初心者向けFX入門講座

FX初心者は少額からスタートすべき

FX初心者は少額からスタートすべき
ドル円などFX取引で得た利益については、確定申告しなければなりません。 適用されるのは「申告分離課税」 で、税率は所得の大小にかかわらず20%(現在は復興特別所得税を含む20.315%)。その年の利益と損失を通算して税率を掛けます。 FX初心者は少額からスタートすべき FXでの利益は、「日経225先物」などの株価指数先物取引との損益通算も可能 です。

FX初心者は少額からスタートすべき

売買手数料は取引すれば必要になりますし、けっこうはるかに高額になるものなので、きちんと徹底的に比較すべきです。他社に比べて少しでもお得な売買手数料のお得なネット証券を最優先にしてチョイスしていただくことをおススメいたします!
裁量取引をやっていて全然投資が成功せずに負け続きというたくさんの投資家が、自分自身の直感やひらめきとかこれまでの経験のみに頼って、儲け続けることの難しさに疲れ果てて、人情を挟まないシステムトレードでの投資に乗り換えている方が多いようです。
投資経験の浅い初心者が自分に合うバイナリーオプション業者を決定する場合は、とにかくより少額の資金でトレードを行える取扱い業者から、チョイスするつもりで進めることにしていただくといいと思います。
投資が問題なく順調なときは当然として、予想が外れて負けたときにも確実にタイミングを逃さずにロスカットできる、落ち着いた決断ができる力が必須になります。そういった要求を満たすために利用されている方法が、知られるようになってきたシステムトレードと呼ばれる理論というわけです。
投資ブームもあってこの頃は、なんとFXを取り扱っている各社が、プロの投資家でも使用できるような一般向けとは思えないスペックを搭載するよう開発された、とても高性能なチャートツールを一般に公開しています。使い勝手についても改善され、これを使用すれば為替相場を解析する時における負担が相当緩和するでしょう。

ローソク足(ローソクチャート)は、今現在の相場がいったいどのようなポジションにあるのかについてすぐに理解することが可能なので、世界中で非常にたくさんのトレーダーに最も使われているチャートで、ローソクチャートというのは、FXにおいて将来の動きを過去の実績などから予想するテクニカル分析の知っておいて当たり前の知識と言っていいでしょう。
入門者、初心者の方は、難しい相場のトレンドを読んだり、FXの特徴であるレバレッジを利用した場合の保有資金変動の感じなどを把握することを目的に、経験が少ないうちはできればあまり高くないレバレッジの設定でFX取引可能な業者を選択してください。
たくさんの中でFXを比較する際の重要な点というのは、一番としてスプレッドの低さがあります。このスプレッドというものは、Bit(買値:投資家が売る価格)とAskの二つの価格の差額のこと。これはFX会社の収入になる手数料の代わりの利ざやです。

FXは少額からでも始められる?メリットや運用のポイント・おすすめのFX会社を紹介

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed FX初心者は少額からスタートすべき Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FXは少額でどれくらい始められる?

最低金額としては数千円からスタートができる

結論から言うと「最低数千円からスタートが可能」である。 ただし、これにはいろいろな条件が存在する。

この最小取引単位というのは、FX会社でそれぞれ設定されているが、多くのFX会社は1,000通貨単位か1万通貨単位で設定している。

数千円で取引するにはレバレッジを大きくかける必要がある

1,000通貨単位のドルを買う場合、1,000ドル×100円=10万円の資金が必要となる。これはレバレッジをまったく利用しない場合に必要な金額だ。

レバレッジを最大の25倍かけることで、証拠金としての25倍が取引が可能となり、「10万円÷25倍=4,000円」で最低4,000円程度から取引ができる。

少額で始める危険性はある?

むしろ少額で投資することで、リスク管理をしやすくなる。レバレッジをしっかりコントールし、無理のない範囲で取引をスタートさせよう。

FXを少額で始めるメリット

エントリーを分散することができる

少額で投資するメリットとして「エントリーの分散が可能」という点があげられる。

デモトレードではなく実際のお金で取引を学ぶことができる

その理由として、デモトレードではFXの取引において一番大事なことを学ぶことができないからである。

評価損失が4万円(-4万円)となっており、決済を行うと資金は6万円に減少する。

さまざまな通貨に分散して投資できる

少ない資金でも通貨ペアを分散して投資できることも少額取引のメリットだ。

ただし、相関関係が強い通貨ペア同士は、分散してもリスクを大きく軽減することができない。

少額取引ができるFX会社

松井証券FX

松井証券のFXは最低取引単位が1通貨単位という単位での取引が可能。

同じ証券会社内の口座の資金振替だけですぐに取引が可能となっており、FX以外で分散投資をしながら資産管理は同一の証券会社で行いたい場合におすすめの会社と言えるだろう。

SBI FXトレード

出典:SBI FXトレード
SBI FXトレードは最低取引通貨単位が1通貨からとなっており、小さな金額からでも取引ができるFX会社となっている。

SBI FXトレードのメリットはドル円を中心としたスプレッドの狭さであり、短期的なトレードを行う方はSBI FXトレードはおすすめの一社となるだろう。

また通貨ペアも34種類と豊富なことも魅力の一つだ。「ポーランドズロチ」や「ノルウェークローネ」など他のFX会社があまり取り扱っていない通貨ペアも存在するため、マイナーな通貨を取引したい方は開設しておくべきFX会社と言える。

通貨ペア数 34(そのうち対日本円通貨ペア19)
最低取引単位 1通貨単位
デモトレード なし
手数料 取引手数料:0円
クイック入金手数料:0円
口座維持費用:0円
出金手数料:0円(スプレッドを除く)

外為どっとコム

外為どっとコムの最小取引通貨単位は1,000通貨単位からとなっており、少額からの取引が可能な老舗のFX会社の一社である。

通貨ペアも30通貨ペアとなっており、豊富な通貨ペア数を提供していることから通貨ペアで分散投資を行うには適した一社となるだろう。

FX初心者は少額からスタートすべき
通貨ペア数 30(そのうち対日本円通貨ペア16)
最低取引単位 1,000通貨単位
10,000通貨単位:ロシアルーブル/円
デモトレード あり
手数料 取引手数料:0円
入金手数料:【振込入金】各銀行により異なる
【クイック入金】0円
出金手数料:0円
ロスカット手数料:0円
FX初心者は少額からスタートすべき

少額で運用していくためのポイント

FXの取引で一番大切なことは「精神的に不安になるようなポジションは保有しないこと」である。

そのためにも、少額投資はリスクコントロールをおこなう上で有効となり、積立資産運用の場合はとくに長期的な視野で取引することからさらに重要性は高い。

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活について

株やFXなど、金融商品のトレードにはいくつかのスタイルがあります。そのうち 1日の中で売買が完結するのがデイトレード です。一度購入したらその日のうちに売却してしまいます。翌日まで持ち越すことはありません。またデイトレードの中でも、 数秒から数分で売買を完結させるのは「スキャルピング」 と呼ばれます。そのほか、数日の間ポジションを保有し続けるのは「スイングトレード」、さらに 数カ月以上保有するトレードは「ポジショントレード」 というように分類されます。

1日で売買を完結させるデイトレードで扱うのは、容易に売買できる流動性の高い金融商品。 上場株式やFX(外国為替証拠金取引)、CFD(差金決済取引)、株式指数先物取引 などです。

また ポジションを持ち越すリスクが小さい、というのもメリット になります。トレードを終えてポジションを持っていなければ、知らない間に市場の急激な変動に巻き込まれるのを避けることができます。

デイトレーダーの年収

デイトレーダーの年収

デイトレーダーに必要なのが値動きを予測する能力 。値動きを表すチャートや、それを分析するテクニカル指標などへの理解度も、収入の違いになっていくでしょう。

では、どれだけの人が、デイトレーダーとして利益を出し続けているのでしょうか。 デイトレーダーとして生き残るのは、約10% と言われています。この数字に対する受け止め方は、人それぞれだと思います。

1日の生活リズム

1日の生活リズム

デイトレーダーは、市場の値動きを見ながら取引します。市場が開いている時間に、生活のリズムが左右されることになるでしょう。例えば 日本株の場合、市場が開いているのは9時から15時の間 。その時間は取引に集中し、残りの時間で情報収集や、収支のチェックなどをすることになります。

その他、 ドル円などFX取引では24時間取引が可能 だったり、日経225先物取引には夜間取引など、夜のトレードに集中可能なタイプもあります。専業のデイトレーダーであれば昼間は睡眠に使い、夜の海外市場に集中するという生活も可能でしょう。日中に本業がある方であれば、夜の数時間に副業としてデイトレードをするという選択もできそうです。

資金はどれくらい必要か

国税庁が公表した「平成30年分民間給与実態統計調査」では、1年の平均給与が441万円。簡略化のため目標を年400万円とすると、 1,000万円の資金があれば、1年にトレードを繰り返し40%分の利益を出せばいい ことになります。100万円の資金なら400%。10万円の元手なら4,000%、40倍にする必要があります。実現可能な数字を探ることになるでしょう。

様々なアンケートを見ると、副業による月の収入は、1~5万円未満というケースが多いようです。仮に副業による年収を50万円としましょう。 1,000万円の資金があれば、1年に5%分の利益を積み重ねれば実現可能 です。100万円の元手なら50%、毎月5%弱の利益を出し続けることで達成できます。目標を設定し計画を立てることで、必要な資金も分かってきます。

税金はどのようにかかる?

税金はどのようにかかる?

ドル円などFX取引で得た利益については、確定申告しなければなりません。 適用されるのは「申告分離課税」 で、税率は所得の大小にかかわらず20%(現在は復興特別所得税を含む20.315%)。その年の利益と損失を通算して税率を掛けます。 FXでの利益は、「日経225先物」などの株価指数先物取引との損益通算も可能 です。

国内上場株式の売却益については、 「申告分離課税(譲渡所得)」 となります。税率はFXと同じく20%。証券会社で特定口座を作り、「源泉徴収あり口座」で取引をするなら、確定申告の必要はありません。なお、トレードを繰り返す中では、利益が出ることもあれば損失を出してしまうこともありますが、損失が出た際には損益通算され、すでに源泉徴収された分から自動で還付されます。

このようにデイトレードを始める際は、住宅資金について考えるときと同様、 目標を設定し計画を立てて資金を準備 します。また、デイトレーダーとして利益を出し続けるには、値動きを予測する知識や経験も必要です。資金の準備と並行して、勉強やトレーニングにより習得していくことになります。専業であれ副業であれ、チャレンジし成功すれば、デイトレードは新たな収入源となるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる