務諸表」と呼ばれています。有価証券報告書を提出する会社(上場企業など)が作成するのが「財務諸表」、それ以外の会社が作るのが「計算書類」です。
会社法は、一般投資家より株主と債権者の権利保護という側面が強い法律で、一方金融商品取引法は、広く一般投資家保護の側面が強い法律です。

計算書類財務諸表は、表示上で多少の違いがありますが、内容は同じものです。

貸借対照表
損益計算書
キャッシュフロー計算書
株主資本等変動計算書
附属明細表

貸借対照表
損益計算書
株主資本等変動計算書
個別注記表

(2)財務諸表で何が分かる?

財務諸表には、それぞれに役割があります。
貸借対照表は、会社の持っているお金やモノの他、どのくらい借金があるのかなどが分かります。損益計算書は、会社が儲かっているか(黒字)、損しているか(赤字)が分かります。キャッシュフロー計算書は、会社にどのようにお金が入ってきて、何にお金を使っているのかが分かります。

財務諸表のうち重要な財務三表

財務諸表のうち「貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書」については「有価証券報告書」と呼び、特に重要な書類であることから「財務三表」と呼ばれることもあります。

(1)貸借対照表

貸借対照表とは、会社の財政状態を表している書類です。

(2)損益計算書

損益計算書とは、会社が儲かっているかが分かる書類で、「Profit and loss statement」を略して「P/L(ピーエル)」と呼ばれます。

投資を始めるメリットが明らかに

損益計算書は、身近な例で例えると家計簿やお小遣い帳のようなものです。
家計簿やお小遣い帳が毎月の給料から家賃や食費などを差し引き自由に使えるお金がいくらかを計算するのと同じように、会社も商品を仕入れて販売し、販売代金から会社の家賃や従業員の給与を支払い、残りを貯蓄や設備の購入に回します。
損益計算書は、このような内容が明らかにされる書類なのです。

売上のようにお金が入ってくる取引を「収益」といい、家賃や従業員の給料などお金を払う取引を費用といいます。収益から費用を差し引いたものが、利益です。

収益-費用=利益

①売上純利益=売上高-売上原価
②営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費
③経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
④税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失
⑤当期純利益=税引前当期純利益-法人税等

(3)キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、上場企業のみ作成提出が義務づけられている書類です。
「キャッシュフロー」とは、お金の流れのことで、キャッシュフロー計算書とは、会社の現金の増減を分析する書類のことです。「Cash flow statement」を略して「C/F(シーエフ)」と呼ばれます。

①営業活動によるキャッシュフロー
本業である商売によって、実際に稼ぎ出したお金の増減です。
商品を売っていくらお金が入ってきたか、商品を購入していくらお金が出て行ったか、給料や家賃はどのくらいかかったのかといった項目が記載されます。

②投資活動によるキャッシュフロー
機械の購入・売却、株式などの有価証券への投資・売却などによるお金の増減です。
会社に余力があれば、それを利用して儲けることを試みます。たとえば、株を購入することもありますし、誰かにお金を貸して利益を得ることもあるでしょう。
投資キャッシュフローには、このような資金運用によるお金の出入りが記載されます。

③財務活動によるキャッシュフロー
借金や、借金の返済、増資、配当金の支払いなどによるお金の増減です。
会社は、資金が不足してくると銀行から借り入れを行ないます。
財務活動によるキャッシュフローには、銀行からお金を借りて資金がいくら増えたのか、銀行にお金を返済していくら減ったのかといった、資金調達がらみのお金の出入りが記載されます。

財務諸表の目的

財政状態や経営成績を誰に何のために明らかにすべきなのかは、ケースによってさまざまです。
融資を受けたい時には金融機関、取引を開始する時には取引先に会社の経営内容を開示する目的などにも使用されます。
また、上場会社などは、インターネットで決算書を公表して、一般投資家に安心して株式を購入してもらうために情報を開示する手段としても使用されます。

つまり、 投資を始めるメリットが明らかに 財務諸表は、金融機関や取引先、株主などの会社の利害関係者に対して、会社の財政状態や経営成績を開示するという役割を持つ書類 ということになります。

(1)株主が経営状態を知るため

(2)税務当局が適正に計算されているか知るため

(3)一般投資家が投資先の会社を知るため

(4)債権者が経営状態を知るため

債権者とは、会社に融資をしている銀行などの金融機関です。
金融機関は、その貸したお金に無事に利息がついて回収することができるのかを気にします。なぜなら、会社が倒産してしまえば、貸したお金を回収できなくなってしまうからです。
したがって、常に会社の経営状態が安定いているのかを確認するために財務諸表の提出を求めてきます。

【DXについてどれだけ知ってる?】理解してるのは2割未満?企業の管理部門のDX推進状況が明らかに!

現段階でDXが進んでいない部署は今後もあまり積極的ではない?
株式会社ソントレーゾ(本社所在地:福岡県中央区、代表取締役:小林 邦雄)は、企業の管理部門(総務、人事、経理など)に従事している方を対象に、「管理部門のDX」に関する調査を実施しました。
「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉は、今ではビジネスシーンで一般的なものになりました。
しかし実際のところ、皆さんの企業でこのDXはしっかり進められているでしょうか。

DXは、いわゆる「デジタル化」とも「IT化」とも定義がやや異なります。
「アナログだった作業をデジタルに変えただけ」といった状態は、狭義ではDXとは言えません。
「デジタル技術を活用して、商品/サービス/ビジネスモデルの変革を目指す」ことが、DXの本来の意味です。

そこで今回、米Microsoft社が提供している「Power Platform(パワープラットフォーム)」の活用支援を手がける株式会社ソントレーゾ(http://sentreseau.com/)は、企業の管理部門(総務、人事、経理など)に従事している方を対象に、「管理部門のDX」に関する調査を実施しました。
【いまさら聞けない…】デジタルトランスフォーメーションって知っていますか?

はじめに、管理部門の皆さんがDXそのものについてどれくらいご存じかを伺っていきたいと思います。

「デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)について、どの程度理解していますか?」と質問したところ、『内容までしっかりと理解している(18.9%)』『名前の意味と内容は大体理解している(29.9)』『名前は知っているが意味や内容はよく知らない(22.投資を始めるメリットが明らかに 7%)』『名前だけ聞いたことがあるが意味や内容は全く知らない(13.2%)』『名前も聞いたことがない(15.3%)』という結果になりました。

半数近い方が『理解している』と回答していますが、『しっかりと理解している』という方は2割にも達していません。一方で『よく知らない』『全く知らない』『聞いたことがない』という方は、全体の半数を超えました。
見聞きする機会が増えたDXという単語ですが、内容についての理解度はまだ低いのが現状のようです。
【管理部門】DXで業務がどう変わる?

先程の調査では、現在の企業におけるDXの理解はさほど進んでおらず、『知らない』という方が半数以上いることもわかりました。
では、こうした理解不足の状況でDXは推進できるのでしょうか。
回答者の皆さんが在籍する管理部門に限定する形で伺ってみようと思います。

「管理部門ではDXを推進していますか?」と質問したところ、過半数の方が『はい(56.9%)』と回答しました。

DXを推進している方の比率は、先程の調査でDXを『理解している』と回答した方の比率を超えました。
つまり多くの管理部門の現場では、DXを『知らない』という方もDXに取り組んでいる、ということになります。
それだけDXが浸透しているとも言えそうですが、理解が追いついていない現状が浮き彫りになる結果とも言えるかもしれません。

「DX推進によって、どのような業務が効率化しましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『各種書類の管理(50.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『転記や集計、計算などの作業(47.8%)』『情報管理(顧客情報、社内情報を含む)(46.1%)』と続きました。

■DXによる業務の効率化、うちではこんなメリットがありました!
・契約書などの管理面が楽になる(20代/女性/千葉県)
・社員同士の連絡がスピーディになった(20代/男性/東京都)
・電子印鑑導入、ペーパーレス化によるコスト削減(30代/男性/石川県)
・社員研修をWebで行うことで、時間と旅費を削減した(30代/男性/静岡県)
・セキュリティー面の強化。コンプライアンス面の強化(40代/男性/東京都)
・在宅でも作業できることが増えた(50代/女性/東京都)

連絡や管理業務のコスト削減、旅費削減といった回答が多く集まりました。
また、コロナ禍で浸透した在宅ワークにおいても、DXはメリットがあることが回答からは伝わりますね。
【DXが進まない理由】せっかくツールを導入しても、それを使いこなせる人が少ない?

ここからは、社内におけるDX推進の取り組みについて、もう少し詳しく質問をしていきましょう。
まずは、社内全体におけるDX推進の程度についてです。

「社内全体の環境でみると、どのくらいDXを推進できていますか?」と質問したところ、半数近い方が『全ての部署で推進できていない(26.4%)』『一部の部署で推進できている(21.9%)』と回答しました。

そこで、「社内全体では、社員のITスキルが必要なシステムやツール類はどのくらいありますか?」と質問したところ、6割以上の方が『とても多い(14.4%)』『やや多い(49.5%)』と回答しました。

「最新のシステムやツールでも問題なく使いこなせるという社員はどのくらいいますか?」と質問したところ、半数近い方が『やや少ない(38.0%)』『とても少ない(8.2%)』と回答しました。

DX推進に向け設備面のIT化は進んでいるものの、それを使う人材面については不足に悩んでいるのが企業の現状のようです。
【今後の予定】現段階でDXが進んでいない部署は今後もあまり積極的ではない?

「DXを推進していない部署は、どのように業務していますか?」と質問したところ、7割近い方が『従来のアナログな業務のままとなっている(67.9%)』と回答しました。

確かに、ITツールなどを用いずに業務に取り組むとなれば、アナログな手法を採らざるを得ません。
とはいえ、『アナログのまま』という回答が7割近い結果に驚く方も多いかもしれません
現在では当たり前のように思われているビジネスシーンのIT化やDXも、実際にはまだまだ「当たり前」ではないことが伝わってきます。

「積極的にDXを推進していない理由として近いものはどれですか?(複数回答可)」と質問したところ、『IT知識がある社員が少ない(34.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『最新のツールを扱えない(25.8%)』『DXに無関心な社員が多い(23.0%)』と続きました。

ここでも、DXに対応できる人材の不足について最も多くの回答が集まりました。
また『最新のツールを扱えない』『DXに無関心な社員が多い』という回答も、「人」に関する課題です。
DXの課題はやはり、システムやツールというよりは「人」に関するものが多いようです。

そこで、「DX推進に向け、社内にシステムやツールなどを導入する予定はありますか?」と質問したところ、『現在、経営層と検討中である(時期も未定)(42.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『現在その予定はない(36.7%)』が続きました。

実に8割近い方が、DX推進について『時期未定』『予定はない』と回答しました。
DXにおける「人」の課題は、導入意欲にも大きな影響を与えていると言えるかもしれません。
【まとめ】導入する予定も使いこなせる社員もいない?

今回の調査で、管理部門で働く皆さんはDXについてさほど詳しくないことが明らかになりました。
しかしDXの効果については評価しており、在宅ワークやセキュリティー面でのメリットもあると考えていることがわかったと思います。
その一方で、DXに対応した人材は不足しており、この不足が導入意欲の低下にも影響している可能性があることも見えてきました。

「便利な機械も使えなければただの箱」という冗談は、昔からよく言われています。
「対応できる人材がいなければ利用できない」という点では、DXにおいてもこの課題は存在しているようです。
DXの課題は「人」の課題であり、それだけにデジタル的でスムーズな解決は難しいようにも見えます。

しかし人材は、必ずしも社内だけで確保する必要はありません。
社外であれば、高いスキルを持つ人材や業者がたくさん存在し、リーズナブルに活用することもできます。
特に専門業者であれば、セキュリティー面でも安心でしょう。

DXと「人」についてお悩みの方は、サポートサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
社内のDX推進をお手伝いいたします!

株式会社ソントレーゾ(https://sentreseau.com/)は、Microsoft社のMicrosoft 投資を始めるメリットが明らかに Power Platform を主として社内システムや業務アプリの「導入/開発/教育」支援、「デジタル人材の育成」支援をご提供します。

【ソントレーゾのPower Platformサービス】 投資を始めるメリットが明らかに
Power Platformは、従来のコーディングを必要とせずに、あらゆる業務システム内製化が可能な新しい開発プラットフォームです。
Power Platformを活用することで、デジタル変革は非常に速いスピードで実現可能となります。
さらに、自社内で市民開発者を育成することにより、デジタル変革の推進(DX推進)をより加速させて進めることが可能となります。

御社のデジタル変革をさまざまな形でご支援させていただくために、弊社は下記の支援サービスを準備しております。
★コンサルティング支援
御社内の内製化を導入から構築まで支援します。

医療ISACは地域の基幹病院をサイバー攻撃から守るための、クラウドファンディング募集を開始致します。

私たちは医療機関に対するサイバーセキュリティの啓発団体である医療ISACと申します。 投資を始めるメリットが明らかに : https://m-isac.jp/
医療ISACが四病院団体協議会加盟病院を対象として2022年2月に行ったアンケート調査では(1144病院が回答)、 90%以上の病院がサイバー攻撃の脅威を実感しているが、 一方で50%以上の病院が年間セキュリティ予算が500万円以下で、 セキュリティの専任の人材は常駐しておらず、 結果として何をしたらよいかわからない、 という実態が明らかになっています。
昨年来多くの医療機関がサイバー攻撃の被害に遭っており、 中でもランサムウェア感染による被害を受けた病院は、 診療停止ないし著しい診療制限という重大な事態を生じております。 複数の被害病院が、 米国製のVPN機器(外部からネットワーク接続を行うための機器)の脆弱性(ハッカーに狙われる弱点)が放置されていたためにターゲットとなったと思われます。
昨年9月に上述のVPN機器の脆弱性のリストがダークウエブ(ハッカー等が情報交換やブラックマーケットでの売買をするアンダーグラウンドのインターネット空間)上に公開・販売されており、 その直後に徳島県の町立病院がまさにそのVPN機器の脆弱性を突かれてランサムウェア感染被害を生じています。
医療ISACでは脅威インテリジェンス診断として、 インターネット上からアクセス可能な、 当該医療機関のサーバーやIoT機器、 情報試算等を、 公開情報から取得・分析を行い、 重要な脆弱性の有無等を診断します。 さらにダークウエブ監視の監視を継続して行い、 当該病院に関連する情報がやり取りされていた場合には、 直ちにアラートを発出致します。
この手法は医療ISACが昨年12月に東京都立の2病院に対しての攻撃予兆を検知し、 東京都に注意喚起を行った結果、 実際の攻撃を予防できた際に用いたものと同一の手法です。
医療ISACとしてはまずは、 病院に上記手法を用いたセキュリティ診断を受けていただき、 その結果に基づいて、 発見された脆弱性等の問題点、 予算、 セキュリティポリシー、 導入済みのセキュリティ対策等を勘案して、 個別に最適化されたセキュリティ対策を提案致しますが、 その際のセキュリティ診断を受ける費用を、 クラウドファンディングにより集めたいと考えております。
地域の基幹病院がサイバー攻撃の被害に遭うと、 受診中の患者様や、 投資を始めるメリットが明らかに 地域連携先のクリニック等も、 大きな被害を被ることになります。 地域基幹病院を守ることは地域全体の医療を守ることに直結する行為となります。
是非、 地域基幹病院を守るためのご支援をお願い申し上げます。

初心者にもおすすめ!不動産投資・マンション経営

不動産投資のメリットとは

    投資を始めるメリットが明らかに
  • 副収入が得られる
  • 私的年金の役割として
  • 節税対策として
  • 生命保険代わりとして
  • 少額でも始められる
  • 資産として残る

みんなで大家さんの資料請求

\不動産の小口の金融商品/

不動産投資をもっと安心・簡単に体験!
みんなで大家さん不動産特定共同事業法に基づく不動産ファンドです。
100万円から不動産投資に参加でき、安定した利回り安全性を高めた資産運用商品を目指しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる