オプション取引活用術

FXでエントリーするならどっちのタイミング

FXでエントリーするならどっちのタイミング
【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)FXでエントリーするならどっちのタイミング 、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

自分は使い分けてます
トレンドラインブレイクとかだと確定するまで待ちます
それはけっこうあいまいだからです
サポートレジスタンスのラインは確定せずに乗らないと乗り遅れますが基本10MAが近づいていないとき
つまりブレイクラインに寄せずにブレイクした場合はいったん押し返されることが多いですよ
ちなみに自分は1分足を見てエントリーしてますwww
時間足は4時間1時間15分5分をもうひとつのモニターに出しておいて節目付近を確認しその付近の1分足のもみ合いブレイク確定で仕掛けることが多いです

お世話になります!確かにトレンドラインは曖昧な事が多いので確定がよさそうですね。今FT2で検証しているのですが、サポートレジスタンスの場合は次の足で思惑の方向に行きそうなら動いてる時でも入ってよさそうですね。 他の方もありがとうございました FXでエントリーするならどっちのタイミング

randamaiza先生 には株をやっていた頃に色々参考にさせていただいてまいた。 しばらく登場されていなかったので、どうしたのかと思っていました また、質問させて頂きます。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

私は動いてる時に入ることが多いです。
これ以上上がらないだろう(下がらないだろう)というところで入ります。
もちろん損切りは入れてます。

どっちが有利とか不利とかは無い。

確定してから→エントリーが遅れる
確定前→騙しに合うことが多い

残念ながらトレードに聖杯はない。
自分の性格にあった手法を使うことです。

あくまで自分のルールに基づいた検証結果と、そのルールに基づいた実際のトレードをやってみての己の心の揺らぎについてです。。。。。ナンノコッチャ


私は一定のリスク%に基づいた損失額と、STの位置による想定損失額からポジション数を決めています。
そうなるとSTが近ければ近い程、より多くのポジション数が建てられます。

下手に途中の値動きを見てしまうと、こりゃ~エントリーのルール発動は間違いないな・・・ってんで足が確定しないままポジションを建てる誘惑に駆られます。
どうせ終値ではエントリーするんだろうし、今ならスゲエ数のポジション数が持てる・・・・ってなモンすね。
もちろん、ちょっとでも有利な価格でエントリーしたいってのもアリアリです。

でもでも結局ダマシだったなんて事もしばしばですが、ダマシにあってルール外のエントリー&余計な損切と、待つだけ待って不利な価格&ポジすくねぇ、と一体どっちが後悔するのかって事になったんす。

わたしゃリスクリワードは自分では大きい方だと思ってますんで、多少のダマシは厭わずイケイケ!の方が後悔しないかな、とも思いましたが最近は終値確定派になりました。

エントリーすべしっ!!なんて思う時は値動きが荒かったり、大きく動いている時が多いと思うんですが、終値まで待った方が結果的に有利な価格になる事もありますし、なにより検証自体が終値からですからw
良い事悪い事、全部ひっくるめてルールなんじゃよ。。。。。と思うようにしてますーー

まー裁量や多少のルール逸脱は絶対に許しませんっ!!
ってな事はないんで・・・・そういう時は小さくやってます。

ボク、以前は4時間足もやってましたけど、午前4時w起きてらんない起きられないんでやめました。

参考にならないと思いますが回答させていただきます。

私は1時間足以上での(最近は4時間足)での取引をしています。
ですから4時間毎にチャート確認。

しかし、重要指標の日は張り付いています。

4時間足確定するまで見ていたら乗り遅れるww

ですから短い足をみて、サポートが形成しつつあるか確認してからエントリーです。

短い時間足でラインの内側へどんどん安値や高値を更新してくると見送っちゃいます。

FXの連敗を防ぐ! ゾーンを活用したエントリーのタイミング

FXの連敗を防ぐ! ゾーンを活用したエントリーのタイミング

図表1ではゾーン①でトレードしたあと、ローソク足が何本もゾーン①をじりじり推移していますね。このようなときは、最初の1回だけしかトレードしません。次のゾーンに到達するのを待つ理由は、じりじり相場を避けるためです。同じゾーンで何度もエントリーしていると、このようなじりじり相場のときに、必ず連敗します。仮にゾーン①に入ったローソク足1本ずつにエントリーすると、10連敗くらいになりかねず、これは防がなければなりません。そして、じりじり動くことはよくあります。損切りして取り返したいからといって、同じゾーンで何度もエントリーすることは危険です。

[図表1]ゾーン①にとどまっているときはエントリーしない

[図表2]ゾーン②でトレードしたらゾーン①ではエントリーしない

あくまでも「ヒゲが出る」のを待つことが重要

図表3を見てください。この相場では、ゾーン①→③→⑤と進んでいます。ヒゲが出るまで待つので、ゾーンを飛ばすこともよくあります。あくまでもヒゲが出るのを待つのが重要であって、ゾーンにきたからすぐにエントリーするのではありません。ゾーン①→②→③→④→⑤のように、きれいに相場が動くことのほうが珍しいのです。「外側のゾーン+ヒゲ」が条件になり、どのゾーンになるかは、相場次第になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる