FXの学習方法

仮想通貨取引におけるレバレッジとは

仮想通貨取引におけるレバレッジとは
日本と各国とで締結している租税条約等に基づく情報交換により、日本の国税庁は必要であれば情報の収集・提供を海外の税務当局に要請することができます。仮想通貨取引所が数多く存在しているアメリカやヨーロッパ各国、中国、香港などと租税条約を締結しています。
租税条約等に基づく情報交換(国税庁)

暗号資産(仮想通貨)とは?注目される理由と仕組みを紹介

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。 仮想通貨取引におけるレバレッジとは
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

仮想通貨取引におけるレバレッジとは

“日本初”ビットコイン先物eワラント!ビットコイン相場に少額から投資ができる!

2021年2月15日より、『 ビットコイン先物リンク債プラス 5 倍トラッカー 』 及び 『 ビットコイン先物リンク債マイナス 3 倍トラッカー 』 (以下、総称して 『 ビットコインレバレッジトラッカー 』 という。)を取扱いしております。

『 ビットコインレバレッジトラッカー 』 はシカゴマーカンタイル取引所(以下、「 CME 」という)に上場している特定の限月の米ドル建ビットコイン先物を対象とする e ワラントで、ビットコイン先物価格上昇時に値上がりが見込める「プラス 5 仮想通貨取引におけるレバレッジとは 倍トラッカー型」とビットコイン先物価格下落時に値上がりが見込める「マイナス 3 倍トラッカー型」の取引が可能となります。

ビットコインレバレッジトラッカーの特徴

1ビットコイン相場を対象とした国内唯一の証券化商品 (※2021年2月時点、eワラント証券調べ)

2ビットコイン先物の変動幅のほぼプラス 5 倍、マイナス 3 倍の値動き(一定数量保有時)

3レバレッジ投資でありながら追証はなく、最大損失は投資元本に限定

4先物を対象としており、ハッキングや盗難リスクなくビットコイン相場に投資をすることができる

51万円程度の少額からビットコイン相場に参加することができる

6証券口座でビットコイン相場に投資をすることができる

ビットコインの背景

ビットコインは、用途の多様化や世界的な低金利で暗号資産の需要は高まっており、2021年1 月には史上最高値を更新するなど、注目は高まっています。本商品の取扱開始を通じて、従来の暗号資産投資家に加え、株式や FX 投資家の皆様にも、より手軽かつ多様な用途で暗号資産相場への投資機会を提供します!

仮想通貨取引におけるレバレッジとは

googleplay appstore

【取引に関する注意事項】

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT 仮想通貨取引におけるレバレッジとは FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

海外取引所での仮想通貨取引はバレない?税金や確定申告の注意点を解説

日本と各国とで締結している租税条約等に基づく情報交換により、日本の国税庁は必要であれば情報の収集・提供を海外の税務当局に要請することができます。仮想通貨取引所が数多く存在しているアメリカやヨーロッパ各国、中国、香港などと租税条約を締結しています。
租税条約等に基づく情報交換(国税庁)

また、日本の取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金した履歴や出金履歴、クレジットカードの履歴などが残るので申告漏れを疑われる可能性は高いです。

仮想通貨の海外取引所を利用する際に税金面で注意すべきこと

仮想通貨の利益の発生タイミングを把握しよう

「仮想通貨取引による利益が20万円を超える場合、確定申告が必要になる可能性がある」と述べましたが、この「20万円」は「取引所から日本円を出金した金額」というわけではありません。

海外取引所で利益を出しているにも関わらず、日本円に換金していないから大丈夫だと思って確定申告をしないといったことがないように利益の発生するタイミングを把握することが重要になります。

計算ソフトが対応していない仮想通貨海外取引所も多い

なお、仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」では、対応してない海外取引所でも共通フォーマットを使って取引データをアップロードすることができます。

また、仮想通貨の確定申告を専門家にすべておまかせできるサービス「Guardian」なら、国内、海外の取引所すべての取引に対応しています。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の
レバレッジ取引におすすめの業者を比較!

GMOコイン公式サイト

このほか、 bitFlyer(ビットフライヤー) や QUOINE(コイン) が運営する「Liquid(リキッド)」、楽天ウォレット、海外大手の日本法人フォビジャパンなどでも暗号資産のレバレッジ取引を取り扱っていますが、一部のレバレッジ取引取り扱い業者では、2020年5月に施行された改正金融商品取引法(以下、金商法)の関係で、これから口座開設しようとする新規ユーザーについては、現状、レバレッジ取引を利用することができません(※)。口座開設の際は、各社の案内をよく確認するようにしてください。

■暗号資産のレバレッジ取引の魅力とは?

口座名やサービス名は各社ごとに異なりますが、暗号資産の取引には、大きく分けると「現物取引」と証拠金で取引が可能な「レバレッジ取引」の2つがあります。

現物取引は買いから入って値上がりを待つしかありませんが、レバレッジ取引は売りからでも買いからでも取引を始められますので、上昇局面も下落局面も収益チャンスにすることが可能です。

また、証拠金で取引でき、自己資金以上のポジションを持つことが可能なので、資金効率が良いという点も大きな魅力でしょう。ただ、自分の思惑と相場が逆行すれば、大きなポジションを取った分、損失は拡大しやすくなりますから、その点に注意は必要です。

【暗号資産のレバレッジ取引の魅力】

・ 仮想通貨取引におけるレバレッジとは 売りからでも買いからでも取引できる
・ レバレッジを効かせて資金効率の良い取引ができる

なお、各業者が提供する暗号資産のレバレッジ取引の主流は、業者とユーザーが取引する店頭取引(相対取引)です。レバレッジ取引について、業者が提供するインターネット上の暗号資産取引所に参加するユーザー同士で取引を行う取引所サービスを提供しているのは、 GMOコイン などの一部の業者に限られます。

■レバレッジ取引にかかるコスト。レバレッジ手数料とは?

暗号資産のレバレッジ取引では、外付けの取引手数料は無料が主流です(※)。売買時にかかるコストは売値と買値の差額であるスプレッドということになります。

外付けの取引手数料無料の代わり――というワケではないでしょうが、暗号資産のレバレッジ取引特有の手数料があります。それは、「レバレッジ手数料」や「スワップポイント」と呼ばれる手数料です。

これは、ポジション(建玉)をロールオーバー(翌営業日へ持ち越し)する際に発生するコストで、保有するポジションが売りでも買いでも等しく発生するのが一般的。

通常、現物取引ではレバレッジ手数料のような手数料はありません。レバレッジ手数料は、短期で売買する場合はそんなに気にならないかもしれませんが、中長期で保有するとなるとポジションのボリュームによっては負担に感じるかも。そんな手数料があるなんて知らなかった…なんてことにならないように、あらかじめ利用する業者のレバレッジ手数料を確認しておくことをおすすめします。

このほか、レバレッジ取引に設けられているロスカット(一定の水準まで含み損が膨らむと強制的に決済されるしくみ)についても、通常、手数料は無料とされているところが多いです。ただし、GMOコインの取引所サービスのように、一部ではロスカットにも、別途手数料がかかる業者がありますので、注意してください。

それぞれサービス内容に特徴がありますので、暗号資産を中長期でじっくり保有するなら現物取引で、短期で資金効率良く売買利益を狙うならレバレッジ取引でと、投資スタンスよって現物取引とレバレッジ取引の口座を使い分けるといいかもしれません。

この記事の関連情報

  • ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の 取引所/販売所を比較! おすすめは?
  • FXチャート&レート:ビットコイン/円 日足
  • 2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの 仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」
  • 約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを 仮想通貨取引におけるレバレッジとは 200万円付近で決済できたのはなぜか?
  • ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。 早くて2019年に200万円超えへトライか?
  • ハイパーニート・ポイン氏はどのように 仮想通貨に出会い、億り人になったのか?

【注目】ザイFX!×ビットコインおすすめの仮想通貨取引所

  • 口座開設キャンペーンも実施中!ビットポイント(BITPOINT) 小額から暗号資産の取引を始めることができるBITPOINT!今なら口座開設キャンペーンも
  • トレイダーズ証券LIGHT FXコイン登場トレイダーズ証券LIGHT FXコイン 下落相場でも収益チャンス?!売りからでも取引できるトレイダーズ証券LIGHT FXコイン!

ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式フェイスブック
現在のいいね数 2811人

ザイFX!のtwitterをフォローする

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロワー数 110224人

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる