為替ニュース

海外先物取引のリスクと費用について

海外先物取引のリスクと費用について

お取扱店

商品先物取引の留意点について

1 リスクについて 大阪取引所及び東京商品取引所の商品先物取引(以下「商品先物取引」という。)は証拠金による取引であり、元本及び利益が保証されるものではありません。通常取引の場合、投下資金の数十倍以上の額の取引を行うものであるため、相場等の変動、海外情勢や相場等の指標の変動により投下資金以上の損失が生じることがあります。 2 レバレッジについて 海外先物取引のリスクと費用について 商品先物取引は証拠金取引であるため、取引の額は商品により異なりますが、大阪取引所上場銘柄の通常取引では、当社必要証拠金額の約10倍~約37倍(先限ベース)、東京商品取引所上場銘柄の通常取引では当社必要証拠金額の約3倍~約19倍(先限ベース)、東京商品取引所上場銘柄の損失限定取引では当社必要証拠金額の約2倍~約4倍(先限ベース)にもなります。 3 取引証拠金について 最初に預託する証拠金の額は取引方法・商品により異なります。最低取引単位(1枚)当り、大阪取引所上場銘柄の通常取引では最高449,500円、最低21,600円、東京商品取引所上場銘柄の通常取引では最高969,500円、最低267,000円、東京商品取引所上場銘柄の損失限定取引では最高1,550,000円、最低1,350,000円になります。ただし、通常取引については、その後の相場の変動によって追加の預託が必要になることがありますので注意が必要です。またその額は、商品や相場の変動によって異なり一様ではありません。各商品の証拠金については当社適用証拠金をご覧下さい。 4 ロスカットについて 当社ではロスカット制度を導入しています。お客様の取引口座の証拠金状況を3分間隔でモニタリングし、取引口座の受入証拠金総額が必要証拠金額に対して当社が別に定める基準以下になった場合、ロスカットが発動し、その時点で保有する全ての建玉は自動的に決済注文が発注されます。また、その際に、発注中の注文は全て取消しが行われます。 海外先物取引のリスクと費用について ロスカット発動によりお客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。 5 手数料について 商品先物取引の委託には委託手数料が掛かります。その額は商品によって異なり、最低取引単位(1枚)当り、大阪取引所上場銘柄では最高で36,080円(同約定値段内往復・税込)、東京商品取引所上場銘柄では最高で8,360円(税込)かかります。また、FITSでは最低取引単位(1枚)当り最高で2,474円(税込)になります。ただし、その後の相場の変動によって手数料額が変わる場合がありますので注意が必要です。各商品の手数料につきましては下記サイトをご覧下さい。

海外先物取引のリスクと費用について

(注) 当社が提示する価格は、海外市場の終値または最終気配値などから算出した基準値に、
概ね2~3%のスプレッドを加減して決定しております。スプレッドには市場変動に
伴う価格変動リスク、売買対象銘柄の流動性などを考慮したリスク量等の取引コス
トが含まれております。なお、現地税制や市場動向等によっては、提示する価格が
これらの範囲から外れる、または価格提示を中断させていただく等の場合もありま
す。

国内委託取引

各取引方法について

お取扱店


お取扱店

コールセンター


コールセンター

お取扱店


お取扱店

コールセンター


コールセンター

お取扱店


お取扱店

インターネット


インターネット

コールセンター


コールセンター

日本でもできる米国株先物【NYダウ】とは? 注目される3つの理由を解説

(2022/6/3更新)

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

(2022/5/27更新)

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

人気コラムキーワード

不動産投資用物件を検索する

注目のコラムランキング

  1. 投資シミュレーション【一括投資 VS 積立投資】収益性が高いのはどっち?
  2. 「仲介手数料は0.5カ月分が上限」判決が与える賃貸オーナーへの影響は?
  3. 20代の平均貯金額と中央値はいくら?|毎月手取りの10%を貯金するコツ
  4. バブル経済とは?【バブル景気あるあるからバブル崩壊の原因まで】
  5. 【徹底比較】不動産投資ローンに積極的な銀行・金利一覧とフルローンの現状

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の新着コラム

Pick UP パートナー企業

注目の不動産投資パートナー企業特集 賃貸経営の集客~出口戦略を徹底サポート!

一棟収益物件 売却査定サービス

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

投資信託のリスク・手数料等について

投資信託は、値動きのある国内外の株式、債券、不動産投信などを投資対象としますので、組み入れた株式、債券や不動産投信などの価格の下落や、株式、債券や不動産投信などの発行者の財務・経営悪化などにより、損失が生じる可能性があります。また、外貨建資産に投資する投資信託は、為替の変動により損失が生じる可能性があります。したがって、元本および分配金が保証されている商品ではありません。
投資信託全般に係るリスクは以下の通りです。投資されるファンドのリスク・留意点等の詳細につきましては、当該ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」を必ずご覧ください。

  • 価格変動リスク
    • 一般に株式や不動産の価格は、国内外の政治経済情勢、発行企業の業績、市場の需給等を反映して変動し、短期的または長期的に大きく下落することがあります。
    • 外貨建資産については、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合は基準価額の下落要因となり、円安は基準価額の上昇要因となります。
    • 為替ヘッジをするファンドでも、為替変動リスクを完全に排除できるものではなく、為替変動の影響を受ける場合があります。また、円金利がヘッジ対象通貨建ての金利より低い場合、当該通貨と円の金利差相当分のヘッジコストがかかります。
    • 一般に公社債は、金利変動により価格が変動するリスクがあります。一般に金利が上昇した場合には価格は下落し、ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。ただし、その価格変動は、残存期間・発行条件などによりばらつきがあります。
    • 不動産投信等(REIT)は、金利が上昇した場合、相対的に投資価値が低下するリスクがあります。
    • 一般に投資した企業の経営などに直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合には、ファンドにも重大な損失が生じるリスクがあります。
    • 不動産投信が支払不能や債務超過の状態になった場合またはそうなることが予想される場合、大きな損失を被る可能性があります。また、証券取引所が定める一定の基準に該当した場合、上場が廃止される可能性があります。
    • 市場規模や取引量が少ない場合、組入銘柄を売却する際に市場実勢から期待される価格で売却できず、不測の損失を被るリスクがあります。
    • 一般に不動産は代替性がないうえ、流動性が低く、取得または売却に、より多くの時間と費用を要することがあり、場合によっては取得または売却ができない可能性があります。
    • 実質的な投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化により証券市場や為替市場等に混乱が生じた場合、またはそれらの取引に対して新たな規制が設けられた場合には、基準価額が予想外に下落し、運用方針に沿った運用が困難となる場合があります(新興国に高いリスクです)。この他、当該投資対象国・地域における証券市場を取り巻く制度やインフラストラクチャーにかかるリスクおよび企業会計・情報開示等にかかるリスク等があります。
    • 上記のほか、インフレリスク、有価証券先物取引等に伴うリスク、ファンドマネージャーの交代等に伴うリスク、定められた信託期間よりも前に運用が終了する繰上償還リスク、解約によるファンドの資金流出にともなう基準価額変動リスク等があります。その他のリスク・留意点等の詳細につきましては、「投資信託説明書(交付目論見書)」を必ずご覧ください。

    投資信託に係る手数料について

    投資信託のお申し込みの際等には、所定の手数料および消費税等を申し受けます。また、信託財産から間接的にいただく費用があります。
    投資信託全般に係る主な手数料は以下の通りです(琉球銀行では、以下の手数料率を上限に各ファンドにより異なります)。投資されるファンドの手数料等の詳細につきましては、当該ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」を必ずご覧ください。

    PayPay証券 10倍CFDについて

    利益金額(含み益)の指定について 利益金額(含み益)の指定は、CFD銘柄ごとの未決済建玉の1%以上から100円単位での指定ができます。
    また、利益金額の指定には最低設定金額を設けております。その計算は利益金額(含み益)の百円未満を切り上げて計算し、切り上げ後の金額が発注時点で1%以上となる場合は、当該切り上げ後の金額に100円を加算した金額が最低設定金額となります。
    なお、利益金額の上限は999,900円まで指定できます。 有効期限について 条件付決済注文の「有効期限」は条件付決済注文が有効な期限のことで、基本的に原資産となっている株価指数先物銘柄の限月の最終取引日前日を設定させていただいております。
    また、お客様による有効期間の指定はできません。
    なお、10倍CFDは流動性を考慮して当社の判断で最終取引日を変更する場合があります。 注文受付時間について 条件付決済注文の受付は、当社のシステムメンテナンス時を除き、24時間365日となります。
    ただし、原資産の限月切替日の午前6時59分から午前8時の間(夏時間は午前5時59分から午前7時の間)は通常の10倍CFDの取引時間、日本時間の午前8時~翌朝6時59分 (夏時間:午前7時~翌朝5時59分)と同様の受付時間となります。

    注文の約定、訂正、取消等について

    条件付決済注文の約定について 注文受付後、取引時間内において30秒ごとに利益金額(含み益)の判定が行われ、条件を満たした場合に約定となります。約定結果は取引履歴画面で条件付決済として、残高履歴画面で決済損益として確認できます。 設定済金額の訂正について 「条件付決済注文」設定済の場合、アプリはリアルタイム損益画面に、CFD取引サイトはトップ画面に「条件付決済注文あり」のアイコンが表示されます。こちらの状態で「条件付決済注文」ボタンをタップ後「条件付決済注文」画面で設定済みの利益金額(含み益)を変更し訂正ができます。 条件付決済注文の取消について 訂正と同様に「条件付決済注文」ボタンをタップ後の「条件付決済注文」画面で条件付決済注文の取消ができます。
    また、条件付決済注文を設定済みの銘柄を決済したときも取消となります。
    なお、条件付決済注文を設定済みの銘柄を追加で新規建(追撃)をする場合、お客様に当該条件付決済注文を取消していただきます。(追加建約定後にあらためて条件付決済注文が設定できます。) 条件付決済注文の失効について 条件付決済注文は強制決済及びロスカット判定となった時点で失効となります。
    また、有効期限を過ぎた場合も失効となります。(あらためて条件付決済注文が設定できます。) 注文状況の確認方法について アプリはメニューボタンから、CFD取引サイトはヒストリーから、条件付決済注文履歴を選択いただき確認できます。
    注文履歴の摘要欄に注文、訂正、取消、失効、約定の注文状況が表示されます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる